鍼やお灸でKyotoからがんばる女性をサポートします。 京美鍼ROOM

鍼やお灸でKyotoからがんばる女性をサポートします。 京美鍼ROOM

京都好きな方!
鍼に興味のある方!
お灸ってなんだろうー?!
美容・健康好きな方
ゆったり個室でお待ちしております(*^o^*)

こだわりはおもてなしの心でお出迎え&施術をすることです(*^▽^*)

大好きな京都という地で鍼やお灸を広めるために活動をしております。
体の中から健康に美しくをモットーに頑張る女性を応援しております。

鍼やお灸にまだご縁のない方に向けて
2015年2月から活動を開始したお灸講座も
受講生は100名様を超えました。

1人でも多くの方にお灸や鍼の良さを知って頂きたい。
鍼灸とエステ、そしてセルフケアの大切さを身近に感じて頂くために今日も活動しております。


最高級の心地よい時間でおもてなし

がんばっているお体に至福のひと時を。


メニュー


募集中のお灸講座  





いつもご利用ありがとうございます。
京美鍼 鍼灸師の筆保理加です。


ご予約メールにて、携帯のメールアドレスよりご予約頂く時にメールの返信がこないというご報告を頂いております。


ご予約のメールは24時間以内に必ず返信しておりますが、もし、返信がない場合はなんらかの形でエラーが発生しております。
(携帯メールとパソコンメールでのやり取りは稀にその様なエラーがございます。)


こちらに再度メールまたはお電話頂ければと思います。

また、こちらからもお電話致します。


どうぞよろしくお願い致します。


また、パソコンや携帯メールでのやり取りが面倒な方用に、ラインのIDをお伝えしております。

どうぞそちらもご利用くださいませ。



画像提供:tomo.amo

ピノコがお風呂あがりに持ってくるコロコロ。

 
その正体は・・・
 


こんにちは(^^)
京都から鍼やお灸を広める活動をしております。鍼灸師のふでやす りかです。

 

 


ピノコが持ってくるのがリファカラット

 


(精一杯の絵。)


 

美容業界にいらっしゃる方や美容が好きな方ならほとんどの方が知っているのではないかと思われるこの美顔ローラーは数年前に爆発的に流行りましたね。


 

 

お客様の中にも持っていらっしゃる方は多く。

 

「まだ使っていらっしゃいますかニコ??」

 

と、お聞きするとほとんどの方は

 

「いいえ。」「どっかいきました。」「どこにしまったっけ?」


 とおっしゃられます。

 

そう!!ずっと使っていらっしゃる方って実はすごく少ないのでは・・・

 

とおもいます。

 

私も使っていない美顔器はあって、思い出したときに

 

「最近ご無沙汰ですまない。。。」


と伝えています。笑



リファカラットもその一つでしたが、最近はピノコが使ってくれています。



「ちーちー!!」(こっちもやって!の意味)


も言いながら自分でやったり、私にやってーと催促してきたり。



足をコロコロするのが特に好きな様子です。



次回の記事は次世代美顔器のミリンダについて。


 

「じんにんなーーい!」


おはようございます。
子育て鍼灸師のふでやす りかです。


ピノコは、煮干しの出汁がとにかく大好物です!

パパが晩御飯に作ってくれた煮干しの出汁が効いたお鍋をピノコは美味しそうに食べていました。


特にこの日、彼女の食欲を爆発させたのが、人参にんじです!


バクバク、パクパク。


人参を美味しそうに食べるピノコ。
ほかの野菜やお肉も食べますが、人参がとにかく好きで、



おわんの中のにんじんが無くなると、


「じんにんなーい!!」


と、せがんでいました。

結局人参をたくさんおかわりして、1本分食べてしまいました。



そして、この日はにんじんカラーのワンピースを着てご満悦。




帽子はとってきてかぶっていました。



 
Yちゃんから頂いたワンピース(`・ω・´)

ピノコは嬉しそうにポージンズしていました。


女子!!

だなーと思いました。(笑)





昨日、上京区役所にて水素セミナーを開催いたしました。

 

上京区在住の方から、遠いところでは大津や栗東からもお越しいただき、

20人近くの方がご参加くださいました。

 

今回は東洋医学では有名な

「瘀血」 をテーマにお話しいたしました。

 

 




この時期になると、アトピーのお客様も増え、お肌のお悩みをお聞きする機会が増えます。

アトピーの症状がひどくなるのは体にたまった瘀血が原因かもしれません。

 

瘀血は万病の元といいます。

 

そもそも瘀血とは蓄積された毒素を含んだ血のことです。

 

現代の医学では病気の原因の約9割が悪玉の活性酸素といわれるくらい

東洋医学では病気の原因とされています。

 

瘀血が一番たまりやすい場所とされるのは、

頚椎、両方の脇の下、肩甲骨周辺、骨盤上部など。

 


瘀血は鍼灸の世界では、吸い玉で取り除く方法がメジャーです。


 

(精一杯の絵です。吸玉中ー。)





ひどい方だと、レバー状の血の塊がでてきます。

 



(どろっとしたようなドス黒い血の塊です。)




昔、うちの健康オタクのおじいちゃんが家庭でできる吸い玉機を購入して自宅で自分自身に

やっていました。

 


もともと脳梗塞の気があったおじいちゃんは、自分の首ちかくの血を吸い玉でとり、

それはそれはすごいドス黒いレバー状の血がでてきていました。

 







小さかった私はドキドキしながらみていました。

 

 

瘀血を取り除くセルフケアは様々。

 

 

お灸もよし!

銭湯もよし!

入浴もよし!

運動もよし!

食事を気を付けるもよし!

 

 

どんな本やセミナーへいっても

一番の健康方法の原点は

食事・睡眠・入浴・運動だと思います。

 

セミナーでは、水素医療のお話や全国の100以上の病院で導入されている

水素足湯・水素風呂・水素手浴のことをお伝えしました。

 

今、約10万人の方が研究に加わっておられ、日々、研究発表をしていただいています。

 

水素のお風呂を入るときは電極から水素のぶくぶくが発生します。

そのぶくぶくを瘀血がたまる場所にあてて入るのがとくに効果的とされています。

 

瘀血の場所を自分でみつけるのは簡単です。

背中にとくにたまりやすい瘀血。

さわって硬いところや痛きもちいいところです。

 

 

水素についてもっと知りたい方はこちらの本もおススメです。

 

 

 

私も研究員として、もっと鍼灸との可能性や水素の力について勉強していきたいと思います。

 

次回上京区役所での開催は、7月31日午後・8月19日の午前です。

 

どなたでもご参加可能です。

お気軽に健康について考える場にしていただけたらと思います。

 

 

 

水素足湯についてはこちらから↓↓

 

水素足浴

 

 

先週の金曜日

朝、保育園に出発しようとすると

 


「ぎゃーーーーー!!!!!!」

 


と、普段とは違う泣き声のピノコ。

 

靴下をはかせようとすると

 



ぎょっっっっ!!!!!ガーン

 



左足の親指がえげつないほど腫れていました。

 




すぐに職場・保育園・小児科に電話し、つれていきました。

 




保育園では今、ものすごく手足口病が流行っています。

手足口病とは口のなかや手足やお尻に発疹が現れる感染症です。

夏季を中心に流行します。4歳くらいまでの幼児が発症しやすく、なかでも2歳以下で発症する子どもが多いとされています。



 





聞けば、ピノコのクラスは、ほとんどの子が感染していました。(京都市は手足口病の流行警報がでています。)



手足口病は、自然に治るもので、特に有効な薬はなく、発熱していなければ保育園や幼稚園には登園することができます。感染力は強いので、たいていはみんな感染していきます。



 

ピノコも手足口病を疑われましたが、口の中や手足に発疹はなく、左足の親指のみえげつなく水膨れになっていました。ただ、熱が38度ありました。

 


足の水膨れでこんなにも熱があるのはおかしいからと、血液検査や病理検査などたくさん検査され、熱でぐったりな上にたくさんの検査で大泣きして、お顔の毛細血管が切れ、赤いぶつぶつができていました。

 



 

家に帰れば39度になっていました。

 



結局熱は1日で下がり、下がってからおしりに水疱のような発疹ができていました。

この時点で手足口病と判明。

 



月曜日の小児科での結果は、左足指に関しては、黴菌が入って水膨れのように腫れた。

同時に手足口病も発症していて、そのため熱がでた。

 

というのが見解でした。

 

 

今は元気に保育園に行っています。

この時期、どうしても保育園や幼稚園からなにかしらもらってきます。

手洗い・うがい・食事・睡眠をきっちりとって

ウイルスを撃退しないとですね。

 




左足の水膨れは、薬は使わず、水素風呂にいれたら、すぐに皮がめくれて皮膚ができてきていました。

また経過報告いたします。