今日は、東京15期のメンバーに、
肥満と便秘の講義をオンラインで行いましたが、
雑談での話題は、やはり新型コロナです。


私も日々、

新型コロナについては考察しているんですが、

重症患者に肥満症患者が多いことが、

欧米各国の医療現場からの報告で
わかってきたようですね。

中医学では、

肥満には「痰濁(たんだく)」が絡んでいるといいます。

痰濁とは、簡単に言うと、よどんだ水分。

字のごとく、「ネバネバ」とし、

老廃物や中性脂肪やコレステロールなどに変化します。

やっかいなのが、

この「ネバネバ」は、その質もさることながら
症状がネバネバ=粘っこく、
なかなか治りにくいこと。


しかも、体内の痰濁に、

外からの湿が加わると余計に。

今は春で気候もいいのですが、

梅雨時は日本も高温多湿で、
痰湿が余計にたまりやすいのです。

なので、

なんとか梅雨時までに

ある程度、収束していてほしいと思うのです。


まず、痰濁を生まないためには、

肥甘厚味のものを日ごろから摂りすぎないこと。

肥=脂っこい物、
甘=甘い物、
厚=味が濃い物
 です。

この時期、「ステイホーム!」で
ご自宅でお食事を作ったり、

テイクアウトで頼むことがあるけど、
ぜひ、肥甘厚味に気を付けてほしい。

こんな時期、楽しみはお食事~♪
 

なんだけど(その気持ちはよーくわかる☆)、
内容によっては逆効果になるから。


あとはお酒の飲みすぎも注意です。

自戒を込めてますが(苦笑)

適度ならいいけど、

余分な湿を溜めやすいし、

つまみの内容によっては
やはり痰濁を助長させます。


ストレスや運動不足で

瘀血(血行不良)になり、

それが痰濁と合わさると
なおやっかいです。


痰濁は、食が豊かな現代人に多い証です。

ガン、糖尿病、動脈硬化、高血圧… 

どうでしょう?

 

「基礎疾患」と呼ばれるものに該当しますよね。

「自分は基礎疾患がないから」ではなく、

「自分は痰濁体質」なのかどうかが重要なんです。

(これが中医学の「証」というもの)

 


痰湿は、日頃の食生活の見直しから!


さ、そろそろ夕飯の準備しなちゃ。

今日はヘルシー中華の予定^^



↑は清補涼の薬膳素材。

Cantonese 燕 KEN TAKASEで

協会コラボの美食美膳会で

特別に出していただいた美味薬膳スープ♪

 

また食べたいなぁ。

 

 

 

 

~~薬膳コンシェルジュ協会のお知らせ~~

 

★無料オンライン説明会実施します!4/11・19・25
 

★薬膳入門(東京、名古屋、仙台)オンライン学習併用、トライアル価格♪
 

★和洋中のハーブが中医学的に学べる!薬膳茶認定講座(京都・東京・神戸・仙台)

(タイトルは、私個人の意見です)


金沢大学病院漢方医学科臨床教授の

診療科長小川恵子氏が
日本感染症学会に特別寄稿した

内容をリンクしておきます。

COVID-19感染症に対する漢方治療の考え方
http://www.kansensho.or.jp/uploads/files/news/gakkai/covid19_kanpou_0319.pdf

 

日本感染症学会のお知らせページ

http://www.kansensho.or.jp/modules/news/index.php?content_id=140


中国では(いまや武漢とかではなく、

ヨーロッパが猛威を振るってますが💦)

 

西洋薬だけでなく、

生薬による漢方治療も用いていましたが、

 

小川氏は、日本の保険診療に基づき、

日本で処方しているエキス剤に
置き換えて解説しています❣ 


今回どうして載せたかというと
 

現在アナタが、
たとえばコロナに感染していたとしても

軽症の場合、

自宅療養になるケースが多いし

たらい回しにされるケースもあるし
でも、そうこうしているうちに
悪化したら大変だし、
 

漢方薬を服用することも
一つの選択肢としてあると、

ご紹介したかったからです。

やみくもに、

漢方薬局へ行って!ということではありません

 

(処方してほしい場合、

まずは電話相談などがいいと思います。)

また、注意してほしいことは、

「漢方薬はあくまでも

証(その時の症状、体調など)にあわせて処方する

 

ので、

だれでも同じ漢方薬というのはありえません。


●無症状病原体保有者
補中益気湯や十全大補湯

 

※補中益気湯は、

インターフェロンを上昇させることが

動物実験で報告されているそう。

●胃腸の不調を伴う軽症
香蘇散+平胃散

●発熱を伴う軽症
黄連解毒湯+清上防風湯+荊芥連翹湯や加減

●発熱、倦怠感、筋肉痛、咳嗽、痰、胸の不快感、消化不良、
食欲不振、吐気、嘔吐、排便の不快感のある軽症


※舌質は淡紅(ほぼ正常な色)、腫大歯痕があり、

苔は白厚膩(厚くペンキを塗ったような苔)
麻杏甘石湯+参蘇飲+平胃散

消化器症状が無いか軽度ならば、
越婢加朮湯+麻黄湯


これらは一例です。


今や、

誰が新型コロナに感染しててもおかしくありません。。。




ちなみにこれは、板藍茶と板藍根の飴。

板藍茶のもとになっている板藍根は
抗ウイルス作用があるもので、解毒でき、

SARS のとき、品薄になった生薬です。


一刻も早く終息してくれるのを願うばかりです。

 

 

~~薬膳コンシェルジュ協会のお知らせ~~

 

★無料オンライン説明会実施します!4/11・19・25
 

★薬膳入門(東京、名古屋、仙台)オンライン学習併用、トライアル価格♪
 

★和洋中のハーブが中医学的に学べる!薬膳茶認定講座(京都・東京・神戸・仙台)

 

中医学では、
嗅覚は肺、味覚は脾胃(消化機能)が
担っています。


新型コロナウイルス感染症の患者の中で、
イタリアや韓国では
嗅覚か味覚の障害がある人が3割と聞いて、
様子を伺ってました。

新型コロナ発症初期、嗅覚・味覚に異常 報告相次ぐ



WHOでは、

「初期の症状といえるかどうかは、
さらに多くの調査が必要。」


と23日に記者会見していますが、
ここで中医学的な見解を。


一応国際中医師として。^^

中医学では、
五臓と味覚は関連性があるとし、


味を感じない、
つまり味覚障害は、
脾胃気虚(消化機能の低下)で、


臭いを感じない、
つまり嗅覚障害は、
肺機能の低下と考えます。
 

(もちろん、カゼや花粉症でも嗅覚が

低下することもあるし、

これだけで新型ウイルスの感染だとは

断言できません)

 


さて、ここからは、
薬膳コンシェルジュ(食の提案)として。


では、日々
どんな食事をしてケアすればいいのか
ということですが、


脾胃と肺を強化してくれる食材を食べたり、
これらの機能を促進、
もしくは消耗させない

養生をする、ということになります。

肺の親は脾、
脾の子は肺
ということで、
この2つはセットにして
摂取することがするのがいいです。


脾胃を高めるには、
穀物類、豆類、イモ類、なつめ、しいたけ、
人参、りんご、牛肉や白身の魚、卵など。

肺気を補い、潤すには、
長イモ、白キクラゲ(黒も)、杏仁、松の実、クレソン、
ゆり根、春菊、アーモンド、梨、バナナ、リンゴ、など。


なお、せっかく脾や肺にいいものを食べても、
思い悩みすぎると脾の機能を低下させ、
くよくよ悲観的になると肺の機能が弱まります。


(これも、感情と五臓がリンクしているという
中医学の考え方です)



そんなときは、口角あげていきましょ♪
そうするとね、自然と笑顔になるの。^^



歴史的な出来事に直面している今こそ、
できること、やれること、
おのおので考えていきましょう。

 

 

<薬膳コンシェルジュ協会からのお知らせ>

 

新型コロナウイルス感染症の対応について

手作り豆花、水餃子、カレー粉などの体験講座&説明会(東京・名古屋・仙台)

キッチン薬膳コンシェルジュ養成講座、早割中♪(東京・名古屋・仙台)

和洋中のハーブが中医学的に学べる!薬膳茶認定講座(京都・東京・神戸・仙台)