スケキヨ/ソングライター オフィシャルブログ『スケキヨワールド』 Powered by Ameba


弾き語りCDでは、ミニアルバム四作とフルアルバム一作を経て辿り着いた今作品のレビューを。アルバムタイトルもこれしかない。まあ生み出すのが得意っちゃ得意な、内のミドルテンポ&メロディーが軸な分最近だと長尺のライブとかでしか演らない曲も多い。だからこそこういう形で聴かせる物を残すべく残せたのが嬉しいし沢山聴いてくれたら幸せ。過去作品のレビューも近い内出来たら。

①今年の冬は
オンコードと開放弦が気持ち良い。残された時間が少しある、息をしてるってことが地獄と思う。現実も理想も繰り返した後終わる。

②思い出
1曲目が半分インストの気持ちな分こっちがオープニング的。0か1000のあいらぶゆーを伝えるのは来世でもない。

③おういえーっ!
日曜の朝に。誰から貰ったストレスなんて絶対大事じゃなくて。奪った環境で何を躊躇う。タイトルはライブ中の私の癖です(笑)

④優しさを潰して
ひん曲げた朗報とか春の狂った気温とかそのカメラで呑み込んで淡い擬態すら紡いで。間奏明けのBメロと落としサビの歌詞なんかは昔書けなかった気がする。

⑤葉書のあなたへ
今作品の中心曲。どの曲も過去のも大体一発録りを起用。まだやれるかはきっとこういう実感がないと。大切な曲です。

⑥メリー
メンヘラソングまた書きました←
泣きそうな唄い方だねと。たまに泣いている。新しいにおいがする不安はまだ背中を向けている。

⑦あくまで
この曲も摩擦?抵抗?が無いような母音でさらさらと言葉を書いたので、そう、口ずさんでみてほしい。ギターに興味ある方は弾いてみてくれても嬉しい。カポ5イントロEからのサビCがおおってなる。

⑧ずるい男
誰のことでしょうね。今迄ごめんなさい?間奏前の「ぅあ~あぁ~っ」の嘆き加減気に入ってます(笑)あとラスト気付いたら半音転調しとるとことか鯔背やわぁ←

⑨霜月の太陽
ある日のこと。ライブでやったこと一回だけかな。なんとなく。特にBメロラストからサビ頭へのコード感も楽しんでもらいたい。

⑩波状
はっきりと気付いた人はいるのだろうか。これまた隠し要素の有る曲。短い曲が多い中長い曲。痛みの中、月と踊ろう、真ん中を睨むんだ。

はい、ざざざっと書きました。レビューと言うか何と言うか。長過ぎてもあれなので。歌詞カードめっちゃ読んで欲しい人やしまあ聴いてもらわんことにはって当たり前な。TwitterやYouTubeやRADIOにも音声、動画散りばめているので。各地限定も。とにかくとにかく、よろしく。長活きしたいのでよろしく。


どうも、スケキヨです。明けましておめでとうございます。一年経つのが早い早いとよく聞きますし自分でもそう思う年の方が年齢重ねる度に増えてきていましたが、去年は珍しく一年が遅くというか。弾き語り、ユニット、コラボ、バンド、磨きながらライブ本数も沢山やって、インプットも多かったからかなあ。その中で曲もペースで勿論書きながらレコーディングも出来。今年も更に。時間や労力の使い方がやっと、少し、多分、上手くなってきたかなあ。ここからの自分に期待も出来ているし。強くなりたい強くなりたいとそればかり。新しく。独的に。自己中心的。曲の中にある。図太く。だいじに。勉強して整理して。良い心と体で。箇条書きやなーー(笑)かたいなーー(笑)まあいいじゃあないか、書くこと。思っていることも、やりたいこともまだまだ増えるし終わらんよ。今年もベストで。ではまた。
泉谷しげるさんの春夏秋冬を聞いて泣く。冷たくならなきゃ勝てない時も沢山ある中で気付かず感性迄枯れてないかは毎日だってこわい。なりたい自分に向かっていたとして、他人が思った自分が自分だとして、傷付かないって訳ではないわな。さてさて、なかなかに暑い夏もぜんしんでやっております。当たり前だがそれでしか見えないものを見る為に。そして先月も今月も、わかったこと幾つ。愚痴ってばっかないで自分のせいにしていこう。べらぼうに強けりゃ弾き飛ばせる事だって多いじゃあないか。いやほとんど。鍛えて磨いて常にステージに立っています故、どこかの街のライブハウスでお会いしましょう。ばいばいまたねー。