少し回想録ですが

先月の11/21は木住野佳子さんのトリオでした。

ベースに日景修さん、ドラムに藤井学さん


木住野さんはベーゼンドルファーオフィシャルアーチストでもあり、ベーゼンの特徴を思うと

今回はスタインウェイを使うので、どうかなあ

と言ったところ。


ベーゼンとスタインウェイは本体の造りが全く違います。


音が華やかに立ち上がりきらびやかなスタインウェイ

音が弦方向に伸びて箱全体でゆったり響くベーゼン。

本体にストレスをかけないウィーン伝統の造りで、コンセプトが違います。

最近のベーゼンはスタインウェイのデュープレックスをうまく取り入れて

VCというモデルがあります。


ウィーン伝統の高音に倍音の華やかさが加わり

弾いてみたら圧巻❗️

素晴らしいピアノです❗️



さて、リハーサルの時は

スタインウェイの音に思ったような、きらびやかな艶がなく、

調律していた時はそれ程感じ無かったのですが、

あきらかに、響きが今ひとつ…


リハーサル終了後、音質の手直し。

最近ぐっと寒くなってきて変に順応したようです

南向きのガラス張り、日当たり良すぎの

暑さ寒さ両極端な環境なので油断大敵なのです。


本番直前に、木住野さんに


ピアノの音色を調整しました

リハーサルの時より、指先に響きを感じると思います。


と、お伝えして本番開始


演奏は艶々したピアノの音色に包み込まれ

何よりタッチが美しく、うっとりするほど。

とても聴きやすい曲調でまとめられています。


さらに歌い心溢れる、日景さんのベース

藤井さんの正確無比なドラミング


素晴らしいトリオでした。


ツアーは岐阜から浜松、大阪、ラストは広島

どの場所も大盛況だったようです。


ライブ終了後

メンバーとファンのひと時は

購入CDにサインしたりして、賑やかで楽しそうな雰囲気。


帰り際のご挨拶で

木住野さんのマネージャーさんが私に

ピアノの音が完璧でした❗️

と、言われ、私もホッとして帰路に着きました。


ベーゼンであれ、スタインウェイであれ

そのピアノの可能性を引き出して上げれば

ピアニストは美しく歌いあげるのです。


是非また来て頂きたいですね☺️