鉄道模型専門店 九州レイルウェイショップ

鉄道模型専門店 九州レイルウェイショップ

福岡県直方市にある鉄道模型(Nゲージ、HOゲージ)専門店です。

表題の件、少し前に撮影していたものを編集、Youtubeに投稿しましたのでお知らせ致します。

 

1.KATO Nゲージ キハ58系 新旧対決

「九州急行色」は1993年に限定品として発売されたもので、いわゆる「旧製品」に該当します。オリジナルはピン止め台車/黒一色の下廻り/電球仕様の灯火類ですが、これらを「後期形」に換装、ヘッドライトLEDは電球色化しています。また連結面への幌枠設置/連結器のBMTN化も施工、現行品と並べても遜色無い程度に仕上げたつもりです。発売から30年以上経過したモデルですがウェザリング効果もあってか適度にヤレてイイ感じになっていると思います。また下廻りは換装したとはいえ20年ほど経過していますが走りの方は問題ありません。

当店ご利用のお客様の間では根強い人気があり現行仕様での生産を希望する声も多いのですが、なかなか製品化されませんね。

市販デカールを利用して塗替改造するしかなさそうです・・・

 

2.Nゲージ 車体自作の783系「原型色・冷改車」

20年前の今頃、せっせとボディをフルスクラッチで作っていた車両です。その最中にマイクロエースから原形仕様の製品化が発表されてかなりショックを受けました。心が折れそうになりながらも何とか気を取り直し、マイクロさんが登場時仕様だったので路線変更し1992~94年頃の間に見られた「原型色の冷改仕様」にしました。結局着手から半年ほどかけて完成に持ち込みました。

ヘッドテールは当然点灯だろうと当時1個500円した白色LEDを贅沢に使っています。まだ高輝度のチップLEDが無かったため3mm砲弾型を採用するも窓下に収めきれずに窓からライトユニットが丸見えになっています。今ならもう少しスマートに出来たかも知れませんが、まあこれも「味」ということで。

加工性重視で薄板を使ったのが災いしたか、20年が経って車体はかなり歪んでいてメーカー品と並べれば粗だらけですが、実は未だにメーカー完成品の「原型色冷改」の5連/7連仕様は出ていないんですよね。サハ783-100とモハ783-0が無いので動画にある7連・西鹿児島「有明」仕様は実現しません。そこがちょっとした「自慢」ポイントだったりします。

多分これからも製品化される事はないだろうと思いますので当分の間は展示や走行で楽しめるかな・・・

 

 

走行シーンでの制御器は全て「MTCS-MINI」ワイヤレス&Withサウンドコントローラーを使用しています。

車両はどんどん進化しているのに「走らせる」という点では旧態依然の「昭和の遺物」が幅を利かせている鉄道模型の世界。スマートフォンがこれだけ普及しているのですから、これを活用しない手はありません。今こそ「鉄道模型の新しい時代」に一歩踏み出してみませんか?

当店には令和6年2月19日時点で2セット在庫あります。

これが完売しますと次回納入品からは値上げの可能性がありますので「良いなあ」と思った方はお早目にご購入をお願いします。

 

 

以上、宜しくお願い致します。

コキ200 MCLCタンクコンテナ搭載仕様に続き、牽引機の方も用意致しました。

 

1.ED76-81/83 JR貨物更新

屋上交流機器・碍子・パンタを全バラシの上でリペイント&色挿し。車番銘板を取付済、またカプラーは付属ナックルに換装済です。各1両限定でいずれも税込価格15,950円
 
2.EF81-303/304 JR貨物更新(銀)
実車は時期によりパンタのホーン部が黄色だったり赤だったりしたようなので303/304号機とも2仕様に作り分けしました。パンタ・碍子・ホースのリペイント&色挿し。車番銘板を取付済、またカプラーは短尺ナックル(EF66用)に換装。
こちらも各1両限定で税込価格14,850円
 
出来の良い模型だけに、もうひと手前加えると更に魅力的になると思いますが如何でしょうか?
 
ベース車両持ち込みでの加工を承っております。
また部品取付に自信の無い方は取付作業も承りますのでお気軽にお問い合わせください。
 
当店では様々なカスタム加工を施した車両を展示・販売致しております。他所ではまず見ることの出来ない「変わり者」達が皆様をお待ち致しておりますので、是非ともショップまで足を運んで頂ければ幸いです。

先日入荷した商品。

完組品かと思ったらユーザー取付部品がある…😳

では早速、取り付け開始❗️
デザインナイフで切り出し。
切り出し完了。一円玉(直径20mm)は部品の大きさを実感出来るかなと思って置いただけです。

説明書に従いパーツ取り付け、ですが…
タンク本体に付く配管を説明書通りに付けようとするも中の人は30分格闘し断念…😫

フレームを外してから取り付けました、この方が私は楽でした。フレームの付け外しで破損のリスクがありますので細心の注意が必要です。

上がデフォルトで下が取り付け後。
取り付け穴が目立つので、この作業は避けられません。自信の無い方は専門店に頼みましょう。
当店でも取り付け加工を承ります(有料)。

コキ200もデッキ手摺とブレーキハンドルを取り付け、また車間短縮ナックルカプラーに換装してみました。

上がデフォルトで下が車短ナックル換装品。
連結間隔が約半分に縮まります、効果絶大❗️


当店ではコキ200・MCLCコンテナ搭載の2両完組(車短ナックル換装済)を限定販売致します。
価格は14,850円/セット3セット限定

※ご自身で取付ほか加工される場合は自己責任の下、怪我や部品の破損紛失など十分ご注意の上でお願いします。万が一そのような事態に遇われましても当方は一切の責任を追いません。

灰色の「つばめ」実は赤色だったかも!? 特急787系“幻の案”JR九州OBが語る 今も車内に名残アリ(乗りものニュース)#Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/a46834f70f6f7b172742ed16e4eeedba0f4112e5


という記事を見て

「そんな事があったのね」

と、コイツを引っ張り出した-w-w

X(旧Twitter)に載せたところ、なかなかの反響を頂いた。中にはコレを見てフリーランスの世界に目覚めてしまった方も…

今から20年前の作品、当時は「赤い"彗星"」「シャア専用」とか言われたものだがX上では「タリスや❗」という声も…確かにクリソツ-w-w
コレを作った当時はタリスの存在を知らず、単純に787系をリゾート特急にしたら面白そうと考えて試行錯誤の末に出来た。因みに当該車両の基本コンセプトもしっかり纏めている。
久し振りに読み返してみたが、今の「36ぷらす3」にも通じる部分もあるような気もする。

実は当該車両の色選定で最後に残ったのが「赤」と「黒」。最終的には九州のコーポレートカラーである赤系に。更に煮詰め、オトナの雰囲気を出すべくワインレッドメタリックにした。なので結果的に水戸岡氏とは真逆に振った事になる。

水戸岡氏のイメージは20年の時を経て「36ぷらす3」で実現した。さて店長の「赤い787系」は実車の世界で見られる日は来るのだろうか…?
(んな訳無いやん-w-w)