すライブハウスCROCODILE

いつも気持ち良く歌える場所だ

 

 

しかも今までよりも更に上をいくパフォーマンスが出来たと自負している。

 

 

「ロックの聖地Vol.7」というタイトルそのままに、このハコにはロックの神様が宿っているように思える。

いやでもモチベーションを上げてくれる特別な力があるのだ。

 

 

もちろん他にも素敵なお店は、特に東京には沢山ある。

でも、ここは特別だ。

 

 

新曲も増えてきた。

来月にはニューアルバムのレコーディングもスタートする。

来年秋にはリリース予定だ。

 

 

これからも、ここロックの聖地と共に成長していこうと思う。

 

セットリスト

 

1st

M-1 あの雲に乗って

M-2 こころのマンナカに

M-3 The Final Conversation

M-4 While My Guitar Gently Weeps

M-5 Simple Love Song

M-6 Never Give Up

M-7 Calm Doxn People 

M-8 Real Mind〜火曜日の涙〜

 

2nd

M-9 Moon River

M-10 In My Life

M-11 Bring It On Home To Me

M-12 Waiting For You

M-13 Lucille

M-14 アツく ツヨく フカく

M-15 リスキーゾーン〜負け犬の夜〜

M-16 愛しき日々よ

 

アンコール

M-17 ハートをを燃やして

M-18 Honesty

 

 

2022.11.5.Sat. at CRCODILE

 

出演メンバー/

Kyotaro Jonishi (Vo,Ag,P,etc.)

久保 肇 (G)

Thomas Sawada (G,Cho)

市川"JAMES"洋二 ( B )

二神浩志 (Dr)

ERIKA (Cho)

高橋愛子 (Cho)

 

暑い日が続く中、愛知県は小牧で熱いステージを繰り広げてきた。

The Scratch でのバンドスタイルライブだ。

このお店は昨年7月に出演させてもらって以来、ソロ弾き語りで3回お邪魔しているのだが、

バンド7名全員で乗り込むのは今回が初めてとなった。

 

 

サウンドチェックの段階でメインスピーカーの音が出なくなるなど、いろんなトラブルが発生し、

音響の安本さんも結構苦労しておられたようだ。

配信の方の音作りもお願いしていたのだが、なかなかそっちまで手が回らない様子だった。

タイムテーブルはかなり押している。

どうなることやら・・。

 

 

さて、オープン時間を急きょ30分後ろへずらしてもらったものの、

予定通り19時にスタート。

なんとか間に合った。

配信がある都合上、そこは譲れないのだ。

オープニングアクトには地元バンドMIKI FREAKS

タイトでクールな4ピースバンド。

 

約30分のO.A.の後

いよいよKyotaro Band の登場

一曲目は

「あの雲に乗って」

ツインギターのサウンドをアピールしたかったので。

 

 

休憩を挟んで約二時間弱

歌いきった。

 

お客さんの手応えもなかなかのものだったし、マスターの倉知さんも満足してくれたみたいだった。

配信の方もたくさんの方が観てくれた。

メンバーを連れていってよかったな。

バンドサウンドは分厚くて迫力があるというのが、皆さんの感想。

 

というところで、早速次回のスクラッチが決まった。

来年1月21日(土)、次はソロ弾き語りスタイルだけれども、

独りでもバンドサウンドに負けないぐらいのクオリティーにしたいと思っている。

 

もちろん、またバンドでも行きたいね。

ちなみに

次回のバンドでのライブは11月5日(土)原宿CROCODILE!

 

 

セットリスト

 

1st Stage

M-1 あの雲に乗って

M-2 こころのマンナカに

M-3 Simple Love Song

M-4 While My Guitar Gently Weeps

M-5 Never Give Up 

M-6 Calm Down People

M-7 リスキーゾーン〜負け犬の夜〜

 

2nd Stage

M-8 Over The Rainbow

M-9 Happy With You

M-10 Waiting For You

M-11 Born Under The Bad Sign

M-12 The Final Conversation

M-13 ハートを燃やして

M-14 愛しき日々よ

 

アンコール

M-15 アツく ツヨく フカく

M-16 Your Song

 

2022.8.6.Sat. at 小牧The Scratch

 

当日の模様は以下のサイトより配信中!(投げ銭制、期間8/15まで)

https://kyotaro20220806scratch.peatix.com

もう一週間が経った。

原宿CRCODILEでのライブ

 

 

このメンバーになって

もう何度もステージを重ね

だんだんとひとつになりつつある。

 

 

何か新しいことがやりたい、

そう思って今回もいくつか試みた。

ひとつは、やっと完成したばかりの「ハートを燃やして」のプロモーションビデオの上映だ。

ステージスタート直前に流した。

なかなかの好評。アメ車のシボレーが似合うねって、言ってもらえたことが嬉しい。

 

 

もうひとつは、新曲の発表。

「Calm Down People」というタイトルで、「皆んな落ち着け」っていう意味だ。

今の世界情勢を見ていると、どうしてもこういう言葉が出てくる。

全編で英語歌詞をつけてみた。よりグルービーにしたかったので。

こういうとき、トーマスのような英語ネイティブのメンバーがいるとホント助かる。

彼にも少しアドバイスをもらった。

 

そして、もう一つ、これは嬉しいサプライズなのだが、パラダイスキング時代のバンド仲間、麻見和也君がお客さんで来てくれたのだ。

彼は80年代にアイドルとしてデビュー。

今は銀座バーブラのオーナーとしてミュージシャンをサポートしながら自らも歌っている。

なかなかのやり手である。

俺も負けちゃいられない、って気にさせられる貴重な友人だ。

 

 

久々に歌ったオープニングナンバー

「Help Me!」

アンコール曲にはもうお馴染みになった「アツく ツヨく フカく」

サビのアクションも徐々に浸透してきた(笑)。

そして締めくくりは、フェイボリットナンバー「Desperado」、ソロでのピアノ弾き語り。

 

 

もう一週間が経ったのだが、まだ余韻に浸っている。

まあ、それも悪くないだろう。

次のステップアップに繋げるためには。

 

セットリスト

 

【1st Stage】

M-1 Help Me!

M-2 こころのマンナカに

M-3 あの雲に乗って

M-4 Simple Love Song

M-5 While My Guitar Gently Weeps

M-6 Never Give Up

M-7 Tipht Rope

M-8 ハートを燃やして

 

 

【2nd Stage】

M-9 Something

M-10 Happy With You

M-11 Save The Last Dance For Me

M-12 Route 66

M-13 Waiting For You

M-14 Little Wing

M-15 The Final Conversation

M-16 Calm Domn People

M-17 愛しき日々よ

 

【アンコール】

M-18 アツく ツヨく フカく

M-19 Desperado

 

2022.5.14.Sat. at 原宿 CRCODILE

 

☆Kyotaroデビュー30周年記念シングル「ハートを燃やして」PV

https://youtu.be/DH--OoONXpo