きらり薬局(福岡県、千葉市、横浜市)の代表取締役社長(薬剤師)の転職求人キャリアアップについてのブログ

きらり薬局(福岡県、千葉市、横浜市)の代表取締役社長(薬剤師)の転職求人キャリアアップについてのブログ

福岡、北九州、横浜市、千葉市で外来、在宅調剤薬局を展開する会社の社長のブログです。正社員、パートの薬剤師随時募集中です。求人情報や40歳、創業11年目社長の日々悩める事、感じる事を書きます。色々な事に一喜一憂する毎日です。愚直に淡々と頑張ります。

きらり薬局薬剤師募集










採用に関して、ホームページ、TELなどで気軽にお問合せ下さい。









TEL:092-558-2120(國武)





独立希望薬剤師、主婦薬剤師、定年後薬剤師も多数活躍中 



働く時間は自分で決める事が出来て随時変更できます。(お子さんの病気でも休めます。)

時短勤務制度あり、託児所(託児所補助制度有り)



テーマ:
決起集会が先週末ありました。
千葉、横浜合わせて40人以上参加

初めはたった患者10名からのスタートです。

雑居ビル2階の門前なしの薬局
槌田、東の2名からスタート

約4年が経過

関東全職員で70名を超えました。


関東は関東で色々な事がありました。
何のゆかりもない土地で0から立ち上げるのは
簡単ではないです。

★薬局内が業務で何度も崩壊しかけたり、
★社内部署内外が険悪なムードになったり
★外部から収益の先がみえない関東進出についての指摘があったり、
★全く計画通りにいかずに閉店したり
★福岡から遠隔になってこちらの意図が伝わりづらく、何より私(黒木)が大きな関与が出来ない中での店舗運営、6店舗の出店、在宅患者数の増加、

何か起こる度に
少しづつ修正して、また戻って、また修正して、

働いている職員も本当に苦しい時期があったと思いますし、うまくフォローできず、退職した職員もいました。

私はきらり薬局、ケアプランサービスひゅうがの職員の汗の結晶が店舗、事業所の壁にこびりついてるのが少なからず見える。

汗の結晶は
前向きに捉えれば
それが生きている証でもあるとも、
私は考えています。

どこかでそれを思い返して、
自分よく頑張ったなと、
思える事が大事なんではないでしょうか?

私は極端に言えば、「キャリア」の定義は
「能力」「在籍した会社の大小」「知識」
のイメージではなく、

今までやってなかった事に挑戦し、
苦しかった時期に逃げずに一心不乱に取組んだ時期が一定程度あって成り立つと考えています。

在籍期間とか会社名とか、
ある程度の参考にはなるけど

それだけではない。 

「活きたキャリア」は本人にも会社にも同僚
にも財産になる。

バランスシートにのせて欲しいくらいだ。

私はこれから更にスピード感を持って

汗の結晶を糧にして、会社と職員を成長させ、

自分も成長し私達のサービスを世に広めたい。

24時365日患者さんが自宅で安心して療養できる社会インフラを作る。

私達の「汗」が必ずそれを作る。


週末のセミナーまた数名ですが、

空きがあります。


興味がある方是非どうぞ

          ↓

在宅医療ってどう始めるの? 
在宅の実績を積みたい! 
在宅をする薬剤師が集まらない! 
施設、医療機関との連携ってどうやるの? 
オンコール体制が上手く組めない! 

【講師】黒木哲史 (Hyuga Pharmacy 株式会社 代表取締役) 

【対象】3店舗以下の調剤薬局経営者の方または、左記薬局で勤務されてます薬剤師の方 

【日時】2018年12月15日(土) 

【場所】福岡市博多区博多駅中央街2-1博多バスターミナルビル 9階第7ホール 


 【講演内容】【一部】16:00~18:30✦地域体制加算の算定用件でもある「訪問調剤の実績」を継続するためのノウハウ✦話題となっている遠隔服薬指導 


エントリーは以下ページより【1】フェイスブックよりエントリーhttps://www.facebook.com/events/255699235299395/
【2】▼エントリーはコチラから▼https://goo.gl/forms/xYCJX76JDdRWRv442


テーマ:
 
 
 


会社員時代

 

 

 

約5年間 製薬会社で営業をしていた。
その当時、そのエリアの販路は
一つの代理店が
ほぼ9割くらいを占めていた。
毎朝、その代理店に行き
代理店の朝礼に参加していた。
代理店の営業マンと一緒に仲良く営業していた。
 
ある時、会社が大きな決断をした。
後発品の普及と将来を見据えて広域卸との
取引を開始した。
 
朝、広域卸に行くと大手製薬会社のMRが大勢いた。MSさんも当時は後発品メーカーと仲良くするのを大手に見られたくないらしく、
対応は冷たかった。バカにされた。
コソコソして、仕事をしたのを覚えている。
正直私自身も行きたくないと感じた事がある。
 
 
社内では
 
広域卸に行っても意味がない。売ってくれない。
 
代理店との対応でも、時間とられてのに、
そんな時間はない。
 
代理店とバッティングしたらどうするんだ。
 
ネガティブな空気があった。
 
ただ当時の支店長は明るく前向きだった。
組織に忠実だったのもあるが、
粘り強く広域卸に対しての担当と一緒に訪問し
後発品の布教活動をつづけた。
(駄目な上司は口だけ、一緒に汗をかかない。)
 
代理店の社長に呼び出され文句言われつづけたが調整点を探した。
 
社内の反対にも、一つ一つやる意義を繰り返し説明した。
 
すると。。
 
営業も否定派が多い中、若手が大きな病院で受注を決め広域卸に仕事を回したケースなど成果がでてきた。
 
既存のやり方を違う販路で一点突破が広がり、
 いつしか当たり前になった。
 
今では半分が広域卸のシェアだそうだ。
 
当時の会社の決断は正しかったと思う。
成果が、出るまで耐えた
支店長も素晴らしいと思う。
そのままの販路だったら売上は厳しかったと思う。
 
弊社も同じ。今まさにその時だと思う。
 
一点突破できる
リーダーが育つ事を期待しています。
 

テーマ:

開業して11年 
自分なりに魂を込めて薬局事業に打ち込んできました。
ある程度、実績も積んできたつもりです。
ただ最近、自社だけで完結するのは、
限界があると考えるようになりました。
ノウハウをお話しするのも社内で競合を生むのではないか?
などの話もあって今までは控えてきました。
しかし、原点に戻り、今後の薬局の在り方や
弊社の理念である
「24時間365日薬が届き患者さんが安心して暮らせる社会を創る」
を錦の御旗として考えると
他の薬局さんとも連携して地域包括ケアを作りたいと考え、
このセミナーを企画しました。
11年間きらり、ひゅうがの職員と作り上げた、
血と汗の結晶をお話ししたいと考えています。
一つ一つの店舗 
1人1人患者さんでストーリーがあります。
(構造改革特区での遠隔服薬指導についてもお話ししたいと考えています。)
是非、ご参加下さい。(セミナーは無料です。)
お願い。どなたでも構いません。
なるべく拡散したいので
シエアして頂けると大変助かります!
写真は息子です。
彼らの世代に引き次ぐ時にもいい社会を業界全体で創り、
引き継ぎたい。


(内容)
1店舗からできる在宅訪問調剤と
遠隔服薬指導の今後の展望な悩みにお答えします!
・在宅医療ってどう始めるの?
・在宅の実績を積みたい!
・在宅をする薬剤師が集まらない!
・施設、医療機関との連携ってどうやるの?
・オンコール体制が上手く組めない!

【講師】
黒木哲史 (Hyuga Pharmacy 株式会社 代表取締役)

【対象】
3店舗以下の調剤薬局経営者の方または、左記薬局で勤務されてます薬剤師の方

【日時】
2018年12月15日(土) 16:00~21:00
15:30 受付開始
16:00 講演開始
19:00 懇親会開始(21:00終了)

【場所】
福岡市博多区博多駅中央街2-1
博多バスターミナルビル 9階第7ホール

【講演内容】
【一部】16:00~18:30
✦地域体制加算の算定用件でもある
「訪問調剤の実績」を継続するためのノウハウ

✦話題となっている遠隔服薬指導
(訪問服薬指導との親和性が高い)の展望

【二部】19:00~21:00
懇親会・名刺交換会

【参加費】
3,000円(税込・懇親会費含む)
エントリーは以下ページより
【1】フェイスブックよりエントリー
https://www.facebook.com/events/255699235299395/
【2】▼エントリーはコチラから▼
https://goo.gl/forms/xYCJX76JDdRWRv442


テーマ:

先月末の最終週は医薬品交渉に追われた。

 

 

今回は過去に類をみないほど難航した。

 

医薬品卸さんも相当厳しいのだろう。最後まで折れなかった。

 

今までは、この業界は本当に良かったと思う。不景気にもほとんど左右されずに安定していた。

 

しかし、今回の薬価改定、診療報酬改定も含め周りの状況が変わっているのを肌で感じる。

 

弊社も順調に成長してきたが、成長してきた分、舵取りが本当に難しくなった。意思決定が伝わらない。

 

「期限」と「成果」のコミットができないと弊社も例外ではない。

 

危機感は日々、大きくなる。

 

時代を先読みする「スピード」と決めた事を進める「スピード」

 

組織が大きくしながら、この2種類のスピードを高めないと船は沈む。

 

皆、理解しているつもりだが体が反応するかどうか。

 

正念場だ。

 

 


テーマ:
{7EDD709B-CA5B-4FB2-8CF0-2D48D5C96A9A}

 

{0D70522C-E160-4AAA-9167-506DD08C9F2B}

 

少し前の休みの日に安室奈美恵さんの
 
妻が行きたいというので展示会に行きました。
 
もの凄い行列が出来ていて、並びました。
 
1年ぶりぐらいに何かに並びました。
 
本人がいなくてこの行列。
 
どうやったらこの動員力が出せるのか
 
考えていました。
 
観たいと思わせる何かが、
人を惹きつける何かが、
 
中に入ると衣装とCDとPVが流れているだけです
 
わからない。
 
理由はないように思う。
 
本当に一番強いのは理由がない事かもしれない。
 
感覚だ。
 
養老先生の最近の本でも
 
なんかそんな事書いてたような。。
 
 
 
 
 

テーマ:
{B62D07F6-401C-44F4-BDA4-1A3FD3EA14BE}

地域包括ケアを支える会

 

一昨日役員会でした。

 
5年以上役員として取り組んでいる会です。法人数も100を超えて更には国会議員さん 市議会議員さんも10名弱参加
 
この会が特徴があるのが行政に政策的な「提言」をする事
 
提案をするのです。何度も、何度も行政に提案する。
 
一回でスパッと通る事なんてこの世にまずない。
 
100回くらい提案したら、通る。
100回は多いにしても10回くらいは絶対必要。
 
その前に諦めない。
 
営業もそうだしつこく提案する。できる営業マンは例外なくしつこい。というか機会を伺っている。
 
しつこくても相手に嫌がられない程度にしつこい。
 
話を戻しますが、、、
 
ちなみに「地域包括ケアを支える会」がしているのは「提案」です。
 
「批判」ではない。あれは×だという人は多いが ×だから△はどうですか?というのは殆どない。
 
×といった後の「提案」まで考えていないケースが多い。×や出来ない言い訳は山のように出てくる。
 
また、そこまで言うなら君がやればと言うと、それはイヤだとか引いていきます。
 
当事者はイヤなのだ。
 
私はいつも当事者の感覚でいようとする人が一番信じるべき人だと思う。 
 
不器用でも。。
 
きらり薬局でいうと「城尾部長」です。人の事も自分の課題のように考えている。
 
その心の姿勢は尊敬しています。
 
 
 

「24時間365日薬が届き適切な服薬指導のもと高齢者が安心して暮らせる社会インフラを作る。」

 

同志募集中⇒薬剤師、事務、管理系(総務部門、経理部門)人材募集中です。⇒http://kirari-recruit.jp

 

 

 
 
 
 

テーマ:

少し前にもにたような事を書きましたが

 

会社が大きくなり、関わる人が増えれば増える程、プレッツシャーが大きくなった。

 

私も人間なので、しんどい時や落ちる時はある。

 

株主、従業員、取引先、患者さん、競合など色々な方面からプレッシャーがくる。

 

株主からは成長を求められ

従業員からは将来も含んだ生活を期待され

患者さんからはよりよいサービスを安価で提供を求められ

他の薬局さんも一生懸命努力している。

 

イメージは台風の中を「一歩、一歩」進んでいるような感じだ。雨は当るし、風は強いし、色々飛んでくるし

 

経営は終わりのないマラソンというのも聞いたことがあるがまさにその通りだと思う。

 

走るのを止める事はいつでもできる。

 

体裁よく言い訳を作り、回りに損をさせないようにお膳立てして、走る事をやめる事もいつでもできる。

 

正直、考えたことは何度もある。

自分は能力がないので、むいてないので、もう走れない。と考えた事も何度もある。

 

いつもそれを思いとどめるのが

 

「1度限りの自分の人生を後悔はしたくない。最高の芸術品に仕上げたい」

その芸術品は

「24時間365日自宅で療養する患者さんが安心して暮らせる社会を作る」

 

という事

 

うまく取り繕って、この場所からフェードアウトしたとしても自分の心にはうそをつけない。

 

自分にうそをついたまま、毎日ごまかして生きるのは恐ろしくつらいと思う。

 

目の前に現れる色々な「問題」「プレッシャー」は自分の宿命だと思って向き合いたい。

 

そういう意味でもプレッシャーって大事だと考えています。

 

「プレッシャーのない人生」

 

一瞬羨ましいけど、自分だけの最高の人生を送れないような気がする。

 

あと、この年になって家族の存在も大きいです。

 

今日も1日頑張ろう。

 

 

「24時間365日薬が届き適切な服薬指導のもと高齢者が安心して暮らせる社会インフラを作る。」

 

同志募集中⇒薬剤師、事務、管理系(総務部門、経理部門)人材募集中です。⇒http://kirari-recruit.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:



おじいちゃん家に訪問

最近よく、息子と親父が似てるって言われます。

つかまり立ちが最近できるようになったのを

びっくりするぐらい喜んでました。

でも、似てるかな?自分は全然似てないと

思うけど。。。



「24時間365日薬が届き適切な服薬指導のもと高齢者が安心して暮らせる社会インフラを作る。」

 

同志募集中⇒薬剤師、事務、管理系(総務部門、経理部門)人材募集中です。⇒http://kirari-recruit.jp

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス