センターショット100球!!

センターショット100球!!

100でも1000でも外さないって言ってみたい…

とりま100球が目標(; ・`д・´)

いつまで続くか?ぼちぼち更新予定ヾ(゚Д゚ )ォィォィ


テーマ:

最近、球が見えませんチーン

もちろん、見えているんですが厚みが分からないもやもや

 

正確には、目がかすむ、距離感が分からない、近い球が見えていないなど

 

まぁ、よく考えればもう40代

いろいろ調べてみると老眼になる前の症状によく似ています滝汗

 

私のホームの常連さんは若い人が少ないので、同じことをよく聞くのですが、こういうことなんスねと実感していますタラー

 

年はとりたくないですねぇドクロ

 

目の衰えを理由に、引退するプロの方がいるのも頷けます

 

とりあえず、効き目を使ったフォームは大雑把には出来ているので、そちらをメインにする予定OK

 

あまりに上手くいかないときは、ちょっと考えてしまいますねコレはドクロ

 


テーマ:

最近、ずいぶん手を焼いたACSSプロから314-3に変更しました拍手

 

10時間近く撞いたので、今更ですがインプレ虫めがね

はじめに、あくまで主観ですのでご了承ください<(_ _)>

 

さて早速ですがあしあと

パワー…普通、全くないワケでもなくガッツリあるわけでもない感じで314-2よりはあるかな?くらいです

 

トビ…まぁほぼトビませんポーン使い始めの数時間は逆ひねりを厚く抜き順ひねりを薄く抜きまくりました滝汗

ゲームで使う程度の中庸までのキュースピードなら安心して捻れますキラキラ

 

カーブ…これはトビが少ないシャフトの宿命でしょうタラーカーブは出やすいので慣れが必要かも

 

回転量…多いですOK押しも引きキレますし、ひねりは大方ワンタップ以内で十分です

 

でも私が一番スゴイと思ったのは中心ラインの撞点虫めがね

縦のラインはかなり細かく撞くことが出来ると思います

 

ACSSプロは押しのカーブが出やすくパワーもあったので

中心ラインの撞点のタッチが難しかったのですが314-3は、撞点に対して意外に素直キラキラ

 

引きの撞点は以前より中心付近に調整

押しも大方撞点通り

 

更にトビを減らしパワーと回転量を求めるのであればヴァンテージでも良いと思いますが、個人的には314-3で十分です

 

最後に堅さですが、柔らかめだと思います

ただ、少し固めのMくらいのタップが好きな私には丁度良い感じです

 

トビの少なさが注目されがちな314-3ですが

機会があれば中心ラインの撞点の使いやすさに着目して使ってみて下さいOK

 


テーマ:

最近は、セット球や相撞きなどネクストの取り方や組立て方に重点をおいて練習しています炎

 

必然的にラインを確認したり、フリを確認したりする作業が多くなりフォームやストロークを考えるということは少なくなりました

 

ただ一つ以前から気になっていた顔の向きに関しては改善点がありました

 

今のフォームはいたってオーソドックスで

年末から散々迷った結果右矢印キューは顎の下に置いていますw

 

理由は、顔の向きが合わせやすいから虫めがね

 

顔の向きを合わせる為に改善したのは

ブリッジ右矢印顎(or顔の中心)右矢印グリップまでを一直線に並べるイメージにする

希に聞くお団子のイメージとは、このことを指しているの鴨!?

 

よく記述されているように顎の下に『置く』だけではキューと顎を引っ付けないとキューと同じ方向には向けませんし、少し頭を上げるとよく分からなくなってしまいがちチーン

 

そこで顔の方向を合わせる基準として顎を使う

顎から顔の中心、頭の天辺までキューのラインが真っ直ぐ突き抜けるイメージ

 

とてもシンプルなので、このイメージに変えてからはフォームを作るのが随分楽になりましたキラキラ

 

あとこれは推測に過ぎませんが、効き目の下の場合は自然に先球の方向を向いてしまう傾向があるので、ブリッジの位置に気を付ければ顔の向きは合わせやすいかもしれません虫めがね

 


テーマ:

おめでとうございます鏡餅<(_ _)>

 

気が付けば早10日ですね滝汗大晦日がつい先日のようですチーン

 

昨年もあーだこーだ考えながら練習してきましたが

今年は、フォームやらストロークには比重をかけず取り方や戦術などをメインにしていきたいと思っています炎

 

フォームやストロークに関しては、自分の出来ること出来ないことも分かり右矢印納得のできる範囲で、基本通りに固まった感じがします拍手

もうねオーソドックスすぎてブログに上げることも恥ずかしい(^◇^;)

 

思うに虫めがねフォームやストローク、エイミングの基本と言うのは皆さんの知っている通りだと思います、天才を除いて(→ここ重要w)

 

結果として、シュートできてネクストが出せればなんでもアリなのがビリヤードの面白いところなので右矢印

基本は知っておいて損はないものという位置づけくらいで良いと思います

 

基本をどう捉えるかは最終的には個人の目指すところによりけり

長所を伸ばすだけでもA級にはなれると思います

ただA級でも戦える力が欲しいなら、それはまた別の話

 

今年も楽しく厳しく頑張ろう爆  笑炎


テーマ:

効き目は右なのに逆目で見た方が景色が良いチーン

 

たまにそんなプレイヤーの方がいます

実は私もその一人滝汗

 

何故か?

理由の分からないまま十年ちょっとが過ぎてしまいました笑い泣き

 

駄菓子菓子

最近、やっとその理由がわかりました拍手

 

まぁ、特に上手くなる要素はありませんがエイミングやフォームのチェックには役立つネタかもしれません!?(^0^;)

 

では、その理由とは右矢印

先球を見過ぎてしまっているから

 

つまり手球の真裏に顔があってその先に厚みがあるのが基本

 

これが厚みを中心に構えてしまうと効き目の方向にキューが出てしまい結果、逆目に置く方が景色が良く見えてしまう

まぁ、自然に出来てしまうプレイヤーはその限りではありません(白目)

 

理由が分かれば矯正方法はいたってシンプル

手球→ブリッジ→顔→脇→肩→グリップが一直線になるようにフォームを作る

 

ここで重要なのは手球が真四角の立方体としたときに真裏に顔が来ていて真っ直ぐ構えられているかということ

 

そしてその状態のまま厚みを見る

 

私の場合は、矯正するとコジリの方向がよく見えましたポーン

 

効き目の方向にキューを合わせる場合でも同様で基本は同じ虫めがね

 

参考になるかどうか分かりませんが、2018年最後の発見でしたキラキラ

 

ちなみに、フィリピンだと分かっていてそうしているプレイヤーも希にいるとかいないとか…

 

狙っているところに手球が当たれば良いワケですからアリと言えばアリな選択肢かもしれませんね

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス