萩原歯科クリニックのブログ 予防歯科方丈記
  • 05Aug
    • 安易にシーラントやるのは危険ですよの画像

      安易にシーラントやるのは危険ですよ

      小児歯科等で予防の目的で行われるシーラントというものがあります。奥歯の溝が虫歯になりやすい部位ということで物が詰まりにくいようにあらかじめ人工的に詰めてしまうというものですが何でもかんでもシーラントするのはいかがなものかと以前からこのブログで伝えてはおります。症状はなにもなくシーラントがなされてますがレントゲン写真で虫歯が確認された症例です。治療開始していきますと染めだして確認虫歯の入り口は最小限にしてますが内部は深く広範囲に広がってます。神経の影が見えてましたのでもう少しで露髄するところでした。大事に至ることなくコンポジットレジンにて充填処置して終われました。患者さんのために良かれと思ってやったことが患者さんを苦しめることになります。安易なシーラントはやめていただきたい。  ぽちっとお願いいたします

  • 03Aug
    • 知覚過敏でなくクラックからの歯髄炎が多い7月が終わったの画像

      知覚過敏でなくクラックからの歯髄炎が多い7月が終わった

      虫歯がひどくて根管治療というのがほかの医院さんは多いと思いますがうちの医院はほぼ最期臼歯にクラックが入り歯髄炎といういう今までにない傾向がありました。(50~60歳代)そんな7月が終わりました。8月はどんな傾向になるのでしょうか?フェルールも十分にある生活歯がこのようになりますので失活歯にフェルールといってもねー。残らないものは残らないでしょう。人体のすばらしさは感じておりますが咬合力の怖さも十分感じてます。  ぽちっとお願いいたします

  • 30Jul
    • 歯冠長ない歯に保険のCAD/CAM冠はだめでしょの画像

      歯冠長ない歯に保険のCAD/CAM冠はだめでしょ

      保険でいれたCAD/CAM冠が短期間ではずれたということで来られました。最近の若い方って歯冠長のない方多いですよね。保険のCAD/CAM冠ってはずれるか割れるかが多いので歯冠長ない人には絶対不向きだと思います。ということでEMAX PRESSにて修復させていただきました。セット前セット後接着法も確立されており強度も天然の歯と同程度で周りの歯、歯茎に色調もなじんでますね。歯を何度も再治療という名目で削らないことが歯の寿命を延ばしますので何をかぶせるかはよく考える必要がありますよ。  ぽちっとお願いいたします

  • 29Jul
    • 第5世代インプラントの画像

      第5世代インプラント

      抜歯と同時にインプラントを入れる抜歯即時埋入という方法があるのですができるにはやはり条件がありまして既存骨が残っているのが条件です。しかしこんなに歯がボロボロまで放置されると骨はほとんど残ってません。通常のインプラントでは対応できずまた下歯槽管までの距離もないとなるとお手上げとなります。そこで第5世代インプラントといわれるメガジェンインプラントのエキストラワイドインプラントを導入しまして抜歯即時インプラント埋入となりました。直径6,5×7ミリ(手前は従来のファインシアインプラント)うまく骨がのっかってくれるの祈りつつ処置終えました。技術は進化していってます。乗り遅れないようにしないと。  ぽちっとお願いいたします

  • 20Jul
    • シーラントって予防のためになる?それとも・・・の画像

      シーラントって予防のためになる?それとも・・・

      予防的処置としてシーラントというものがあります。奥歯の溝が虫歯になりやすいからと溝を埋める感じでこんな感じで小児歯科などではルーティンとしてなされているかもしれません。はたして予防に役立っているのでしょうか?虫歯予防および初期虫歯の進行抑制という意味があって使用されているのでしょうが逆に進行性の虫歯を隠してしまっている可能性もあり虫歯を重症化させる可能性があります。今回のケースもそれにあたりまだ深いじつはまだこれより深く広がってました。なかで広がった虫歯って簡単には除去しきれません。今回ははずれた手前の歯の治療でたまたま見つけられ虫歯の処置(保険)がこのように大難にならずに済みましたがシーラントも考え物ですね。フッ素も配合されている製品もありますがはたしてフッ素にどの程度の予防効果があるのか(害もあるでしょと)私は疑っているのでシーラントはやった記憶がありません。予防のためと今はやっているやつももちろん疑ってますよ。  ぽちっとお願いいたします

  • 16Jul
    • 巣立ちの日が来ましたの画像

      巣立ちの日が来ました

      季節外れにカナリアの雛が孵りましたが孵化後1か月が過ぎまして巣立ちの日が来まして親から離れることとなりました。3羽ともまだ雄か雌かわかりませんが仲がよろしいようで。親の方はさらに卵4個温めてます。果たしてうちのカナリア何羽になることやら。里親に出すの考えなくてわ。  ぽちっとお願いいたします

  • 13Jul
    • そしてまた噛むと痛いという患者さんが・・・の画像

      そしてまた噛むと痛いという患者さんが・・・

      いつもメンテナンスに来られてる患者さんです。40台女性。銀歯(インレー)入れてる歯がなんか痛いということで見てみると銀歯の成分も危ないですしここまで削る必要もなかったと思いますがどこの歯医者さんでも日常茶飯事になされてる治療です。この治療は噛む力が歯を歪ませる方向に働くので知覚過敏や今回のような歪んだ時のひずみが出やすいです。前回まで紹介しましたが歯にクラック(ヒビ)を生じさせる原因にもなります。銀歯を除去してみると虫歯も何もありませんでした。だから、痛い=病気(虫歯)などではありません。年齢がまだ40台であったということと咬合力強い方ではなかったので幸いクラックは見られませんでした。歪ませないためにはこのケースはダイレクトボンディグ(自費)しかありませんね。治療後痛みが消えたのは言うまでもありませんね。治療をする際は適合だけでなくひずみや収縮力がどのように働くのか考えながらやらないと患者さんが不幸になるだけです。それと今だけでなく先々を考えて治療に当たらなければならないと思いますね。  ぽちっとお願いいたします

  • 12Jul
    • そしてとどめは最後臼歯の歯冠破折でしたの画像

      そしてとどめは最後臼歯の歯冠破折でした

      前回、前々回のブログで歯にクラック(ヒビ)がはいって神経が炎症をおこしてるケースご紹介しましたが今度は終に歯冠破折の患者さん来られました。年齢65男性。咬合力強いです。先月上顎の6番(失活歯)が歯根破折で保存不可だつたので抜歯即時インプラントをしたばかりでした。しかし、その近辺の歯が噛むと痛いということで見てみると7番の歯(生活歯)がバギッと折れてましたね。もちろん、抜歯しかありません。病気の治療はなんとかなりますが破折などの歯の寿命は何ともなりません。これらのことが先週1週間以内に起こったです。歯医者さんお得意の歯を削って何とかなるってのは限界がありますよ。だから、歯医者さんで(何度も)歯を削ってもらわない状況にしておくことが大切ですね。  ぽちっとお願いいたします

  • 08Jul
    • またまたクラックからの歯髄炎です。多すぎです。の画像

      またまたクラックからの歯髄炎です。多すぎです。

      前回のブログとほぼ同じケースになります。50代半ばの男性で下顎の最後臼歯7番の冷水痛と噛んだ時の違和感です。私の診断はクラックによる歯髄炎になりますので知覚過敏のような処置、レーザーなどやっても無意味です。見た感じもこんな感じで下顎はラバーダムつけないと唾液はいりますからまずいので咬合を落として抜髄(根管治療)していきます。拡大してみるとクラックが入っているの見えますよね。普通の歯科医院は虫歯がひどくなって抜髄(神経の処置をすること)が多いと思いますがうちの医院では咬合によるクラックにより抜髄が多いです。まあ、ほかの医院では年に1人ぐらいでしょうがね。多すぎです。難儀な症例多すぎです、これに限らず。試練は続きますね。  ぽちっとお願いいたします

  • 06Jul
    • これ知覚過敏じやなくて急性歯髄炎でしょの画像

      これ知覚過敏じやなくて急性歯髄炎でしょ

      60歳代の男性です。上顎の最後臼歯が凍みるし噛んでもいたいのでかかりつけの歯医者さんでみてもらったら知覚過敏でしょ、痛かったらマウスピースを作られたらといわれ納得できずに来院されました。あの、こんな症状、知覚過敏じゃありませんよ。完璧に急性歯髄炎おこし歯根膜炎まで起こしてるでしょ。診断ミスです。私の診断はクラック(ヒビ)による歯髄炎と診断し久々の抜髄。クラックが近遠心に走ってます。そしてお決まりの4根管。3根管であとは閉鎖してて4根管目のMB2はもうないねとあきらめかけた時髪の毛より細いファイルに引っ掛かり感があり発見です。4根管目のMB2って添加されている第2象牙質を除去しないと見つからないので1根管だけでもほかの3根管の処置と同じぐらい時間かかります。(私は)達成感はありますがほかの国では10万円未満での処置はまずないでしょうけど如何せん、低診療報酬の保険制度ゆえ長い時間をかけましたが完全に赤字ですね。だから、ほかの医院で上顎7番MB2まで処置してるケース見たことありませんわ。(やってる人いるかもしれませんが)必要があればラバーダムもかけてますよ。自分を慰めながらやっているのが現状です。  ぽちっとお願いいたします

  • 05Jul
    • メタルボンドのケースってホント少なくなりましたけどこれならありでしょうの画像

      メタルボンドのケースってホント少なくなりましたけどこれならありでしょう

      昔のセラミック治療といえばメタルボンドというのが常識でしたね。Emaxやジルコニアに追いやられてでるまくなしという感じですが今回のようなケースには使ってもいいと思います。年齢50台後半の男性前歯1本ををきれいにしたいということでした。レントゲンでは根っこの治療のクオリティも低かったので再根管治療して(久々)メタルボンドにて仕上げました。オールセラミックなどの選択肢ありましたけどこれで十分だと思いますね。何でもかんでもジルコニアとかオールセラミックとか言ってる医院ありますけどなにもわかってないんだと思います。  ぽちっとお願いいたします

  • 02Jul
    • 白い詰め物が2つ取れましたって?の画像

      白い詰め物が2つ取れましたって?

      前歯に詰めてあった白い詰め物が2つとれたということで来院されました。みてみたらこんな感じコンポジットレジンでつめたあったのが取れてましたけどね普通こんなレベルで咬合力もかからないような箇所。接着が確立してるレジンがはずれるはずありません。接着のクオリティ低いですね。保険とか自費とかの問題じゃないですよ。ということで保険でレジン充填してあげて完了です。保険でこのレベルぐらいできないと自費のダイレクトボンディングできないしやっちゃいけないと思います。  ぽちっとお願いいたします

  • 29Jun
    • ブリッジのリカバリー完了の画像

      ブリッジのリカバリー完了

      歯がなくなったとき両サイドの歯を削るブリッジは様々なトラブルが起きやすいです。レントゲンでは何ともないように見えますが最後臼歯が歯髄炎起こしてまして神経の処置をして欠損部はインプラントでリカバーして力の分散を図ります。インプラントはティッシュ レベルアバットメントセット時上部構造セット時こんな結果になる可能性がわかっていたらブリッジ選択はしなかったでしょうね。  ぽちっとお願いいたします

  • 27Jun
    • 健康な歯を余分に削るブリッジが危ないと感じている患者さんもいるんですよの画像

      健康な歯を余分に削るブリッジが危ないと感じている患者さんもいるんですよ

      奥様のご紹介でこられた旦那さんですが抜歯した後にブリッジにするご提案をうけたらしいのですが自分の健康な歯を削ることに抵抗があったということで来院されました。カウンセリングしてブリッジではなくインプラントを選択。上部構造セット前(ヒーリングキャップ入っている状態)上部構造セット時インプラントはテッシュレベルのインプラント治療を受けるときに考えていただきたいのはこの治療を受けたら今後どのような結果が自分に待ち受けているのかを考えて治療方針を決めてください。ちょっと考えたらわかります。むやみに歯を削って歯の寿命が延びたりすること絶対にありませんからね。お薬服用する際も同じですよ。このまま飲み続けたらどうなるか自分でよく考えて服用してくださいね。お医者さんも教えてくれませんよ。自分で勉強して気づくしかありません。あくまでも自己責任です。  ぽちっとお願いいたします

  • 24Jun
    • だいぶ鳥らしくなってきたぞの画像

      だいぶ鳥らしくなってきたぞ

      先週生まれてきたカナリアの雛ですが1週間もたちますと目が開いて毛も生えてきて鳥らしくなってきました。ピントが合ってません。母一人での子育てでしょうか育児疲れで朝私より起きるの遅いです。朝起きて成長ぶりを見るのが楽しみです。悩みは鳥かごが増えて6個のゲージとなり部屋が鳥かごだらけになったらどうしょう。  ぽちっとお願いいたします

  • 22Jun
    • 夏至翌日の夕焼け きれいやなの画像

      夏至翌日の夕焼け きれいやな

      夏至の夕焼けもきれいでしたけど翌日の夕焼けもきれいです。スマホってあまり好きじゃないんですが写真の画質はいいですよね。ふつうのデジカメじゃこんな画像のこせません、悔しいけれど。でも悔しいのでニコンクールピクスP1000にて撮影してみました。コントラスト考えたらやはりニコンに軍配ってところでしょうか。  ぽちっとお願いいたします

  • 20Jun
    • なんと、こんな時期にカナリアの雛生まれましたの画像

      なんと、こんな時期にカナリアの雛生まれました

      カナリアのひなが生まれるのはだいたい3~5月の春だと思ってたんですがなんと6月下旬という暑い季節になってカナリアの雛が生まれました。母親は今年うちにやってきたリザードカナリア名前はゴマちゃん。父親は原種の入ったうちで去年うまれた甘えゴロローラーカナリアのバジル君めでたいんですが夫婦喧嘩がはげしかったので別居させてまして現在母親一人で子育て中。まあ、元気者なので一人でも育児大丈夫でしょう。どんなヒナに育つんでしょうか。大谷選手以外に楽しみが増えました。  ぽちっとお願いいたします

  • 18Jun
    • これが日本の保険診療の現状ですよの画像

      これが日本の保険診療の現状ですよ

      紹介で来られた患者さんです。主訴部位とは違ったところでなんの症状もないはでしたがこんな感じで上の一番奥歯でしたがここまで削られてました。そしてすごい段差あり反対側も不適合状態で隙間あり。おまけに舌側部わかりにくいですが盲孔からの虫歯ありますが発見してもらえず放置されたまま。ということで治療開始していきました。銀歯はずすと漏洩による虫歯起こりますよ。歯を削りすぎないように虫歯を除去してダイレクトボンディング(自費)して完成です。頬側面観ほっぺのテンションも強く、ミラーで引っ張らないと撮影難しいでした。治療も大変。前々回のブログでも書きましたが虫歯の治療ってそんなに簡単じゃないんですよ。まあ、数こなさないといけない保険診療の現状はこんなもんだと思います。銀歯だけの問題ではありません。とりあえず今回も尻ぬぐいという名の再治療完了です。  ぽちっとお願いいたします

  • 14Jun
    • 保険会社に聞いてみた

      変な疫病まがいなものが流行り、ワクワク接種も流行りだしました。そこで私のはいっている保険会社の営業マンに聞いてみました。ワクワク打ってても加入OK,死亡保険金OK.しかし、PCR陽性の人はたとえ無症状であっても保険加入できないとのことでした。各保険会社のよって対応は違うかもしれませんので確認した方がよいと思います。  ぽちっとお願いいたします

  • 11Jun
    • 治療内容も問題ありだけどお手入れも問題ありだなの画像

      治療内容も問題ありだけどお手入れも問題ありだな

      他院でコンポジットレジンにて充填処置されてました。はみ出して詰めてあるしそれに合わせて詰めてあるのでしょうがコンタクトポイントもスカスカ。物詰まり放題でしょうね。それに加えて患者さんのお手入れもよくないためリスクゾーンに根面カリエス。ということでブラッシング指導を徹底してやり治療開始。やはり。そしてダイレクトボンディングして完了です。歯にも寿命はありますがクオリティの高い治療と患者さんの清掃力がうまくかみ合わないと治療はうまくいかないと思います。それと、削りすぎは歯の寿命を低下させますから要注意です。  ぽちっとお願いいたします