くりあんworks 衣装・オーダードレス 

衣裳工房Kuriann (くりあん)


舞台衣装を中心に各種コスチュームを制作しています


ステージドレス・フォーマルドレス


チアダンス・ジャズダンス・ヒップホップetc...


パフォーマー・イベント衣装 などなど・・・



お問い合わせはお気軽にどうぞ!


〒180-0022 東京都武蔵野市境2-3-8
TEL&FAX 0422-54-0731


http://www.kuriann.jp

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ソロリサイタルの衣装

11月23日、Hakuju Hall で開かれたソプラノ歌手
小林晴美さんのソロリサイタル、今回も衣装制作を担当させていただきました。


今回の時代設定は1940年代のドイツ、ナチスの時代です。ユダヤ人作曲家の作品は退廃音楽という烙印を押されてしまったそうです。
そんなあまり知られていない作品を取り上げている貴重なプログラムでした。(楽譜はウィーンで探していただいたそうです)

そんなユダヤ人作曲家の曲の他にも、小林晴美さんはオペレッタを中心に活躍されているので、楽しい曲も盛りだくさん。
衣装とヘアの早替えも沢山あったので、お客様には楽しんでいただけたのではないでしょうか。
(裏方はなかなか大変でしたが😊)




ヴァイオリンのフランツ・ヅィーゲルトさん、
ピアノのアドリアン・コックスさん、中央が小林晴美さんです。

小林さんのスーツは1940年代を意識したシルエットにしました。


当時のベルリンのキャバレーをイメージしたヘッドドレスとシルクの黒いドレス。
演出の川西先生からのご希望で頑張って作りました。頭部分が後ろに倒れないか心配でしたが、ヘアメイクのせいこさんが仕掛けを考えてくださり、本番中もしっかり髪に留まっていました。
良かった!


アンコールは昨年作らせていただいたチャールストンの衣装で華やかに幕を閉じました。

      衣裳工房Kuriann

コンサートの為のシルバードレス

オペレッタコンサートの為に制作させていただいたシルバーのサテンドレス。
アンサンブルの衣装なので、同デザインで11着制作しました。



写真はサンプルです。
本番衣装は肩紐部分を少し細く、襟ぐりも深くしました。

ドレスそのものは主張しないようにごくシンプル

本番ではボルドー色のロンググローブや大きな羽根のストールで表情を変えて、多くの場面で着ていただきました。

                       衣裳工房Kuriann


ピアノのために

淡いグリーンのドレス
実は高校の同級生からのご注文でした。
 
彼女からの希望

①ピアノの発表会にさりげなく着られる衣装
    あまりドレスっぽくなく
②ブラウス とロングスカートに見えるパンツ
③開きすぎない襟もと
④二の腕は出したくないけど、弾きやすい袖
    (すごく良くわかります うんうん)

こんな風に作りました。



素敵でしたよ。
ラフマニノフのエレジーと前奏曲♬

                 衣裳工房Kuriann



女声合唱団の衣装 ペパーミントが爽やか

埼玉の女声合唱団「オルソネル ボスコ」さんからのご依頼。
ペパーミント色のオーガンジーで爽やかな印象です。


こちらのボートネック版を含め、3種類のデザインで制作させていただきました。

                   衣裳工房kuriann




ダッフィー&シェリーメイのお洋服

ダッフィーちゃんとシェリーメイちゃんのお洋服を作らせていただきました。

宝塚大ファンの教え子さんへのプレゼント
家庭教師の先生から
卒業お祝いとして贈られるそうです
仲良しの教え子さんだったんですね


ピアノの先生からのご注文
60周年を迎えた発表会を開催できた記念に
発表会還暦なので鮮やかな赤とゴールドで
先生ご自身は80ん歳
60回の発表会はすごいです!


次は身内の物ですが…
スタッフのあずちゃんが、姪御さんの為に作ったお雛様。可愛い❤️


                     衣裳工房Kuriann





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>