世界を旅してたら台湾で中国語の先生になってました。

世界を旅してたら台湾で中国語の先生になってました。

主に世界旅行と中国語と台湾について書いてます。

2018年、台湾にて中国語学校を設立予定です!( ´∀`)b
その前にちょっと世界一周に行かせてください!!
FBで写真付き旅日記公開中!「JUN NARUMORI」で検索♪

テーマ:

 

皆さん、読書してますか~?

 

僕の趣味のひとつは読書であり、世界一周をしている時も時間があれば読書をしていました。手軽に時間潰しのできる手段でもあります。旅行中に限らず、日常生活の中でもスキマ時間の有効利用としても読書は一つの素晴らしい選択肢だと思います。

 

そこで、読書の好きな方々に質問です。

 

 

「読書は、紙派ですか?電子書籍派ですか?」

 

 

僕がこれを実際にリアルの場で聞く時は「紙の本」が好きな人の方が圧倒的に多いように思います。

 

 

実は僕も「紙の本」が大好きです。

つい昨日も本屋さんで1冊買ったばかりです。

 

 

パラ~っとページをめくれるし、目にも優しいし、家に置いておけばいつでも読めるし、皆で回し読みもできるし、メリットはたくさんあります。

 

 

でも、仮に僕が今、上の質問をされたら「電子書籍派です!」と答えます。

 

 

なぜなら、最近は僕が実際に購入する本の9割が電子書籍だからです。そして、電子書籍ならではのメリットをたくさん活用しているからです。今回は、そんな電子書籍の良さを皆さんにシェアしようと思います。

 

 

これから書く7つの事を全て知っている人はあまりいないと思います。もし全て知っているという方がいれば、それは電子書籍を既に利用している相当な読書好きの方でしょう!

 

※電子書籍と言っても色々ありますが、僕はおそらく最も利用者の多いと思われる「kindle」を使っています。kindleの専用端末(kindle paperwhite)も持っていますし、iPhoneの「kindleアプリ」も並行して利用しています。なので、これから書く内容はkindle(amazon)の利用を前提としています。

 

 

 

僕が「Kindle(電子書籍)」をオススメしたい7つ理由

 

 

①いつでもどこでも本が買える。

僕はここ約7年、海外にいることが多く、日本の本屋さんに行くことができず、物理的に本が買えませんでした。そんな時に役に立つのが電子書籍です。世界を旅している時もインターネットが繋がれば、いつでもどこでも日本の本が買えます。おそらく、これが僕が思う電子書籍の最大のメリットだと思います。

もちろん電子書籍化されてない本は買えませんが、最近は品揃えが昔に比べて格段に増えているように感じます。

 

 

②何十冊でも持ち歩ける

これも特に世界一周中をしている場合などには大きなメリットです。紙の本は意外と重たいです。特に地球の歩き方のような本は。僕は荷物の少ないバックパッカーだったので、電子書籍は必須のツールです。iPhoneの中に何十冊もの本が入っていました。それがいつでもすべての本が読めるというのは革命的な便利さです。旅中でなくても日常生活の中でも同じことが言えます。

 

 

③紙の本より安く買える。

これも意外と知らない人もいるようですが、amazonで売られている電子書籍は、本屋さんで売られている本の定価よりも安いことが多いです(割引率は本によって異なる)。1割~2割くらい安いイメージです。

本という現物は手に入りませんが、同じ内容のものが安く手に入るのはやはりお得感があります。本をたくさん買う人ほど大きなメリットになります。

 

 

④線が引けて「リスト表示」ができる。メモもできる。

電子書籍上にも気に入った部分に線を引くことができます。そしてそれを消すこともできます。線を引くだけであれば「紙の本」でもできますが、電子書籍の便利な機能として、線を引いた部分だけを抽出してリスト形式で見ることができます。後で読み返す時に自分の気に入ったポイントだけを読むことができ、さらにそのページまでジャンプできるのも便利な点だと思います。

 

 

⑤キーワード検索ができる。

これも電子書籍ならではの機能です。本の中の全文からキーワード検索ができます。例えば、「確かこの本に『世界一周』について書かれてたけど、どのページだっけな~」という場合、その本を開いている状態で「検索」をすると、その本に書かれてある「世界一周」というキーワードが一覧で出てくるので、該当する内容を容易に見つけることができます。(kindleアプリ)

また、kindle専用端末である「kindle paperwhite」であれば、その端末にダウンロードされてある全ての本から一括検索できるのも驚くべき機能の一つです。仮に同じように「世界一周」と検索すれば、手持ちの全ての本の「世界一周」というキーワードが一瞬にして抽出されます。

 

 

⑥「オーディオブック」としても使える。

オーディオブックとは、本を朗読したものを録音した音声コンテンツのことです。amazonは、kindleとは別に、「audible」というオーディオブックのサービスを展開しているのですが(月額1500円)、実はkindleで買った本もaudibleのようなオーディオブック化をする裏技があるのです。

それはiPhoneの「画面読み上げ機能」です。iPhoneの「設定」からこの機能を使用することができるようになります。(詳しくは下のリンクで)

 

参考ブログ:Kindle(キンドル)の音声読み上げ機能は読書の革命である。

 

ただし、audibleと違って、人が朗読しているのではなく、機械が読み上げているので、機械らしい音声であったり、音読み訓読みを間違えたり、朗読に抑揚がなかったり、現時点ではまだ改善の余地がかなりあります。ですが、これでも一昔に比べるとだいぶ良くなったそうで、今ではまぁなんとか聞けるレベルになっていると感じます。これからのアップデートを期待する意味でも今回紹介させていただきました。

 

 

⑦複数のデバイスにダウンロードできる。

これも非常に大きなメリットの一つです。一度amazonで電子書籍を購入してしまえば、手持ちのデバイスに何度もダウンロードすることができます。iPhone、PC、Kindle専用端末。もはや同じ本を3冊持っているのと同じですね。しかも読んでいる途中のページを同期することもできますので、デバイスを変えて読書したとしても、簡単に読書を再開することができます。

 

また、このメリットを利用することで、家族で電子書籍をシェアすることも可能です。例えば、僕自身の例で言うと、僕はiPhoneのkindleアプリで本を読んでいますので、kindle paperwhiteは基本的に家にお留守番しています。それを家族が使うことで、僕が過去に買った本を自由に読むことができます。

 

 

いかがでしょうか。

 

細かい機能を含めると他にも便利なものはありますが、これだけでもkindleを使ってみるメリットはあると思います。読書好きな方は是非一度試してみてはいかがでしょうか!

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 


テーマ:

 

海外旅行に興味ある方にオトクな情報です

 

今は昔と違い、安く手軽に海外行ける時代です。

というのも、近頃は多くの格安航空会社(LCC)がしのぎを削っており、国内海外問わず、航空券の価格が昔に比べて格段に安くなっているからです。

 

 

今では世界にたくさんあるLCC。

日本発着の国際線を取り扱うLCCだけ見ても意外と多いことに驚きます。

 

・日系の、ピーチ、バニラ

・東南アジアを網羅する、エアアジア

・香港に強い、香港エクスプレス

・韓国系のチェジュ航空やTway航空

・フィリピンなら、セブパシフィック

・オーストラリア発、ジェットスター

・シンガポール発、タイガーエアー

 

などなど。パッと思いつくだけでもこれだけあります。

 

 

そして、これらLCC各社はかなりの高頻度で「セール」をやっているのも見逃してはいけないポイントです。セールにも色々な種類がありますが、例えば「就航記念セール」などの特別なセールの時には、あり得ない価格で航空券を売っていたりもします。ただし注意すべきは、このようなセール価格は「早い者勝ち」であることが多いことです。

 

セールに気づいた時点で売り切れていたら残念ですよね。

今回はそうならないために、LCC各社のセールにいち早く気づき、確実に情報を入手する方法を紹介します。

 

 

LCCのセール情報を最速で入手する3つの方法

 

 

①LCC各社の会員登録をし、セール情報のメールが届くようにする。

 

LCC各社のホームページから、会員登録(メルマガ登録)をすることで、送られてくるメールを通して各社のセールの情報をタイムリーに入手することができます。自分の興味のある路線を取り扱っているLCCをチェックして、会員登録をしておきましょう。

 

 

②LCC各社のSNS(FB, インスタ, twitter等)をフォローする。

 

ほぼ全てのLCC各社はSNSアカウントを持っており、そこでもセール情報を積極的にアップしています。これらを逃さないために、それぞれのLCCの公式アカウントをフォローしておくとよいでしょう。結構な頻度で、各社のセール情報が自分のタイムラインに出てくるはずです。

 

 

③ニュース(キュレーション)アプリをこまめにチェックする。

 

僕はiPhoneで「スマートニュース」というアプリを利用していますが、「トラベル」というカテゴリでよくLCCのセール情報がニュースとして取り上げられています。「トップ」にも出てくることがよくありますので、こちらも合わせて気が向いた時にチェックしてみるとよいかと思います。

 

 

以上、この3つの方法を実践することで、ほとんど見落とすことなく、セール情報を入手することができると思います。

 

 

そしてもう一つ、セールの情報があった時に見るべきポイントですが、大きく5つあります。

 

 

LCCのセール情報でチェックすべき5つ項目

 

①どれだけ安くなっているのか?

(割引率。小さいセールと大きなセールがある)

 

②どの路線がセール対象になっているか?

(必ずしも全ての路線が対象ではない)

 

③販売開始と販売期間は?

(何日の何時から買えるのか?基本的に「早いもの勝ち」)

 

④搭乗期間はいつか?

(セールによっては、かなり先の搭乗期間だったりする)

 

⑤片道だけで買えるのか、あるいは往復限定か。

(最近のセールでは、往復でないと割引にならないものもある)

 

 

以上、いかがだったでしょうか。

 

 

僕自身、これらLCCのセールを利用して、チケットを買うことがとても多いです。特に「日本~台湾」の路線は毎月必ずと言っていいほどなんらかのセールをやっているように思います。是非、皆さんもこのLCCのセールを活用して安く海外旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 


テーマ:

パタゴニアに来たら絶対に外せないフィッツロイトレッキング。

 

今回は、そのトレッキングについて、日帰りトレッキングコースやお役立ち情報、さらには隠された見どころについて書いてみようと思います。

 

さて、まずフィッツロイトレッキングで考えたいのがこの問題。

 

 

「日帰りか、テント泊か」

 

 

ここはトレッキングの聖地とも言われ、じっくりゆっくりトレッキングしたい人や、朝日に照らされた「赤フィッツロイ」を間近で見たいという人は、テントや寝袋を持って、キャンプ地にテント泊しながら2泊ほどのトレッキングを楽しむようです。

 

 

僕は、そんなにこだわりがなく、気軽にサクッとトレッキングできればいいと思い、日帰りのトレッキングを何本か行くことにしました。その分毎日歩く距離が長くなってはしまいますが、装備をかなり軽くすることができます。

 

また「赤フィッツロイ」もエルチャルテンを早朝4時に出発すれば、少し遠い場所からにはなりますが、十分堪能することができます。

 

 

日帰りトレッキングコースについて

 

まずは下のマップをご覧ください。

右側にあるのが拠点となる街「エルチャルテン」、左側の3つがトレッキングコースの目的地となります。

 

 

上の画像でも分かるよに、日帰りで行けるコースは大きく分けて3つあります。(他にもあるかもしれませんが...)

 

 

①フィッツロイを望むロストレス湖を目指すコース(赤)

②セロトーレを望むトーレ湖を目指すコース(青)

③「Loma del Pliegue Tumbado」を目指すコース(緑)

 

 

1番人気はやはり①のフィッツロイでしょう。

そしてそれと合わせて行くのが②のセロトーレ。

この2つに行くのがメジャーなコースだと思われます。

③はあまり知られていない穴場コースのようです。

 

上の地図のキャンプマークのあるところでテントを張ることができます。実際に通ってみると多くの人がテント泊をしていました。

 

 

ちなみに僕は①と②の2つに行きました。③は時間がなくて行けませんでしたが、時間のある人は是非行ってみてはいかがでしょうか。下のブログ記事がとても参考になります。

 

参考ブログ:フィッツ・ロイ トレッキング 日帰り: 誰も行かないトレッキングコース!穴場のLoma del Pliegue Tumbadoへ

 

 

ちなみにこれらのトレッキングやキャンプ自体は全て無料です。エルチャルテンを拠点にのんびりトレッキングするにはありがたい限りです。

 

 

 

距離と所要時間について(目安)

 

ざっくりとした目安です。個人差もありますし、休憩時間や写真撮影タイムなど、どうしても時間にバラツキは生じます。

 

①往復約20キロ、12〜15時間(朝日待ち含む)

②往復約18キロ、8〜9時間

③往復約17キロ、7〜8時間

 

 

参考資料:バスターミナルの入り口で見つけた情報。

 

 

 

日帰りトレッキングに行く前に!

 

ここでお役立ち情報を一つ。

スマホアプリの「maps.me」でパタゴニアの地図をダウンロードしておきましょう!

 

「googleマップ」では出てこない、トレッキングコースやビュースポットの情報まで表示されるため、現在地の把握とコース確認ができ、迷う心配がなくなります。朝日を見に行く場合、トレッキングコースは真っ暗で「迷ってしまった!」という人がたくさんいました。

 

あらかじめ、「maps.me」を見て、自分が歩くべきコースを把握しておくと良いと思います。

 

 

 

日帰りで朝日に照らされた「赤フィッツロイ」を見るには。

 

 

これを見たいがために朝早くからトレッキングに出発する人はとても多いです。(何を隠そう僕もその一人)

 

そこで考えるべきことは赤フィッツロイを「どこから見るか」ということです。トレッキングコースの途中からでも見ることができますが、ビュースポットとしては3つあります。

 

 

①目的地である「ロストレス湖」から見る

②途中の「カプリ湖」から見る

③途中の「フィッツロイ展望台」から見る

 

 

下の地図(maps.me)で見ると、

左のピンが「カプリ湖」、右が「フィッツロイ展望台」

 

 

 

まず①であれば、そこまでたどり着くのに片道最速4〜5時間かかるので、早朝2時には出発する必要があります。一方、②や③の場合だと、早朝4時〜4時半出発でも間に合います。ふもとから1時間半ほどで到着します。

 

 

 

事前に日の出時刻と天気をチェック!

 

事前に日の出の時間をチェックしておきましょう。

それと同時に天気も非常に重要です。天気が悪いと「赤フィッツロイ」を見れないどころか、ロストレス湖に着いてもフィッツロイ自体を見ることができなくなります。(仮に晴れていたとしても雲がかかっている場合も多い)

 

 

天気予報はこちらのサイト(weather.com)を利用しました。

(日の出の時間も調べることができます)

 

晴れた日のトレッキングは本当に気持ちがいいです。是非天気の良い日を狙ってみてください!

 

 

 

準備が整ったらいざ出発!

 

ここまで準備ができたらあとは行くだけです!行きたい場所に行きたいようにトレッキングを楽しみましょう!

 

最後にそれぞれの画像を少しだけ添付して終わります。

 

 

①フィッツロイを望むロストレス湖を目指すコースより

 

 

天気は終日全体的には良かったのですが、残念ながら山に雲が常にかかっていました。

 

 

 

②セロトーレを望むトーレ湖を目指すコースより

 

 

 

 

 

最後の最後に「隠された名所」をご紹介。

 

この場所は「地球の歩き方」にも「現地のマップ」にも、他の「旅ブログ」にもどこにも紹介されていないと思います。ただ、その場所は存在するのです。知っている人だけが訪れます。

僕が行った時も少ないながら欧米人の旅人が来ていました。

 

僕はたまたま英語のサイトでみつけました。

 

「maps.me」のスクリーンショットで場所を案内しますね。

 

①のフィッツロイコース上にあります。

 

カプリ湖を通り越し、「ココ」と書いている場所の下のトレッキングコースから外れて行きます。看板などはありませんが、一応道らしくなっているので簡単に行けます。知らなければ普通に通り過ぎてしまいそうな場所です。

 

 

「隠された滝」がそこにはあります。

僕が行った時は残念ながらフィッツロイは雲に隠れていましたが、山が見えていたら素晴らしい写真が撮れるはずです。

 

 

 

 

以上、是非、パタゴニアに来たらエルチャルテンを拠点にトレッキングを楽しんでくださいね!多くの人のお役に立てれば幸いです!

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス