札幌 Kidsアート教室 はるの木 * 新しいカタチの子どもアート教室

札幌 Kidsアート教室 はるの木 * 新しいカタチの子どもアート教室

はるの木の活動、進化、想い、日常を綴ってます。主宰 くどう えり diary。...
はるの木は、自由な環境でお子さまの豊かな発想を大切に、創作活動をするアトリエです。

2016.7開業、全道7会場で定期開催。2019.7宮ヶ丘アトリエ(北海道神宮前)に拠点を構える。



*はるの木公式ホームページ
 https://harunoki.info 


*予約・お問い合わせ

定員になっているクラスもありますのでお問い合わせください。
              
お問い合わせはこちらから<

今日は、

こんな景色を眺めながら書きました📝



小樽です✨






もうすぐ北海道は雪景色になりますね。

その頃また来たいなぁ〜。



今日は、2年半通って

正規会員となった

絵本児童文学研究センターの

文化セミナーへ行ってきました。


絵本児童文学研究センター



絵本児童文学セミナーで受けた講義は

気付かされことが多く

自分が想う子ども観に

いつも繋がっていきます。



今日もはっとするお話しが聴けました。



多様性って互いに理解し合ってこそだよなぁと。

違う価値観も否定したり

正すのではなく、理解してみる。



違う価値観ってわたしは、

ユーモアとして受け止められるのですが

正統派の方はどうなんでしょうか?真顔



講義で聞いた気づきと閃きが重なって

アイディアに繋がったり

原動力にもなったりします。



時には、講義で聞いたことと

はるの木のお子さんたちの姿が

繋がって、わたしなりの答えに出会った瞬間は

うるうるすることも。
(歳のせいかもしれないけど泣き笑い)



はるの木の活動は、評価も成績もないので

目に見えないことを伝える難しさはありますが

これからもずっと

自分で気づいたことを素直に

細々とこうして綴っていきたいなと思うのです。



簡単に答えられることはきっと浅く、

答えがないからこそ

深みが出る気がするのです。



何年も何年もかけて。



だから、
急がない。



そんな姿勢でありたいなと思う。




。__________ 。





 







昨日 はるの木の天神山教室へ行くと

天神山緑地の紅葉に目を奪われました

春の桜も綺麗でしたが

秋は、紅葉が美しすぎることを

知ったのです目がハート




本日は、

芸術の森教室開催✨

雨の中 familyの皆さま

ご参加頂きありがとうございます。


芸術の森ではるの木を

定期開催して何年になるのかな?

5年?6年?
すぐ忘れるちょっと不満 



コツコツと継続してきたことで

広々とした芸森のアトリエが


身体全体に慣れ親しんできた


感じがしています。




広い場所でたくさんの方の前で


何かお話しすることに


苦手意識があったのですが


今は、


『ゆるり』に磨きをかけて


はるの木が できています。









ふわりとはじまり


ふわりとおわる




そうしているのには


地でやっている


わけでもありますが....




ちょっとした想いもあったりします。



子どもたちには


誰かの影響を受けて


行動するのではなく


自ら沸き起こる気持ちで


行動に移せるように。



なので、


はじまりの導入もしません。




子どもたちの真っさらな創造が


ダイレクトに


自分なりの表現へと繋がるように。




時間の縛りが出来るだけないように。




時間に対しては大人にとってもです。


遅れてきてもぜんぜん大丈夫。




ふわりとはじまり


ふわりとおわる。




そんな はるの木


今日の


芸術の森教室 family classは


大人も夢中な姿が見られましたよ。








今日も楽しい時間を


ありがとうございました



芸術の森教室、天神山教室は


材料運びが雪の影響で難しいため


今年度も12月までの活動です。



ラスト12月にまたお待ちしておりますニコニコ




。__________ 。





 







何もない時間に前進している気がする...


だだ


想像が暴走してるだけ真顔 w




#夜の喫茶にて




。__________ 。




アトリエの

フリーな創作活動を見守っていると

子どもたちの創造は

それぞれ個性に溢れています。



創る作品だけではなく

その過程も 

向き合い方も様々。



話かけても気づかないのでは?

と思うくらい

手元に集中している子



ずーっとおしゃべりを楽しみながら

創ってる子

自分のイメージを極めたい子



静も動も 

入り混じり合っている感じです。



はじめは

個々が強調されて 分離している

雰囲気があるかもしれません。



でも、個々を尊重する場であると

空気感がまとまっていく

感覚がわかります。



感覚重視の子がする 衝動的なアートも

はじめは、周りがどきっとしていても

徐々に馴染んでいくんです。






『何か』でないものも

子どもの目には、


美しいものとして映っている



それが、事実。




その場に一緒にいる子どもたちも


様々な創造を見ることで


違いを受け止められたり


視点を広げられたりする。




まずは、個が尊重されて


その先にある集団の質が高まり


平和になるのではないかな〜




そして、




見守る大人は


正義や正しさではなく


ただ優しさがあればいいのだと思うのです。






。__________ 。