気がついたらな○か海!そして釣り...

気がついたらな○か海!そして釣り...

お手軽ルアー釣りのつもりが,全然お手軽じゃない今日この頃

チャーリー1

チャーリー1

 

修行してますが、なかなか釣れませんねー。

ええサイズは、手前のブレイクでライン擦れて切れるし…

 

 



【ロッド修理7】 写真 左端

 ろくぞうさんロッドは、とりあえずオーソドックスなチタンを繋ぎました。

胴調子のブランクスで、どうしてもペナ感が出ちゃいますが、食わせの間での操作感は問題ないと思います。

 繋ぎ部にガイド乗せたら使ってもらって....

次はガイド流用して、ロッド新作しましょう。

 



【ロッド修理9】 写真 左から2本目

 takaxさんの水没ボロンロッド。

 チタン取り外して、ソリッドティップのショートロッドに変更。バスロッドで胴調子なので、アジングというよりはメバリングロッドになってしまう。

 とりあえずソリッド差込加工まで完了。未接着でおいておくので、今度、先の調子をフリフリしてみてください。 ブランクス補強部もカットして短くしてるので、ペナ感はかなり減りました。 豆専用機?

 



【その他】

 左から3本目は、77m/tiの根元の折れた#1と、AJX5917の並継ぎ2ピース。 余材ミックスながら馬鹿にできないくらいいい感じなので、焦らずに気が向いたときにティップ研磨中(というか1本失敗)。

 

 4本目はPX5925だったか鯛ラバロッドにしようと思ったけど、今シーズンはもうオフショアないだろうから来年か、磯メバロッドに。

 

 右端はAJX5917の5.8ft用。特に組立予定はありません。(希望あれば格安で組立てます。)

 

 

 

 

 

 

 

パパさんのイカメタルロッドのグリップ延長。

 

オフショアは、脇に挟めないと疲れるということで10cm程。

 

EVAを外すと想定よりもエンドに接着剤が溜まってて、完全に詰まってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいキリ穴から順番にサイズ上げて、大きな穴に。

最後は、大きくした穴にハンダごてを突っ込んで、接着剤を軟化させてやれば綺麗に取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

安物ロッドを切断して、延長材を切り出して寸法合わせ。

ロッド側の接着剤の厚くついてるところは、この時点で、削りとります。

 

 

 

 

 

 

 

こっからが想定よりも時間かかりました。

細身のEVAを希望だったので、細いのを買い足して、簡単に削って成形できると思ってたら、かなり時間かかりました。

 

 

 

EVAで削りやすいといっても、長さ20cmあると削り量も多くて単純に時間がかかる。 元々買ってた太いEVAを削りだしてたら何時間かかってたか(怖)

 

 

削り終わったら、ロッドに接着。

 

 

 

 

EVAの内径がΦ13mmあり、さすがにそのままだと見栄えが悪いので、外径φ13mmのハイブリッドアーバーを短く切断したものを取付ました。

 

 


で、完成です。

 

 

 

 

 

 

風もなく、曇天のいい釣り日和でした。

 

写真は帰る途中で、下津井沖へ。

 

朝の引きの時間帯で、

ヒットするも、まあまあ巻き上げたところでフックオフ💦

こういう時は、後まで引きずることが多い...どうなることやら。

 

潮止まり頃に、上げのポイントに移動。

 

まだ、潮が走ってなくて、期待薄いよと。

とはいえ、魚探には、ボトムより少し上の方で魚影あり。

 

淡々と巻き巻き。

からの、15巻きくらいのところで、ゴンって一発乗り。

ヒヤヒヤしながらも、まあまあサイズが釣れてくれました。

 

その後、ビッグフグが来たり、普通のフグが来たり、たまにお触りがありながら、2枚追加。

 

結局、3キャッチ、2バラシでいい釣りできました。

 

PB7330はしっかりしていて、のされるとはないブランクスです。

というよりも、40-50のタイだと強すぎて、突っ込んだ時にロッドがあんまり曲がってくれないので、ドラグ頼みになってヒヤヒヤ。

 

(スピニングはドラグがチリチリ鳴ってくれますが、ベイトリールは鳴ってくれないので、出て欲しい時に出てくれているのか分からない💦)

 

針がガッツリかかってるのが分かってたらパワーファイトで面白いのですが、そんなんは見えないから分からなくて、結局、慎重ファイトになり、もうワンランク柔らかい方が、楽しいだろうなと思いました。

 

 

静止状態でのベンディング。

ここから巻くと、昨日テストした40号負荷の曲がりくらいになってました。

一緒に行った人の紅牙のベンディングは、

これくらいのがいいですね。

 

 

 

【メモ書き】 

 

PB7330

 ティップそのまま、ハンドルは付属とは別品で延長。

・ティップ

 イシグロ オリジナルチタンティップ(Φ2mm)

・グリップ

 FCS

・ガイド

 T-LRVTG1212

・全長 6.5ft

 

 

火曜日に、明日鯛ラバのお誘いがあり、急遽、仮組。

 

別途、イカメタルの40号負荷のロッドできないかと相談受けたものの、ブランクス選定するにも、そのクラスのは扱ったことがなかったのでデータ取りもかねて、今回は強い磯メバジグ単ロッドか初秋エギングロッド用にと購入していたPB7330で組み立てました。

 

 

ティップは、取付が簡単で、取外し時のティップ切除長さが短くてすむチタンティップ。 重量リグテスト用にイシグロのφ2mm。

 

 

【40号負荷のベンディング】

青矢印が、ティップ接合部。

事前にイカメタルのロッド借りてベンディング確認したときに想像した通りなんですが、チューブラ部分のティップが入り過ぎなので、このブランクスだと赤矢印か、もうちょっと根元側で切って繋ぐことになります。 ただ、そうするとチタン根元径がΦ2mmで足りるかという感じです。(繋いでみないと分かりません)

 

キャストや強いアクションを考えると、やはり、もう一番手上でバット径の太いものが良さそう。

 

 

ちなみ、ロッド立てた状態だと、こんな感じ。

 

タイラバは60g(17号相当)なので、これくらいか、一つ下の番手の方がいいかも。

 

グリップ周りは無接着で、ガイドは今回もアロンアルファのみで。

 

【メモ書き】 

 

PB7330

 ティップそのまま、ハンドルは付属とは別品で延長。

・ティップ

 イシグロ オリジナルチタンティップ(Φ2mm)

・グリップ

 FCS

・ガイド

 T-LRVTG1212

・全長 6.5ft

 

 

根掛りでだいぶ持っていかれたので補填。

 

オーソドックスなオレンジネクタイの安いのが今年は品切れで、パーツ購入して安く出来ると思って購入。

 

内職して6個出来上がり。 2000円で6個だと、市販品と大して変わらないと...針を自分で結ばないと安くなりませんね。

 

次からは市販品で(笑)