(一社)極真会館 田畑 道場 KYOKUSHIN KARATE UNION TABATA DOJO

(一社)極真会館 田畑 道場 KYOKUSHIN KARATE UNION TABATA DOJO

1979年4月に18歳で極真会館創始者の大山倍逹総裁の内弟子に入寮し、以来40年間、カラテ一筋で歩むことができました。
カラテ修業40年を節目として、大山総裁に教えて頂いたこと、習ったこと、学んだことを皆様にお伝えしたいと思います。

2019年9月 ヨーロッパサマーキャンプ(オランダ)

 

 この命がけの心情は玉砕、心中、討ち死、相対死、切腹、特攻といった諸々の個人的、集団的な行動として、よく現れている。これは猛烈なビジネスマンの働きぶりや、受験生の勉強の仕方や、高校、大学の体育部の猛烈な練習にも通ずるところがある。
 どんな仕事をする人々にも、こういう姿勢をして見せる人々がおり、また実際そうしている。世界の国の中で日本の武道を国を興す精神的な基軸として、取り入れようとする国が出現してきたのは、世界がこのことに気付き始めたということを示している。日本の武士道は日本はもちろん、世界中にあるべきであり、どの社会にも精神的な基軸として取り入れられなければならないものだ。忍耐といい、勉強好きといい、生命力といい、礼節といい、何か事を果たすのに実際に必要な事である。
私は極真カラテマンたちに呼びかけたい。「日本の武士道精神の粋を真の意味で引き継いでいるのは、私たちの他いない。日本の武士道の精神、極真カラテの精神を断固たる決意をもって世界に広げていこうではないか。」と。