こんにちは^^
ピアノ講師の石田裕美子です。




裕美子先生のないしょ話は
子供の頃のダメダメだったお話。笑


でもこれ、私にとっては
母との大切な思い出でね^^




お友達と遊んでばかりで
ピアノの練習したい日々が続く
   ↓
堪忍袋の尾が切れた母が
ピアノに鍵をかけちゃった!(◎_◎;)
   ↓
少しずつ少しずつピアノが気になり始める
   ↓
レッスンに行ったら
ピアノを弾きたい気持ちが
もっともっと溢れてきて…
   ↑
今 ココ。



お時間あったら、第1話から
読んでみてくださいね^^



3話目は、いよいよクライマックス⁈ 笑
早速、続きを書いていきますね!




*     *     *




お母さん、ごめんなさい
ちゃんと練習するから…頑張るから…
ピアノの鍵、開けてよ。


何度か謝って
お願いしてみたと思うんですよね。


その時の母の反応を
覚えていないのですが…あせる


まぁ、開けてもらえなかったんですね^^;




祖母には


ピアノさんは まだ
口きいてくれへんのかいなー!  とか


からかわれたりして


もうね、本気で頭にきちゃって  笑
ベッドに潜り込んで、わんわん泣きましたえーん




こうなったら もう
自分で何とかするしかない!って


母が外出してる間に
タンスとか鏡台とか、思い当たるところ全部
探しまわったりもしましたよ。
ホント、やな子供ですねー笑笑


このままピアノ弾けなくなったら
どうしようーあせるっていう焦りと


早くしないと お母さん帰ってきちゃうー滝汗
っていう焦りと


ダブルでアワアワしちゃってるから 笑
そんな状況では、見つかるわけもなく…


撃沈。。


きっと探った痕跡も たくさん残ってて
母にはバレバレだったことでしょう!笑




鍵は見つけられなかった・・・


目の前にピアノがあるのに
弾けない。


どうしようもなくて
途方に暮れて


また泣く。


そして、ふと出てきた言葉は


ごめんね。


ピアノさん、ごめんね。。




*     *     *




学校へ行って、お友達と過ごしていると
楽しくて、忘れていられるんだけど


もう遊びに行くような気分にはならなくて
授業が終わったらすぐに帰るように。


お家に帰っても、今日もピアノ
弾かせてもらえないんだろうな・・・


そう思っては、ため息ついて。


学校の帰り道も、切なかったなぁ。




*    *     *




そんな ある日


帰宅して 自分の部屋に戻ったら
机の上に、白い小さな箱が見えました。


近づいてみると
小さなカードも添えられていて


そこには、母の柔らかな文字。


こんなメッセージが
綴られていました。




大好きな裕美ちゃんの手で
開けてあげなさい。









もしかして・・・!!!!




慌てて箱を開けてみると
そこには、ピンクのリボンで飾られた
ピアノの鍵が入っていましたリボン




。・゚・(*/□\*)・゚・。




嬉しくて
心の底から ほっとして
ここでも大号泣!!


お母さん、ありがとう!!!!
ピアノ弾けるよ〜✨.°(ಗдಗ。)°.



*     *     *




ひとしきり泣いて、落ち着いたら
ピアノの部屋へ行って
鍵を開けようとしたんだけど


ふと、不安な気持ちが過ぎりました。


大好きな裕美ちゃんの手で…
母は そう言ってくれたけど


ずっと弾いてなかった
練習、頑張ってなかった


ピアノさんは 
私を好きでいてくれるのかな・・・


そんな気持ち。




それでも、弾きたいからね


震える手で、鍵をまわして
開けてみる。。




久しぶりに見る 白と黒の鍵盤は
キラキラ輝いて見えてキラキラ


まるで笑っているようにさえ感じました。
とっても前向きな感性の持ち主です。笑




*     *     *




外出先から戻った母に
たくさんの ごめんなさい!と
ありがとうをクローバークローバークローバー


そして


思う存分、ピアノを弾きました!


これまでに習った曲、全部弾いちゃうぞ!
くらいの勢いで。笑
ずっとずーっと。。


長く弾いてなかったから
そりゃもう たっくさん間違えるし
ミスタッチの嵐なんですが


そんなの無視!!!!笑


ただただ 嬉しくて、楽しくて♪照れ




音楽の道へ進もうと決めたのは
もう少し後のことだけど




私、こんなにピアノが大好きだ!!




かけがえのないもの  だと




深ーいところで気付いたのは
あの日だったんだろうなと思います。




母に。


見守っていてくれた父や妹、
祖母にも。


どんなに感謝しても
足りないくらいですねクローバー








それからというもの


もちろん波があって
苦しい時もたくさんあるんだけど


でも!頑張りましたよ!!^^








めでたし めでたし♪^^





…と、一度は まとまるのですが。


実は このお話
まだ続きがあるんです。


10年後


大人になってから ようやく
私は母の真意を理解したのです。




長い長い ないしょ話。笑
あと もう1話
お付き合い頂きけたら嬉しいです。




*     *     *




台風が接近、上陸している地域に
被害が出ませんように。




今日も最後まで お読みくださり
ありがとうございます。
こんにちは^^
ピアノ講師の石田裕美子です。




一つ前の記事から
子供の頃のダメダメだった
お話をしています。笑


前回は


お友達とヘトヘトになるまで
遊びまわって
ピアノの練習しなくて^^;


堪忍袋の尾が切れた母が
ピアノに鍵をかけちゃった!(◎_◎;)


…ってところまで。




さてさて、どうなることやら。笑
続きを書いていきますね!




*     *     *




前の日の夜は、あんなに怒っていたのに
翌日からの母は、至って普通。


ただ・・・


ピアノのことには
いっさい触れません。


日が経つごとに


本当にもう二度と
ピアノを弾かせてもらえなかったら
どうしよう・・・


不安な気持ちが
湧いてくるようになりましたが


きっとそのうち、許してもらえる
きっとまた、弾かせてもらえる


自分にそう言い聞かせて
自分を安心させて


他の事に気持ちを向けるように。。




*    *    *




穏やかに日常は流れていたけれど


レッスン日になるとね、
それはもう〜大変です(><)


いくら練習しないと言っても
レッスン日が近づくと
いつもなら焦ってやるわけですよ。


だから、どれも進歩が無いなんて
あり得ない。


それがこの時は
まっっったく!!
ピアノを触ってないんですからあせる




どうしよう〜!!(><)




こちらは、イラストレーター嶽元りり理さんのLINE@でプレゼントして頂いた画像です◡̈♥︎




ですよね。




ハノン(指の訓練の教則本)は
同じパターンで
上がったり下がったりするので
何とかなりますね。
その場で弾けたとしても
指の為には全くなってないけど(^^;;



練習曲も、テンポを少し落として集中!で、
まぁ、そこそこ弾けたりします…
…したのかもしれない。


が!!


モーツァルトやベートーヴェン、
ソナタなどの曲になると…あかんあせる
弾いているうちに思い出してはくるけど
同じところで、つっかえ つっかえ滝汗


バッハにおいては、最悪です。
3声が絡み合って出来ている曲なんだから
練習していないと
テーマがどこでどうなってるんだか
もう〜ハチャメチャあせる
なんだこりゃ!な感じで滝汗滝汗




それでも・・・




私が子供の頃、ご指導くださった先生は
音楽的なことだけでなく
人として、素晴らしい方で
本当にお優しくて


まず最初に、必ず褒めてくださるのです。


子供たちの "今" を
丸ごと受けとめてくださる。
この先生が、今も私の目標なんですよ^^




裕美子ちゃん、良くなったわよ!
ここ、素敵やったな〜!




そんな風に言って頂くとね
弾けてないの
自分でよーく分かってますから




あ〜〜〜〜〜
先生!!
ほんとに ごめんなさい!!!!

。゚(/□\*)゚。





心の中で、叫んでいました。


褒めて頂いているから
「ありがとうございます」とは
言うものの


顔は完全に、泣き顔だったでしょうねぇ。




帰り道は ずっと


あぁ、ピアノ弾きたいなぁ
練習しなきゃ、練習したいなぁ


寂しい気持ち、悲しい気持ち
罪悪感で いっぱいでした。




そんなレッスン
何回繰り返したんだろう・・・


1ヶ月も無かったのかもしれない。
レッスンで言うと、
2〜3回だったのかもしれないけど


私には、とてつもなく
長い期間に感じられました。








長いっ!笑


続きは また次回にしますね^^




今日も最後まで お読みくださり
ありがとうございます。
こんにちは^^
ピアノ講師の石田裕美子です。




子供たちとのレッスンのお話を
綴っていく前に
今日は、私の子供の頃のお話を。




実は これ、もう一つのブログに
アメンバー記事として出そうかな…
と考えていたお話です。


ずっと まとめきれずに
ここまで来ちゃったんですけどね^^; 笑




どうして、アメンバー記事にしようとしていたかというと・・・




練習しなくて 怒られたお話だから!!笑




もしも生徒さんがご覧になったら
どうなのかな〜と考えて


ないしょ話にした方が良いかなと。




でも、こちらのブログは
まだフォロワーさんも少ないですしね。


子供の頃のお話ですから!笑




そして、私にとっては
母との大切な思い出であり


この事件(笑)があったからこそ
今があるのでクローバー


決して忘れることはないけれど
この頃の気持ちを
いつでも振り返れるように…


ここに残しておきたいと思います。


もしよろしければ
お付き合いくださいませ^^




*     *     *




小学校5、6年生のとき
クラスのみんなが
それはもう〜とっても仲良しで


ドッジボールや鬼ごっこや…
外で思い切り遊ぶことに
夢中になった時期がありました。


完全下校時間になって
学校を出なければならなくなっても
まだまだ物足りなくて


誰かのお家の近くへ移動して遊んで
辺りが暗くなったら、ようやく帰る…


そんな日々が続きました。




それだけ走り回って遊んで帰ると
どうなるか・・・


えぇ、ピアノの練習、
しなくなるんですねぇ^^;


あまり遅い時間帯に弾くと
ご近所のご迷惑になりますし…


とか言って
ホントは それよりも


ご飯を食べて、お風呂に入って
学校の宿題をやって
それでヘトヘトだったのでしょう。


大人になって思い返すと
遊んだ分、寝る時間を遅くして宿題やれば
ピアノ弾けたんちゃうのん?
と、思うんですけどね^^;


その頃は、出来なかった〜あせる




そんな日々を
どれくらい繰り返したんでしょう。


1ヶ月? いや、2ヶ月??
もう忘れてしまったけど。


毎日、楽しくて楽しくて
私、全然気付いていなかったんです。


母が怒りが   笑
どんどん溜まっていっていることに^^;




そんなある日。


「練習しなさいよ!」と母に言われて
それでも私ったら
グダグダしてたんでしょうねぇ。


遂に母が ぶっちぎれました笑い泣き




そんなに練習しないなら
もう一生、ピアノ弾かなくていい!!!!




そう言い放ったと思ったら




なんと 母は・・・




ピアノに鍵をかけました!!!!




( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚




滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗




それは もう〜
びっくりしましたよー!


正直、頭にきちゃって!
そこまでやるー!?ってね。


そして わたくし
決めたんです。




こうなったら
もっともっと遊んでやるー !
\\\٩(๑`^´๑)۶////




そして 本当に実行しました。


はい。最低ですね。笑




ピアノのことが気になる時もあったけど
それでも、最初のうちは平気だった。




そんなこと言って、お母さん
またすぐに「練習しなさい!」って
言うんでしょ。。




そんな気持ちが
心のどこかに あったんですよね。


だけど・・・








長くなりましたので
この続きは また次回^^




今日も最後まで お読みくださり
ありがとうございます。