黒豆健太あのね、今日...

黒豆健太あのね、今日...

2月5日生まれの
東京下町に暮らす【豆柴台風☆健太】の
何気ない日常です。
よかったら、覗いてってくださいませ♪


今日は健太の四十九日です。
5月のカレンダーをめくるのが
何よりも辛かったですえーん


健太がいなくなってから
ぼーっとしている訳にはいかず
薬サプリメント等の停止連絡をしたり
長くお世話になった保険を解約したり
どれも健太が存在していた証を
消してしまうような気がして...
気持ちの整理をしながら
一つずつ少しずつすすめてきました。

 薬サプリメント会社etc.から
【健太ちゃんをとても親しく感じていました】
とお悔やみのメールをいただき感謝です。

こちらはアニコムさんから
下矢印

健太の四十九日までの間に
虹虹の橋を渡った犬ブロ友さん達もいて
寂しさは増すばかりえーん

沢山のお優しい花束お心遣いへの
ささやかなお返し準備等をしていたら
あっという間に今日をむかえました。
(雑然と置いてあるようにみえますが
仕分けしてありますアセアセ)


今日は私の中での
小さな小さな一区切りです。

スマホスマホの中に健太のお写真が増えない事
掃除機から健太のにおいが消えていく事
毎日のお洗濯回数が減った事
健太のお肉がないので
冷凍庫に余裕ができてしまった事

おトイレの時に
健太の様子を見る為にドアを開けておく癖
健太のおトイレがあった場所を
ついつい避けてしまう癖
書き始めたらきりがない。
そんな日常の些細な事が
涙ではなく何とも言えない感情として
心に積もっていく日々です。

これまでまったく泣けなかったのに
昨日突然、何の前触れもなく
涙が溢れてとまらなくなりましたえーん
あぁ
もう泣いていいんだと。


載せようか迷ったのですが...
虹虹の橋を渡る
数時間前のお写真ですえーん


お願いコメントへのお返事
少しずつさせていただきます足あと


今日は健太の月命日...
先月の今日もこんな風に
雨降ったりやんだりの1日でした。

【もう随分前の事のような気がする】
と、パパがポツリぼけー

最後は何も食べられなかったのでえーん
今日は健太の大好きだった
チーズヨーグルトチーズケーキを焼きました。


いつもなら作り始めると
ベッドからお首をぐーんと伸ばして
お鼻をクンクンしていたなぁ。
あぁ、健太はもういないんだなぁ...
いつもまだ食べたそうにする健太に
【もうおしまい】と...
お腹一杯食べさせればよかったなぐすん
ケーキは一切れお供えして
残りはトイプードルはなちゃんへ。

ステーキ牛モモ肉を焼いて
大好きなオレンジお蜜柑もお供え。
食べてくれているかな。

※ポツポツと花束お花が届きます虹
健太を思ってくださるお気持ちに
心から感謝です足あと



※皆様からいただいたコメントのお返事...
いまだ出来ずにいます。
大変申し訳ありません足あと


健太が虹旅立って
いつの間にか3週間が経ちました。
メッセージのお返事もまだ出来ずにいます。
申し訳ありませんお願い

驚くほどのお心(お花)が後から後から届き
もう感謝しかありませんキラキラ
花束お花のお手入れをしていると
いつの間にか時計お時間が経っていて。
皆様のお心のおかげで
あっという間の3週間でした。


皆様を驚かせてしまいゴメンナサイぐすん
ブログやインスタに書いてしまうと
病気に負けてしまいそうで
どうしても書けませんでした😢


病気がわかってからの健太は
それまで以上に本当に頑張りました。
そんな健太の横で
何も出来ない自分が情けなくて申し訳なくて😞

健太が旅立ってから
お友達やご近所の方が
心配してお声かけくださるのですが...
悲しいのに涙が出ない。
【健太の前では絶対に泣かない】
と決めて心に蓋をしてしまった...
それが習慣になってしまったようでぼけー

お世話になった病院病院やナイフとフォークカフェへ
順にご挨拶へ回りました。
先日はパパもお休みして
最後までお世話になった病院病院へ。
先生のお顔を見た途端に
それまで泣けなかった涙が
ふわぁと溢れてしまいましたえーん
一緒に通った病院の待合室、診察室...
【あぁ、健太はもういないんだ...】
と言う現実を実感したせいかもしれませんぐすん

肝臓癌の余命宣告を受けて3ヶ月。
何が健太にとって最善かを
ひとつひとつ一緒に考えながら
寄り添ってくださった先生。
いつも予約で一杯なのに
【何かあったらいつでも連絡ください】
と言っていただき、どれだけ心強かったか。
(実際、何度も診ていただきました)
【健太ちゃんもご家族も
本当によく頑張りました】
と仰ってくださった先生のお言葉に
《本当にあれでよかったのか》と
後から襲ってくる後悔や辛い気持ちが
ほんの少しだけ軽くなりました。

病院とご縁の切れなかった16年3ヶ月。
薬お薬も目目薬も嫌がる事無く
今考えると本当に手のかからないコでした。

健太の犬生は幸せだったのだろうか...
飼い主のエゴで
振り回されていたのではないだろうか...
あぁすればよかった
こうすればよかったと
お時間が経つ毎に頭の中でグルグルもやもや

何かをしていたら忘れていられると
ひたすら動き回った3週間。
一通り終わって
ぽーんと予定が空きました。


健太が居た事は
実は夢だったのかな...
と思うほど不思議な空間の中にいます。
時計時間薬とはよく言いますが
まだまだお時間がかかりそうです...