はにのグルメブログ+子育て in USA
2010年1月からStartし
アメリカ人のパートナーの為に、Internationalな料理に挑戦し
その記録として始めた料理ブログ。

2011年1月からHong Kongでの海外生活がStartし
食材の選択に頭を捻らせながら作る日々の料理の記録と
多国籍でバリエーション豊かなレストランが立ち並ぶHong Kongのグルメ情報
並びに、世界各地を旅した旅行記を中心に更新。

2012年、エンゲージからちょうど1年後の September. 10. Hawaiiにてウエディング。

2013年8月、NYへ移り、2カ国目の海外生活をStart。
Brooklynを中心にNYCのお洒落スポットをマイペースに更新。

2015年10月、NYにて娘を出産。

グルメ、子育て、旅ブログとして形を変え、それぞれのテーマで更新中。


はにのグルメブログ Arts & Foods by HANI





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

あ〜楽しかった

今日は低気圧で頭痛が凄くて

気持ちもどんより、やる気の出ない1日でした。。
それに加えて、そろそろ冷蔵庫の物が減ってきて
アマゾンのデリバリースポットを狙ってパソコンと睨めっこ。。
食料買い出しがこんなストレスに感じるのは私だけでしょうか。
 
 
こういう時は人と話すのがいちばんですね。
いつもグループチャットをしている
日本のプレス時代の友と、外出自粛中に観たい
アメリカのTVドラマについて
あーだこーだと盛り上がり
(私達夫婦めっちゃTVっ子です)
デザイナーの子がTV出演しているとの事で
画面の前で子供達の写真撮って送ったら
5分後には彼のInstagramのストーリーになってました笑い泣き
 
 
 

 

 
 

 
 
 
家の中で籠りっきりの暮らしと頭痛による気分の落ち込みで
いや〜な負のループに陥っていく感じがしましたが
他愛のない話しをして、少し気持ちが軽くなりました。
今日は、ニュースも全くチェックしなかった。。
 
今夜はテレビを観て早く寝たいと思います。
テレビといえばHomelandの新シーズンが始まって嬉し驚き!
勝手に先シーズンがラストだと思ってました!
Sex and the cityと張るぐらい何十回と観ている
Curb your enthusiasmも帰ってきてくれて嬉しすぎる〜爆  笑
後はMindhunterが戻ってきてくれたらな〜
 
おやすみなさいお月様キラキラ
 
 

 

コロナウイルスは人も変える、のか?

アメリカでの爆発的な感染者の増加のニュースに

マメではない私に、心配して連絡をくれる人もいて

とてもありがたいことだなと思います。

それぞれの国でウイルスのピークはずれるけど

皆、不自由で何かしらのストレスを感じているはずだから。

 

 

日本のお友達と、まだスーパーに普通に品物が並んでいた頃に

アメリカではこんな物が真っ先に品切れになったよ〜

とやりとりしていたのが今思えばたったの10日前くらいの話。

サーチ コロナウイルスで買えなくなった物

 

きっと今後日本でも感染者が増える気がするから

今からひっそり備蓄していく〜と言っていたけど

本当にそうなってしまいましたね。。アセアセ

 

 

サンフランシスコのお友達は

週1回買い出しに行った物もデリバリーで届いた物も

ひとつひとつ除菌してから家の中に入れる様にしているそうです。

私も、ドクターがデモンストレーションしながら

除菌の正しいやり方を説明している動画を初めて観た後

観ただけなのにどっと疲れましたが、実際に先週実践して

もう2度とやるかー!!むかっと思いました。

マスクに関してもそうですが、今になって非感染者も着用を促し出したアメリカ。

買った物を除菌するかしないかも、自分で考えて決めればいいと思います。

我が家は何でも手に取り、顔を触る子供達が居るので今後もやるしかないのかと。。

ともあれ素敵夫婦の2人が無事で安心と同時に

NYでハングアウトした日々が恋しくなりましたぐすん

 

 

韓国のお友達は、子供達の学校が閉鎖してかれこれ1ヶ月以上経ち

各国と同じくトイレットペーパー類は買えないそうですが

グロッサリーショッピングは全てデリバリーでオーダーできるので

スーパーに買い物に行かなくても良いそうです。

進んでますね!

彼女も、他人の事を考えずバーやクラブに行く若者が未だに居ると言っていましたが

同じような事がどこの国でも起こっているのですね。。

social distancingが長引いていて

子供達とこもりきりの生活で精神的に参ってきているそうですぐすん

 

こちらは学校が閉鎖されて以来もうすぐ3週間ですが

自分も1ヶ月を過ぎて気分が落ち込まないか

家族皆がストレスでおかしくならないか不安ですショック

 

 

香港で毎日通っていたヨガで講師をしていたお友達は

(このブログに何度も登場してきたHildaですドキドキ

大丈夫?子供達も居て大変、足りない物はある?と聞いてくれるので

子供達は風邪を引いているけどコロナではなさそう

おしりふきが買えない、除菌シート類も世界中と同じくずっと在庫切れだよ〜と話すと

翌日、おしりふきと除菌シートを送りに郵便局に行ってくれた!!

 

香港は2月頃はCrazyだったけど今はましになって

物も買えるようになってきたとは言っていましたが

また、感染が広がる可能性もあるので

アメリカに居る私の心配より、自分の為にキープしてね、気持ちだけ頂くね

と何度も念を押したのに、、、えーん

(アルコールを含む物は送れないと断られてしまったそうですが)

 

そして、体調の悪い子供達の為に

数日に渡ってリモートReiki ヒーリングをしてくれました爆  笑

 

トイレットペーパー等が買えるお店のリストが載った記事を探してくれたり

今できることは免疫力をあげること!との事で免疫を上げる為のアドバイスをくれたり

彼女の人としての美しさに心を動かされました目

 

 

一方で、娘と同い年の子を持つママ友と

日系スーパーの宅配は利用できるのかね〜なんていう

テキストでやりとりをしていて

そのスーパーのFacebookのページを調べていたら

日本人女性がこのスーパーに対し批判のコメントを載せているのが目に入りました。

内容としては、この国家の一大事にマスクを販売して金稼ぎしている。

なぜ寄付しないんだ。と怒りの文章を英語で記載し

がっかりだ、なのでこの店はおすすめしない。と。

もう削除された様なので、正確には覚えていませんが

それに対してのお店の返信には

何も調べず、間違った情報で一方的に攻撃するのはやめて頂きたい

と連絡しているが、一向に返事がありません。

それに加えて、このお店は

以前からマスクを寄付させて頂いています真顔との事。。

勘違い甚だしくて、こちらが恥ずかしくなりました。。

 

こんな風に遠く離れた場所に引っ越してしまった人の事を気遣える人がいれば

無駄なエネルギーを注いでいる残念な人もいるもんだと思ったのでした。

 

 

 

追記 ひらめき電球

昨日は引きこもりが続いて気分が落ち込んでる上

ずっと待ち望んでいたおしりふきのオーダーが在庫確保できずキャンセルとのメールがきて

ここまで書いて更新する気力を失ったまま放置してしまいました。

が、寝る前に韓国のお友達からメッセージが。

おしりふきは買えた?マスクと一緒に送るから連絡して とえーん

韓国は3月から新学期が始まるはずが全く開始の目処が立っておらず

子供達との毎日の引きこもり生活で病んでいる様子に

心配だなぁと思っていたところなのに

こんなメッセージをくれて、、本当に色々と考えてしまいました。。

彼女に、自分のためにキープできる物をわざわざ郵便局まで行かせて

アメリカに送ってもらうなんてできませんと

感謝の気持ちだけ伝えたけれど、、

コロナウイルスがもたらしたこの状況によって

考えさせられる時間がもたらされているのかなと思いに耽った夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

STAY HOME 今すべきこと

アメリカでの感染が今後2,3週間でピークを向かえ
感染による死者が100kから200kにものぼるという予測が出て
気持ちが沈んでいます。。
死者が10万という事は感染者は一体どんな数になるのか。。
 
自分がコロナウイルスに感染するのを防ぐのは勿論
自分が感染している可能性を頭に入れ
他者に感染を広げない為に
外出をせず、自宅で過ごす事の重要さを日々感じています。
 
自宅にいるとどうしてもスクリーンタイムが増えますね。
 
通っているヨガスタジオは、スタジオクローズ後に
ライブストリームクラスを開始。
自宅で先生、生徒と同時に繋がる事ができるZOOMにて
バーチャルヨガクラスを行っています。
 
 
 
私は10クラス分のパッケージが期限切れしてしまうので
毎日必死に、主人に子供達を見てもらいながらなんとか消費中笑い泣き
 
Instagramはもっぱら閲覧のみで寝る前に覗き見していますが
ニュースとはまた別のそれぞれの国の今のリアルな一面が見られます。
 
 
 
ファッション業界でもメゾンが服作りからマスク作りにシフトして医療現場に提供。
上記は、ニューヨークベースで活躍するデザイナーChristian Sirianoのチームがマスクを作製している様子。
"Project Runway"観てる人はご存知ですねニコニコ
感染の可能性が高い中、通勤し、日々マスクを作っている女性達がいる。
 
そして、これが正にリアルな今の私達の姿あせる
 
下矢印
下矢印
 
 
 
 
唯一の外出である、グロッサリーショッピングへ出かける
ニューヨークベースでセレブリティのネイルを手がけるネイルアーティスト。
 
これ、めちゃめちゃ伝わるなーと思いました。
 
1週間に1度だけの外出はスーパーマーケットでの買い出し。
それだけ。で、すぐに帰ってくる。
だって、怖いから。
 
本当その通りですえーん
アメリカは感染者数が増えた今、
症状が無くて出歩いている人がすぐ隣にいて
スーパーで触る物もウイルスが付着しているかもしれない
という怖れを感じながら買い物をする。
そういった事を避ける為、人々がオンラインショッピング、デリバリーサービスを使用する。
でも需要が多すぎて買えない、時間がかかりすぎる
高齢者の方はやり方がわからない、等という理由から
こんな状況でもやっぱり買いに行かざるを得ない場合もあるわけで。。
 
先週、リアルに主人もこんな格好で買い出しに行ってくれました。
医療関係者以外がマスクを着ける事にたいして違和感を感じる
典型的なアメリカ人の主人ですが、スーパーでは
マスクとグローブで身を守り、私達家族への感染リスクも考慮。
 
Amazon, Whole FoodsそしてグロッサリーデリバリーサービスInstacart等で、
ストライキや退職者が相次いでいるとの事。
元々コロナウイルスの影響で配送に時間がかかっているので
実際の影響ははっきり分からないそうですが
オンラインで物が買えず、買いに出るしかなくなる
といった状況になるかもしれませんよね。
 
Instagramを覗いていると最近は
日本で、きちんと外出を自粛している人が
考えなしに行動し出歩いている人々に対し
憤りを感じている様子も伺えます。
 
子供達は理由も分からず家にこもるしかなく
頑張っているのに(これは親の叫びですねあせる
その努力を無駄にしないでよ
お願いだから他人の事も考えて
といったリアルなポストを目にします。
 
感染者数がアメリカほどに増えていない日本で
外に出て人と接する、物に触る事が怖いと感じていない人が
自粛して少人数で○○してきました、といったポストを
ソーシャルメディアにアップし、それを見た人が怒りを感じる。
今の状況だと仕方ないのかなと想像しています。
私も、3週間前は、まだ大丈夫だろうと思って過ごしていたから。。
でも、ニュースを全く見ず、危機感がない人達でも
多くの人が発信しているメッセージをSNS等を通して見る機会があれば
少しずつ変わっていくのかなとも思います。
日本では、まだまだ高齢者だけが重症化するという認識が高いのかな?
30代の健康な女性が亡くなったり
私の周りでも同年代で1週間以上高熱が下がらないといった話を聞く度
高齢者じゃない=感染しても無症状で済むかもしれない
という考えはなくなりました。
 
志村けんさんの死去のニュースによって
たくさんの方が動揺と危機感を感じている様子が伝わります。
そして何より、日本は感染者が爆発的に増える前に
世界のこういった状況をリアルにみることができるのですから
できるだけ多くの人が気付いて行動していけば
変わっていくのではないかなと思います。
大切な人をはじめ、皆を思いやりながら
感染の広がりを抑えていくことができる様願っています!
 
 
 
 
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>