Bianchi/ビアンキのマウンテンバイク19年式続々!MAGMAとGRIZZLYシリーズ紹介! | 京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都から吹田までロードバイクで自転車通勤している自転車屋店員の日常をつづるブログ!!


テーマ:

今日は店舗にMTBをいろいろ展示したり写真撮ったり動画撮ったりしてました!バリバリ宣伝していきますよ♪

 

これが2019年式のMTBのGRIZZLY 9.1です!

アルミの29インチバイクです!

 

ブレーキはSHIMANOの油圧ブレーキ採用。

 

でも変速はSRAMのNXなんですよね。

個人的にはOKな組み合わせです。(ブレーキはSHIMANO派グッド!)

 

空いた方の穴はドロッパーポストのケーブル通せそうだな~と。

 

下みたらこんな風に穴が開いているので、ここからあれこれすれば、ダウンチューブ上からフル内装でドロッパーのケーブルを通せそうですねニコニコ

 

29 x 2.2インチのタイヤは結構デカかった!

 

その1つ下のグレードにMAGMA29.0というモデルがあります。

 

SRサンツアーのコイルサスペンションに、SHIMANOの油圧DISCブレーキ搭載の1台!

 

フロントダブルです。

 

横引きに対応しているフレームなんですよね!

ちなみに下位グレードで横引き非対応コンポを使っているモデルは下からきたケーブルを受け止めるアウター受けがFメカ下についてるので、問題なく下引きで組まれています。

 

ちなみにこのモデルは27.5インチのモデルも存在!

同じ価格、同じパーツ構成でMAGMA27.0というモデルを選んでいただければ27.5に乗っていただけます!

 

そのもう一つ下のグレードなのが、MAGMA 27.1です!
このモデルになってくると、SRサンツアーのコイルサスに機械式DISCブレーキが付きます。

 

先に書いてた下引き組みだとここにアウター受けを使います。

 

クランクにクロスバイク感が出てきます。

ブレーキはSHIMANO純正の機械式DISCブレーキです。

 

そのもう1つ下のグレードのバイクがこのMAGMA 27.2です!

 

ある程度街乗りを想定したパーツ構成になっています。

 

27.1まではSHIMANOだったのですが、27.2からはブレーキもTEKTROになります。

 

街乗りメインで、ちょっとだけトレイルにも興味がある!

ただ、ガツガツ山に行くかどうかは未知なので、低予算で走り出したい。。。

 

といったニーズにはMAGMAシリーズピッタリだと思います!

https://www.81496.com/jouhou/mtb/bianchi2019/bianchi2019.html

(Bianchi 2019年式 マウンテンバイクのページ)
 

上のページにビアンキのマウンテンバイクを紹介しています!

今回紹介したマウンテンバイクはそれぞれ店頭に展示しているので、ご興味ある方はぜひ見に来てください!

 

https://www.youtube.com/watch?v=EmVGjYLzBzo

(Bianchi(ビアンキ)のマウンテンバイク/MTBの2019年式が続々入荷!エントリー~ミドルグレードを中心に店に入荷したMagmaシリーズとGrizzryシリーズを紹介します!)

それぞれのモデルは動画で撮影して紹介しています!

動画もぜひチェックしてみてください♪

Leonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ