こころと体を整える

こころと体を整える

ふとしたことから、座禅、瞑想、ヨーガに取り組むようになりました。
そんなマインドフルの実践を試みる日々のことを綴っていきます。

高円寺で朝ヨガの帰りに、代々木公園で開催中のナマステインディアフェスティバルに。インド料理、衣料品・雑貨などのお店がたくさん並んでました。明日(2019/9/29)もやってます。

 

 

ちょっとインド気分を味わいたいと思い、ラッサム・ワダ(カレースープつけドーナツ)とマサラチャイでおやつ。マサラチャイは、200円とお安かったので粉溶かしたようでしたが、満足グッ

 

その後、ちょっとお買い物。ここ数ヶ月探してた普段履きできるヨガ用パンツを探して、気に入ったものがあり購入。ヴエーダンタ協会のブースで、いくつか立ち読みして、「パタンジャリ・ヨーガの実践」がなかなかよさそうなので、こちらも購入しました。ヴェーダンタ協会からは、通販で「はじめてのヴェーダンタ」注文中なのですが、この本も、アヌローマヴィローマの効果とか書いてあって、具体的に書かれていて分かりやすそうです。ヴェーダンタ協会って、ラーマクリシュナミッションというインドの組織の日本支部だということも、ブースの方に教えてもらい今日、知りました。

 

シバナンダヨガのサットサンガに参加すると、Daily ChantというKirtanを参加しているみんなでうたいます。Daily Chantではさまざまなヒンドゥーの神様への祈りをうたっており、どんな神様なのか、興味を持って、本を探しました。そこででてきたのが、この本。「いちばんわかりやすい インド神話」です。

 

 

 

ところが読み始めてびっくり。インド神話の世界では、神様同士が、時には肉親通しでも仁義なき戦いが行われ、血生臭い物語が繰り広げられています。もしかすると日本の神話も知らないだけで、同じような世界なのかもしれませんが、「こんな神様たちに祈りをささげて、幸せになれるのだろうか・・」と思ってしまいました。

インドの人々、ヨガを実践してKirtanをうたう人々はこのような神話も当然知ったうえで、神々にKirtanをささげているのだろうか?? 誰かにきいてみたい疑問です。

 

ちなみに、この種類の本では、とても多くの神様が扱われて、神様の解説も詳しく、怖ろしい神話ですが、興味深く読み進められるおすすめの本です。

podcast続きですが、Mantra、Kirtanのpodcastを見つけたのでご紹介します。かなりたくさん、あまりアレンジされてなく、ライブ感のある録音が収録されています。

 

Mantra-Kirtan

 

シバナンダヨガに通う前は、ヨガのイベントで数回Kirtanを聞いたり、いっしょにうたったりという経験があり、その時もいいなぁとは思ってました。

 

シバナンダヨガに行くようになって、しばらくして、サットサンガという瞑想、チャンティングをする会に参加して、そこで久々にKirtan、チャンティングをして、いいなぁと思った気持ちが新たになりました。

 

夏に行った、ヨガバケーションでは、ホールで何十人もの参加者といっしょにチャンティングするのも感動ものでした。

単純なメロディの繰り返しで、一緒に歌うと気持ちが盛り上がっていきます。ちょっとトランス状態っぽい感じにも。

 

神様の名前、祈りをひたすら繰り返す歌で、その神様のこともよく知らなかったりするのですが(^^;

一応ヨガバケーション行くときに、インドの神話入門という本で勉強したので、次の投稿はその本の紹介をします。