スウェーデンvs 日本

どっちが 良いのよ?

という 前回の続き



僕は





スウェーデンの制度の方が
幸せになりやすい

僕は感じますけどね

もう お金や車や なんやら
だけで幸せを感じる人生
限界来てます
時代に合わない


ぶっちゃけインターネットさえあれば
人生飽きない
という世代がもっと増えてきます。
いやー安上がりニヒヒ

昔からのいわゆる「幸せな人生」
かけ離れてきているんですよね

金なくても
時間が欲しい
世代です

金がなくても
幸せに暮らすには
24時間をどう過ごすか
という哲学的なお話になります


格差社会では
大半が収入面では負け組なので
幸せ=受験、良い会社+収入
じゃなくて
幸せ=時間
という
学校教育して欲しいですね

お金はないけど
金持ちにも
貧乏人にも
唯一平等な時間で
幸せを感じる
これが人生の価値観
にしたい

ちなみに 私は最近
半日 主婦 半日仕事
してますが
主婦は 大変ですね!
他人(同僚/社外)がお客様の 会社の仕事より
家族がお客様の方が 精神的にも 辛いし笑い泣き



やっぱり
家事+仕事が1番 大変ですね

そして
共働きで
家事も押し付けられる
日本女性が1番大変ですね


仕事だけしている旦那より
主婦だけされている女性より
絶対 大変です(当たり前)

つまり
金がない→共働き→家事は女性→女性に負担
の 日本って やばいです
全てのカップルがそうではないと
信じたいですが



日本政府と日本企業よ


お前らムキー












おっさん 定時で帰らせろニヒヒ
定時で帰っても 世界中 会社潰れてないぞ




それだけで
男女平等と少子化問題は解決しない
とは思いますが、
問題の原因の1つでもありますよね


だから
僕は
フェミニズムには
正直 違和感を感じるところがあり
日本社会を変える原動力には
ならないと思いますが
おっさんが早く帰れる社会がくるなら
応援してます


まぁどう社会が変わっても
僕の人生は
共働きから脱却できなさそうなので
主婦になりたい
嫁の敵はオラだった


おしまい