バツイチアラフィフオヤジの映画日記

バツイチアラフィフオヤジの映画日記

観た映画やドラマ、その他について、基本的にネタバレ無しで!無責任に感想を書き留めていきます。

原作漫画の「銃夢」は未読でしたが制作時からキャメロンが関わっているって事で話題になってましたね~!でもキャラのビジュアルが発表されて、どうしてあんなに目の大きなキャラデザインにしちゃったの?って原作未読にも拘らず正直ガッカリしてました、でもそれでも一応観ておこうかなと上から目線で鑑賞したんですけれどね~(^^;)

没落戦争から300年後、唯一残った空中都市ザレムは支配者層に支配されておりその他の労働者層の人々はザレムが排出する廃棄物がうずたかく積もった地上の鉄くずの街アイアンシティで暮らしていた。ある日そこで暮らす医師・イドは廃棄物の山の中から少女のサイボーグの頭部を発見する、イドはある出来事から捨てられずにいたサイボーグの身体を使って少女のサイボーグを修復する。イドは彼女をアリータと名付け娘のように接するがアリータは過去の記憶を失っており・・・

300年前の没落戦争とか地球と火星連邦共和国とかハンターウォリアーとか空中都市とか鉄くずの街とかパンツァークンストとか世界観がもう流石クールジャパンって感じでカッコイイですね~♪拒絶反応の出た目の大きな主人公アリータもすぐにお気に入りのキャラになっちゃって、逆にあの強調した大きな目で心情を察する事が容易になってる感じで好意的に受け入れてました。アリータの過去が少しずつ判明する展開や圧倒的強さが見ていて爽快感ありました。強いて言えばアリータが強すぎるって問題はありますがグリュシカとの戦闘などひやひやするくだりもあって飽きさせません。どうせなら新しいボディーはもっと大人っぽくセクシーさを強調して欲しかった気もしますがそれはオジサンの戯言って事でwww

ジェームズ・キャメロンとロバート・ロドリゲスのタッグはちょっと相反する感じを持ったんですが、キャメロンの出世作「ターミネーター」もそもそもはバリバリのB級映画だったし通じるものがあるんでしょうね。続編ありきのラスト、期待を膨らませます!♪(*´▽`*)

 

「アリータ: バトル・エンジェル」 オススメ度 ★★★

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村