lab.L

lab.L

Recording Studio

キーボードスタンドの導入です。

 

導入って大袈裟ですね。

 

ラボエルでは

鍵盤系のレコーディングは年に数回あるかないかだったので

常設してなかったのですが、先日来られた方が

スタンドを持参されなかったので仕方なく

テーブルに置いて弾いていただくことになったのですが

その姿が弾きにくそうで申し訳なくなり導入することにしました。

 

キーボーディストに聞くとやっぱり電車移動で

鍵盤とスタンドはキツいとのことでした。

確かにそうですよね。

 

というわけで

人生初のキーボードスタンド探し。

(ドラマーですので)

 

機材系を買うときはまずはサウンドハウス

毎月何かしら買ってます。

 

調べると色々出てきました。

 

こんなに種類あるのか・・・

 

正直、どれがいいのか全然わかりません。

 

その中から勘で選んだのがこちら

PLAYTECH KST80

 

 

 

「コストパフォーマンスに優れた4脚キーボードスタンド。コンパクトなサイズに折り畳むことが可能。8段階の高さ調節機能が付き。可動域は61.5から82.5cm。脚部は180度転回させることができます。」

 

とのこと。

 

年に数回、使用するだけなので

コンパクトに収納できるものが理想なので

これは素晴らしい機能。

 

 

早速、鍵盤RECの機会がきましたが

とても安定して高さも丁度いいとのことでした。

 

ちなみに

意外と軽視されがちな椅子はこちら。

 

Pearl D-1500TGL

 

こちらの椅子、最高です!!

詳しくはこちら

 

このドラムスローンですが

ドラマーに限らず

キーボーディスト、ギタリスト、ベーシスト

などにも演奏しやすいと評判がいいスローンです。

 

 

話は変わりますが

先日来られた鍵盤の方が

家より音が良いとおっしゃられていました。

 

エンジニアが言うには

電源、ケーブル、オーディオインターフェイス、DIの質(グレード)

の違いによるところだそうです。

 

デジタルなんだから

どこで録っても同じかと思っていたので意外でした。

 

鍵盤系のレコーディングもお待ちしております。

HUMPBACK ENGINEERINGに

ご相談したのが約3年前。

開発段階から試行錯誤を重ねていただき

キューボックスが完成しました!!

 

 

最高の出来です!!

 

完璧すぎるサウンドと仕様です!!

 

これ以上のキューボックスは

日本には存在しないと言えると思います。

 

 

今回、拘ったポイントは

まず基本性能である音質。

 

最高のチューニングをしていただいています。

 

ただ高価なパーツを使用しているわけではありません。

 

ラボエルのリクエストに

適したパーツを組み合わせていただいて

ハンダに至るまでチューニングして頂いています。

 

そして

これはオーダーメイドならではですが

余計な機能は省いています。

 

使いもしない機能のために

信号が余計な回路を通るのを避ける為です。

 

もう一つ拘った点は

操作性と美しさです。

 

スタジオにはレコーディングが初めての方から老眼のベテランw

まで来られます。

どの年代の方が来られても

パッと見てなんとなく操作できるような

分かり易すい仕様でなければいけないのです。

 

最高の機能美。

 

フェーダーのノブだけチープなのが残念・・・

 

大き過ぎず小さ過ぎない

ちょうど良いサイズ。

 

マイクスタンドに対応しているので

状況に合わせて設置できるのも素晴らしい。

 

そして!!

このキューボックスの最大の特徴!!!

 

それは!!

 

トークバック内蔵!!

 

これはドラムRECが多いラボエルならではの仕様!!

これはメリットだらけです。

 

ドラマー自身がタッチセンサーに触れている間だけ

ドラマーが話せる仕様なので不意にドラムを叩かれて

スピーカーからドラムの爆音が出てしまうことがありません。

(スピーカーと耳の保護が目的)

 

そして

ドラマー用にマイクを立てる必要もありません。

しかもマイクプリ内蔵なのでケーブルを

直接インターフェイスに入れればOK。

 

ちなみに

このタッチセンサーはグローヴをするドラマーには反応しないので

グローヴする系ドラマーには、フットスイッチを使用します。

もちろん足の方がやりやすい方はフットスイッチでもどちらでもOK!!

 

 

以上が主な特徴です。

 

僕自身そうでしたがこのキューボックスという機材に

音質の違いがあること知らないミュージシャンがほとんどだと思います。

 

この環境が良ければ今まで埋もれていた音が

はっきり聴こえるようになったり

ぐちゃとしていた各パートの音がしっかり分離して聴こえて

演奏しやすく(歌いやすく)なり脱力して演奏できたりすることで

出音格段に良くなります。

 

この違いは

例えば10万円と100万円の機材の違いより

大きな差となって出てきます。

 

 

ラボエルはまずミュージシャンが良い演奏(良い音)が出来る環境が

一番大切だと考えてます。

そしてそれが結局、エンジニアのためになると思います。

 

というわけで

今回は地味だけど重要な機材

キューボックス、リニューアルのお知らせでした。

 

お問い合わせお待ちしております。

ラボエルにはバスドラ用の

マイクがたくさんあるのでご紹介します。

 

まずは

「バスドラマイク四天王部門」

audio-technica ATM25

SHURE BETA52A

AKG D-112

AUDIX D6

 

ライヴハウスでは

大抵この4機種のうちのどれか。

 

エンジニアさん的にも録り慣れている方が多く

使用される率が高い。

 

このブログを見てる方なら

サウンドは説明不要と思われるので省略します。

 

定番になるだけのことはある

安定したクオリティーの素晴らしいマイクです。

 

ちなみに

ATM25とD112は3本ずつあるので

タム、フロアで使用されるケースもあります。

 

正直、この4機種があれば他に要らないくらいだけど

ドラムレコーディングに特化したスタジオ

ラボエルには

まだまだあります!!

 

 

続いては

「変わり種部門」

 

YAMAHA SUBKICK

SOLOMON MICS LFRQ

 

 

 

古くからある

ヤマハ SUBKICKは省略します。

 

SOLOMON MICS LFRQは新しい製品なのかな?

ほとんどの方が初めて見たという反応です。

 

こちらは

「低音専用マイク。バスドラム用マイクと併用することで、しっかりとしたアタック音を残しつつ、ずっしりと重く迫力のある低域をプラス」

 

だそうです。

 

これがあるのとないのとでは

バスドラの存在感が全く違います。

 

知名度、シェア率では昔からあるヤマハですが

ディスコンで売ってないし売りに出ても

プレミア価格で取引される事が多いので今買うなら

断然安く、現代的で扱いやすいSOLOMON MICSがオススメ。

 

 

続いては

「コンデンサー部門」

 

これも定番!!

僕がバスドラに限らず

全てのマイクから3本選ぶなら

これが必ず入ります。

 

NEUMANN U47FET

 

 

これは最強のマイクです。

 

ただし

どんなドラマーのバスドラにも合うわけではなく

音楽性は選ぶマイクだと思います。

 

硬めの音や、スピード重視、激しくEQする前提、高速2バス

などでは他の選択肢の方が作り易いです。

 

ジャンルで言うとメタル、アニソンなど音数が多く

手数足数も多い激しい系には他には向かない傾向。

 

逆に音数の少ない音楽や

繊細なニュアンスを大切にするようなジャンルには

威力を発揮すると思います。

 

続いて

AKG  D12R

こちらはファンタム電源を使用する事で音色を変える事ができる面白い仕様。

 

「大口径ダイアフラムにより、迫力のあるバスドラムの低音を鮮やかに再現。414ビンテージモデルのトランスを採用し、温かみのあるサウンドを獲得しています。

D12 VRは、スイッチひとつで状況に合わせた音質調整ができる、アクティブフィルターを搭載しています。48Vのファンタム電圧を供給することで、以下のEQモードを選択可能です。」

 

だそうです。

こちらは導入したばかりでまだ実績がないため

すみませんまだレヴューはできません。

 

続いて

beyerdynamic TG D71c

 

こちらはバウンダリーマイク。

 

ライヴでは使用される事が多いバウンダリーマイク。

 

僕はバウンダリーをバスドラで使用する事自体が

点の音過ぎてサウンド的にあまり好きではないのですが

近年、ライヴでは定番となってきているので、

スタジオの選択肢として導入しております。

 

通電してると赤く光るのが素晴らしい。

 

 

続いて

 

シェア率は劣るけど優秀なマイク部門

 

beyerdynamic TG D70d

 

 

beyerdynamic はドイツのメーカーで

日本での知名度はイマイチですが

海外では有名なメーカーだそうです。

 

僕もこのメーカーのマイクすごく好きで

かなり種類を所有しています。

 

続いて

Electrovoice RE-20

 

 

バスドラマイクの選択肢がそれほどなかった時代は

RE-20がバスドラマイクとして活躍する機会があったけど

最近はめっきり出番が減りました。

 

このマイクは

そもそもバスドラ専用ではなく他の楽器や

歌、ナレーション録りなどでも威力を発揮する

とても優秀なマイクです。

 

RE20以外でも

SENNHEISER MD-421をバスドラに使うことが

スタンダードな時代もありました。

 

近年はバスドラマイクの選択肢が増えた事で

バスドラに使用される事が減ったマイクですが

今でも使用するPAさん、エンジニアさんもいらっしゃいます。

 

以上が

ラボエルにあるバスドラ用マイク達です。

 

もちろんマイク自体でサウンドは変わりますが

マイキング、HAなどでも変化するし

ジャンル的には合うマイクを使っても

ドラマーの技量、出音次第では合わない場合もあります。

 

誰でもなんとなくそれなりの音が録れてしまうバスドラですが

ミックスの段階になっても自然と存在感があって

ピントがビシッ!!

っと合ってる音を録るには当然アバウトな録り方ではダメ。

 

ドラムのサイズ、シェルの種類、ビーター素材、ヘッド種類、

フロントヘッドの穴の位置、ミュート量

などの楽器のスペックから

ドラマーの強さ、奏法、スタイル

そして音楽性など

全ての要素からドラマー(クライアント)が求めるイメージに合う音に

するためにこれだけの選択肢を用意しているわけです。

 

この段階でヌルい録り方してしまうと

後であの手この手でこねくり回すはめになり

文字通り取って付けたようないかにも

サンプル音貼りましたってバスドラの音になりがち。

 

条件や音の価値観は人それぞれですので

可能な限り皆様が録り音に満足していただける選択肢がある

スタジオでありたいと思っております。

 

ドラム録りのスタジオを探している方是非

ラボエルを使用してみてください。

 

お問い合わせお待ちしております。

 

CHANDLER LIMITED REDD Microphone

導入しました!!

 

早速テストさせていただきましたが

ラボエルにあるチューブマイク

NEUMANN U67s
NEUMANN M149 Tube
BOCK AUDIO BOCK 241

 

どれとも違うキャラクターのマイクです。

 

これを導入しているスタジオは多くはないし

比較的新しいマイクというのもあって

知名度はまだありませんが

ラボエルに来られるエンジニアさんは

使用経験のある方が多くて評判はとても良く

今後、スタジオの定番マイクとなりうるマイクだと思います。

 

是非、ご利用ください。

ROGERS DRUMS 1978 Maple
BD22"×14” FT16"×16" TT12”×9",13”×10"
導入しました。

 

このカラー最高!

黄色に見えますが

スパニッシュゴールド

だそうです。

 

ビッグRのバッジがゴールド!!

 

程度がめちゃくちゃ良くて

ピカピカ!!

極太のタムホルダー付いてましたが

そこは現代的なジブラルタルのタムホルダーを付けて

よりナチュラルなタムサウンドにしています。

 

こちらのROGERS

とても暖かい音が得意で

JAZZ、POPSなどで持ち味を

発揮できるのではないでしょうか?

 

是非、叩きに来てください。

Gretch Catalina Special Edition

(7ply Walnut/Maple)
BD18"×14” FT14"×14" TT12”×8"

 

導入しました。

 

どのようなドラムか

メーカーHPによると

<Catalina Special Edition>
2020年の限定Catalina Special Editionは、7Plyウォルナット/メープルのハイブリッドシェルが特徴で、さまざまな音楽にマッチする温かい響きと、30度ベアリングエッジ、ヴィンテージスタイルのメイプル・ウッドフープの組み合わせにより、パンチのあるフォーカスされたサウンドを提供します。

 

だそうです。

 

このドラムセット

かなり個性的なスペックなのです。

 

まずは材質。

7Plyウォルナット/メープルのハイブリッドシェル

という音が想像付かない組み合わせ。

 

そして

ヴィンテージスタイルのメイプル・ウッドフープ

 

というこれまた珍しい仕様。

 

これ7plyもある!?

 

かなり薄いシェルです。

 

外側がメイプルで内側がウォルナット。

 

ウォルナットと言えば

高級な家具などで使われる木材で

個人的に品のある見た目で一番好きな木材。

 

ラグの質感はまあ

ミドルクラスといったところでしょうか。

でも

全然チープさ感じません。

 

黒のウッドフープのお陰で

めちゃくちゃカッコいい!!

 

こういう渋いカラーのラッカー仕上げが一番好きです。

 

そして

肝心の音!!

 

これが

意外や意外(失礼w)

 

めちゃくちゃ良い!!

 

このレアなスペックの魅力だけで試奏せずに買ったから

叩くまで少々不安でした(笑)

 

18インチのバスドラとウッドフープなので

奏法を含め守備範囲は広くないけど

そこをクリアすればかなり使えるキットです。

 

いわゆる

ヴィンテージ系サウンド。

 

ミューティーなサウンドを好む方は

気に入るはず。

 

倍音は少なめなので過剰にミュートしなくても

綺麗に纏まってくれます。

かといって

暗すぎないので現代的なPOPSでも使えそう。

 

逆にモダンな

音圧やエッジが欲しい方には向いてません。

まあそっち系のドラマーが

このサイズとスペックは使わないだろうけど。

 

このヴィンテージサウンドはGretchが狙ったのかは

分かりませんが、今の精巧な造りでヴィンテージ系は嬉しい。

 

というのは

ヴィンテージドラムの程度や造りの粗さが好きではないのです。

(ヘッドが綺麗にはまらないとか、フープが曲がってるとか)

 

ちょっと脱線します

 

2021年現在

再びヴィンテージブームの兆しを感じているのですが

俺はヴィンテージ=音が良い

昔のドラムは木が良かったとか

木が乾いてるとか全く思ってません。

 

from カリフォルニアのカラっカラだったシェルも

日本の物置や車に数日入れてたら

それはもう日本の音になってる気がします。

測ったわけではないから想像だけどw

 

あ、ちなみにヴィンテージドラム

大好きだから!!

 

 

エッジなどの加工技術やシェルの蓄積されたノウハウ、

フープなどの金属パーツの精度など全てにおいて

現代の方が断然精密。

 

精密なら良いというわけではないが

チューニングのしやすさ

ライヴやレコーディングなどアベレージが高いのは

現代のドラムだし

現代の音楽をやるには素直に最新のスペックのドラムが良い。

 

現代と言っても

俺にとっては80年代中盤以降はもう現代のドラムなんだけど(笑)

ってもう30年前!?

立派なヴィンテージだ(笑)

 

例えば

ラボエルで言うと

PearlのZシリーズとか80年代後半のスペックだけど

余裕で現役だし、現代の音楽に合う場合も多々あります。

 

 

俺は

1996年デビュー前くらいから数年間は

Ludwig(ビスタライトとステンレスのキット)を使用してました。

 

70年代のドラムを90年代に使ってたという事は

たかが20年前のドラムなので今考えると大して古くもなかったのですが

大好きなボンゾが使用していたものと同じドラムを使いたい一心で使ってました。

 

その時に沢山、70年代のLudwigのドラムを叩きましたが

まあ、程度が悪いのが多い。

でも謎に音の良いのもあるから、ヴィンテージが人気なんだと思います。

 

でも注意してほしいのが

ただボロいだけの音が悪い意味で死んでる

中古ドラムも沢山あるからね!!

 

なんか

今回、脱線してしまいましたが

話を戻すと

 

この

Gretch Catalina Special Edition

はヴィンテージドラムを好む方に

おすすめできる現代のドラムだと言うことです。

限定だったからもう売ってないけど。

 

ラボエルにあるので

是非、使ってみてください^^

 

ラボエルに来られるエンジニアさんに

いつも最近使った機材で良かった物とかありますか?

と情報を聞いてるのですが

その中でもこのRETRO 176

の話がよく出てきてたのです。

 

先日、RETRO 176を持参された

エンジニアさんが来られたのですがやはりそのサウンドは素晴らしく

すぐに注文した物が3ヶ月ほど待って届きました。

 

早速

Neumann U67s→WR-81→RETRO 176

の組み合わせでレコーディングしてますが

やっぱり素晴らしい!!

 

高いだけある笑

 

是非ご利用ください^^

lab.L(ラボエル)では

10種類の厳選されたドラムセット

18台以上のスネア

おびただしい量のシンバルなど

どれを使っても

全て1万円でレンタル出来ます!!(要予約)

 

 

そして

ドラムをレンタルしてくださる場合は

予めドラムをセッティングして準備しておきます。

(セッティングがわかる画像が2,3枚必要です)

 

ドラムレンタルはメリットだらけです!!

 

まず!!

 

1つ目

ドラムのクオリティーが間違いない!!

ラボエルには良い音のドラムしかありません。

 

太鼓もそれぞれ得意不得意があります。

なのでこれだけの種類のドラムを常設しています。

 

ギターで言うと、シングルのテレキャスで

モダンメタルのヘヴィなリフを目指すのは遠回りでしょ?

ドラムも似たような事が言えます。

強引なチューニングや、EQでむりくり近づけるより、

楽器自体を変えてしまった方がゴールに近い地点からスタート出来て

断然早い。

 

そして

機材車から出したばかりの湿気を吸いまくった

ドラムが良い音するわけがないというのもあります。

 

ちなみにスタンド類もかなりの数あります。

 

2つ目

たくさんの種類のシンバルを選べる。

シンバルを変えるだけでドラム全体の雰囲気がかなり変わります。

 

例えばハイハットだけでも12、13、14、15インチから選べるし

ライドもクラッシュも薄い、厚い、ダーク、ブリリアントなどキャラクターも様々。

チャイナなどのエフェクトシンバルは沢山あります。

 

繊細なニュアンスが大切な歌物で

ずっと同じシンバルで録り続けるなんてありえないですが

プロでもシンバルを大量に持ち込むケースは多くはないのが現状です。

ですが

こういう点で、アマチュア感とプロ感の差が少しずつ出てくると思います。

ラボエルにはおびただしい種類のシンバルから選べます。

 

3つ目

搬入、セッティング、撤収、搬出が不要!!

これはデカイです!!

通常のスタジオはこの工程が必要です。

 

これをドラマーがやると、録る頃にはもう疲れてます。

そして

搬入、搬出も利用時間に含まれます!!

通常2時間ほどかかる作業なので

その分、1曲増やすとか音作りの拘る時間に

使った方が良い結果に繋がると思います。

 

4つ目

ドラムを機材車で運ぶ場合、駐車場代が不要。

ラボエルには残念ながら駐車場がありません。

周辺にはコインパーキングがいくつかありますが

相場は2100円〜2500円。

決して安くありません。

 

電車の場合

山手線「五反田」「大崎」から徒歩7分

東急池上線「大崎広小路駅」から徒歩2分

ですので渋滞もない電車がオススメ!!

 

 

5つ目

レコーディング機材が完璧!!

マイクの数も50本以上

SSL 4000G(プラグインや模倣品ではなく実機が8ch)

AUROLA AUDIO SIDECAR10ch(おそらく日本でラボエルだけ)

などなどレアな録音機器なども

音楽性に合わせてチョイスする事が出来ます。

エンジニアさんはホームページのイクイップメントでご確認ください。

 

ブースもよくあるただのデッドなブースではなく

細部に至るまで、高音質に繋がる工夫が施されています。

 

普通にセオリー通りにセットするだけでも

しっかりワイルドに録れます。

 

 

6つ目

ドラムテック、チューナー

呼び方は色々ありますが

ドラムの音をドラマーや楽曲に合わせて

チューニングするスタッフがいます。

こちらは

別途1万円必要ですが、テックの相場からみても破格と言えるかと。

ドラマーは演奏に集中出来るのでおすすめです。

 

プロでもチューナー(ドラムテック)に

依頼されるケースもあります。

 

餅は餅屋ということだそうです。

 

ざっと

こんな感じです!!

 

騙されたと思って

一度使ってみてください。

 

結果出しますから!

 

お気軽にお問い合わせください。

 

お待ちしております。

 

CUBASE PRO

導入しました。

 

スタートして数年経って

なぜ今更?

 

って感じですが

2021年から

新たなプランをスタートさせる予定で

今、着々と準備を進めているところです。

 

そのうちの一つがCUBASE。

 

周りのミュージシャン仲間にDAWは何使ってる?

と聞くと

半数がCUBASEだったりします。

 

新しいプランはそれが関係するのですが

詳細が決まれば発表します。

 

まさに今の時代に合ったプランなので

お楽しみに!

特にギタリストとベーシスト^^

 

2020年は

新型コロナに翻弄された1年でしたが

当初に比べたら付き合い方も少しは見えてきましたね。

 

その結果も踏まえると2021年も

かつてのような規模で大人数が集まる公演や

ライヴツアーはまだ難しいでしょう。

 

なのでミュージシャンは

地に足をつけて音や楽曲のクオリティーを

追求する時なのではないかと思っています。

 

ラボエルがその活動に

少しでも力になれるような存在でいれるように

日々、研究を重ねて

もっと良いスタジオにするべく精進致します。

 

2020年

ありがとうございました。

 

2021年も

どうぞよろしくお願い致します。

 

良いお年を^^