9月で、49歳になった のんママです。
皆さんは、妖怪で、おばあさんの妖怪って知っていますか?
砂かけ婆は、有名ですよね?
鬼婆や山姥も妖怪だったかな?

この間妖怪ではないですがー 抱っこバーに遭遇してしま
いました。
のんママがバス停でバスを待っていたら、おばあさんがバス停の椅子に座っていました。
「いくつ?」とあんちゃんに・・・ その人はあんちゃんは知らん顔。
「かわいいねえー」とおばあさん。
のんママが代わりに 「ありがとうございます」と言うと、今度は膝を叩きながら「ねえねえー、お膝に座って」と そのおばあさんが言い始めました。
あんちゃんは 段々のんママにしがみつくように 
後ろに隠れ、おばあさんは「かわいいから抱っこさせて」を連発!
あんちゃんは固まり、無表情になるし 困った 困った。
どうやら、あんちゃんを年齢より小さな子だっと思ったみたい
バスを待つ間、10分ぐらいずーと「抱っこしたい」と、地団太を踏みながら おばあさんは言い続けてました。
これを、抱っこババーと言わせていただきます。
コロナ中で、人との距離を保たなければならないのは、保育園児でも知っています。
あんちゃんは、それでなくとも人見知り。
知らない人に抱っこしてもらうのには抵抗があるんです。
「すいません この子は人見知りが強くてー それに今、コロナと言うこともあり、なるべく知らない人とお話しする時は距離を置くように言われているので 申し訳ありません」とのんママがお話ししました

すると「私は年寄りだから、一番にワクチン打ってるから大丈夫」と
そう言っているうちに、バスが来ました。

 これで大丈夫と ほっとしたのもつかの間、なんと!抱っこババーも同じバスに乗ってきました。
私たちは一句だからと立っていたら また
「抱っこしたい 抱っこさせて」と あの声がー
本当にどうしたらよいものかと・・・。
 バスから降りる時、また後ろから抱っこババーが 「今度、会ったら抱っこさせてね。ワクチン打ってるからね」と言って どこかに立ち去りました。
 立ち去った後、あんちゃんが
「どうして抱っこしたかったのかな?でも、あんちゃんはあんなに言われると嫌なんだよね。

自分のおばあちゃんは良いけどね」と言っていました。
子供も色々なので あんちゃんみたいに人見知りな子もいれば みんちゃんみたいな 人なっこい子もいます。
親が断った時は無理に言わないでほしかったです。
嫌がる子を無理やり抱っこしても 
楽しくないと思いますよ。
 コロナ中で なかなかお孫さんにも会えなくて 寂しかったのかな?
 コロナワクチンは感染させないというより 感染しても重症化を防ぐ為の物です。
そこはしっかり理解していたきたかったです。

 

 オリンピック、パラリンピック終わりましたね。
「お、も、て、なし、おもてなし」と言って、みんちゃんが2歳ぐらいの時に、マネていたのを覚えています。
あれから8年。
色々なことが取りざたされて?
「おもてなし」はどこにいってしまったのかしら?
そして、世界的なコロナウイルスの感染拡大も 誰も予想できませんでしたよね。
オリンピック・パラリンピックの1年延期! これはびっくりでしたよ。
1年延期したことで、オリンピックやパラリンピックに向けて、選手の皆さんはすごく大変だったんだろうなー
昨年だったらメダルを取れた人たちが、取れないということもありましたね。
そして、大会役員、関係者などの湿原などで、辞任が多かったのもびっくりでした。
コロナに打ち勝った証のオリンピック・パラリンピックと言っていたのは誰だったかな?
 オリンピック・パラリンピックのニュースと共にコロナの感染拡大。
開催中の緊急事態宣言! こんなんでよいのー?
国民には、我慢をさせているんですよ。
その中でも、日本人選手の大活躍。
オリンピックもパラリンピックもすごかったですね。

 オリンピック・パラリンピックをやるよりかは、子供たちの学校行事をやらせてほしかったなー
オリンピック・パラリンピックも、もちろん一生に一度のことだとは思いますが・・・。

子供たちの行事はその時にしかできません。
年長さんになったら、5年生になったらと、楽しみにしていたことがなくなったのは残念です。

 名◯屋の市長さんの金メダル事件。
コロナで、マスクを外して話してはいけないとか、言われている中で?金メダルを噛むなんてー!

あんちゃんが「このおっさん、乳児クラスからやり直したら良いのに。小さい子はね、すくにお口に入れたがるんだよ」と 言っていました。
今年は、14年ぶりに金の鯱も地上に降りてきたそうですが、それも名◯屋市長さんは噛んでいたとか
あげくパワハラまでー

 オリンピック・パラリンピックをやるべきだったかと問われたら、皆さんは どう答えますか?
のんママは、世界的な感染拡大の病気の場合でも、やめるべきだと思いました。
オリンピック・パラリンピックは平和の祭典。
それは、開催国の国民が健康で健やかでなければ、ならないのかなあと思います。
その上でオリンピックやパラリンピック、見たかったなー

 そんな中、頑張ってくださったオリンピック・パラリンピックのアスリートの皆さん、本当にお疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。
次のオリンピック・パラリンピックは、安心・安全なものにしてほしいですね。

 

 電化製品って、壊れる時は、一気にきますよね?
ちょうど、みんちゃんが産まれた頃に買い換えた、エアコン、給湯器が次々壊れてしまいました。
 エアコンは、一日つけていても、29℃で、料理をしていたり、また電子レンジやトースターなどで温めていると 暑くてたまりませんでしたよ。
なので、食欲がわかなかったりしていました。
 そして、給湯器はお湯が出なくなっちゃったんですよね?
あんちゃんを産んでから、のんママはシャワーです。
湯船につかると疲れてしまうのと、出産後、出血がひどく、湯船につかれなかったんです。
ちょっと前から、お湯を出しているのに、急に水が出ちゃうしー
変だなあと思っていました。
今度は、60℃にしても、人肌ぐらいのお湯しか出なくなりました。

 で、お盆だったけど、修理依頼をしました
お湯の温度を調整する所が壊れていて、正しい温度のお湯が出なくなっちゃったみたいです。
その部品を取り換えてもらい、3~4日良かったのですが、今度は真水しか出なくなりました。

 みんちゃんは先週、頭の手術したし髪は洗ったほうが良いのだけど・・・
本当にどうなっているの? こんな時に限ってー
コロナ中だけど、みんちゃんだけお風呂どこかで借りれないかな?
 ふと、みんちゃんとあんちゃんのお友達のことを思い出してそ お母さんにお願いの電話をしました。
すると 「みんちゃんだけで良いの? あんちゃんもどうぞ」と言ってくれました。
二人とも大喜び でも、出かける前に、土砂降りの雨と雷が・・・
あんちゃんは時計を見ながら 「まだ~」と言っていました。
雨も止み、お友達とお母さんが迎えに来てくれました。
久々の暖かいお風呂だったし、お友達とも初めての裸の付き合い。
きっと、大騒ぎだったんだろうなー
 そのおかあさんが、みんちゃんたちを送って来てくれた時、
「もらい湯なんて、昭和だよねー
」と大笑いでした(笑)