咲蓉子の官能な日々

ラブラブ 現在はスウェーデン在住。
王冠1私がロマンス小説を書くようになったきっかけは、ここから →
王冠1 Amazonの著者セントラル →
王冠1 App Store より、私の国際恋愛指南・初エッセイ本 「ヨーロピアン Love & Sex」 好評発売中!!  まずはPC・携帯から立ち読みをどうぞ ↓

$咲蓉子の官能な日々

王冠1 Apple製品をお使いでない方は ・・・


スマホ含め携帯全機種対応なら → ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書籍も国内最大級!

王冠1 ケータイ小説サイト 100シーンの恋 でも、私の書きおろしロマンス小説を好評配信中。会員登録要  ↓

$咲蓉子の官能な日々-100scene
100sceneQR
王冠1カクヨムにて無料配信中:オヤジのラブコメ→ 「石田勉はまだ53歳だから」 
  • 15Nov
    • スウェーデン移住、長期滞在

      さすがはストックホルムの11月半ばだな。外の天気は常に曇り、時々雨もしくは雪。午後三時ともなると暗くなる。今日のストックホルム写真は、そんな暗い季節に見つけた、パン屋さんのショーウィンドウ↓話は全然変わって:ついこの間、日本から来られた個人のお客様の通訳をしたのだけれど、その方がスウェーデンをすごく気に入られたようで、今度はスウェーデンに長期滞在できないかということで、旅行手配会社の方やら添乗員だった方やらに色々たずねているそうだ。長期滞在ってどのような形を想定されているのか知らないけど、お金を払って十分なサポートを受けられる訪問と、何もかも自分で処理しなくてはいけない長期滞在とでは大違いだったりするかも。私も時々頼まれて通訳をするとき、当日の連絡のため携帯の番号を渡したりするのだが、仕事が終わった後も頼み事や質問をして来られるお客様が時々おられる。その時は一応質問にはお答えするが、今後は電話しないで欲しいと、ちょっと心を鬼にしてお伝えする。なんかケチな気がして気が引けるが、そういう原則を作っておかないと、知らない人からいくらでも頼られてしまって困るから。そう、NOと言える日本人!になるのだ。 断る!技術―この「6つのNO」があなたの人生を変える! 1,404円 Amazon そんなことを思っていたら、日本の友人があるリンクを送って来た。なんでもそのページには、スウェーデンに移住すると日本では億万長者でも手に入らないような生活ができる、と紹介されていた。それを書いた人は、3年前にスウェーデンに仕事のため移住してきた日本人だそうだ。私はその記事を読みましたよ。ツッコミどころとしては、「残業なし」とか「パワハラ上司がいない」というのは、たまたまその人の職場がそうだっただけで、スウェーデン全体がそうではないということです。フルタイムの給料を貰っている人は、基本的に時間外勤務時間も給料の中に含まれているので、残業をするかしないかは本人の判断であり、場合によっては残業をしなくては仕事が成り立たない時もあります。パワハラ上司・・・ これはスウェーデンにもいます。もしパワハラ上司が懐かしいなら、私は喜んで私の元上司PE氏をこの人の職場に寄贈いたしますがね。この人はこの記事の中で「変な奴がいない」とまで書いているが、変な奴! 何をもって変な奴というのか知らないが、スウェーデンにもいーっぱいいますよ、変な奴! 地球上どこにいても、私達はにんげんだもの!ただ教育費が無料というのはいいですね。それだけ税金多く払ってんじゃんと言われるかもしれないけど、親が高収入でたくさん税金を払おうが、生活保護で暮らしていようが、教育費が無料だと誰でも平等に教育を受けることができます。日本では失われた20年とか言っているけれど、2010年代スウェーデンの経済はずっと調子が良かった。私がスウェーデンに来た90年代は、失業者が多かった。移民のほとんどが失業者だったと言っても良いぐらい。ところが今は、スウェーデン語がかなり下手、というかほぼ話せない人でも何らかの仕事についている。本当に隔世の感がある。ただ、この好況がいつまで続くのか。景気は変化する。もうそろそろ下がり始めていると言う識者もいる。人口の多い国に比べて、スウェーデンのような小国は、世界経済の影響をもろに受けやすい。アメリカや日本が大きなタンカーや客船だとすると、スウェーデンは小舟。波が大きければ、その浮き沈みは激しい。次の大きな波に向けて、気を引き締めておいたほうがいいかもしれない。なーんて思ってたら、ああ、そうかあ!この記事を書いた人は、副業として日本人の海外就職・移住サポートをしているんだ。そりゃあ客寄せの為にいいことしか書かんわね。副業と言っているぐらいだから、お金を払ったらサポートしてくれるんだろう。なんのかんの言っても私は我が身を振り返って、失われた20年に日本にいたより、景気の浮き沈みは激しくても不動産価格はグングン上がり続けたスウェーデンにいた方が、経済的にはよかったと言えるのだが。何をするにせよ、お金を払ってサポートを受けるか、それができないのなら、自分で情報を集める努力をして自分で判断しなくちゃだめだよね。簡単に人を頼っちゃダメ、絶対。

  • 05Nov
    • 中年童貞と国家

      Amazon のunlimitedに登録しているので、キンドルで色んな本が読める!ただし、アマゾンの本なら全部というわけにはいかず、Unlimitedの表示があるものだけだけど。Unlimited の表示があるなら、どんな本でもふらりと手に取り、あまり面白くないなと思えばすぐに返却できるのがよいところ。そんな中で、何気なく手に取ったこの本は、タイトルこそすごいけど、中身はなかなか頷けるものがあった。↓ 貧困とセックス【電子書籍】[ 中村淳彦 ] 858円 楽天 私が同感したのは、「中年童貞」の章。中年童貞については、ここで前にも紹介したことがあるけれど、一言で言ってしまえば彼らは、コミュ障の扱いづらい中年男ってこと。性体験とはあまり関係なく。どこの職場にいてもお荷物にされ嫌われるような性格の持ち主、空気を読まず、自分勝手で人の反感を買う。職場の人間関係トラブルの多くは、この中年童貞が絡んでいると言ってもよい。今の介護業界が崩壊している一因に、人手不足を解消するため、どこにも就職できないこれらの中年童貞がどんどん就職し、職場の人間関係を引っ掻き回しているから、というのが著者中村さんの主張。中年童貞って、どんな人達なのかな? と今いちイメージの湧かない方、この漫画がわかりやすいですよ ↓ 漫画ルポ 中年童貞 [ 桜壱バーゲン ] 1,100円 楽天 しかしこの中年童貞は、本当に社会不適合な、人の迷惑になる以外、何の役にも立たない人間なのだろうか? というのがこの本の著者たちの疑問でもある。この本の中で中村さんと対談する鈴木さんは、日本に来たアメリカ人はコミュ障的だという。一般的に空気を読まないし、人との距離感が近い、なのに、ちゃんと職場を持っていたりする、だから、一律で決め事の箱に収めようとする日本的社会の風潮が彼ら(中年童貞)に合ってないのではと言う。あ、なんかわかる。日本は枠で決める。その枠が小さい。もっとXXXXと変人がたくさんいる国家ならよかった。許される個性が画一的で「この中にいてくださいよ」という箱がずいぶん小さいな、と思います。私が日本で働いていた四半世紀以上前、なんか窮屈だなあ、とばかり思っていた、そのことを思い出した。スウェーデンに移住するかー、という話が出た時、迷いなく行く! と決めることができたのも、その窮屈さに辟易していたから、そうだったんだよなー、私は女で若かったけど、十分「中年童貞」の資格を満たしていたんだ。ああー、そうか。改めて、納得したわ。でもね、今日本には外国人の労働者がすごく増えているという話でしょ。彼らが日本人の枠に上手くはまってくれるとは思わないのよね。だから、この枠も、今後だんだん広がってくるし、広がらざるをえないと思うのよ。これからは、中年童貞にとっても生きやすい日本になるかもね?(今日のスウェーデン写真)中東移民の多い地域のスーパーで買い物していた時、こんなものを見つけたよ。食肉売り場で、羊の◎玉?!  こんなんどうやって調理するの?

  • 31Oct
    • 頭の中のゴミ

      最近こんな本を読んだ。 苫米地英人コレクション3 「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 1,540円 Amazon 「頭のゴミ」とは、どんなものがあるか? この本では色んな例を挙げているが、そのうちの一つをネタバレさせていただくと、人の言うことに合わせる、というか、合わせなくてはいけないと思うことは、頭の中にゴミを作る一因になるのだそうだ。人からもらったアドバイスが自分の考えていることより正しいことは大いにありうるので、他人の話に全く聞き耳もたないというのは、あまり得策ではないと思う。しかし、ここで言われているのは、「他人の言葉に振り回されてはいけない」ということではないかな。自分はこうしたいけど、でも、親は、夫は、友達はどう言うかな?と思った時、心を落ち着けてじっくり考えてみたい。できれば、紙とペンを持ち出し、これをやった場合とやらなかった場合のプラスとマイナスを表にして書いてみるといいのではないかと思う。他人が何かを口にする時、多くの場合その人はあまり深く考えておらず、何かコメントしなくてはいけないからコメントする、ということも多い。なので、最終的にはやはり自分が全てのリスクとチャンスを天秤にかけて、自分の意思で決定しなくてはいけない。あくまで私の経験からだけど、日本の、特に田舎から来た人はお節介な人が多いような気がする。最近知ったある事件では、そのお節介さんを頼りにしたせいで、間接的に家庭崩壊に陥ったケースがある。詳しいことは書けないが、お節介さんは「あたしって、お節介な人だし〜てへぺろ」と言いながら、心の弱い人の味方をし、いざ事が起きるとはしごを外した。そのせいで心の弱い人とその家族は地獄を見たとしても、お節介さんは直接関係ないので、ただのてへぺろである。恐ろしや恐ろしや。西洋人は簡単に弱みを見せず、外見を鎧のように固くつくろっているように見えるが、それは他人にスキを見せてヤラれないように、自分を守るためなのかもしれないと思った。その反面、日本人、特に田舎の人は、弱みを見せあって仲良くなるという特徴があるように思う。後者は、皆が互いを親戚のようによく知っている、田舎の同じ村の中でだけなら助け合いの精神も発揮できていいものなのかもしれないが、よく知らない人の間ではもっと警戒心を持ったほうがいいと思う。私に言われなくても、皆わかってるかな。(今日のスウェーデン写真)先日、地元大学の卒業生の集い(みたいなの)に行って来ました。ゲストはアメリカ人の物理学者Frank Wilczek博士。2004年のノーベル賞物理学賞の受賞者でもあります。男女二人の進行役と共に中央に座り、自分の体験を話したり、卒業生の質問に答えたりする彼。とても謙虚で、ノーベル賞もらって15年経った今でも、いい意味で本当に研究のことしか考えてないんだなーと感じさせられる素朴なお人柄のようにお見受けしました。ノーベル賞受賞の一報が届いた時、妻も子供も全く信じてくれず、母親だけが即座に「おめでとう」と言ってくれたそう。うちの母なら私がノーベル賞をもらっても「他に誰ももらいそうな人はおらんかったんか」とか言いそう

  • 27Oct
    • スウェーデン版オレオレ詐欺

      今日、夕刊新聞を読んでいたえら、こんな記事が載っていた。ストックホルム近郊に住む73歳の女性が、突然行方不明に!彼女の娘が必死の捜索!その結果、数日後、女性の居所が判明。なんと千葉県の拘置所にいたのだという・・・。日本とは縁もゆかりもないその女性が、どうしてそんなところに?数年前夫に先立たれた女性は、ネットでアメリカ人の陸軍大将と知り合った。71歳のその軍人と彼女は意気投合し、直接電話で話をするようにもなった。しばらくして彼女は、彼が今派遣されているカタールへ、彼に会うために行ってしまったのだそうだ。しかし、どうしてカタールから日本へ? 彼女は現在拘束されており、英語のできない弁護士を通じなくてはならず、今のところ詳しい事情はわからない。ともかくその軍人が彼女に言ったのには、パキスタンへ派遣されるのを阻止したいので、その手助けをしてほしいと彼女に頼んだ、みたいな事情らしい。ネット上の彼の写真は、実在のアメリカ軍大将のもの。でも、名前は全く別で、実際に彼女とコンタクトを取ったのも写真の人物ではない。ここで私は、おやおやクヒオ大佐が刑務所から出所して、また活動を始めたのかな、と思った。実在の結婚詐欺師をモデルにしたこの映画、すごく面白かった!↓女主人公の友達役が安藤サクラさんだったとは。 クヒオ大佐 300円 Amazon 本にもなっていますね ↓ 結婚詐欺師クヒオ大佐 (新風舎文庫) Amazon しかしこのケースは結婚詐欺ではなく、女性が麻薬の運び屋にされてしまった件。どういう事情で言いくるめたのか知らないが、彼女は麻薬の入ったバッグを渡され、それを日本へ持って行くようにいわれたらしい。そして、成田の飛行場で御用となったというわけ。しっかし、そんなん騙されるう?と皆思うでしょう。でも、連れ合いを亡くして寂しいところに、見た目よく地位もある同年代の男性と奇跡の出会いをしたら、それは女ならいくつになってもクラクラっとしてしまうものではないかしら。他にも、84歳のスウェーデン人女性が同じくニセのアメリカ軍人に騙された件では、全財産の約千五百万円を騙し取られてしまったという。彼は彼女のフェイスブックに、自分からいきなりメッセージを送って来たそうだ。「あなたのページを見て、御姿が目に止まり、ぜひ連絡を取りたいと思い・・・」 って、80代の女性に? だいたいその軍人、70代でまだシリアに駐留してるっていうことだったそうだから、怪しさ満点! イスラム国から奪った大金を彼女に送るために、高額の通関料を輸送業者に支払ってほしい・・・といいながら、段階的に彼女の虎の子をむしり取っていったそうだ。老女ばかりを狙う、これはスウェーデン版オレオレ詐欺みたいなもんなんだな。オレオレ詐欺は孫を思う老人の心を利用した詐欺だけど、これも寂しい老女の老いらくの恋心をうまく利用した詐欺だ。ああ、おぞましい輩がいるものだ。でも残念ながらこんなネットを利用した国際的詐欺は、なかなか犯人が捕まるものではないらしい。現在千葉県の拘置所にいる女性も、下手したら一年近く拘束されるかもしれないとのこと。一刻も早く帰国できることを祈っている。(今日のスウェーデン写真)毎年のことですが、ここんとこすっかり寒くなってきました。近所の湖も真っ昼間なのにこんなに暗く沈んでる。今季の初雪はまだだけど、来週あたり降りそうだな・・・。

  • 22Oct
    • 命運とは

      我が家の庭にあるりんごの木!今年は特別大豊作でした。確かに年によって、りんごが豊作になる年とならない年があります。今年は近所の木はそれほどでもないのに、我が家だけはすごい豊作でした。上は一ヶ月ほど前。そしてこれは昨日。寒くなって、そろそろ盛りを過ぎたようです。天然100%のジュースを作ったり、アップルパイを作ったり、もちろんマンションに住んでいる人達にもたくさんあげました。それでも今かなりりんごが余ってる。どうしたらいいんだろう。話変わってフルタイムの仕事を辞めて時間ができたので、いろんな本を読んでいる。その中に四柱推命学の本がある。占いは色々種類があれど、どうして私が四柱推命が面白いと思うのかというと、私の今までの人生を振り返り、占い結果が大変当たっていると思うからだ。他の人のことを占ってみても、なかなか当たってるなと思う部分が多い。もちろん100%の的中率ではない。だいたい当たる占いって言っても、当たってるのは8割ぐらいのもんだと思う。前回帰国した時に購入した、この分厚い本 ↓ 完全定本 四柱推命大全 4,180円 Amazon この本の序章によると、「命運」は一つの人生における「現象」であり、それは一つの「事実」に帰結する。のだそうだ。北宋の呂蒙正という人は、この「命運」の事実に対して、このように語ったという。・・・先に貧があれば、後に富があり、老いて盛りあれば、若くして衰あり。若い美女が愚かな夫に嫁ぐ。俊才な夫に反して俗的な醜女の嫁が娶される。遊郭の芸者、時が来て嫁入りして夫人となる。院宮深くの美女、運が去りて娼婦となる。学が浅く才能がなくても、若くして科挙試験に合格する人がいた一方で、才能が豊かでも白髪になるまで合格できない人もいた。英雄や豪傑もまだいい運に巡り合わないうちは魚のように身を潜めるしかないし、君子も活躍のチャンスを失えば人格の卑しい人に敬礼しなくてはならない。・・・そうそう、そういうことって現代でもあるよね。すごい才知があり、それに加えて十分な努力をしてる人も、一生志を得ることも結果を出すこともなく終わってしまう。これに反して、才知に長けることもなく、いたって凡庸な人が、単に運気がいいというだけで、富んだり成功したりする。・・・これらは事実である。そして、このような現象は「命運」に帰結するよりほか、合理的な解釈が思い浮かばない。私はこんなにすごいのに! 努力だってしているのに! あの人はもともとの才能がない上に自分では何もしないで今の地位を得ている。ずるい!!と言って他人を見下す人。この命運というものの存在を知りませんか?生きている以上、この「命運」だけはどうすることもできないのよ。四柱推命学では、この命運を分析することによって、「神様のウィンク」つまり天機を知る。運命を理解し、それを自分の力で掌握する。結果として積極的な人生観を持つことができるのである。この本によると、人がこの世に生まれて来たのには必ず理由があって、自分だけの使命がある。身の程をわきまえて、自分のことをよく自覚するということで、未来に対する規範を作り出しているということなのだそうだ。わかるかな・・・ わっかんないだろーなー・・・(太古の昔のギャグ。これを覚えている人はアラフィフ以上ですね)アメブロ友さんたちを、時々無理やり占っている私ですが、もしどなたか占って欲しいという方がいたらメッセージください。ただし、私はまだまだ占い白帯ですからあまり期待しないでね〜

  • 18Oct
    • 転職できにくい職場はある意味地獄かも

      神戸の小学校で起きた教員同士によるいじめ。加害者の顔が晒されたりして、まだまだ注目は止まないみたいですね・・・。暴言や暴行って、ずいぶん低級で幼稚なことやっていたみたいだけど、仕事は選べても同僚は選べない、ってよく言われているやん? それを考えるとなんか、就職するって本当に牢獄に入るみたいなもんだと思えるよね。働くたくない、ニートになれるものならなりたい、そんな人が増えるのも無理はないと思うな。(ついでに、結婚相手は選べるけれど、姑は選べない、ってのもあるよね。生涯独身率が上がるのも無理はない)なんでこんなことが起きるか、避ける方法はなかったのか、と考えてみた。一番の原因は風通しの悪さじゃないかと思った。日本では、終身雇用制が壊れた今でも、転職をすればするほど待遇が下がると言われている。だからよっぽどヘッドハンティングされてよりよい待遇・高い給料のところへ転職できる人でもない限り、今いるところで我慢するしかない、ということになる。ちなみに、スウェーデンでは基本、転職しなければ給料は上がらない。例えば学校の先生でも、同じ学校に平教員で長く勤めていても、新卒の教員と給料があまり変わらない。給料を上げるには昇進するか、他の学校に転職するしかない。もし職場にいじめとか、耐えられないことをする上司などがいると、辞める前にまず「頭が痛い・・・ひょっとして燃え尽き症候群かも」とか適当に理由をつけて、長期の傷病休暇を取るのが定番である。傷病手当とかは最初の数日間以降は職場からではなく国から出るので、その辺りは遠慮がない。(ただしこの時、医師の診断書が必要! でもたいていのお医者さんは物分りがいいもんで)こんな感じなので、スウェーデンではたいていの職場で人の入れ替わりが早い。ま、ある意味風通しのよい職場なのである。(ただし転職する時には、レファレンスといい、前職から推薦が必要だったり、新しい職場から前の職場に問い合わせがあったりするので、その辺りは考慮してあまり激しくぶつからないように辞める方が無難なのだが)しかし、転職が容易ではない職場で、反りが合わない、どころかいじめを仕掛けてくる同僚と毎日付き合っていかないといけない、というのは全く地獄だ。今回の事件の被害者に、心から同情する。日本では公務員になろうと思えば厳しい試験に通らなくてはならない。だから今回の被害者も、せっかく得た仕事だからと思って、できるかぎり我慢したんだよね。 スウェーデンでは、公務員や公立の学校教員になるのに試験はないし、外国籍でも大丈夫。ただし、景気が悪くなった時、真っ先に首を切られるのも公務員である。とはいえ、スウェーデンの学校や職場にも、いじめが存在しないわけではない。私思うに、いじめが発生しやすくなる環境というのは、閉じ込められた世界に高いストレスがかかった時じゃなかろうか。自由に出入りできる世界や、あまりストレスがない状態、っていうのは、いじめが発生しにくいと思うのよ。どうでがんしょ?(今日のスウェーデン写真)ストックホルム市内の王様の公園、Kungsträdgården。木々がすっかり秋らしい色に変わりました。(これらの木々は桜です!)

  • 14Oct
    • 整形のススメ

      外はすっかり紅葉になってる今日この頃のストックホルム。ブログの更新をちょっとご無沙汰してます。ここ最近、日本から来た20−30代の女性数人に別々に会う機会があって、その時なんとなく思ったんだけど、今の日本って、整形している人が多いん?会った女性が立て続けに同じような、ちょっと変わった形の鼻をしていたのよ。言葉では説明しにくいんだけど、小鼻があまりなくて、西洋人みたいな鼻。ハーフなのかな、と思ったけどそうでもないみたいだった。ある若い女性は、「最近の日本の若い女性は、整形している人がすごく多い」とか言ってたし、このアメブロでも、有名モデルが「整形しました」って明言しながらビフォー・アフターの写真載せてるし。韓国人は以前から美容整形に抵抗ないって聞いていたけど、日本でもそうなってきたんかな。そう思って、ネットで整形外科のサイトを見てみたんだけど、患者さんたちのビフォー・アフターの写真を見ても、あまり変わってないように見える。でも本人たちは、ほんの数ミリの違いだけでも満足なんだろうな。そうやって自分のコンプレックスが解消され、毎日を楽しく生きられるようになったのなら、それだけのお金と痛みを犠牲にして整形手術する価値は多いにあると思うのだ。昔の知り合いの女性は、「あの女優は鼻を整形してる。この歌手も目をしている。学生時代とは全然顔が違ってる」といちいちあげつらうのが大好きだった。そりゃあ、芸能人は顔を見せるのが仕事みたいなもんだし、ほんのちょっとのことで整形をしたくなる気持ちもわかる。だけど、そんなに整形は非難されるものなんだろうか、と私は思った。(うちの母はその女性に向かって、「あんたはもうちょっと痩せんさい!」と堂々と言い放ったのだったが)スウェーデンでは、豊胸をする女性はかなりいるのだけれど、顔の整形はあまり聞かない。ただし、歯の矯正は十代からする人はたくさんいるし、将来皮膚がんに繋がるかもしれないほくろの除去をする人も多い。私も日本で高校生の時、当時の田舎では珍しかった歯科矯正をしたし、スウェーデンに来てからも隙間ができた前歯だけを矯正した。その結果は、すっごく満足している。もし歯科矯正をしなかったら、私の人生は悪い意味で変わったものになっていたかも! しかし、歯科矯正も整形だと言われるなら、私は他の人が整形することを非難しないし、むしろオススメしたいぐらいだ。それで他人の目が変わるかどうかはしらんが、自分の気持ちは絶対に変わるから。美容整形外科のサイトを見ていると、男性でも整形している人がけっこういるみたいだな。これはひょっとしてあれだな、日本ではよく外見で笑いを取ることをやっているだろう。それで男性でも外見にコンプレックスを感じて整形をしたくなるのかもな。他人の外見に対してコメントするのは、日本では大々的に許されているけれど、こちらでは絶対ご法度ですよ。外見を褒めるのも(美人ですね、とかイケメンですね、でも)やめといた方がいいかもしれない。その服可愛いね、とか、その色が似合っているよ、とかに置き換えて褒めた方がいいと思う。「あなたって◎◎がXXね!」と顔の特徴をからかわれたら、「そう、私は生まれた時からこんな顔なの」と言っておけばよい。それにしても、そんなことを言う人って自分のことをすごく棚に上げる能力があるんだなあ。(今日のスウェーデン写真)一ヶ月ぐらい前の写真。夏の間だけ開いていた近所のカフェ兼インテリアのお店が、今シーズンの閉店をする日。庭で花を愛でるのも、来年の5月ぐらいまでおあずけになるんだなあ。

  • 05Oct
    • いじめといじる

      こんな事件が起きたそうだ。東須磨小学校 教員による教員に対するいじめ生徒にいじめをするな、するな、と言っておきながら、実は先生の方がエゲつないいじめをしていたという話。私思うに、これは加害者側はいじめをしているという認識はなく、被害者をいわゆる「いじる」感覚だったのじゃないか。なぜなら、この記事に出てくるような出来事(羽交い締めにして激辛カレーを食べさせたり、それを目に入れたり、女性の同僚に猥褻メールを送らせたり、車の上に乗ったり内部に飲料をこぼしたり)などは、私の大学時代のサークル内ではやりそうだったことだし、最近はどうだか知らないが、私がまだ日本に住んでいた頃、80ー90年代のバカバカしいテレビ番組でやっていたようなことでもある。つまり加害者たちは、被害者がそれによって出勤できなくなるほど精神的なダメージを負っているとは、思っていなかったに違いない。子供は大人のやることを真似るのが普通なので、もちろん彼らは同級生に同じようなことをやるだろう。それをいじめだと言われても、「なんてシャレがわからない、面白みのない奴なんだろう」と思うだろう。つまり、悪いのは「いじめ」をした自分たちではなく、笑いを理解しない相手の方なのだ。今はどこでもコンプライアンスをうるさく言うようになったし、噂はネットで瞬時に広がる。だから、自分の一挙一動に、かなり慎重にならなくてはならない時代になったと思う。それなのに、このいじめ教員たちはずいぶん呑気なものだ。   私の高校時代には、旧制中学や旧制高校出身の先生方がまだ教えていて、昔の若者がどんなひどいイタズラをしていたかをよく話しておられた。当時(昭和初期)のあまりにもひどすぎるイタズラとしては、この本に出て来た伝説の柔道家・木村政彦のエピソードが最悪だ。↓ 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫) 869円 Amazon 当時木村政彦は、同郷の柔道家宅に下宿しながら、拓殖大学に通っていた。離れには同じく柔道・剣道を学ぶ学生が集団生活をしていた。彼らは当番制で夕食の支度をすることになっていた。木村政彦は当番の日、ひどいイタズラをしたそうだ。味噌汁に便所脇に生えている草を入れてみたり、ある日など本当に、味噌の代わりに◎◎を入れてみたり。その時の味噌汁にはなんともいえない香りというより臭いがしたそうだが、それでも皆は飲んだらしい??? 現代にそんなことが起きたら一体どうなるか 少なくとも拓殖大学の柔道部は試合には出られないし、木村政彦は退学処分。「木村の前に木村なし、木村の後に木村なし」と呼ばれるほどの柔道家になることもありえなかっただろう。ま、とにかく、当時はコンプライアンスもネットもなかったのだから、今とはとても比べられない。それにされた人が嫌がっているんなら、それで笑いを取ることも許されないよね。今回の加害者は、自分もイタズラをされる身になってみてはどうかな? まずは◎◎入りの味噌汁を飲むことから始めてみてはどうでしょう。(今日のスウェーデン写真)メーラレン湖を見渡せる、夏季限定のカフェレストランにて。9月の半ばで、今年の営業はもう終わったけど、その最終日にお邪魔して、タコスを賞味。来年の夏も来られたらいいな・・・。

  • 26Sep
    • ま、そういうこっちゃ!

      前回の投稿にコメントしてくれた方のコメントを読んで、ふと思った。これまでのいきさつを知らない人のために再度、その辺の事情を書いておく:私の高校時代の先輩・栗原先輩(55歳ぐらい、結婚歴なし)にはケメ子(30歳になったばかり、こちらも結婚歴なし)という親子ほども年が離れたガールフレンドがいる。もう付き合って5年にもなるのだが、数ヶ月前、先輩はついにケメ子にプロポーズしたそうだ。すると、ケメ子の答えは「・・・結婚すると、約束はできないわ 」先輩:「ガーーーーーーーーン 」普段あまり愚痴はこぼさない先輩が、地球のほぼ裏側にいる私に電話をかけてきたのだから、この時の先輩のショックはかなりのものだったのだろう。っていうか、まぁ、あまり意外性はないんだけどね、外野にとっては。でも先輩にとっては、今が結婚できる最後のチャンスではないかと思えたのだろう。先輩とケメ子の交際を、「援助交際に決まってるでしょ!」と揶揄する声は多いし、そう思われても仕方がないかもしれない。だが、しかし。私は彼女の「(結婚を)約束できない」という言葉について、もう一度考えてみた。この交際は援助交際なのか? 「どうせ援助交際するなら、もっと金持ちと付き合うわよ!」とケメ子は先輩に言ったことがあるのだそうだ。(いやいや、剛力彩芽ちゃんならいざしらず、ケメちゃんでは・・・ というツッコミはこの際なし)それでなくても、私はケメ子がお金目当てや奢って欲しさに先輩と付き合っているのではないと思う。ケメ子は先輩のことが好き。だから付き合っている。だけど・・・最近知ったのだが、ケメ子は自分の親に、先輩との交際のことを話していないのだそうだ。「そんなこと言ったら、親に殺されるわ!」と言っているのだそう。それでね、私は思ったんだけど・・・ 好きだから付き合う、だけどその人と結婚することはできない。たとえ不倫じゃなくても、そういうことってあると思うのよ。ケメ子は先輩のことが好きよ。だけど、自分の親と年の変わらない男と結婚することはできないの。彼女は親の反対が怖い。立派に育てた娘がsvärmorsdröm(姑の夢、スウェーデン語で理想の婿という意味)を連れて来るのを待ち望んでいるはずの両親をがっかりさせたくないの。それに、自分が友達や同僚に驚かれるのが嫌。「親の介護と夫の介護が一度に来たらどうすんの〜」なんて、皆に言われたくないの。だいたいね、どんなに周囲に反対されそうなスペックを持っている相手だって、本人に結婚する意思があれば必ずするものなのよ。それをするつもりがなさそう、ってことは、つまり、そういうことなのよ。先輩も、それは薄々わかってるんじゃないのかなあ・・・ 。でも、残酷だよね。いくら残酷でも、受け入れなくてはならない現実がある。ま、そういうこっちゃ! 結婚まで意識した彼と別れた。でもそれはけっして絶望ではない 1,404円 Amazon なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂) 720円 Amazon (今日のスウェーデン写真)自宅から十キロぐらい離れたところにある、田園の真ん中の農家です。昔の地図によると、元々は少なくとも1700年代には建てられていたと思われる建造物。↓今は地元の古民家保存会が所有しています。手前のおじさんたちは、この夏の間に農家を改装すべく努力していた保存会の人々。この建物の中は、実は三部屋しかないんです。中央の小さな物置(元は寝室?)と、これ↓ は大きなリビング。壁紙はおそらく1920年代ぐらいのもの。暖炉の前に、この家の最後の持ち主だった夫婦の写真が飾られていました。もう一つの部屋は大きな台所。 これも20世紀前半のものらしきコンロ↓ 下に薪を入れて火をつけたら、鉄板が熱くなるんですよ。山小屋では今でもこんなコンロを使っているのを見たことがあります。

  • 21Sep
    • 栗原先輩の失恋?!

      今、栗原先輩ががっかりしている。(最近このブログを読み始めた人に説明しておくと、栗原先輩とは私の高校時代の先輩で、私が小説を書くきっかけを作った人。だから私はペンネームの名字を彼のと同じにしている)というのも、彼は一年少し前、ゾゾタウンの株を三百万円ぐらい買っていたのだ。ちょうどその頃、ゾゾタウンの株価はかなり上がり調子だった。「また上がったぞ、オイ!」当時の栗原先輩はとても嬉しそうだった。「そんなに上がったんなら、利益を確定するために半分売ったら?」と私が勧めても、先輩は頑として首を縦に振らなかった。その理由が、「俺は株で儲けようというのが目的でゾゾを買ったんじゃないんだ。俺は前澤氏を買ったんだ!」というもの。先輩はゾゾスーツというものを売り出した前澤氏のアイデアに深く感銘を受けていた。「こういう人は、日本のビジネスシーンにはちょっといない。ゾゾタウンはきっとこれからずっと伸びていくと思うんだ!」と、電話で力説していた、当時・・・。私はわかっていた。先輩が前澤氏にシンパシーを覚えたのは、彼が親子ほど年の違う美人女優と付き合っているからだってことをね。人は自分と共通点がある他人に、強い共感を持つものだ。女性に好きなタレントを尋ねてみると、たいていその人本人によく似た女を答える。もちろん、栗原先輩の26歳年下のガールフレンド・ケメ子は、剛力彩芽というより壇蜜を十キロほど太らせてバットで数回殴ったような顔をしているが、それでもそんなに若い女性と、援助交際ではなく純粋に男女交際できるというオッサンは滅多にいるものではないから、先輩が前澤氏に親近感を覚えたのは無理もない。親近感を覚える有名人を、できるだけ応援してあげたい・・・ と思った先輩の心の動きには頷けるものがある。とはいえ。あれから一年ちょっと経った今、何が起きたか、皆さんはもうご存知ですね。「はっきりいって、俺は今失恋した気分なんだよ」と、栗原先輩の電話の声はかなり力なくがっかりしていた。「そりゃあさ、会社は売っても自分の資産はガッツリ残ってるから、彼自身は何も問題ないだろう。でも、なんか期待を裏切られたって気がするんだよなあ」そうだね・・・。でも、倒産して三百万円がパーになったわけじゃなし、前澤氏は今自分にできる最高の選択をしたのだろうから、これも人生ですわね。「俺さあ、前澤さんってこれから、どんどん運が落ちていくような気がするんだよ。で、最後には一文無しになって野垂れ死にするんじゃないかと・・・」おいおい、そこまで悪い想像するか!(笑)なんて思った私の脳裏には、ナポレオンの伝記がよぎった。歴史に名を残す英雄が、島流しに遭ってそれっきりってことはないだろ・・・ と思ったけど、本当にそれっきりだったんだよね。人の運命って、ある時を境にコロッと変わることってあるからな。そういう運命の転機を知るために、占いができたのかもしれないね。 四柱推命で掴む成功戦略 ―ビジネスに大切な時機と相性の活用法― 1,620円 Amazon 子育てママの四柱推命-星を味方にすれば運命は変わる-[正玄流意識編] 1,620円 Amazon でもさー、栗原先輩の予想ってたいてい当たらないから、前澤氏にはこれからもまた別分野で活躍して欲しいものだよね。(今日のスウェーデン写真)ストックホルムの街を歩いていたら、ふと道の向こうに見えたStadion。この建物は、テレビドラマ「いだてん」で見覚えある人もいるかな。1912年にストックホルムでオリンピックが行われた時のメインスタジアムだよ。金栗四三さんはここから走ったんだね。このスタジアムは今も現役で、陸上競技などスポーツの大会やコンサートなどに使われている。