先日、るふ225号『秋彼岸号』が完成し、準備を整え発送させていただきました。
そろそろみな様のお手元に届くころでしょうか。

 

さて、今回のるふの表紙ですが、鳥辺山にある慈雲院(じうんいん)さまを掲載しております!

慈雲院さまは教蔵院日利上人により創建されたお寺です。裏表紙には、その慈雲院様の縁起をご紹介しております。

『ここが見所!』では、あの詩人・文人としても有名な深草元政上人と関わりの深い、玉泉井が紹介されており、この井戸にまつわる数々の歴史をご紹介しております。

『教えてお坊さんQ&A』では、十界についてのお話を紹介しております。
普段私たちは何気なく生活していますが、私たちの住むこの世界は十種類の世界で構成されていると説かれました。

仏さまの世界、人の世界、動物の世界、地獄の世界…日蓮聖人はこれら十界をどう捉えたのかッ…!この記事、是非ともお読み下さい!

『日蓮聖人のお言葉』では、巻頭をかざるお言葉を元に、法話を掲載させて頂きます。
今号は「聖愚問答鈔」より、の尊さと大切さを説かれた御遺文を取り上げております。
仏道に限らず、人々はを忘れ、人道を外れてしまうことがあります。日蓮聖人はこの御遺文の中で、によって自身を省みることの大切さを説かれておられます。

 

『日蓮宗をとりまく人々』では、「宗門中興の三師」として名高い『一如院日重上人』をご紹介致します!
度重なる法難や宗論で揺れていた当時の日蓮宗を支え、現代に至る日蓮宗教学の礎となる多大な功績を遺されております。
類稀なる才覚によって宗門を導いた堂々たるご生涯・・・その足跡を辿ります


気になる内容は・・・是非とも本号を手にとりご覧下さい!

「るふ」は、一般の方にも仏教・法華経を知っていただこうと、青年僧の私たちが、専門用語も含めてできる限り分かり易く書くようにしております。少しでも仏教にご興味のある方は是非一度ご覧下さい。

京都であれば最寄りの日蓮宗のご寺院様でご覧いただけると思いますが、
個人の年間購読(年4回発行、600円(発送料込))も受け付けております。一回だけの購読でも構いませんので、お気軽にお申し込み下さい。
お申し込みはE-mail:kyotonissei@aol.com にご連絡お願い致します。折り返し担当の者よりご連絡差し上げます。

るふ担当拝

修養道場も2日目を迎え、朝になりました。

 

スタッフはだんだんと疲れが見えてきたのですが、道場生の皆さまは元気一杯です!

まずはラジオ体操で体の運動

 

続いて掃除を行いました。掃除機がけ、拭き掃除、トイレ掃除などを行いました!


直ぐに朝のおつとめがあります。朝食までに沢山することがあります!


朝のお勤めあとは、朝食です。しっかりと食事作法ができるのはここまで・・・

皆真剣に食事をとりました。

 

 

 

食事ののち、唱題行をおこないました。

 

皆一生懸命声をだして、少しぐったり。しかしまだまだプログラムは続きます。

 

 

 

 

 

お待たせ致しました!

修養道場、午後の様子です。

まずは、お釈迦様のお話(仏伝)です!

 

続いて、レクリエーションが行われました!

皆が名前を覚えて、打ち解けるためのゲームです。

 

レクリエーションの後は、仏前作法です。

ゲームの時とは切り替えて、しっかりと合掌、礼拝等の所作を学びます。

パネルシアターを上映し

フリータイムで遊びの時間です!

 

遊びの後は、今回のテーマ「布施行」についての勉強をしました。

 

 

「無財の七施」という、いつでも・どこでも出来るお布施について勉強しました。

夕食を食べたのち、ひかりのつどいを行いました!

 

さいごはお風呂に入って就寝・・・長い1日が終わりました!

皆様、本日より1泊2日にて、本山 妙覚寺さまを会場として修養道場が開催されました!

 

まずは、開場式のご様子をお伝えいたします。

 

 

続いて、テーマ説明と生活指導。

本年度のテーマは「布施」です!

 

そして、昼食になりました。

この昼食も修行の一つです。皆様で配膳し、しっかりと作法を守って食事を頂きます。

 

 

これからも、修養道場の様子を随時掲載してゆきます。よろしくお願い致します!教化 拝