HAPPYCOOKINGというクッキングスクール内で、

協会の薬膳茶エバンジェリスト™認定資格が

取れるんです♪

東京は10/23・11/27・12/11 (各火曜)
https://www.happycooking.jp/products/detail.php?product_id=1310

大阪は10/28・11/18・12/9 (各日曜)
https://www.happycooking.jp/products/detail.php?product_id=1219

和洋中のあらゆるハーブを中医学的に学べる、

日本初の薬膳茶資格です。

 

自分に合ったブレンド方法を知り、美容や日々の健康にお役立てください☆

申込締め切りは…

 

東京は10/16まではサイト、それ以降~10/22の午前中まではお電話で!
大阪は10/21まで!

大阪は初上陸です!

 

この機会にぜひお申込くださいませ♪

 

 

↑クコをラム酒とハチミツで漬けたもの♪

 


薬膳でよく使用するクコですが、

お店で鮮やかなクコと
暗赤色のクコがあったら、

どちらを選びますか……?

 


なんとな~く
赤々としているほうが良く、
黒ずんでいるほうは…

というイメージがあかも
しれません。

実は、鮮やかなクコの場合、

 

亜硫酸カリウムや

二酸化硫黄、
オイルコーティングなどで
赤々とさせ、

 

美味しく見せている
場合があるのです。

 


なので、赤々としているから
良質のクコ!とは
いえないということです。

 

 

 

この情報は、

有機クコを取り扱う八仙さんから

教えていただきました♪

 

 

 

でも、なぜこんなことを話すかというと、

 

以前書いた

「ゴジベリーで老けない体をつくる!」

 

 

「赤くてぷっくり」がよく、

 

「黒ずんだものやシワシワしたものは味が落ちて・・・」

 

ということを書いたからです。

 

 

この「黒ずんだもの」を

 

有機のクコと間違えた方がいたそうで、

 

この場を借りて、

ご説明したかったのです。

 

 

 

本をよく読んでいただき、

画像もみたらわかるんですけどね。

 


ちなみに、

 


オーガニックのクコの基準も
お教えいただいたので、
この場を借りて
ご紹介させてくださいね。


(なんせ、自称クコ大使なので♪)


その、最近よくみる
「オーガニック」のクコの実。

なんと、粒の大きさで
グレードが分かれているそうなんです!

50g中に何粒あるかで
階級が決められるそうで、


最も高いグレードは
50g中160~180粒。


といわれもわからな~い、
というアナタ、

カンタンに言うと、
大きいクコを探してみましょう!




ちなみに、、、

「天日干し」の
クコはお勧めできないそうです。


天日干しだと
ホコリがつきやすく、

乾燥してしまうと
洗うことができないし

風に乗って
農薬や汚染物が飛んでくる可能性も
あるということです。。。





ふと、、、

海岸沿いに干している

干物を思い出しましたが。。。

 

ラッキョウは、漢方では「薤白(がいはく)」という生薬なんです。

「胸痺(きょうひ)の要薬」といわれ、現代でいう、
狭心症や心筋梗塞などの疾患に用いられるものです。


~~~~~~~~~~~~

ブログへお越しいただき、ありがとうございます☆

名古屋3期の薬膳コンシェルジュ養成講座説明会では、
カレー粉作りします!

スケジュールも出ておりますので、
近郊の方は、ぜひお越しくださいませ。

▼説明会日程&講座スケジュール
http://www.y-concierge.info/topics/2018/07/000309.php

なお、仙台では、初の薬膳茶エバンジェリスト認定講座も
スタートします。説明会もあるので、興味のある方は
是非ご参加くださいね。

▼説明会日程&講座スケジュール
http://www.y-concierge.info/topics/2018/05/000306.php

~~~~~~~~~~~~

そんな薬効があるラッキョウですが、今年は2種類漬けてみました♪

ひとつは、黒酢入り四川風ラッキョウ。四川風とは、唐辛子と花椒です。

もうひとつは、黒酢に八珍甜醋という香港の甘い黒酢入り☆


八珍甜醋には、陳皮、八角、甘草、丁子などが入っていて、

なんだか薬膳ぽいの!

 

以前、コンラッド東京「チャイナブルー」のアフタヌーンティーイベントで、

薬膳コーラを出していただいたもとのエキスでもあります。^^

というか、、、

すでに画像に収めるには少ない量になってて、

あわてて写真撮る始末。笑

色の濃いのが、八珍甜醋入りのです。

 

甘いラッキョウも嫌いじゃないのだけど、やはり自家製が一番好きかな。

 

 

夏は心をいたわってね。

だからラッキョウも忘れずに・・・♪