製作・施工事例(ウィンドウサイン)学校 | ラック工芸(株)のブログ

製作・施工事例(ウィンドウサイン)学校

こんにちは!ラック工芸の中田(新入社員)です!

 

 

ラック工芸では、毎日さまざまなサインを製作・施工しています。
店舗やオフィス、工場、イベント等のサイン関係について、
ご検討中の方々のヒントになることができれば幸いですので、
定期的に製作・施工事例を紹介していきたいと思います。

 


今回の製作・施工は、「大学」のウィンドウサインでした!

なんと、工学院大学 八王子キャンパスの学生さんからのご依頼です(゜O゜)

ロボットやソーラーカー等、学生さん達の作品が展示されている場所の施工でした。

お店のショーウィンドウのようなイメージですね。

 

先ずは、施工後の写真をご覧ください。

 

 

 

施工前

 

 

大きなガラス窓を有効活用することができました!

1階のガラス窓は通行人の視界に入りやすい為、良い展示場所ですが、

今回の施工で更に、

“離れた場所からでも目に留まる訴求力の高い展示場所”にバージョンアップしました!

 

このデザインは学生さんが製作しました。

それを弊社で、

ガラス窓のサイズを考えながら調整、

光による透け具合を考慮したシートを選定、

インクジェットシートに出力し、貼り付けました。

 

施工場所は、1号館(総合教育棟)の中庭、L字のガラス面です。

そこを、オープンキャンパスに向けリニューアルするということで、

白シートのウィンドウサインで室内の展示品を目隠ししました!

 

せっかくの展示品を目隠しするの??と疑問を持たれたかと思いますが、

LOOK!と描かれている下に、覗き穴が用意されているのです。

その部分は丸くシートをくりぬいているので、

透明なガラスを通して展示物が見えるようになっています(^-^)

各プロジェクトの説明とキャッチコピーの効果もあり、

覗き込みたくなる上手な使い方ですね!

通行人も思わず立ち止まってしまう、面白い仕掛けだと思います。

 

施工中も、通りがかった学生さんたちが

「お!こんな風に変わったんだ!良いね!」

「中が見えるようになってるよ!」と楽しそうに覗き込んでいる様子を見て、

私たちも嬉しく思いました(^-^)

 

オープンキャンパスでは、来場者へのPRに活用できたようです!

 

 

 

 

大きな窓ガラスを利用したウィンドウサインは、
営業時間外で電気が点いていない朝でも夜でも、店名やサービス内容、雰囲気などを

効果的に知らせることができるので宣伝やPRにオススメです!

 

 

今回の事例紹介は、

「工学院大学 八王子キャンパス」様の

ウィンドウサインの製作・施工でした。

( https://www.kogakuin.ac.jp/campus/hachioji.html )

〒192-0015 東京都八王子市中野町2665-1

( https://www.kogakuin.ac.jp/news/2019/091301.html )
ぜひ皆さんお立ち寄りください!
 
工学院大学 八王子キャンパス様、

ご依頼頂きありがとうございました!!
今後もよろしくお願いいたします(^O^)
 
 
サイン関係についてご検討中でしたら、
ご質問や御見積もお気軽にお問い合わせください(^-^)
お客様のニーズにできる限りお応えできるよう、社員一同頑張ります!
 
サインは、『会社・お店の顔』です。
『売上アップ、イメージアップ』に是非ともお役に立てれば幸いです。
今後もよろしくお願いいたします。
http://www.lac-kougei.com/