息子は2017年8月現在で23歳。

精神障害を私が理解できたのは17歳のとき。

17歳で精神科のドクターに言われたのは、

「10歳のころには、(脳が)もう今のような状態になっていただろう」という宣告。

精神障害がどういうものか、何の知識も持ち合わせていなかったので、

親であるにもかかわらず、普通と行動パターンが違う息子と生活を共にしていたのに、

なかなか「精神障害なのかしら??」という発想にはならなかった。

 

母親である私は、「ぼんやりして焦点があってないよ!」と普通でないことは理解できたが

精神を病んでいるとは考えなかった。思いつかなかったのだ。

 

父親は、「根性が足りない」「甘えている!」「気の持ちようだ!」とひたすら根性論を

かざし、息子を責め立てる一方だった。

 

成長の途中で与えられたこの根性論をベースにした入魂しつけは、
子どもにとっては虐待行為だった。

虐待という過剰なストレスが与えられてきた彼には、今思えば、

成長期にして認知症のような傾向が現れてしまっていた。

一時記憶が異常。ついさっきのできごとを覚えていなかったりする。

 

「そういえば」というような事件がいくつも思い出された。

彼の受けてきた「入魂しつけ」は、父親にとっては本心から「しつけ」であった。

しかし、はたから見ると「虐待行為」になるレベルだった。

これは機会があったら実例を挙げてみたいと思う。人によって判断が異なるかもしれない。

 

脳がくらったダメージは、「萎縮」という形で傷になるようだ。

そこから発信される信号は、正常でないことも多く、どこかで悪化を止めなければ

傷はどんどん深くなっていく。

この痛みは、彼の言葉をかりて、いつか詳しくお伝えしたい。

 

17歳ではじめて精神科を受診し、高校を途中で変わり、「静養」をしなければならない

生活に入っていく。

 

ドクターに言われた言葉

「17年かけて悪くなったものは、治るのにも17年かかると思っておいてください」

 

17年のやり直しを始めた日、彼は子供の時には一度もしなかった「後追い」をした。

姿が見えなくなった私を探して、隣近所を駆け巡った。

…回復に向けた苦難の日々が始まった。

AD

お客さんからの要望があった。

”PC1台だけ、二つのネットワークに同時に参入させたい。”


IPはそれぞれ合わないように作ってあるようなので、

うまく要望に添えないかと思い巡らせてみた。


PCはDELLのデスクトップ。

拡張スロットが2つあるので、

「これにLANボードさしてLANポートを2つ作って、それぞれ固定IPをつけておけばいけるだろう。

 LANボードだけ購入すればすむから、部品代1000円コース???」

なんて考えながら、お客さんの会社の近くの家電量販店に行ってLANボードを購入。

750円でした。


すぐさま会社に戻って作業開始。

箱を開けてボードをさそうと思ったら……、

「あれれ??PCIじゃない!!」

「ボードの規格があわないじゃないか!!」


よくよく見てみたけれども、PCIのスロットは一つもない。


「やられたヾ(@^(∞)^@)ノむっ


スロットの規格が違うのがあるのはいいけれど、

まさかPCIが何にもないなんて!


…箱開けて確認してから買いに行かなきゃいけなかったのね…



とりあえず、USBのLANポートを増設して完了しました。

予定額の4倍の料金がかかったけど…。


くやししししししししいいいいいいいい。


↓<参照>拡張スロット

http://pcfree.jp/customize/ARCHI/3mother/06_slot_mo.htm

AD

ただいま帰宅。

午前5時30分。


今から自分の決算→確定申告はじめます。

新記録です。あと、24時間ありません。

さっき行ったお客さんが、昼間に追加データ持ってくるみたい。


…はぁ。終わるんだろうか。

眠くなったら、眠気覚ましにブログに実況しようかな。…

AD

先日書き込んだブログの内容に、回答をいただいた♪


モヤッとさんだったのが、思いっきりすっきりしたので、とてもうれしいです。

出来上がった罫線の色を、すっぱりと全部変えるのは、ツールで設定を変更するという技でした。
なんとも!よく見る画面の中にいたとは!


…そんなもんなのでしょうか。

たまたま国政モニターを募集しているHPに出くわしたので、登録してみようと試みた。

ちょっと改行をしようとENTERキーを押したら、確認もなく、改行するでもなく、いきなり入力途中の画面が送信されてしまった 。


「…ど、どうなっているんだ!」


再度挑戦してみるも、またもや途中で送信してしまった。


ちょっと昔によくあったとりまわしのHPの入力方法だよね、これ。最近はページ単位で送信するせいか、一度確認画面が出たりして、入力に戻れるようになっているものが多いのに、国のHPがこれかい…。


二度も罠にはまった私も私だが、「なんか違う!」と思うのはいけないことだろうか。


で、お国にイタメを二つも送ってしまったことも反省…

新しくテーマを作ってみました。

その名も「あなたなら、どうする!?」

いいアイデアがあったら、コメントつけてみてください。


そのテーマの最初を飾る課題は、昨日個人的に格闘していたもの。


とっても凝った表をエクセルで作成。

ところが、文字も罫線も真っ黒なのがなんとなく気に入らなくて、全部色を変えてやろうと思い立つ。

文字の色は左上の角をクリックして全範囲を指定し、一気に文字色を変更して一発OK。

次に罫線の色を変えてやろうと思い、同様に範囲指定をしてプロパティの罫線の色の部分を変えてみたが無反応。

「色を指定してから線を引く」から、後から色を変えても効かないらしい。


悲しい…。

とっても込み入った罫線…またもや作り直すのはごめんこうむる…。


はっと思い立ち、コンビニに走り

「単色カラーコピーだぁ~!」とセットしたが、なんと1枚50円。

物は日報ゆえ、仕事の稼働日分必要。1枚50円はコスト高すぎ…。


でも、一枚でもいいからほしい色付の表をGETしなくては満たされなかったのでコピーしてみた。


が、無理やり一枚に詰め込まれた巨大な表は、左右の余白をほとんどもっていなかった。

余白は、プリンタの限界最小値で印刷されており、コピーされた表は確かに色は野望どおりだったが左端の縦線が消されていた。

つまり、プリンタの最小限界余白 < コピー機の最小限界余白 で、コピー機の解読再生不能な場所に線のある表だったのである。


「あぁ、正月早々なんという難題!!」


で、コピー機作戦を断念して無念の帰宅を果たし、反則技を駆使して色違いバージョンを作成した。

反則技を使ったので、一本一本罫線を引きなおす作業に比べたら多分100分の一くらいのほんの10分で完成したが、エクセルの機能を使ったわけではないのですっきりしない…。


あなたなら、どうする????