熊本城おもてなし武将隊武録ー百古不磨ー

熊本城おもてなし武将隊武録ー百古不磨ー

熊本城おもてなし武将隊公式ブログ

◎熊本城おもてなし武将隊スケジュール◎

スケジュール
①11:30~ /熊本城おもてなし武将隊ステージ
 場所/桜の馬場城彩苑 親水空間

②14:30~ /熊本城おもてなし武将隊ステージ
 場所/熊本城 天守閣前
八十のいろは帖を開いていただき
有難うござりまする。

熊本県立美術館では、現在三つの展覧会が開催され、夏休みの童や帰省中の客人で賑わっておりまする。

【美の旅 西洋美術400年 ー珠玉の東京富士美術館コレクション】では、誰しも一度は目にしたことがあるような名画を始めとした、巨匠達の作品が一堂に会しまする。






これだけの名作達を楽しめる機会は、なかなか有りますまい!一部、撮影可能な作品もあり、時間をたっぷりとって楽しんで頂きたい展覧会じゃ。
グッズも揃っとるよ!




【細川コレクションII 雅ー細川家の歴史と美】には、SNSで何度か御紹介しておるように、遊戯・刀剣乱舞-ONLINEに登場する名刀「歌仙兼定」が展示されまする。(前期は拵のみ)








本館には歌仙兼定の戦闘服パネルが、別棟展示室には内番服パネルがお目見え中。写真撮影も可能じゃ!グッズも揃っておるし、刀以外の展示品も秀逸なんじゃ。








忠興公の意外な一面を知れたり、名家として名高い細川家の威信を感じられたりと、審神者や歴女の皆様方はじめ、多くの方々に心から楽しんで頂ける展覧会じゃ。
(そして、すごいのが観覧料。こんなに安くて良いのか、、、?)会期も師走までと充分にありまする故、足をお運びくだされ!

【美術館コレクションII ジモトアートー人でつながる熊本の美術】は、時代を問わず、熊本に所縁ふかい様々な作品や品が展示されておりまする。

戦国期の美術品から、近世の絵画や焼き物まで、とにかく幅広い展示が楽しめ、月末からは「同田貫藤原正国」もお目見え。

夏休みの学徒達には、この展覧会を機として、地元への愛と理解を深めて頂けたら嬉しいの!

わたくしは既に「美の旅」と「雅」を楽しみ終え、残すは「ジモトアート」展!しかし、既に楽しんだ二つの展覧会も、もう一度観に行ったり、後期の展示を楽しんだりと、まだまだ味わい尽くしたいと思いまする!

此度はここまでじゃ。
皆さま方、ありがとの。

八十


物事の始まりを表す「いろは」。
当世での新たな人生の「いろは」より、
生きる道にある様々な出来事をしかと噛み締め、
過ごして参りまする。
花のように朗らかに、明日も幸せに
生きて参りましょうの。
葉月九日
熊本県立美術館別棟展示室(細川コレクション永青文庫展示室)にて開催されている【細川コレクションII 〜雅〜】。




現在、展示されておる第一部は来月の長月廿五日まで。

まもなくお盆休みを迎える故、お時間ある方は是非とも足を運んで頂きたい。

既にお越しの方は、第ニ部に備えて、再度お越し下さることを願っておりまする。




今回は人気の刀剣乱舞との共闘(コラボ)開催。

館内では多くの民に慕われる刀剣男子・歌仙兼定氏がお出迎えして下さった。

私が知る歌仙兼定氏とは、いつもと異なる装い。(戦装束でない)珍しいお姿を拝見。

内番着‥‥
館内のお掃除だろうか‥‥




此度の展覧会通じて、熊本県立美術館では刀剣乱舞とのコラボ商品が販売中。

刀剣男子・歌仙兼定氏の魅力をより美しく彩っている『九曜紋牡丹唐草蒔絵』は館内の展示品からもご覧頂ける。

我等の写真に写るは、外出の際の身の回り品や衣装を運ぶ旅道具として重宝された挟箱。

永青武文庫所蔵の品であり、当時は婚礼行列に用いられたのではないかと云われておる。




館内の刀剣関連は細川殿や八十姫にお任せ。

次なる写真は細川殿が息子の忠利殿へ送ったとされる書状。

実は、書状の中身を拝見してみると、何やら黒田家のことに触れたのではないかという一文を発見!

こちらを拝見する限り、どうやら細川殿にとって豊前での年貢問題は、相当手を焼いたようで御座るな。

改めて其方がお怒りだったこと理解致した。


たが然し!

一応、理解は致すが、筑前入国には何かと金が必要となる故、黒田家の事情も理解して頂きたい!と、私は考える。


だって!関ヶ原の戦さで長政がお金沢山使っちゃうし、私も自らのお小遣いを色んな者達に配っちゃったんだもん。ね。

年貢を持ち運んだことは申し訳ないと思っておる。本当にそう思っておるよ。

うむ。思ってはいるけど、致し方無し。

だよね。




本日、葉月九日は細川家の子孫である“細川護熙氏”が第七拾九代目の内閣総理大臣に任命され、“細川内閣”が発足致した日。

と云うこと故、細川関連として県美の細川コレクションをご紹介させて頂いた。

お盆休みは、是非、熊本城に足を運んでみて下され。






島津様にお土産でお洒落なお菓子をお持ち帰り致した。

武者がえし、素晴らしきコラボ!




同田貫も御座りました。

本館の『ジモトアート』『美の旅』も皆様のお越しをお待ちしておりますぞ。

以上。








長崎の原爆投下から七拾七年。

恒久平和を願い、午前十一時二分、黙祷。

黒田官兵衛


~夢想連環〜~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜
様々な思考と欠けがいの無い出逢いと絆は、決して消えること無きよう、確固たる信念の鎖で繋ぎ合わせ、己が理想の環を広げる。
~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜

葉月七日
本来ならば火の国まつり最終日となる本日。

此度は熊本の夏祭りに合わせ、肥後熊本へ足を運んで下さった皆様方に向けて熊本を拠点とする我等からお礼を申し上げる。

来年こそ、我等武将隊は皆様方と火の国まつりを共に過ごせることを心から願っておりまする。此の度の来熊、まことにありがとう御座りました。

また熊本城で!
笑顔でお逢い致しましょう!




熊本市を中心に約三十万部を配布する地元の生活応援紙『くまにち すぱいす』。

今月の表紙は、

先日の博多遠征でお世話になった阿蘇と天草の情報が掲載。

しかも、なんと!!!!

鹿子木灯先生の挿絵(いらすと)付き!!

流石!すぱいす!

流石!鹿子木先生!

加藤氏、上司氏、お二人とも熊本の風景にぴったりな可愛いさ。まさに熊本美人。




今月は熊本の絶景が楽しめる阿蘇と天草の魅力ある観光地が紹介されておりまする。

加藤氏(私のMT)が案内致す阿蘇内牧の“田子山展望所”は、阿蘇五岳を見渡すことが出来、時には、幻想的な景色が楽しめる雲海も拝める。

上司氏(今日D)が案内致す“倉岳神社”は、御所浦の海を見守る天空の鳥居としても話題。倉岳町は人気ろっくばんどWANIMA殿の故郷ということで聖地巡礼で倉岳町を訪れるWANIMA愛好家も御座る。

とりあえず名曲『アゲイン』をご覧になって頂ければ、天草の景色の美しさ必ず伝わる!


県外にお住まいの方々はこちら
↓↓↓

すぱいす瓦版(いんたーねっと)からご覧頂ける故、是非ご覧下され。




熊本県内には沢山の魅力が御座る。

是非、熊本にお越しの際には、様々な観光地への旅を楽しんで下され!

最高の夏は肥後熊本で!


以上。


鹿子木先生、しきちゅんのゆるさが良き!
黒田官兵衛


~夢想連環〜~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜
様々な思考と欠けがいの無い出逢いと絆は、決して消えること無きよう、確固たる信念の鎖で繋ぎ合わせ、己が理想の環を広げる。
~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜