代表を務めております、芸能プロダクション
「kujuプロダクション」のサイトはコチラ↓

http://kujuproduction.com


シンセ&プログラミングを担当しているユニット
「虚空雲」のサイトはコチラ↓

http://cocoonspace.com



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-31 20:04:03

世界が変わる日

テーマ:ブログ

ブログに書こうか、
そもそも書こうかどうかも迷ったけど、
自分を振り返る意味でも書いておきます。

 

ここのところ、夏休みに入り、
テレビでいじめの特集を見ることが多くなりました。


自分も中学校の時に先生からのいじめにあい、
登校拒否児童になりました(今でいう不登校ですね)
その後、うつ病になり、心療内科を受診したりと、
そんな、中学、高校(結局、行けませんでしたが)時代でした。

 

自分が立ち直ったきっかけは、
音楽と松濤館空手でした。

 

音楽との出会いは、
とても大きく、さらに自分で何かを作るという作業は、
とても救いになりました。

 

松濤館空手との出会いも、とても大きく、
そこで出会った師範の皆様の指導は、
未だに自分を形成していると思います。

 

今、そういう状況にいる子供たちに、
このつぶやきは届きはしないかも知れませんが、
何かのきっかけで届けばいいなと。

 

今、苦しんでいる子供達にぜひ知ってもらいたいのは、
いろんな世界があるということ。


学校の、地域の、そこだけがすべての世界じゃないということ。


何かに、誰かに出会うきっかけで状況なんて、
全然変わってしまうということ。

 

あまりに単純なことで、
大人になった自分にとっては当たり前のことかも知れません。

自分も、子供だったその当時はわかりもしませんでした。
自ら命を断とうと何度も思いましたから。

 

そんな中、最近考えていることが、
今の苦しんでいる子供達にぜひヒップホップを
聞いて欲しいということです。

 

俺は、音楽家で、作曲家でそういう曲も作りますが、
ヒップホップのアーティストでも、
トラックメイカーでも、ラッパーでもありません。


そうではない自分が偉そうなこと言えないのかも知れません。

 

ただ、ヒップホップの世界を知ることによって、
きっと救いがある気がします。

 

俺が子供だったその当時、
サイモン&ガーファンクルから、
始まった救いの音楽の旅は、
ある日、あるヒップホップのアーティストにたどり着きました。


ともすれば、口喧嘩に聞こえることを、
スゲェかっこ良くビートに乗せて、ラップしてました。


フリースタイルラップも衝撃でした。


苦しんでいる世界も自分の状況も環境も
すべて言葉にして吐き出し、
相手とぶつかり合うその世界がとても美しく、印象的でした。

 

そんな世界を知れば、
今の苦しい状況も変えていけるんじゃないかと。

 

夏休み明けにいじめっ子にフリースタイルかませ!
と言いたいところですが、
それはさすがにいきなりレベルが高いと思うので、
いろんなヒップホップに触れながら、
少しづつ世界を変えて行ければ最高なんじゃないかと。


悪口も陰口も良いも悪いも全部ひっくるめて、
音楽で一つの文化にしているヒップホップという世界。


こんな世界があるよ!ということに触れて、
ちょっとづつでも何かが変わっていくんじゃないかと。

 

自分がそうだったように、
自分が救われたように、
一人でも多くの子供達が救われることを祈ってます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース