緊急事態宣言が出ましたね。
でも前とは違い、重みがないような?
そんな気が、のんママはします。
そんな中、のんママと、もしパパさんは福祉体験実習の講師に、行ってきました。

今回は中学校でした。
最近は小学校ばかりだったから、何だかどきどきしましたよ。
福祉体験実習が近づいてきて、社協さんから電話がありました。
「緊急事態宣言出ていますが、講師お願いできますか?」と言う内容でした。
感染対策は大事です。
学びを止めたくないと、思い私たちは二つ返事でやらせていただくことにしましたよ。

それまで寒い日が続いていましたが、その日は、暖かく天気まで見方してくれましたよ。
場所は、武道場でした。
昔武道場と、聞いた時、葡萄が生っている場所で、葡萄場だと、思ってしまったことのある、のんママでして?
それを一緒に行ってくださった、社協の方にお話したら
「葡萄がなっている場所だったらすてきですね」と笑っていました。

漢字知らないと本当に恥ずかしいですね。
「穴があったら入りたい」です。
お話はいつもの通りにしましたよ。
あっ困ることをお話した時、ついこの間あった出来事で、もしパパさんが指先のあかぎれから、血が出ていたのを、知らず、その手で色々な食器などを洗い、食器や、キッチンにあった物が血だらけで、床にも血が滴っていたのに気づかず、夕方のヘルパーさんが来てびっくりしてしまった話をしましたよ、
「それはびっくりでしたね」と社協さん。
のんママだって血だらけと、聞いた時もしパパさんはのんママがいない会いだに何していたのかなあと?思いましたよ。
でもヘルパーさんがいたから、また子供たちがいたから、気づけたこと何ですが、視覚障害者だけだったら気づけない話ですよね?
私たちはこれも笑い話ですが、中学生の皆さんはどう思ったのかな?
そしてコロナ中の困りごとそれはアクリル板何です。アクリル板に中々気づけないのが困ります。
お金を払おうとして、アクリル板越しに声掛けても、こちらもむこうも何度も聞き返しちゃったり、お金渡せなかったことも何度もあったりね?
やっかいだとお話しましたよ。
そうそう私の視覚障害者の3匹のおじ様方は、何とスマートスピーカーで色々楽しんでいることなんかも伝えましたよ。
皆真剣に聞いてくださって、私たちも来て良かったなあと思いました。
のんママは、スマートスピーカーはないし、スマホじゃないから遅れていますけどね?
福祉体験の以来のメールをちゃんと読めていなかったので、のんママは読み聞かせの練習を全くしていなかったんです。
当日になって、読み聞かせのデモもと書いてあり
「どうしよう」と思いましたが、去年やるように読み込んでいた物があり、朝付け焼き刃でしたが練習し、本番に望みました。
ちゃんとと言う訳には行かなかったですが、読むことができました。
本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m
一生懸命に私たちのお話を聞いてくださってありがとうございました。
そしてコロナ中での福祉教育を快くやらせていただいた、先生方に感謝です。
来年は、コロナを気にせずに福祉教育をできることを願っています。
ありがとうございました。

去年、コロナ中の最中にできた飲食店がありました。
ずっと気になっていましたよ。
行ってみようと思い立ち、お昼を食べに行きました。
そこは無水カレーのお店でした。
個室も2階にありカウンター席は、アクリル板で仕切られていましたよ。
思わずそのアクリル板にぶつかってしまいました。
色々な工夫をしなければ、飲食店できませんものね。
もしパパさんはおいしいっと言って食べていました。
のんママはだいぶ辛っかったな?
辛い物が苦手何です。
でも、コロナを防ぐにはアクリル板はあった方が良いけれど、何だか一人で食べているみたい。
見えないと人の体温を感じながら、側にいるのが、わかるのでが?
見えない、見えにくいってこんなことが不便だなあと感じましたよ。

これからは、こんなお店増えて来るんでしょうね。
すると
「あれーどこにいるの?」と視覚障害のある私たちは探しちゃうかな?
アクリル板は、バリアフリーとは言えない気がします。
早く外してほしいな?

成人を迎えられた皆さん心よりお喜びを申し上げます。
このコロナ中で式典など どうなるんだろうと心配していました。

そんな中の緊急事態宣言!
「ふざけんじゃねー!」と言いたいです 口が悪くてすみません

m(_ _)m
 去年は卒業式や、入学式が無くなったり 簡素化されたり
今度は成人式をオンラインで~って ありえんっうーの!
晴れ着を着て成人式に出て 懐かしい友達たちと会って盛り上がって。

まあ一部では式典ぶち壊すような暴れる人もいますが
二十歳は一生に一度きり 今年は、どれだけの人が成人になるのかなー
振り袖姿の女性やスーツ姿の男性を街で見かけないのが寂しいです。
振り袖もスーツも親や祖母が 少しづつお金を貯めて用意してくれたんですよね。
親たちはその姿を見て立派になったなあと思うんですよ。
でもね、いつかはコロナが収まって 皆さんが友達と会ってランチや、飲み会できますからね。

政治家さんたちだけ飲み会したんだよね。
成人を迎える人たちの為にも我慢してほしかったと思っています。

 

 いつまでも続く訳がないと思って過ごすのにも、限界がありますよね。


 とにかく皆さんは大人の仲間入りしたのです。
こんな時代だからこそ若者たちにエールを送り希望を持って自分の夢を叶えてほしいです。

みんちゃんは10年後!
あんちゃんは15年後!
この世界は?
この国は?
どうなっているのでしょう。

つい先の先を考えてしまいますよ。


 昔からの標語で『飲んだら乗るな、乗るなら飲むな』と言う飲酒運転の標語があります。
飲むお酒は良いけど、飲まれるお酒にはご用心ですよ。

 ちょっとだけ我が家の話を聞いてください。

みんちゃん書き初めの宿題があったんです。
でも中々やれず学校始まる前の日の夜書いていました。
「習字、嫌いなんだよねー。何でこんな宿題あるの」ってぶつぶつ言いながら
のんママがキッチンに入った途端「どうしてお母さん入ってくるの!びっくりして名前書けなかった」と
なんでのんママの性なの!って こちらも頭にきちゃって
「いやいや 書いた書き初めなんて意味ないから捨てなさい!」ってのんママが言いました。
そしたら書き初めを丸めてもしパパさんに。

今度はもしパパさんが「せっかく書いたのに~」とのんママに言いました。
学校からもらった半紙は1枚しかなかったんです
のんママは一生懸命に書いたお習字なら 何も言いません

でも いやいや書いたものを出して欲しくなかった
新しい半紙を買ってきて もう1度みんちゃんに書かせました。
だから提出は遅れましたが みんちゃんの気持ちのこもったのを出せたと思います。

成人式までの10年、少しづつ大人になって行くんですね。
のんママは親として何をしてあげられるのかなと思ってます。