えぞ梅雨★

じめじめ~~~


ムシムシ~~~


暑いよ~~~



えぞ梅雨じゃ~~~雨



ここのところ気温も高く エアコンの無い北海道では厳しいですあせるあせるあせる






メモえぞ梅雨とは・・・

「梅雨」は5番目の季節、つまり春夏秋冬と並ぶもう一つの季節と言われるくらい日本では馴染みの深いものです。ところが北海道ではあまり梅雨を実感することはありません。実際、北海道では梅雨入りや梅雨明けは発表されないのです。
沖縄から東北まで梅雨の時期があるのに、なぜ北海道だけ梅雨がないんでしょうか?
6月頃になるとオホーツク海に冷たく湿った空気をもつオホーツク海高気圧が停滞するようになります。そして南からは夏の主役となる太平洋高気圧が張り出してきます。
この2つの高気圧のぶつかる所、ここに梅雨前線ができ、この前線が長雨をもたらすのです。
南の高気圧が次第に強まってくるにつれ、前線は北に押し上がられて梅雨も南の方から明けてきます。
ところが前線は北海道にまで上がって停滞することはほとんどなく、その前に弱まるか、あるいは消滅して、日本列島は南の高気圧に覆われてくるのです。そのため北海道には梅雨がないといわれます。

ただ北海道と東北地方北部とで、天候がはっきりと分かれるわけではありません。北海道にもまれに北上してきた前線が停滞して、ぐずついた天気が続くこともあります。
またオホーツク海高気圧から吹き出す冷たく湿った風によって、北海道の太平洋側で霧や低い雲ができやすくなる場合があります。
このような北海道の梅雨にあたる状態は「えぞ梅雨」と呼ばれています。
本州の梅雨時期は、特に後半は蒸し暑くなったり集中豪雨が発生しますが、えぞ梅雨の場合は太平洋側を中心に寒さが続き、しとしとと降る雨が多くなるのです。