関西大学体育会野球部ブログ

関大野球部の活動を紹介します!!


テーマ:
いつも関西大学体育会野球部のブログをご愛読いただき、ありがとうございます。

本日は、豊中ローズ球場にてチャレンジリーグ 対 同志社大学が行われました。

①6) 谷田 (経2・須磨学園)
②4) 阪倉 (社1・佐久長聖)
③7) 柳楽 (経2・大社)
④5) 西川 (人間1・聖光学院)
⑤9) 本城 (人間2・履正社)
⑥D) 前岡 (政策2・近江兄弟社)
⑦8) 福重 (社2・戸畑)
⑧3) 田中聖 (文2・上宮太子)
⑨2) 林大 (人間1・米子北)
    P) 肥後 (人間2・広陵)

前回のチャレンジリーグ対近畿大学戦では投打が噛み合わず、手痛い敗北を喫した関大。
何とか先制し、試合の流れを掴みたいところです。
しかし相手投手に抑え込まれ、なかなか好機を作ることが出来ません。

関大の先発は肥後。
要所を締める投球で、得点を与えません。
{23E429D8-3C92-43DC-BE5E-8FAE8D8FBCDA}
先発の肥後

試合が動いたのは5回でした。
先頭打者に左前安打を許すと、犠打などで二死二塁とされます。
ここで内野安打を打たれると、相手の好走塁もあり、1点を先制されます。
ここから3連打を浴び、この回3点を失います。

反撃したい関大は6回。
柳楽が中越二塁打を放ち、好機を作ります!
{4ABAAC27-28D3-4C8E-AAA6-DCBF58E5B016}
本日2安打の柳楽

しかし、後続が倒れ得点出来ません。

7回からは池田伊(商2・関大一)に継投。
しかし先頭打者に四球を与えると、失策とこの回2個目の四球などで満塁とされます。
ここで左前適時打を放たれ、この間に2人の走者が生還、2点を追加されます。
{CE2DC114-29CA-4605-B388-1C5EF20FB95D}
池田伊

8回には本木(環境2・関大一)が登板。
得点圏に走者を許すも、この回を無失点で切り抜けます。
{2A520B02-E7C2-40DF-AFDA-3BA303615293}
本木

対する関大ですが、毎回のように走者を出すものの打線が繋がらず、0ー5で敗戦となりました。

投打共に噛み合わず、守備でも隙を与えるなど、課題の残る試合となりました。

しかし明日もチャレンジリーグが行われます。
今日の敗戦を生かし、明日は必ず勝ちたいと思います!

明日のチャレンジリーグ 対京都大学戦は
豊中ローズ球場にて10時30分試合開始です!

マネージャー 尾端 翔





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも関西大学体育会野球部のブログをご愛読いただき、ありがとうございます。

 

本日は、明治神宮野球場にて第48回明治神宮野球大会 対創価大学が行われました。

 

 

先発メンバー

①4) 多田 (人間3・明徳義塾)

②6) 古川 (商3・東大阪大柏原)

③9) 太田 (文3・乙訓)

④3) 倉川 (文2・桜宮)

⑤5) 松島恒 (人間2・履正社)

⑥7) 西田 (商3・福知山成美)

⑦2) 久米 (人間4・大阪桐蔭)

⑧1) 阪本大 (経4・履正社)

⑨8) 中島 (人間4・箕面東)

 

 

3年前、関大が42年ぶりに神宮大会に出場して以来の対戦です。

この時はタイブレークで敗戦となったので、この試合に勝ち、必ず雪辱を果たします!

また、この試合が今大会の大学の部の開幕試合となります。

平日にも関わらず、校友会・保護者の皆様など、たくさんの方々にスタンドにお越しいただきありがとうございました。

{F3F26CF6-0289-48C8-BBE0-554C5B4D958C}

スタンドの様子

 

 

先発はもちろんエース・阪本大。

初回を5球で終え、三者凡退に抑えます。

{8D75E9BC-B1A3-492E-9B6E-AABD9F1DE0E5}

阪本大

 

2回。

一死から西田が痛烈な右越二塁打を放ち、続く久米の犠飛で二死三塁。

一気に好機を作ります。

{F1954209-B239-45EA-A6E8-69A8463185AD}

西田

 

ここで打者は阪本大。

ファウルで粘りますが7球目で中飛に倒れ、先制とはなりません。

 

 

しかし関大は守備からも流れを作っていきます。

3回、先頭打者を空振り三振に打ち取ると、続く打者の打球を古川が飛び込み好捕!

阪本大を盛り立てます。

{979DD6BB-3FB0-435D-A075-34FC42C8619F}

古川

 

4回。

倉川が左中間を大きく割る二塁打で出塁すると、相手投手の暴投で三塁に進みます。

{71F69FAE-35B4-466F-B485-25A3B0948F0D}

倉川

 

再び迎えた好機に、スタンドも沸きますがここでも後続が倒れ、先手を取ることができません。

 

それでも関大は粘り強く堅い守りで先制点を許しません。

阪本大は回を追うごとに調子を上げ、打線の援護を待ちます。

 

5回。

主将・久米のバットから生まれた左前安打から好機を作ります!

{C6CB8EB5-4888-4148-8B39-48BCF5BAD3AF}

久米

 

犠打と内野ゴロの間に走者を進め、二死三塁とします。

ここで相手投手の暴投の間に久米が生還!

{7FEA45A3-2892-4B5E-8365-E6E74AB9B840}

得点に喜ぶスタンドの様子

 

 

待望の1点を先制します!

 

このまま試合の流れをつかみたいところですがそうはいきません。

その裏に連打を浴び、一死二、三塁のピンチとなります。

ここから犠飛と右前適時打で2点を失い、一気に逆転され追いかける展開となります。

 

7回。

安打と犠打で一死二塁のピンチを招くと、ここで投手交代。

2番手・山本(人間3・桜宮)に後を託します。

{BC69F15E-689A-4C34-BD04-FDFE2C02F2D1}

山本

 

山本は直球で押し、この回を無失点に抑えます。

 

なんとしても追いつきたい関大は8回。

一死一塁から古川の中前安打で好機を広げ、一、三塁。

太田の打席に全てがかかります。

しかしあえなく一ゴロに倒れ3アウト。

再三の好機を生かすことが出来ません。

 

その裏、山本がきっちりと抑え迎えた9回。

スタンドの4年生をはじめ、関大の勝利を信じるスタンドの選手たちの声援が神宮に響きます。

 

まずは先頭の倉川が粘って四球で出塁。

犠打で送り得点圏に走者を進めます。

西田が左飛倒れ二死二塁。

 

ここで迎えるのは誰よりも熱く野球部を引っ張ってきた主将・久米。

期待を一身に背負い打席に入ります。

 

そして3球目。

スタンドの願いもむなしく空振り三振。

1-2で無念の敗戦となりました。

この瞬間、関大野球部の今季の「全国制覇」への挑戦が絶たれました。

 

 

「全国制覇」を目指してやってきた私たちにとって、1回戦での敗退は本当に悔しいものです。

グラウンドで戦ってきた選手たちは特に、ずっと応援してきてくれた方たちに申し訳ない、と思う気持ちもあったと思います。

しかし、球場の外では、温かい拍手で全員を出迎える様子が見られました。

この光景こそ、関大の「塊のパワー」の源であり、どの大学にも負けない強みだと思います。

 

本日をもって私たち4年生の大学野球生活は幕を閉じます。

1年生から思い返すと、辛い事や苦しい事もたくさんありましたが、全ては今日までつながっており、自分たちの糧となっています。

全国大会での1勝を成し遂げることはできませんでしたが、後輩たちが必ず成し遂げてくれると信じています!

 

また、4年生ブログの中で、この4年間の選手たちの思いをお伝えできたかと思います。

保護者の皆様からも、ありがたいお言葉を頂戴し、本当に嬉しく思います。

このチームのこれからを担う3年生、そして4年生の背中を見て育った後輩たちもさまざまな思いを抱いていることと思います。

 

私たちはこのチームが大好きです。

そしてこれからも、もっともっと魅力あふれるチームになるはずです。

これからも、この大好きな関大野球部、魅力がたくさんの後輩たちにご声援をよろしくお願いいたします。

 

4年生を代表して、

4年間、本当にありがとうございました。

 

マネージャー 西尾 奏穂

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも関西大学体育会野球部のブログをご愛読いただき、ありがとうございます。

 
本日は、同志社大学京田辺グラウンドにてチャレンジリーグ 対 近畿大学が行われました。
 
先発メンバー
①6) 谷田 (経2・須磨学園)
②4) 森山 (経2・徳島城南)
③D) 前岡 (政策2・近江兄弟社)
④5) 西川 (人間1・聖光学院)
⑤7) 柳楽 (経2・大社)
⑥9)  (法2・大東)
⑦3) 武富 (社2・洲本)
⑧2) 丸山 (法2・龍谷大平安)
⑨8) 中村勇 (経2・関大一)
    P) 増井 (経2・向陽)
 
関大は初回、二死から前岡が内野安打で出塁し、二死一塁の場面で西川を迎えます。
西川は右中間へあわや本塁打かという大きな当たりを放ち、これが適時二塁打となりました!
幸先よく1点を先制します!
{D53C8894-BE8A-433E-AA25-9F1D5B75B205}
先制打を放つ西川
 
 
しかしその裏、先発の増井は右越本塁打を浴び、早くも同点とされてしまいます。
{03CB4884-3CEB-4F0E-A46D-542096D1ED54}
先発の増井
 
 
3回、先頭打者・森山の右中間三塁打で無死三塁の好機を迎えると、続く前岡の犠飛で再度勝ち越しに成功します!
{984096D9-E1F6-4575-930E-7B77C4A29A4E}
三塁打を放つ森山
 
再び打線の援護を受けた増井ですが、点差を守りきれません。
5回に三塁打と犠飛で1点を失います。
 
 
6回からは森翔(商2・鳥取商)が登板。
先頭打者に四球を許し、犠打と進塁打で三塁まで走者を進められるも、得点は許しません。
{AD5B34F4-7CC8-457B-9B43-576E9BD4F509}
森翔
 
 
7回、先頭打者を見逃し三振に抑えたものの、2個の四球と安打で一死満塁とされます。
ここで中越適時二塁打を打たれ、2点を失います。
その後も得点を挙げられ、4失点でマウンドを降ります。
その後築山(文1・塔南)に継投。
しかし二死満塁から左越適時二塁打を浴びるなど、2失点。
悪い流れを止められません。
{C2D1DD11-C3BA-499A-925D-5F9AB561FBF3}
築山
 
反撃したい関大ですが、5回以降打線が沈黙。
好機を作ることができません。
 
8回からは鷲尾(人間2・平城)が投げますが、一死二、三塁とされ、ここで左前適時打を浴び、三塁走者が生還。
さらに左翼手が後逸し、二塁走者も生還。
この回も2点を失います。
 
最終回、3連続四死球で無死満塁の好機を作ると、谷田の内野ゴロの間に三塁走者が生還、1点を返します。
しかし反撃もここまで。
3ー10で敗戦となりました。
 
試合終盤は一方的な展開にはなりましたが、見つかった課題を見つめ直し、次に繋げていってほしいと思います。
 
マネージャー  尾端 翔
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。