くまちゃんのにこにこクラブブログ
  • 06Mar
    • 佐伯児童館にて親子で楽しくリトミック

      皆様、こんにちは!「くまちゃんのにこにこクラブ」ブログへようこそ。3月4日(月)は、年に1回依頼を受ける佐伯児童館へ行ってきました。中津から高速を使って、2時間!0歳から2歳児さんで、30組近くの親子さんの参加でした。佐伯児童館は、リトミック研究センター大分第一支局での研修を受講され、資格を持った先生が2名いらっしゃいます。お1人は、今育休中ですが、児童館の中で常にリトミックを意識しての活動を行ってくれているそうです。また、以前、月例研修会で資格を取った方が親子で参加してくださっていたり、臼杵のすみれ保育園の月に2回あるリトミックに来られている親子さんがいたりで、ビックリビックリ!「小さな子と大きな子の差をどうやってまとめていこうか?」が今回の指導で気を配ったところです。これらの活動が、どんな力を育むのかの話を交えながら、親子でたくさん取り組んでいただきました。ゆさぶり遊びで、身体づくりと、集中力を育みました。この積み重ねが、小学校で椅子に座ったときの良い姿勢につながります!ぜひ、ご自宅でも継続していただきたいと思っています。色紙に魔法をかけると、どんどんどんどん変身して、最後は電車になっちゃたね!皆、楽しそうに参加してくださっていました。くまちゃんのにこにこクラブ引用元:佐伯児童館にて  親子で楽しくリトミック

      テーマ:
  • 05Mar
    • ピアノレッスン

      皆さま、こんにちは!「くまちゃんのにこにこクラブ」のホームページへようこそ!今週もめまぐるしい忙しさでした。さて、いつもリトミックの様子をお伝えしているので、今回はピアノレッスンの様子をお伝えいたしますね。私は、午前中は毎日、大分県内の保育園、支援センター、こども園、児童館など年間で契約をしている所にリトミックの指導に行っています。毎日、日田に行ったり別府に行ったり、臼杵に行ったり曜日によって様々です。午後からは、パーソナルのピアノやリトミックのレッスンをしています。1歳の生徒さんから大人の方まで!今日は、日田でレッスンしている男の子のレッスンの様子を紹介させていただきます。年少さんからピアノのレッスンとリトミックを始めました。絵カードを通して目で追視する力を育み、楽譜を見ながら弾く練習をしてきたので、初見でも弾く力がついています。幼児期は、耳がとても良いので覚えて弾く方が得意です。でも、楽譜を見て、音やリズムを考えて、指を見ないで鍵盤を弾くのは、脳の空間把握とつながっていくのです。ピアノを弾くことで、いっぱいいっぱい考える力を育てていきます。そして、一生懸命考えるから達成感があり、ピアノが大好きになるのです!ピアノを弾いたら、カラーボードで色々なリズムをたたいていき、途中で解放感を味わうために走ったり跳ねたり!もちろん解放感を味わうためだけではなく、これも身体全体でリズムを感じているので、八分音符や四分音符の音価がしっかり体の中にうえつかれていくのです。ですから、演奏した時は、同じ速さを維持することができて気持ちのいい演奏ができます。リトミックを取り入れた、ピアノレッスン、素敵ですね!くまちゃんのにこにこクラブ引用元:ピアノレッスン

      テーマ:
  • 26Feb
    • 日田市 日隈こども園 ひのくま支援センターでの月に1度のリトミック

      みなさま、こんにちは、「くまちゃんのにこにこクラブブログ」へようこそ。2月25日(日)は、日田市の日隈こども園内の支援センター主催の親子リトミックの日でした。月に1度、第4月曜日に行っています。どなたでも参加できますので是非いらしてください。昨日の参加者は、1歳前後のお子様が3名ほど、後は、まだあんよができない0歳児さん10名ほどで行いました。ホールは、お雛様の壁面でとても華やかでした。一番小さな赤ちゃんも、春らしいきれいな黄色のカチューシャをして、とびっきりなおしゃれをして参加していました。おしゃれをして心がうきうきしていたのか、ニコニコしながら参加していました!スカーフを使用しましたが、小さなお友だちにも「持つ」練習につながったり「持ちやすい」ようにスティックと組み合わせました。手に持たせることで握力も付き、スプーンを持つ力にもつながっていきます。先生のおカバンから何が出てくるのかな? 一生懸命見てますね💮ピアノに合わせて、動いちゃうぞ!最後は、大きな輪を作ってさよならあんころ餅でおしまいです。また、来月会いましょう!くまちゃんのにこにこクラブ   熊谷れい子引用元:日田市 日隈こども園 ひのくま支援センターでの月に1度のリト・・・

      テーマ:
    • リトミック参観日 別府市内 境川保育園にて

      みなさま、こんにちは、「くまちゃんのにこにこクラブブログ」へようこそ(^^♪今日は、月に1回0歳から年長クラスまでのリトミックの指導をしている、別府市の境川保育園のリトミック参観日の様子をお知らせいたしますね。今回の参観日は、1歳児クラス、2歳児クラス、年中&年長クラスで行いました。こどもたちだけのリトミックをお家の方にみていただくという参観日です。小さな子供たちは、お家の方を見ると泣き出してしまいますよね。ですから、お部屋の窓に紙を貼って、丸い小さな穴をあけてそこからお家の方は、子どもたちの様子を見るのです。1つは、ミラーガラスがあるのでそこからも子どもたちに気付かれずに見れるというわけです。我が子が、保育園での生活をどのように過ごしているのかお家の方は気になりますよね⁉私もそうでした!だから、保育園のお便りや参観日、色々な行事がとっても楽しみでした。3方向のガラス戸に紙が貼られているので、私の立ち位置を変えながら、「子どもたちの顔がちゃんとおうちのかたにみえるかな?」と心がけながらの指導です。お家の人の影を把握しながら、「こっちにはいらっしゃらない」「マイクがないけれど私の声は廊下まで聞こえるのかしら?」等々。こどもたちの姿は、いつものように生き生きと、楽しそうでした!大きいクラスは、保護者の方がお部屋の中で見学です。フープを使ってする予定でしたが、お部屋がちょっと狭くなったので急遽内容を変更しました。ごくシンプルに、スティックを使ってしたのですが、終わった後に涙を流しながら喜んでいるお家の方がいらっしゃったそうです。「れい子先生のお話を良ーく聴いて我が子が一生懸命きちんとしている姿をみて嬉しくて感激したのだ」そうです。主任の先生からそのようにお聞きしました。嬉しいお話しです。大きいクラスでは、こんなことをしました。私の弾くピアノに合わせて、二人組でリズムをトントンする活動です。二人組で、その上お家の方もいらっしゃるので子どもたちはハイテンション!しかし、先生のピアノを聞いて、合わせようとすることで集中力がついていくわけですから、楽しそうにしていてもぐちゃぐちゃだったら良い力へつながりません。「みんな、今日はお家の方も来てくださっているし、お友達とも一緒にトントンするから楽しいねぇ。だけどね、れい子先生のピアノをよく聞いて、ピアノに合わせよーって思うことが大切ですよ。そうしたら、みんなのおへそにはお話を聞く力や一生懸命考える力がくっついて、またまたおりこうさんに近づくんだよ、素敵でしょ。さあ良ーく聴いてしてごらん」とこんな言葉かけをしました。するとみんなのリズムがぴったりそろって、本当に気持ちの良いリズム打ちになったのです。きっと、喜びの涙を出して下さったお母さんは、わが子のこの場面を見てくださっていたのでしょう!本当に皆、きちんとできました。この言葉かけにはたくさんの子どもの心をつかむ言葉があります。まず、嬉しい気持ちに共感してあげ、れい子先生は私の気持ちがわかってくれてると感じさせること。そして次にこうするとこんないい力がつくときちんと伝える事。おりこうさんになりたい、褒められたいと皆が思っているのでおりこうさんに近づくという言葉を加えてあげたのです😊くまちゃんのにこにこクラブ引用元:リトミック参観日 別府市内 境川保育園にて

      テーマ:
  • 22Feb
    • 中津市主催 柿坂乳幼児学級 親子で楽しくリトミック

      そして、最後は年少さんからのクラスのリトミックです。小さなお友達とちょっとだけ変えて、子どもたちのみの様子も見ていただきました。お仕事をされている保護者の方は、きっと、お子さまが普段どのようにして保育園で生活しているのかとっても気になると思います。私もそうでした!これは、絵カードをしているところです。良ーく見ておかなければできないことが沢山!これが、集中力へとつながっていくのです。大きいクラスのお友だちは、この後リトミック遊園地へと行きました。途中で、お腹がすいたので、焼き芋グーチーパーの歌遊びをして焼き芋を食べました。お家の人から食べられてて、ぼくちゃん嬉しそう!親子の愛着関係を高めるスキンシップも大切にお話し仕立ての中に加えてみました。最後は遊園地で思いっきり表現活動です。夜の遊園地は、コーヒーカップが踊り出したんです!みな、すてきな自己表現ができていました。楽しかったね!きっとこの日の体験が、楽しかった、嬉しかったの原体験として心の残っていくと思います。さて、今日は、別府市の境川保育園でのリトミック参観日です。また、報告いたしますね😊くまちゃんのにこにこクラブ   熊谷れい子引用元:中津市主催 柿坂乳幼児学級 親子で楽しくリトミック

      テーマ:
    • 中津市主催 柿坂乳幼児学級 親子で楽しくリトミック

      中津市主催 公民館事業柿坂乳幼児学級、親子で楽しくリトミックと子育て講演のお話しの続きです。小さなクラスは、ボールの2階建てバスに乗って、動物園へ行ってみました。途中でバスが壊れてしまって、コロコロ修理やボールつき修理でボールに親しみます。ボールは球形なので、指先をしっかり使うことができますし、一人でボールつきができるようになるまで、パパやママのお手伝いで突くタイミングをリズミカルに感じていきます。そして、動物園についたら、丸くクルクルした新聞紙でいろんな動物に変身していきました!パパやママと一緒にお家でもできますね!沢山かかわって、親子の愛着関係を高めてあげてください!昼間は、保育園でたくさんのことを経験して、お家に帰ったらパパやママと一緒!きっと、子どもたちはうれしくて楽しくて笑顔がいっぱいになるはずです♡くまちゃんのにこにこクラブ  熊谷れい子引用元:中津市主催 柿坂乳幼児学級 親子で楽しくリトミック

      テーマ:
  • 09Nov
    • 臼杵市にあるすみれ保育園 その3

      まだまだ続きます。楽しく静かに眠って待ちながら、ピアノの音で起き上がり、2階建てバスです。途中でバスが壊れてしまったので、スイングでユーラン修理をします。スイングが上手に出来るようにひと声かけますが、私は、「みんな、お友だちの目をよく見て、優しいいいお顔でユーランしてね!」と言いました。これがまさしく、「れい子先生の魔法の言葉かけ」なのです。お友達とユーランするのが楽しくて、ついつい相手を振り回すくらい揺れてしまいそうになります。「アッ!フラットフープがおれてしまいそう!」とヒヤッとしたのですが、「みんな、優しい気持ちで」を加えて言葉かけをしたら私が求めているスイングになりました。子どもたちは、楽しくってこうしたいとエスカレートしそうな気持をぐっと我慢できた(=自己コントロール力)わけですね!自己コントロール力は、社会性へとつながっていきます。そして、栗山について栗拾いです。ピアノの音を聴いてドンドン栗拾いをします。栗を食べたら魔法がかかってみんなが栗の木になり、強い風が吹いて栗の木がボキッ!と少しずつ折れていきます。「おやおや?この折れていく写真がないなあ」こどもたちは、先生が言った身体の色んな箇所が少しずつ折れていくのですが、とても素晴らしい楽しい自己表現活動ができていました。担任の先生に、写真を撮っていただいていたのですが、このシーンは写真がない残念!「アッ、そうか。この時先生も一緒に楽しそうに木になって、折れていってました(#^.^#)」先生の「楽しそう、わあ楽しい!」という姿勢が、毎日の保育の中で子どもたちを引っ張ていくのでしょうね!くまちゃんのにこにこクラブ引用元:臼杵市にあるすみれ保育園 その3

      1
      テーマ:
    • 臼杵市にあるすみれ保育園 今日のリトミックその2

      続きを書きますね!ピアノに合わせてステップした(歩く、走る、スキップ)あとは、お話し仕立ての中で「手押し車」です。リトミックのレッスンの中には、身体つくりの要素もたくさん入れています。ここでも大切にしているのは、「子どもが心から楽しめる活動であること」です。ですから、とっても楽しい話の流れで、この手押し車をしているのです。興味を持って=好奇心を育む→心が動く→活動→できるが増えるの流れになっています。今日は(正確には8日、昨日です)フラットフープを使ってのリトミックです。「2人組になったら、大きいフラットフープと小さいフラットフープとどちらがいいか相談して、手をつないで並んでください」と言葉を書けます。ここにも、とても大切なことがあります。「相談させる」ということです。自分の考えたことをきちんと言える力をつけるために、そうしました。仲良くもらいに来た子どもたちは、おやおや?どうしたのかな?れい子先生が、「フープをもらったら、お布団にして眠って待っててね」といったからです。みんな、静かに楽しく考えて待っています!くまちゃんのにこにこクラブ引用元:臼杵市にあるすみれ保育園 今日のリトミックその2

      テーマ:
    • 臼杵市すみれ保育園  今日のリトミック

      みなさんこんにちは、リトミック研究センター大分第一支局の熊谷れい子です。さて、昨日は臼杵市にあるすみれ保育園のリトミックの日でした。凛々しい姿で運動会のマーチングを終えた子供たちの成長が楽しみ!この子たちのレッスンです。「今日はどんな姿がみられるかな?」運動会という行事でさらに自信を得て、自己肯定感が高まった子供たちはとてもイキイキとしていました。この躍動感あふれる走りでも、8分音符にぴったり合わせた走りです。そして、音楽が止まればピタッ!と止まれます。ピアノが止まったら、子どもが止まるというこの活動は、リトミックでは定番です。簡単そうに見えますが、良く聞く、判断する、くまちゃんのにこにこクラブ引用元:臼杵市すみれ保育園  今日のリトミック

      テーマ:
  • 07Nov
    • 賢いママ、保育士になるために

      みんな、にこやかな笑顔で終わりました。この写真は、11月3日.4日に大分市明治明野公民館で開催された、「母親セミナー」の終了後のお顔‼️です。母親としての育児に関する知識を、発達心理学や大脳生理学の見地から進めて行く研修です。が、これは母親だけではなく、乳幼児期と関わる保育士さんや幼稚園の先生方にも聞いて欲しい内容が沢山です。もともとは、リトミック研究センターの1歳児のリトミック教室に来られる保護者の方に、リトミックの先生が話してあげる10分間講座のための内容なのです。ですから、母親として先生として沢山活かせていただくことができるのです。みなさん、受講いただきありがとうございました😊意識してますか?「さっきより上手にできた」と加点主義に徹すると、沢山褒めてあげられます。沢山褒めた言葉が、お子さんの頭の中で「五万回自問自答」され、自信に満ちていきながら(自己肯定感」を高めてあげる‼️でしたね!3歳までにこの自己肯定感を高めてあげることがとても大事ですが、その後も「褒められる経験」は脳の仕組みからも大切でしたよね!しっかり、思い出して活かしてくださいね!「親が変われば子が変わる!」ですよ😄リトミック研究センター大分第一支局支局長&チーフ講師 熊谷れい子くまちゃんのにこにこクラブ引用元:賢いママ、保育士になるために

      テーマ:
  • 30Oct
    • 大分県臼杵市すみれ保育園マーチング

      みなさまこんにちは❢リトミック研究センター大分第一支局支局長&チーフ講師の熊谷れい子です。「くまちゃんのにこにこクラブ」は、私のお教室のホームページです。生まれてからすぐ始められるアタッチメントベビーマッサージのご案内から、お子さまのピアノや電子オルガン、グループでのリトミック、パーソナルでのリトミック、発達が気になるお子さまのリトミック、指導法を学びたい方へのご案内などたくさんの情報をお伝えしたいと思っています。さて、以前投稿させていただいた、臼杵市にあるすみれ保育園のマーチングですが、園長先生が写真を送ってくださいました。とびっきり良い写真を送ってくださったのだと思います。どうぞご覧ください!入場門前で、きをつけとやすめ!の様子です。今回は、「恋」を編曲、振付しました。毎年、「今回はこうだったから来年はこうしよう!」と毎年反省点も含め工夫を凝らしながら考えていきます。まず、6月ごろに私が曲を決めると、園の先生方が衣装のデザインを考え、絵にかきます。それを園長先生がラインで送ってきたくださり、私に「お伺い」を立ててくれます。先生方が決めてくださってよいのに、神田園長先生は私に気配りをしてくださいます。そんな細やかさが、保育士さんや保護者の方々につながっているような気がします。それから私は編曲、構成、振付に励みます。マーチングの指導の勉強は、大学を出てすぐに短大の講師として働き出した年に、学生が附属幼稚園の運動会で何かしなければならなくなり、熊本まで宿泊研修を受けに行きました。当時の学生、8人ほどを連れて一緒に受講しました。あまりにも年が近いので、「引率はきていないのですか?」など度聞かれたり!そして、8月になったら、子どもたちが帰った後、先生方と打ち合わせをします。「ここはこうして」「これは頑張って練習しよう」とか「これはちょっと難しいかもしれない」とか、沢山話し合いを入れ、その後、拍数を数えながら動きを確認してみます。21時ごろまで頑張っておしまいです!私が園に伺うのは月に2回です。他のクラスは、いつものリトミックをして、年中年長はマーチングの練習になります。ほんの30分とか60分のレッスンですが、リトミックで音楽を聴いて合わせる事ができているのでどんどん形になっていきます。できないところが出てきたら「ここはこんな風に練習するとできるよ」とアドバイスとともに教えてみるとすぐに解決します。日頃のリトミックのレッスンが役に立っていると実感し嬉しくなる一瞬です!年中さんがカラーガードです。衣装もカラーガードも全て曲に合わせて手作りです。特に今年のカラーガードはオーガンジーの薄くて光沢がある素材で、左右に揺らした時はとてもきれいでした。小さな女の子のために特別に小さなサイズのカラーガードを作ってあげているのもうれしい心配りです!トリオは、難しい16分音符も出てきました。どうしても最後の音符が雑になって速くなるので、きちんと「かまきり(16分音符を言葉のリズムに変えて)のリまできちんと打とうね」できれいにそろうようになりました。体幹もしっかりしているので、姿勢も良いですね!リトミックでの体つくりは、お話し仕立ての「音のあってこ」の時にする高這いで、楽しみながら体つくりをさせています。来週伺った時にはDVDが出来上がっているはずです、楽しみ!園長先生から送ってもらった写真を見て、うれしくなって書いたら、長ーいブログになってしましました。リトミック研究センター大分第一支局支局長くまちゃんのにこにこMusic Land 主宰熊谷れい子引用元:大分県臼杵市すみれ保育園マーチング

      2
      テーマ:
  • 29Oct
    • 0歳児のママと楽しむリトミック

      今日投稿した記事に載せたつもりの写真が載っていませんでした。ママにあんよを持ってもらって、ピアノに合わせて動かしたり、止まったり。あんよが出来るようになったら、きっと音楽に合わせて走ったり止まったりが出来るようになりますね!ちょっと離したところに置いて、「ガンバレェ、持ったもったできるかな?」そして、マラカスサンバです。くまちゃんのにこにこクラブ引用元:0歳児のママと楽しむリトミック

      テーマ:
    • アタッチメントベビーマッサージ

      皆さまこんにちは。くまちゃんのにこにこMusic Landの熊谷れい子です。くまちゃんのにこにこクラブブログへようこそ❣️いつものように、午前中は保育園での指導を行い、日田から宇佐市の高森保育園へ1時間40分かけて移動です。今日は、午後13時半〜14時半まで、0歳のベビーとママのためのアタッチメントベビーマッサージとリトミックの日です。宇佐市にある高森保育園さん主催の毎月1回のどなたでも無料で参加できる講座です。今日は、3名の親子さんの参加でした。ベビーマッサージの手技をお伝えし、その後、リトミックと発達のお話をしました。抱っこして歩いてもらったり、ネンネして、音楽に合わせて脚を動かしてもらったり、すこーしだけ頑張って手を出したら取れる所に手作りマラカスを置いて、「頑張ってお手てを伸ばしてごらん‼️」と頑張る力を育てたりと楽しいひと時でした。最後は、もちろんみんなでマラカスサンバを踊りました。かなりママにお手伝いしてもらいましたが❣️来月は、11月26日(月)12時半〜13時半です。興味のある方はどうぞいらして下さいね!リトミックの後は、子育てに役立つ発達のお話をしました。ベビーマッサージの間に加えた、親子体操で育つ体幹や抗重力筋の話でした!くまちゃんのにこにこMusic Land主宰熊谷れい子引用元:アタッチメントベビーマッサージ

      テーマ:
  • 26Oct
    • 臼杵市すみれ保育園 年中クラス リトミック

      リトミック電車に乗って、遊園地へ行こう!みなさん、こんにちは。くまちゃんのにこにこクラブブログへようこそ。リトミック研究センター大分第一支局 支局長&チーフ講師の熊谷れい子です。昨日は、大分県臼杵市にあるすみれ保育園で指導をしてきました。月に2回、0歳~年長クラス、子育て支援としての親子リトミックを取り入れてくださっています。今回は、年中クラスのリトミックの様子をお話ししますね。来年の運動会では、マーチングで鼓隊をするので、リズム打ちをしながら鼓隊への準備をと考えています。「鼓隊の曲のみを打てるように鍛える」というのではなく、毎回のリトミックの活動の積み重ねで、リズム打ちが上手になり、音楽を聴くことでお友だちと合わせる事が出来ていったり、拍に合わせて歩くことが出ることで、楽器を持ったら「あら!いつの間にかできる力がたくさんついてたね!」を目指しています。年中クラスのこどもたちは、今年はマーチングのカラーガードを担当し、とても上手できたそうです。私は、リハーサルしか見ることはできなかったのですが、園長先生がそうおっしゃっていました。今年は、「恋」を編曲させていただきました。きっと、「すみれ保育園」のホームページにならその画像を見ていただけると思います。カラーガードは、先生方の手つくり! カラーガードの衣装も先生方の手つくり!2週間に1度のレッスンのたびに、カラーガードや衣装が出来上がってて、私はその都度驚く!さて、話を元に戻しましょうね。ステイックを持って電車に乗って遊園地へ行くという設定です。2人組の電車に乗って行きますが、最初の頃は、「私が前」「僕が前」と運転手の取り合いをしていましたが、今はもう大丈夫です。トンネルを通るピアノの曲になったら、後ろのお客さんがトンネルを通ってくぐったら運転手さんに変わるからです。れい子先生は何にも言わなくて、ピアノだけが変わるのでみんなは良ーく聴いておかないと「あれ?なかなか運転手さんになれないわ!」になってしまうのです。れい子先生が口で言わないので、みんなは「良ーく聴いて」→「考えて」→「判断して」→「行動する」という一連の流れから、リトミックを通して「考える力」などが育まれていきます。時々、電車が壊れるので、みんなでピアノに合わせて修理をします。お友だちの手をたたかないように気を付けながらすることで、優しさも育っていきます。「電車の修理はできましたかぁ?さあ、出発しますよ!」今日も、仲良く楽しくできました。そして、またまたおりこうさんに近づきましたよ!リトミック研究センター大分第一支局 熊谷れい子引用元:臼杵市すみれ保育園 年中クラス リトミック

      2
      テーマ:
  • 20Oct
    • リトミックを活かしたピアノレッスン

      皆さんこんにちは、「くまちゃんのにこにこクラブブログ」へようこそ。くまちゃんのにこにこMusic Land主宰の熊谷れい子です。今回は、ピアノのレッスンでどうリトミックを活かしているかをお話しましょうね。11月23日にローランドが開催するピアノコンクールがあり、その結果が出ました。小学生低学年の部で参加し予選通過したN子ちゃんのレッスンの様子からお話ししたいと思います。N子ちゃんは、「くまちゃんのニコニコMusicLand 豊後高田教室」の生徒さんです。とても快活で、しっかりしているので、会話をしていたら2年生であることを忘れてしまいそうです。予選結果の講評に、「アナクルシスの最初のメロディが強くならないように~」と書かれていました。本選までの予定は、この講評に書かれているアドバイスを一つずつ一つずつできるようにしていきます。アナクルシスを感じるのは、ステップで体験します。N子ちゃんの手を取って1歩後ろに下がって重心をかけてメロディーを歌いながら歩くこと5回ほど。「この感じで弾いてごらん」とピアノを弾かせるととっても上手!「アウフタクトってこんな感じなんだよ」というとその変わりようにお母さまも納得していただけたようでした(#^.^#)指先だけで表現するのではなく、身体全体で感じ、指先から自分の表現として出していく、リトミックを経験しながら拍子を感じる、フレーズを感じる力をどんどん育んでいきます。この写真は、他の生徒さんですが、年中の男の子のリトミックの個人レッスンの様子です。大分市にお住いの生徒さんなので、私が生徒さんのお宅に出張レッスンをしています。これは、スキップをして先生が決めた合図が聞こえたら座って、聞こえてきた音をハンドサインをしながら歌い、5線カードに並べ、指でさしながら歌います。右脳で感じて左脳でまとめる脳の回路を作ることにもつながります。次に、この丸い音符のたまは、小さな小さなタクシーのハンドルになるんです!「タクシーは、れい子先生の言ったお家に必ず連れて行ってくれます。ミミソのお家までお願いしまーす」と言ってタクシーの運転手になりきり、音楽が止まったら音符のたまを並べます。3回ほど繰り返すと、しっかり場所も覚え、ミやソの音を理解していきます。楽しいだけでなく、楽しく的確に教えていくことを大切にしています。「ここは乗り越えさせたい」「ここでは自信を持たせたい」といろんな思いも加えながらレッスンをしています。これから、コンクール、発表会と私は一番忙しくなる時期に突入ですが、レッスン生の伸びや頑張りも一番感じていける季節でもあります!今日は、今から日田の月隈こども園さんで、9時から21時までレッスンです。ヤマハのC7(たぶんそうだったと思います)のグランドピアノのあるプレイルームをお借りしています。月隈こども園の園児さんもいれば、福岡からレッスンに来られている方もいます。このプレイルームは、残響が良いので、バイエルでもとっても気持ちよく弾けているようです!くまちゃんのにこにこMusic land 熊谷れい子引用元:リトミックを活かしたピアノレッスン

      テーマ:
  • 19Oct
    • リトミック研究センター大分第一支局月例研修会

      リトミック研究センター大分第一支局第5回目月例研修会みなさまこんにちは、熊谷れい子です。10月14日にリトミック研究センター大分第一支局の月例研修会がありました。月例研修会は、5月開始~3月終了の毎月1回のリトミックの指導法を具体的に学ぶ研修会です。保育園、こども園、小学校の先生方、発達支援に関わる方、ピアノの先生方が勉強に来られています。みなさん、とても熱心に受講されています。今日の特別級は、「おおきなたいこ」の歌を使って色々な替え歌を作り、動きを考えてみました。グループに別れて色々と考えています。大きな布を使って表現しているのは、「おおきなくしゃみ」です。 ♪おおきなくしゃみ ハークッション! ♪ちいさなくしゃみ クシュンクシュンクシュン!とても素晴らしいアイディアですね!他のグループもとても素敵でした。明日からの指導のために、受講生の皆さん、今日もお疲れさまでした!楽しかったね!リトミック研究センター大分第一支局支局長くまちゃんのにこにこMusic Land 主宰    くまちゃんのにこにこクラブ 熊谷れい子引用元:リトミック研究センター大分第一支局月例研修会

      テーマ:
  • 16Oct
    • 「理解できた」「わかった」ということ

      皆さんこんにちは。先ほどの投稿記事の訂正です。「頭でわかったことを、体全体で表現できて~」という文章えを訂正させてください。「頭でわかったことを身体全体で表現できて初めて理解できた、わかった」というようにリトミックのレッスンでは考えています。例えばそれを、毎日の生活の中に当てはめると「みんな、先生のお話を静かに聞いてね」というと「はーい」と良い返事が返ってきます。ですが、まだおしゃべりが止まらないというような場面があります。これは、お返事だけが良くて静かにすること(表現)はできていません。静かにすることができて初めて、「静かにする」という意味が理解できたと考えるという考え方なんですね。前回の投稿の訂正(申し訳ございません)と、少し具体例を書かせていただきました。熊谷れい子くまちゃんのにこにこクラブ引用元:「理解できた」「わかった」ということ

      2
      テーマ:
    • お母さんが変わった!

      みなさん、こんにちは。「くまちゃんのにこにこMusic Land」主宰の熊谷れい子です。昨日は、別府市の友愛保育園→山香にある「東こども園」での指導でした。今回は、山香こども園でのことをお話ししますね。9月に「親子リトミックと子育て講演」をさせていただいた園です。昨日、子どもたちのリトミックが終わって担任の先生と園長先生とお話しをしていたら、「お母さんたちの言葉かけが、れい子先生の講演の内容を生かした言葉かけに変わってきてるんですよ!」と!まあ嬉しい❢幅跳びをしていた娘が、「なかなか踏切の角度がつかめない、なかなかできん」と落ち込み悩んでいた高校生の娘に私が「まだ9時間頑張ってないからだよ、頑張ったら必ずできるようになるから頑張ってごらん」といった会話を例にして、脳の髄しょう化の話をしたことが、お母さんたちの言葉かけに表れてきたのだと思います。私は、娘たちに「頑張ればできる」ということを感じて欲しいと思って育ててきました。その根拠は、「脳の髄鞘化」にあります。神経回路は9時間すると髄鞘化され、脳からの指示がスムーズになって、自分の考えたことが考えた通りに動けるようになると言われています。つまり、努力すれば必ずできるようになる、ということなんですね。また、ヒトは、脳からの指示でいろんなことができるようになっていきます。「頭でわかったことを身体全体で表現できて初めて、「できた!」になるのだ」とリトミックの創始者ダルクローズは述べています。こどもは、れい子先生と遊んでいるような楽しさの中で、指導者の私は、「この動きができると○○につながるわ!」とこどもたちが人として生きていくために必要な力を少しずつ少しずつ育んでいけるようにと頑張っています!山香こども園のこどもたちが、リトミックを楽しんでいる様子の写真です!みんな、れい子先生の話をしっかりと聞いてくれています。お話しを聞く力🌼好奇心など色々な力が育まれていきます。これは、私が「魔法のテニスボール」の話をしているところです(#^.^#)魔法のボールだから、次々と色々な物に変わっていきます!   楽しかったね!リトミック研究センター大分第一支局 支局長&チーフ講師くまちゃんのにこにこMusic Land 主宰          熊谷れい子くまちゃんのにこにこクラブ引用元:お母さんが変わった!

      テーマ:
  • 08Oct
    • コミュニケーション力を育てる!

      皆さま、こんにちは。「くまちゃんのにこにこMusic Land」主宰の熊谷れい子です。今日は、別府市の友愛保育園でのリトミック指導の内容を通して、リトミックで育つコミュニケーション力のお話をしたいと思います。リトミックは、こども達が「遊んでいる」と感じている間にたくさんの力を身につけていくことが出来ます。つまり、「いつのまにか出来ちゃった!」と繰り返し経験して行く中で徐々に徐々に「力」を身につけていくのです。もちろん、それは、文科省が求める「10の力」に通ずるものです。友愛保育園には、月2回 0.1歳の混合クラス、2歳児クラス、年少クラス、年中年長クラスの4クラスに分けてリトミックのおけいこをしています。今回は、年中年長クラスのお話をしますね!「遊園地へ行こう🎪」のテーマで、誰とでも仲良くする力「コミュニケーション力」を育むことをねらいに行いました。先月、心の発達の過程では〇〇ちゃんはイヤ〇〇ちゃんが良いと思う気持ちが出てきます。ですが、その気持ちをちょっと我慢させて、「みんなと仲良くすると楽しいネエ」の気持ちを持って欲しいと感じたからです😀これは、リトミック自転車🚲最初に自転車の自由表現をした後、「リトミックの自転車はね」の説明でみんなこんなリトミック自転車になりました。しっかり身体作りも出来ます❣️自転車に乗ってリトミック遊園地に着いてドレミジェットコースターみんな二つのグループに別れて出発の準備です。次は、コーヒーカップです。みんなで一緒に音楽に合わせて段々早くなったり、反対向きになって動きます。誰一人としてコーヒーカップから外れる子もなく、楽しめました。クルクル回りすぎて危険な時は、「あらあら壊れちゃった」と壊れる音楽にし、皆が倒れます。でも、再びコーヒーカップの音楽を流すとサッと活動!最後は、「みんなと仲良くしたら楽しかったね。みんなのおヘソには仲良くする力がいっぱい付いたよ。おヘソを撫で撫でして、お外で遊ぶ時におヘソから出してね(^○^)」きっと、仲良く遊ぶ力が昨日より身についたはず!くまちゃんのにこにこクラブ 熊谷れい子引用元:コミュニケーション力を育てる!

      2
      テーマ:
  • 26Sep
    • くまちゃんのにこにこクラブブログ  弥生町で親子リトミック

      みなさんこんにちは!今日は、佐伯市弥生町に行ってきました。佐伯市のケーブルテレビさんが取材に来られるとのことで、ちょっと念入りにお化粧しました(笑)沢山の葉っぱを色紙で作って準備完了!1歳3か月~3歳の親子15組の参加でした。佐伯市弥生町では、0歳児さんの親子、1歳~3歳までの親子、弥生こども園の年長さん対象のリトミックレッスンの依頼があります。もう、15年ほどになるのではないかと思います。そのためか、リトミックに興味を持って下さる幼児教育関係者やピアノの先生も多く、リトミック研究センターの月例研修会に佐伯市在住の方がたくさん参加してくださっています。嬉しい限りです!今日は、お父さんも参加してくださっていました。ですから、「お母さんとおさんぽ」の歌詞も「♪お母さんとおさんぽお父さんとおさんぽ」と変えて歌いました。親子の活動をしながら、心をほぐし、お膝の上での揺さぶり遊びでは「誰かれい子先生の膝に来てくれますか?」とお願いしたら、スーと男の子が来てくれました。ぼくちゃん、どうもありがとう!そして、いよいよたくさん作った葉っぱの出番です。リンゴ狩りをして、大きなリンゴの木になって葉っぱが飛んで行ったり、うさぎさんが出てきたり、とうとう最後は葉っぱが飛行機に変身してしまいました。次から次へと楽しいお話し仕立ての展開です。今日も、保護者の方の協力のおかげで、こどもたちは楽しそうでした。写真を撮ってくださった弥生子育て支援センターの先生、ありがとうございました。リトミック研究センター大分第一支局 支局長&チーフ講師くまちゃんのにこにこMusic Land 主宰     熊谷れい子引用元:くまちゃんのにこにこクラブブログ  弥生町で親子リトミック

      1
      テーマ:

プロフィール

kumachan-nikoniko-club

性別:
女性
血液型:
O型
お住まいの地域:
大分県
自己紹介:
はじめまして、くまちゃんのにこにこクラブの熊谷れい子です。 「れい子先生の~」で立ち上げていたブログ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ