気・血・水を正す。        TORA'S Blog

気・血・水を正す。        TORA'S Blog

はじめまして。

手仕事で人の体を正す柔道整復師のTORAです。
創業1830年。漢方医が初代であります。
私で五代目になります。
日々の事を書いていこうと思います。

TORA

匡正堂葛飾@副院長のブログです。
施術のご相談、院の詳しい情報は、
ホームページ「http://匡正堂.jp」です。
何時でもお越しくださいませ。

CT、MRI、MRA、X-P、超音波、内視鏡、波動テスト、〇〇テスト、〇〇チェック、、、、

色々なターゲットに対して色々な調べ方がありますね。

何かを調べて、何をするかを決めて、対処をするのが治療であり医療です。しかし、それは本当の意味での治療にならないケースが殆どです。病気になった原因が生活環境や精神環境や社会環境、原因となった原発の病変であったり異常が存在する限り根治には至りません。

基本的に完全に原因が消えなければ全て対処です。

安心するだけでなく本当に治りたい、本当に自分を変えたいと思うのであれば、対処をして「その上で何をするのか」が非常に重要な部分です。

体の生理的環境、生活(衣食住)環境、精神環境、社会環境、人間関係、これらが適正な方向を向かなければ、必ず体に異変が起こってきます。

もちろん、死ぬまで自覚できずにわからん状態ならそれでいいでしょう。

しかし、体に何かしらの異変が起こっている人達においては、適正に方向を変えさせて本来の原因を少しでも失くす努力をしていく必要はあるように感じます。

体の色々を調べて、医療であったりカウンセリングであったりそれにも満たないお話であったりで一喜一憂しても何も変わらんかもしれません。

何でそうなったのか?
そこに何か異常が見つかったとしても、原因はそこではなくそこは結果です。

では、何をすれば良いのか?

そこが大切な部分なのです。

当院に来られた方々には、その大切な部分を私に知る範囲で施術にあわせてお伝えしております。

本当に今のままで良いのですか?

それが、私の本音です。


生涯修行

匡正堂葛飾院長