のんママ日記 434

テーマ:

のんママは、みんちゃんの学校の作品展に行きました。
体育館の中はたくさんの作品がありました。
体育館の中に入るとまずは校長先生がお出迎えをしてくださり、のんママとみんちゃんに付いてくださり、校長先生自らのんママに作品の説明をしてくださいました。
まずみんちゃんが見つけたのは1年生のお友達の絵を見ましたよ。
ピンクのお花のすてきなこと。
そして女の子も描かれていて、その子なのかなあと思ってみていました。
そして立体の作品では1年生はたくさんのごちそうが並んでいました。カレーライスや、オムライス、女の子たちの中にはスィーツなどがありましたよ。
のんママはお腹が空いてしまいました。
さてさてみんちゃんの2年生ですよ。
まずはみんちゃん。
立体の図工は「友達ハウス」です。
みんちゃんは、どんぐりたちのお家を作ったと・・・
これは力作でした
だってエレベーターが、ブランコになっていたとかで 発想がおもしろいです


絵は秘密の卵と言う題名で自分たちの夢がたくさん詰まった卵の絵がたくさんありました。
勿論、みんちゃんは花屋さんになりたいから 色とりどりの花を描いてました。
中にはお姫様にと言うことで 卵からドレスを着た女の子が描かれてたものもありました。
そして3年生はなんと 宇宙がテーマでした 未来の宇宙の小学校がありましたよ。
そうそう6年生は自分の12年後を立体で作っていました
その中に介護福祉士という子がいて車いすなども粘土で上手に作ってありました。
助産師さんという子もいて赤ちゃんをお世話しているそんな姿もありましたよ。
そうそう、こんな職業どこで知ったのかなーって思ったのは蛇の目傘の傘職人という子も・・・
本当になってくれたら貴重なお仕事ですよね。
そして特別支援学級の子の作品は たくさんの動物たちでした。
5年の子たちは、野外活動の絵がたくさんありました。
みんちゃんが今お世話になっている 分断長さんの絵はいがぐりをひろっている絵でした。
どの作品もその学年ごとにすばらしくて のんママは楽しくて仕方なかったです。
校長先生はのんママに説明する時についつい夢中になってしまい、作品を触ってしまわれます
みんちゃんが「触っちゃダメって言われているでしょ!」と言うので校長先生がその度に「ごめんなさい」と言っておられました(笑)
みんちゃん校長先生は学校の先生の中で一番えらい先生だから ちゃんとした言葉使いでお話してね。
来年は学芸会です みんちゃんたちは何するのかなー?
 最後に校長先生お忙しい中、作品の説明して頂き本当にありがとうございました。

この所少しづつ寒くなってきましたよ。
あんちゃんは柿が大好きですよ。
お婆ちゃんが柿を持ってきてくれて夕食にデザートに出すと、何回もおかわりして、1こ食べてしまいます。
「柿のおかわりください」と大きな声で でもみんちゃんは柿は嫌いなんです。
だからみかんを食べました。
あんちゃんは柿も大好きですが みかんも大好き、みかんも食べたい あんちゃんは、みんちゃんのみかんがほしくて、みかんを狙って手を伸ばしますよ。
手を伸ばしたら
「みかんはダメ!これはみんちゃんの」と言うと手が引っ込んで
「柿のお変わりください」
って
食いしん坊のあんちゃんです。
どこにその柿入っちゃうのかな?
生まれた時は、細かったけど今は丸々してきましたよ。
だからみんちゃんに似てきました。果物はおいしいからついつい食べちゃうよね。
でも食べ過ぎはだめよ。