「不安」/今西伸之介 | 全員サッカーへの、挑戦
新型コロナウイルスに関する情報について

全員サッカーへの、挑戦

関西大学サッカー部は
「全員サッカーで日本一」になるために
熱い毎日を送っています。



こんにちは、ビッグな男を目指しています、法学部3回生の今西伸之介です。


最近ふと人生に不安を感じることが多いです。


今、先輩達は就活をしています。そんな先輩達から話を聞いたりして、自分の将来について考えてみるが、明確なやりたいことなどはまだ見つかっていません。それどころかちゃんと就職できるのかと不安になります。

また、免許を早く取ろうと思っているが、まだ教習所にすら行ってないこと、コロナウイルスに感染してしまわないかどうか、といったことに不安を感じます。自転車合宿のときに先輩から借りたリュックをまだ返せていないことも焦っています。

サッカー中や友達と遊んでいる時にはこれらの不安を忘れることが出来ますが、帰り道などでふと1人になると不安な気持ちになります。お風呂で湯船につかっている時が1番考えてしまいますね。

話は変わりますが、今はほとんどの時間を家で過ごしているので時間が余ることが多いです。なので最近は映画を結構観ています。

映画を観ていると様々な人物が登場します。その登場人物たちは、色々な困難な状況をそれぞれの方法で打開したりします。僕の不安を解消するヒントも映画を観ることで得れるのではないかなと最近感じています。

もちろん家族や周りの友達に相談もしています。相談する事で、1人で考えている時には思いつきもしなかった考えに気付かされます

映画の人物や、周りの人たちの生き方や考え方を知り、そこに自分の考えも反映させながら考えていく事でより良い選択をしていく事ができるということです。

また、これはサッカーにも繋げていけると思います。自分の考えも大事ですが、周りの方が見えていることが多いシーンもあります。そこで周りの意見も聞いて取り入れる事でより良いプレーを選択していくことができます。

とにかく何が言いたかったかというと、ピッチ内でもピッチ外においても自分の世界をつくって塞ぎ込んでしまうのではなく、周りの考えや意見を聞くことが大事だということです。これは本当に当たり前のことだけど、僕は出来ていない時もあります。

不安はまだ残っていますが、これを機に自分で書いたことを意識して解決していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さん体調管理には気をつけましょう!