寂しさに
押し潰されないように
必死で唄った


 

翌日は一日
頭が空っぽだった

ライブは毎回
今日こそ
今までで一番良いものにしてやる

っていうつもりでやってる

だから
いつも次の日はそんな感じ

でも
今回は特にそうだったかもしれない

ハワイから帰った後の
得体の知れない孤独感が
もたらしたもの

想いが入ったのかもな

でもそうするしかなかったんだ

「歌を唱いたい」っていう言い方は
間違いではない

でも
もっと本質をついた表現をするならば

「唄わざるを得ない」

ってところかな

そうじゃないと
もたないんだ

そうしないと
殺られてしまう

シンガーにとって

「唄わない」

という選択肢は

ない・・

それはきっと

仏法で言うところの

「業」

なんだろうな・・

 

 

 

 

 



2017.12.16.sat. ORB 

1st.
~イントロダクション~
M-1 こころのマンナカに
M-2 Till There Was You
M-3 Keep On Growing
M-4 あの雲に乗って
M-5 Oh Derling 
M-6 Kind Hearted Woman Blues 
M-7 アツく ツヨく フカく 

2nd

M-8 Never Give Up 
M-9 A Song For You 
M-10 Happy With You 
M-11 Tight Rope 
M-12 While My Guitar Gently Weeps 
M-13 Don"t Let Me Down 
M-14 Oh Yeah ! 

アンコール
M-15 Let It Be 
M-16 Happy Xmas 

Kyotaro (Vo,Ag,Key)
Thomas Sawada (G,Cho)
チャーリー石塚 (B)

~オープニングアクト~
藤本歩美

ハワイを発つ朝

空いっぱいに虹が出た

 

 

 こちらではめずらしいことではないらしい

 

けれど

 

それでも

なにかしら  嬉しく

そして

淋しい 想いが    湧いてきた

 

 僕との別れを

なごり惜しんでくれてるみたいだ・・

 

数日を過ごした ワイキキのホテル

 

滞在中

部屋では ずっと

 

レイラ・ハザウェイのアルバム

Lalah Hathaway Live !

を聴いていた

 

 

 彼女の声もメロディーも

このホノルルの街にぴったり合ってる気がしたから・・

いわゆる「おっしゃれ~」ってやつね

 

中でも

Baby Don"t Cry

僕のお気に入り

何度も何度も 聴いたな

 

いろんな人に出会ったなぁ

トローリーバスの運転手のJoe

 

ひいきのブランドの店員 RJ

めちゃくちゃ可愛いフラダンスの女の子

 

すべてが美しい思い出

 

ついこの前のことだけれど・・

 

 

 

こっちに帰ってきて

当たり前のことだけれど

やっぱりここは日本なんだな

って思う

 

陽の光が違う

景色が違う

 

 

 

もちろん

どちらが良いって話じゃないよ

 

でも

 

何か近ごろ

淋しい

っていう想いが出てくる

 

 

 

それが何故かは・・

わからない

 

あのハワイの楽しい日々が

懐かしいのかな

 

それもあるだろう

 

けれど

それだけじゃない

 

 以前と何かが違う

 

向こうに行く前と後で

何かが違う

 

まるで大切なものを

失ってしまった

みたいだ

 

 

 淋しい・・

 

これは一体どうしたことだろう

 

こういうのって

 

・・・

 

なんだろうな

 

なくしたのかな

 何かを・・

 

それなら

 

探さなきゃ

 

なくしたものは

見つけ出さなきゃ・・

 

今夜もレイラが歌う

あの曲を聴いている

 

Baby Don"t Cry

 

泣かないで ベイビー・・

 

ハワイの街では

 

人は至ってフレンドリーだ

 

こちらが観光客だから

 

そういう風に接してくれるのかもしれないけれど

 

 

 

それを差し引いても

 

少なくとも陽気な空気に包まれている

 

 

そりゃそうだよね

 

あんなに空と海と山と

 

すべてが絵ハガキの世界なんだもの

 

 

 

それから

 

レストランなんかは

 

生演奏をやってるところが多い

 

あちらこちらに音楽が溢れている

 

 

ある店で

 

ご機嫌なシンガーが

 

ギターを抱えて歌っていた

 

 

 

聞けば

 

 ハワイで有名だそうだ

 

 

「君の歌は素敵だね」

 

チップと一緒に声を掛けてみた

 

 

「貴方もミュージシャンですか?」

 

やっぱり わかるのかな?

 

Yes !