動画マーケティングプロデューサー 吉岡徹のブログ

2014年より、インディーズアーティストをサポートするためのか「ミュージシャンズエージェントクラブ」にて映像い制作業務を開始。
PV・ライブ映像制作など、アーティストの映像コンテンツ作りの企画制作サポートしています。
http://band.livoon.com/sugoi


テーマ:
前回のブログではMVの有用性について語りましたが、
今回はその制作費について語りたいと思います。

ギターや楽器と同じように、
MVにもグレードがあって、

5~10万 あたりがハイアマチュアからセミプロにかけて、
10~20万 あたりがセミプロからプロ

30万~ あたりからプロでMV制作としたの実績を持つ方

以上が制作費の相場だ。

ただし、楽器とは違って、
音楽や映画作りの素養も、映像作家それぞれ持ち合わせているので、過去作品や映像資料などを見たりして、しっかりと判断しなければならない。


あと、制作するにあたって、どの曲をどんなコンセプトで作るか、
新曲やアルバムのリリースに合わせて、プロモーションと連動させるなり、一貫したものにした方が効果的だ。

ちなみに人によって、PVではなく、MVだ!
というこだわりがあると思うが、
僕はどちらでも良いと思ってる。
MVには、とても多くのプロモーションの要素が含まれているから、正式にミュージックプロモーションビデオと言ってしまってもいいくらいだ。  

さて、
そんな前置きからの制作費の話だが、
スタートアップのミュージシャンにとって、5万でも高いと思うのが妥当だろう。

では、なぜ高いと思うか。
それは、MVを作る意味が見い出せないからだ。
ほんと、この一点に限る。

その他には、
まだ自分が有名じゃないから、作っても多くの人には見てもらえないというのとある。

ここで、MVがプロモーションのどのような属性になるのか、どのような効果を求めたいかをちゃんと把握する必要がある。


もしラーメン屋を経営するなら、
まず店舗を持つために設備投資をしたり、開店前には新聞の折り込みチラシを入れたり、するだろう。
ラーメン作りの修行期間や、オリジナルラーメンの開発費用だってかかるだろう。

音楽に置き換えるなら、
まずレコーディング、ミキシング、マスタリングをして音源を作り、
それからアーティスト写真を撮り、ホームページを作り、その段階でPVを作るだろう。
それからライブの日程を決めて、いよいよ、音楽活動が始まる。といった具合だろうか。

商品の研究開発費が音源制作費にあたり、
ホームページ、ファンクラブなどシステム構築は設備投資、
アーティスト写真やMV制作は広告費に値する。

ラーメン屋はチラシでも、ラーメンの見た目、どんな感じの味か、想像させることはできるが、音楽はそうもいかない。

まず見た目と、楽曲を同時に知ってもらえる、というのがMVの最大の利点だろう。

ここで前回のブログで伝えた、
楽曲性、芸術性、キャラクター、この3つの要素が重要になってくる。

そして、もう1つの利点が、楽曲、アーティスト名のSEOが上がること。

YouTubeにひとたび、アップすれば、
その曲が検索の一番に上がってくるのは、はじめて会った人にも伝えやすくなる。

インパクトのある楽曲であれば、YouTube広告に出すのも効果的だ。

これらの利点を踏まえたうえでも、MV制作を検討してみてはいかがでしょうか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ミュージシャンとして、映像作家として、それぞれ取り組んできた目線から、ミュージックビデオについて語りたいと思っています。
 

そもそもミュージックビデオを作る目的は、

曲の世界観を視覚化して、より伝わりやすくするため、
それら全体をプロモーションするため、
のものでもあるが、

中には、
MVを作ること自体、かっこいいし、
自分の音楽が映像になるという憧れもあると思う。

そこは目的というよりモチベーションになるだろう。

その目的とモチベーションをバランス良く昇華できれば、比較的良い作品ができるだろうというのが、僕の経験則である。

 

では、なぜMVを作るのか?

 

多くの人に、もしくは聞いてもらいたいターゲットに、より深く自分の楽曲を聞いてもらいたい。

 

というのが大前提としてあるから、ここは外したくないポイントだ。

 

MVを見栄えの言いものにしたいとか、憧れもあるだろうが、

手前みそにならず、客観的に楽曲の世界観を映像化することが求められるし、

客観的に、というのは、ミュージシャンとしての見せ方を、確立できているかどうかである。

 

その前提を含めて、より良い作品にするためにも、映像作家とミュージシャンとが、手を取り合う必要がある。

それでは、MV作りにどんな要素があるのか、掘り下げていきたい。


・楽曲の世界観
・ミュージシャンのキャラクター
・ミュージシャンの芸術性

 

この3つの要素が、動画によって伝わるわけだが、

まだ自分のことを知らない人に、このすべての情報量を伝えるのは、とても難しいことだろう。

 

だから、みんなMVを作るし、クオリティーの高いものを作れば、それがずっとプロモーションツールとして機能する。

 

ただ一つネックなのが、製作費の問題だ。

 

最近のインディーズミュージシャンでも10万、20万の製作費を用意して、クオリティーの高いMVを作っている方々もいるが、この製作費を出すメリットを見出さない限り、

なかなかハードルの高いものになる。

 

次回は、この製作費の問題をどう解決するか、書いていきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月30日のリーダーミーティングの登壇テーマを発表します!

「誰もが持っているオリジナリティーの見つけ方」

です!

僕が登壇する回では、比較的、ノウハウより、自身の在り方について話す機会が多くなりました。

というのは、
ビジネスやプロモーションの技術を鍛えても、肝心の中身が伴っていないと、活動そのものが中途半端になったり、そもそもの活動が苦痛になったりしてしまうからです。
これは僕が何度も何度も、なーんども経験してきたことなので、断言します!!

ではどこに問題があるのか?

芸術家の根本にある、表現の発露、エモーショナルな気持ち、何を表現したいか、また表現していて苦痛や徒労はないか?
そんなことを内観しながら自問自答を繰り返してきました。
そしてそして、行きついたのは、とってもシンプルな答えでした。

それは、、、


自己価値観が低いと、そもそも何をしてもうまくいかない、ということでした。


僕が出会ったミュージシャンの大半は、自分自身が嫌いだったり、卑屈すぎたり、とっても辛い幼少期を過ごしていたりします。

ですが、それでもいいんです!!
そういったことをバネにして、ちゃんと自分自身と向き合って絞り出した作品は、芸術への創作意欲や表現の発露、作品の抒情性や奥行きをを生み出したりしていますから。

ただその先、根本の自分自身を信じられているか、肯定できているか、によって、物事を行動に移す時のエネルギーの質が変わってきます。


大体の人が、
誰かに認められたい → 今まで辛い人生を歩んできた → そんな経験を作品に活かしてきた → 良い作品ができた → 結果、誰にも認められない(芸術をビジネスにできない)

というサイクルを繰り返しているのではないでしょうか?

「誰かに認められたい」
他人軸から始まる行動原理なので、常に他人の評価を得ないと自分を確立できません。

逆に、「音楽が好きだからしたい」 という自分軸から始まる行動原理だと、
好きだから続ける → 続けるからうまくなる → うまくなるから他人から評価される 
というポジティブサイクルが生まれます。

そう、物事の基準は、すべて自分です。

えー、だってー、ビジネスの基本って、誰かに貢献できたからお金がもらえるのであって、
誰かの評価を得なかったら、ビジネス自体なりたたなくね!?

という言葉が返ってくると思いますが、
ビジネスに限っても一緒です!!

禅問答みたいですが、

したいことを続けるから、ビジネスになる、のであって、

ビジネスになりそうだから、他人の評価が得られそうだから、ビジネスになる? とは限りません。
たとえそれがビジネスになったとしても、無理をしていたり、我慢をしていたり、自分の気持ちをごまかしていたりして、手に入れたものであって、
生活は少し安定するかもしれませんが、いつまでたっても、自分が満たされることはないです。

そう、全部、僕が経験済みですから!!

以前、飲みの席でLIVEファン集客プロデューサーの屋多さんが、

「音楽好きなヤツは続けるんだよね。最初は大したことなくても、続けるからうまくなって、自然とクオリティーも上がっていくんだよ。それで結果、すごくなっていくんだよね」
みたいなことをおっしゃられていたのが印象的でした。


そろそろ、音楽をやっている自分を好きになりませんか? 
音楽をしていることが、社会的に認められないからといって、
後ろめたい気持ちで活動を続けていても結果は残りません。

あれもできないし、これもできないけど、そんな自分でもいいし、好きなこともあるじゃん!!
好きなことあっても出来ていない人が大半だし、好きなことを続けることがいけないことなの?

周囲からの批判ややっかみはあるかもしれないけど、そんな自分のことをまるっと認められれば、どんどん毎日が楽しくなっていきます。


当日は、僕の経験を踏まえながら、また開運研究家 ギンさんの話を聞きながら、
とことん自分好きになっていく時間にしたいと思います。






ミュージシャンのための勉強&交流会“リーダーミーティング”


■日時 :7月30日(土)18:30~21:00予定
■場所 :大久保地域センター

http://www2.odn.ne.jp/ookubo/index.html#access
■参加費:2000円

(主催挨拶)
音楽活動戦略コンサルタント 大関勇気
「音楽活動を成功させるために知っておきたい2つのこと」

(基調講演 登壇者)
・動画マーケティングプロデューサー 吉岡徹(プロフィール
「誰もが持っているオリジナリティーの見つけ方」

・開運研究家 ギン(プロフィール
「表現者が輝くための“こころ”の作り方」

 途中参加、退出自由


お申し込みは、以下2つの方法のいずれかでお願いいたします。

(1)下記facebookイベントページにて、「参加ボタン」をクリック願います。
https://www.facebook.com/events/267480866946504/

(2)下記申込みフォームより、お願いいたします。
facebookにて参加表明をすると、タイムラインに表示されます。
ファンに見られたりと、お気にされる方もいるかと思います。
その場合は、下記までメールいただけますようお願いいたします。
また、facebookやられていない方も下記メールフォームにてお申し込みを受け付けています。
http://form1.fc2.com/form/?id=306a30cb7dd01e28


 ************************************************
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。