札幌 Kidsアート教室 はるの木 * 新しいカタチの子どもアート教室

札幌 Kidsアート教室 はるの木 * 新しいカタチの子どもアート教室

はるの木の活動、進化、想い、日常を綴ってます。主宰 くどう えり diary。...
はるの木は、自由な環境でお子さまの豊かな発想を大切に、創作活動をするアトリエです。

2016.7開業、全道7会場で定期開催。2019.7宮ヶ丘アトリエ(北海道神宮前)に拠点を構える。



*はるの木公式ホームページ
 https://harunoki.info 


*予約・お問い合わせ

定員になっているクラスもありますのでお問い合わせください。
              
お問い合わせはこちらから<

🌱 2024年 はるの木 春の体験会が

スタートしました。



https://harunoki.info/2024/02/24/2024-



今年も100名ほどのkidsさんが

初回体験にお越しくださいます。



春の体験会  恒例 テーマアートは

『はるの木』

フィンガーペイントです✨




4/7 芸術の森 family art  class



雪がとけ、

芸術の森の活動がはじまると

春がきたなぁと感じます。



札幌 春の体験会は、

4月末まで続きます。



これからお会いできる皆さま、

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。



さて、さて、

今日は、東京に来ています。



東京 御徒町アトリエは、

4月が今年度の最終月。



気づいたら、

あっという間に一年が経ちました。



今年も、5月に『春の体験会』を開催し、

2年目がスタートします🌱





場所:コウサテン オカチマチ

東京都台東区東上野



はるの木は、

たくさんの方々のご協力をいただき

支えられて、成り立っております。



わたしも、今日は、

湿布2枚貼って立てています笑

あちこち痛い泣き笑い



新年度がはじまり、

アトリエの土台をしっかり育んで



これから、イベント開催に向けて

動いていきます!





『2024年 kids road art 北海道」

今年は、6月開催ですよ〜✨









coming soon





。________________ 。





🌱はるの木公式ホームページ

https://harunoki.info/

 

体験のご希望は、はるの木公式ホームページ 

contactフォームより お問い合わせ下さいませ

 

 


 

🌱はるの木 Instagram

最新情報を発信しています。



東京御徒町アトリエをはじめて、

もうすぐ一年になります。


去年の3月はまだ場所さえも

決まってなくて、


東京のレンタルスペースを

見学に行ったり

ご紹介していただいた

スペースを見に行ったりしてました。


去年3月に、上野駅で降りて

タクシー探してる途中に

満開の桜を見たんですよね。


そのときは、やっぱり東京ね〜と

桜の開花の早さに感動したんですけど、

タクシーの運転手さん言わく


毎年この上野公園の桜が

早咲きで、見に来られる人が

多いのだとか。


広ーーい上野公園には多くの

桜の木があるんだけど

不思議とここだけが満開なんです。


そのときに見た桜が本当に

綺麗で、印象的だった。


これからはじまる

東京でのはるの木と

綺麗な桜の木を見上げて、


ワクワクって訳ではなくて

なんと言うのか

不思議な気持ちだったと思う。




 




何かをはじめるときって、

不安がいつも同時進行。


なんの根拠もなく

自信もなく

はじめてみるんだから笑


でもですね、

自信がないからこそ

これでいいってことはなくて、

今まで、続けていられてる気がします。


自信があるときなんて

8年も続けて全く芽生えて

こないんだから、もう諦めた笑


はるの木に来て、

楽しんでくれてる子どもたちの姿や

関わってくれてる皆さんが

いてくれていることが

ただ、原動力なのだと思います。


あれから、ちょうど一年。


その桜の木の近くで

はるの木をしてるんだなぁ。


桜の木を見上げて想うのは、

やっぱり、感謝の気持ちです。


毎年3月に見れるといいなぁ。





。________________ 。





🌸 2024年 春の体験会ご案内 🌸

       ↓



 

🌱はるの木公式ホームページ

https://harunoki.info/

 

ご体験のご希望は、はるの木公式ホームページ 

contactフォームより お問い合わせ下さいませ

 

 


 

🌱はるの木 Instagram

ストーリーで活動の様子を流しています






短大で札幌に来るまで

3年おきくらいに

引っ越しをしていました。


亡き父は、地方公務員だったので

道内の田舎町を転々と。


お友達との別れは、

かなり悲しいものでしたが


次にどんな町に着くのかな〜と

好奇心もあったと思います。


家族で新しい町に向かう

車窓の流れる景色


たどり着いたときの空気感。

香り。


北海道は、広いので

北と南では肌に伝わる

温度差の違い。


聞こえてくる音。

町の賑わい

静けさ


虫や風の音。


そういえば、

早朝にコケコッコーと聞こえてくる

ところもあった(昭和生まれ笑)


山の葉や石を集めて

「何か」にならないものを

ひたすら作ることができる、

そんな、田舎も好きでした。


これは、幼いころに

私が五感で感じていたこと。


思い出すことができるのは

しっかり五感で感じていた

記憶だからだと思う。




 



先日、5年もはるの木に

通ってくれていて、

今年度で卒業すると決めた子から

温かなお手紙をもらいました。


(はるの木の卒業は、

自分で決めれるといいね。)



お手紙の最後の最後の方に、、、




「これからも、はるの木に来る人が

思い出に残ることをしてください」




って書いてました。


深いなぁ...


思い出に残ることって

どんなことかな〜と

考えてたら


幼い頃に

五感で感じたことを

思い出したんです。


五感で感じた体験は、

こころに宿るのかな。



わたしは、はるの木の子どもたちに

教えることはしていなくて

子どもからいつも教わってる。



教わったことを

はるの木で、、、これからも。



卒業を決めた皆さん

はるの木で過ごしてくれた時間を

ありがとう。



でも、いつでも気軽に戻れるからね〜♡




。________________ 。





🌸 2024年 春の体験会ご案内 🌸

       ↓



 

🌱はるの木公式ホームページ

https://harunoki.info/

 

ご体験のご希望は、はるの木公式ホームページ 

contactフォームより お問い合わせ下さいませ

 

 


 

🌱はるの木 Instagram

最新情報をお届けしております

(ストーリー多め)