じぃのヒトリゴト

じぃのヒトリゴト

NPO法人生活環境ネットC&Cの代表が管理するブログです。
日々の考え事や思いつきを書き連ねます。

昨年11月、パラオの博物館で見た資料です。

ペリリュー(PELELIU)島はパラオの南にある島ですが、太平洋戦争中に、アメリカ軍の上陸作戦に対して、日本軍が洞窟などを利用して、かなり善戦したことで有名です。この記事では、日本の作戦でかなり苦戦しているということが報じられています。

上陸作戦が行われたのが1944年9月、LIFE誌にこの記事が掲載されたのが1945年6月11日、終戦前のことです。

当時の日本のメディアの状況を詳しく調べたことはありませんが、日本では自軍が苦戦しているということを報じることが可能だったのだろうか。不可能だったのじゃないだろうか。少なくとも、現在ウクライナの件でロシアが発表する記事で、これほど自軍が苦戦している写真は見受けられないことを考えれば、「アメリカってすごいな」と改めて思います。