関西大学体育会野球部ブログ

関西大学体育会野球部ブログ

関大野球部の活動を紹介します!!

いつも関西大学体育会野球部のブログをご愛読いただきありがとうございます。

本日は、阪神甲子園球場にて秋季リーグ戦対関西学院大学1回戦が行われました。

先発メンバー
①8)  安藤(経3・西条)
②5)  久保田有(総情3・福岡大大濠)
③3)  上神(法2・佐久長聖)
④6)  野口(人間3・鳴門渦潮)
⑤2)久保田拓(社3・津田学園)
⑥4)坂之下(人間3・大阪桐蔭) 
⑦7)小河(商2・大社)
⑧9)吉川(経4・土佐)

⑨1)高野(商4・出雲商)

秋季リーグ戦はいよいよ大詰めを迎えました!
伝統の一戦である関関戦。両校の誇りとプライドを掛けたこの試合、負けるわけにはいきません!

関大の先発は高野。
初回に四球と安打でピンチを迎えると右前適時打を浴び先制点を許します。
高野

チーム打率.288と今季、関西学生野球連盟でトップの打力で取り返したい関大でしたが、5回まで坂之下の中前安打のみに抑えられ、なかなか好機を作れません。
坂之下

一方の高野も初回以降、1人の走者も許さず試合は投手戦となります。

迎えた6回、一死から高野が四球で出塁すると、相手の失策と久保田有の内野安打で満塁の好機を演出します。本日、最初の好機に球場のボルテージは最高潮に上がります。
久保田有

しかし、上神・野口とここまで関大を牽引してきた頼れるクリーンナップが二者連続三振に抑えられ同点とはなりません。

7回、ここまで3本の安打に抑えてきた高野でしたが、2本の安打を集められるなど二死一、二塁のピンチを迎えます。しかし、離塁の大きい2塁走者を久保田拓が矢のような送球で補殺します。扇の要である久保田拓が存在感を放ちます!
ベンチに迎えられる久保田拓

ピンチの芽を摘んだ関大は直後の8回、代打に阪倉(社4・佐久長聖)、西川(人間4・聖光学院)を送りますが流れを変えられません。

その裏、関大は宮崎(人間2・東海大仰星)に継投します。2つの三振を奪い、簡単に二死としますが、安打と暴投で二死二塁とされ、続く打者に右前適時打を許し追加点を奪われます。
宮崎

最終回、一矢報いたい関大でしたが、最後の打者も三振に抑えられ試合終了。0ー2で敗戦となりました。

3安打20三振と打線が機能しませんでした。悔しさが残る試合となってしまいましたが、下を向くわけにはいきません。明日は4年生にとって泣いても笑っても大学野球最後の試合となります。応援はできませんが、スタンドとベンチが一体となり、関大らしい試合で有終の美を飾りたいと思います。
最後までご声援よろしくお願いいたします。

秋季リーグ戦対関西学院大学2回戦は、10月25日(日)、阪神甲子園球場にて12時30分試合開始予定です。

マネージャー 川上 翔大



4年生ブログ

尾端翔(法4・三田学園)


私の野球人生の原点はまだ野球を始めたばかり、中学1年の夏休みです。始発電車で学校に向かい日が暮れるまで練習をしたうえ、何度も怒られては練習から出され、一度は辞めようと決断しながらも結局練習にくらいつきました。精神的にも体力的にも大きく成長しました。あの経験があったからこそ、その後何度もつらいことがありましたが、乗り越えてこられたのだと思います。
 大学野球のマネージャーは、自分の勘違いや少しのミスで、チームのみんなや野球部に関わってくださっている方々にとても迷惑をかけるので、非常に責任の伴う役割を担っています。それに加え、選手やマネージャーの後輩を指導する立場になり、戸惑うことばかりでした。高校まではいつもメンバー外で、特に責任を求められることもなく、自分が裏方に回ることはあっても周りを動かすことを全くしていなかったので、そのツケが回ってきたようです。
 野球に関わってきて良い思い出はほとんどありません。中学では練習試合を含め1本も安打を打てず、高校では同級生全員が背番号をもらいながら自分だけもらえないという悔しさを味わいました。大学でも自分の不甲斐なさや無力さで毎日のように悩みました。
 それでも野球に関わり続けたのは、野球が好きだったというのもありますが、ここが最大限自分が成長できる環境だと実感しているからです。壁にぶち当たり、苦しい思いをすればするほど、それを乗り越えた時には今までより、ひと回りもふた回りも大きくなることができます。
 そしてここまで続けてこられたのは周りの人のおかげでもあります。両親には、最初「野球を始めるか迷っていた時に自分がやりたいと思っていることをやらないと後で後悔する」と背中を押してもらい、一度辞めると言った際には「とりあえず中学3年間はやってみろ」と説得してくれました。また、高校を引退し、もう野球には関わらないと決めていながら、哲平が「大学のマネージャーはどうか」と声をかけてくれ、再び野球に携わることになりました。
 大学では、未熟な私のことをスタッフの方々が時には厳しく、時には優しく指導してくださいました。マネージャーとして4年間、主務として1年間ここまでできたのも、スタッフの方々の支えがあったからこそでした。
 また、マネージャーの先輩方には、右も左も分からない私にマネージャーのイロハを教えていただきました。先輩方が現役の頃は気づけませんでしたが、最上級生となった今、先輩方の偉大さに気づくことができました。本当にありがとうございました。
 リーグ優勝できなかった悔しさはもちろんありますが、甲子園で野球人生を締めくくられる私は幸せです。残り2試合、微力ながらチームに貢献し、連勝して締めくくりたいです!

〜後輩へメッセージ〜

みなさんには俯瞰的な視点を持ってほしいと思います。自分自身や関大野球部がどう見られているか、周りから何を求められているか、自分の目線から周りを見ることには限界があります。一歩自分を離れて、上から自分を見つめてみてください。そうすれば、自然と自分は何をすべきかが分かるようになり、執行方針にある「各立場持ち場での貢献」に繋がってくると思います。
マネージャーの後輩には感謝の気持ちでいっぱいです。頼りない僕のミスをカバーしてくれたり、深い相談を聞かされたりする一方で、僕からはいろんなことを要求されもして大変だったと思います。それでも僕のことを支えてくれてありがとう。良い後輩に巡り合えてよかったです。


〜自分の野球人生に一言!〜

「凡事徹底」
 この言葉の意味は、『当たり前のことを、当たり前のようにすること』です。よく中学の監督が仰っていました。私は大胆さや柔軟さがありません。だからこそ、基本に忠実に、物事を確実にすることが自分には必要です。
一見すると簡単なことのように聞こえますが、そうではありません。たとえできて当たり前と思われることでも、本当にそのことを突き詰めてとことんできる人は滅多にいません。私自身、特にこの大学4年間はこのことの難しさ、大切さを痛感させられました。この言葉の通り実行できたとは思いませんが、社会に出てからもこの言葉を大切にしていきたいと思います。


尾端とは、4年間誰よりも長い時間一緒に過ごしてきました。初めて会った時は、話しかけてもあんまり反応してくれなくて、「4年間仲良くやっていけるのかな」と少し心配になりましたが、気が付けば一番しょうもない話ができて、気の許せる友達になっていました。主務として大変なことが多かったと思いますが、ここまで本当に堅実に頑張っていました。色々な面においてこの4年間で尾端は変化があったなと思います!これから先も仲良くいきましょう!
あと、唐揚げの食べ過ぎにはくれぐれも注意してくれ!


吉川周佑(経4・土佐)


小学校1年生から始めた約16年間の野球生活がもうすぐ終わろうとしています。時間が経つのが早すぎてあまり引退という実感がなく、自分に野球がなくなったらどうなるのか想像もできないのが現状です。今振り返ると自分が大学まで野球を続けられるとは思ってもいませんでした。体格も小さく野球選手としてあまりふさわしいとは言えない中プレーし、また高校、大学と勉強して入学したことで他の人よりも遠回りしてきましたが、その中でも他の選手に負けまいと必死に練習に打ち込んだ結果が出たのではないかと思っています。特に関大での4年間は自分自身をさらに成長させてくれました。下級生の頃はAチームに上がっても、緊張と先輩からの圧力で自分の思うようなプレーができず、他の同期や後輩が先にベンチ入りしリーグ戦でプレーしているのをスタンドで見つめていました。それが本当に悔しくて何度も悩みながら練習をしたのを今でも覚えています。けれども、こうやって野球に打ち込めたのは目標とする先輩の存在や、ライバルとして刺激し合いときには助け合いながら頑張った仲間がいたからです。最上級生になりキャプテンを務めるようになってからも、空回りして心配をかけたり、いろいろと抱え込みすぎて全て投げ出したくなったときもあったけど相談に乗ってくれる同期や後輩がいたからこそこの1年間頑張ってこられたと思います。本当にありがとう!今思うと本当に関大に来て良かったと思ってます。早瀬監督を始め、小田さん、山口さん、中本さん、合田さん、田尻先生などいいスタッフのもとで野球ができ本当に感謝しています。ありがとうございました。

最後に家族には感謝してもしきれません。幼い頃から仕事終わりに毎日練習の相手をしてくれた父に自分が困っている時にすぐ相談に乗ってくれる母、大学では自分の試合の時に遥々実家の高知から駆けつけてくれて本当にありがとう!もう野球しているところを見ることはできないかもしれないけど、社会人になってから別の形で恩返しできるよう頑張ります!

〜後輩へメッセージ〜

話すの下手くそやしあまりキャプテンとしての責任を果たせたかは分からないけれどそんな自分についてきてくれてありがとう。生意気なこと言う人もおったけど楽しく野球できたから良しとしておきます(笑)。そんな後輩たちに僕から言いたいのは基本的なことやけどしっかり目標を作ってほしいです。私は下級生の頃から身近な目標から将来的な目標まで考えてそれに向かって日々練習してました。他の大学と比べて関大は誰もが試合に出れるチャンスがあります。だからこそ目標を持って、その中でたくさん悔しい思いをして下さい。結果がどうであれ、そうやって最後まで練習していたら実際、自分たちの立場になった時に成長できたな、充実してたなと思うしこの経験が絶対将来につながってきます。頑張って下さい!応援してます!

〜自分の野球人生に一言!〜

「好きこそ物の上手なれ」
ここまで野球一筋で頑張ってきましたが、こうやって頑張れたのも野球が大好きだからだと思います。その中でたくさん喜び、苦労してきましたが野球をやめたいと思うことはありませんでした。
能力は才能のひとつですが、僕は努力できるのも才能のひとつでもあると考えています。能力は生まれ持った才能ですが、努力することはこれからの自分の意識の持ち方によっていくらでも伸ばすことのできる最大の能力だと思います。好きだからこそ野球に対して熱量を持って取り組めたので、能力のある人よりも充実した野球人生を送れたと思います。社会人になってもこの経験を活かし新たなステージで活躍できるよう精進していきます。


吉川は当初、あまり人に指示を出したり、強く言ったりするタイプではなかったし、そういった面で色々と悩んでいる姿を目にすることもありました。悩んで、抱え込んで、伝統校の主将として苦悩の日々だったと思いますが、吉川が主将だったからこそ、関大野球部はコロナなども乗り越えて今まで前に進んでこられました。一般入試からレギュラーの座を掴みそして、主将を務めあげた吉川の努力と心意気を私は心から尊敬しています。ここまでしんどい思いをしてきたからこそ得たこの経験を武器に、この先の社会で戦っていってほしいと思います!

本日で4年生ブログは最後となりました。4年生それぞれの想いが込もった28回のブログ企画はいかがでしたでしょうか?

いよいよ明日は伝統の関関戦です!
4年生にとっては現役最後の戦いとなります。最後を勝利で飾れるよう全力で戦いますので、熱い応援をよろしくお願いいたします。

マネージャー 橋本 凌太




 
 
4年生ブログ


山崎健太(経4・智弁学園)

長いようで短かった14年の野球人生が終わりを迎えようとしています。小学校、中学、高校の頃は練習が嫌で今すぐにでも辞めたいと思っていましたが、もうできなくなると考えると寂しく感じ、当たり前のように野球ができていた日々が幸せであったと認識しました。

幼いに父親に連れられ、近鉄バファローズの試合を何度も観に行野球に興味を抱いたことから私の野球人生は始まりました振り返れば、苦しいことのほうが多かった気もします。それでも礼儀作法、忍耐力、理不尽さ、達成した時の喜びなど、多くのことを学び濃い時間を過ごせました。

高校最後夏の大会のメンバーから外れ、悔しさを持って関大野球部に入りました。その中でもポテンヒットを量産し、リーグ戦に代打として出場できていた大学2回生の頃は、一番輝きを放っていたと思いますの後は思うような結果が出ませんでしたが、技術的にも、人間的にも大きく成長し、関大に来ることができて良かったと感じています。そしてどんな時でも気にかけてくださり、熱心に指導をしてくださった早瀬監督、小田コーチには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

これまで野球をさせくれたお父さん、お母さん、ありがとうございました。重なるケガで多くの病院に連れて行ってくれたり、高校では寮生活をさせてもらったり、多くの迷惑をかけてしまいました。良いところを見せたかったですが、それが叶わず悔いが残ります。

最後に、今までお世話になった多くの方々に感謝の気持ちを申し上げたいです。ありがとうございました。

 

〜後輩へメッセージ〜

まず、練習に付き合ってくれたり、整備や補助をしてくれたりありがとう。

あまり偉そうなことは言えませんが、これだけは伝えられることがあります。それは「仲間の大切さ」です。これから多くの壁にぶち当たることがあると思います。しかしそんな時に周りを見渡すと、どんな時でも手を差し伸べてくれる仲間がきっといます。そして成功した時には一緒になって喜んでくれます。この様な人たちが集まった集団が関大野球部であり、関大野球部の素晴らしいところだと思います。いつでも助けてくれる仲間がいるということを忘れず、頑張ってください。

 

〜自分の野球人生に一言!〜

「出会い」

私はこれまで、野球を通じて多くの「出会い」があり、様々なことを経験しました。中学では原因不明の握力障害、高校では右肩脱臼、大学では右足首脱臼と怪我を繰り返しましたが、だからこそ出会えた人たちもいます。この様な出会いは総じて、「多くの人たちの支えを貰って私は野球ができている」ということを私に教えてくれました。全ての出会いに感謝したいです。

個人としては何も残すことはできませんでしたが、甲子園優勝、神宮準優勝を経験することができました。そして素晴らしい仲間や指導者にも恵まれ、皆さんのお陰で幸せな野球人生を過ごました。ありがとございました。

健太とは何かとよく話したなと思います。ライトのファールゾーンを通ると大体いつも何か声をかけてきて、そのまま野球の話や、たわいもない話をしていました。「お前が公式記録書いたら打てへんねんなー」なんて可愛い言い訳をしていたのがすごく懐かしく思います。


山崎健太郎(経4・大社)

1,2回生の頃は小田さんや監督さん、そして山口さんからたくさん技術的なご指導をいただいていましたが、今では唯一山口さんから『やまさき〜。ピッチャー仕上げてあげて。』としか言われなくなってしまいました。『もう引退か〜。早いなぁ。』とつくづく感じる今日この頃であります。ちなみにキャッチャーの皆さん、薄々気づいているかもしれませんがブルペンに本社を置く『山口組(株)』はブラック企業です。ですが、たまにブドウとか梨を給料としてもらえるのでそれを楽しみに頑張ってください。

僕が関西大学野球部に入部を決めた理由は2つあります。1つは小さい頃から憧れを抱いていた甲子園でプレーするということに未練があったからです。高校時代、甲子園に行けなかった分、『関関戦であのフィールドに立ちたい!』と思いました。(未だ立てず。)2つ目は高校時代の先輩(ほぼ友達)の柳楽さんが関大で野球を頑張っておられたので『もう一回一緒に野球やりたいな〜』と思い、決めました。入部早々、僕は人生初の『イップス』を発症しました。ブルペンでは3つ隣のピッチャーへ返球し、ノックではキャッチャーゴロ(ボールセカンド)を3球連続バックスクリーンに遠投しました。一日中投げることを考え、練習時間が近づくと変な汗をかき、最終的に自分から申し出て一時期全体練習から外れました。生まれて初めて本気で野球をやめようと思い、スタッフに言いに行くつもりでした。しかし仲間と一緒に楽しくご飯を食べたり遊びに行ったりしたことや、練習相手や相談相手になってくれたおかげで、1年くらいでイップスは治りました。

『人生は出会うべきタイミングで、出会うべき人と出会うようにできている。』これは、高校時代の監督さんがおっしゃっていた言葉です。僕は、この同期じゃなかったら最後まで野球を続けることができなかった自信があります。同期だけでなく、本当に可愛がってくださった先輩方や、生意気だけど可愛い後輩たち、そしてこんな自分に指導してくださり、野球だけでなく一人の人間としても成長させてくださったスタッフの方にも本当に恵まれたと思います。ありがとうございました。

そして、ここまで僕に好きなように野球をやらせてくれた両親を始め、これまで野球を通じて出会った全ての方々にこの場を借りて心から感謝します。ありがとうございました。一人前の大人になっていつか親孝行、恩返ししたいと思います。

また、小学校の頃からずっとライバルだった脩汰が大学でここまで注目される選手になると嬉しい反面、少し悔しい気持ちもありました。(笑)しかしドラフト会議の結果がどうであれ、彼が野球を続ける以上1ファンとしてこれからもずっと応援したいと思います。そして僕も刺激をもらいながら負けないように頑張っていきたいと思います!

 

〜後輩へメッセージ〜

僕がこの4年間本当にやってよかったなと思うことは、とにかく本をたくさん読んでいろんな人のいろんな考え方を学んだことです。小田さんも普段から口を酸っぱくして『読書をしろ』とおっしゃっていますが、まさにその通りだなと思います。就職活動にもかなり活きました。

キングコングの西野さんの言葉で『一万時間の法則』というものがあります。これは何かというと、1つのことに1万時間費やせば、その分野では少なくとも100人に一人のレベルになれるというものです。そしてこれを3つの分野でやって100×100×100=1000000『100万人に一人の能力を持った希少価値の高い人物になれ』ということです。

競争率が高く選手層が厚い関大野球部で試合に出るためには、この考え方は非常に大切だと思います。とにかく1つのことに特化して誰にも負けない自分の武器を磨き上げることができれば、自ずと試合に出場するチャンスは増えます。『走、攻、守』どれも中途半端な選手より、例えば『誰よりもバントが上手い』とか、『誰よりもベンチで声を出して盛り上げてくれる』と言った選手の方が、チームとしての希少価値は上がます。

後輩たちには残りの大学生活の中で『野球部』という小さなコミュニティにとどまることなく、本を読んだりいろんな考え方を持った人に会ったりして自分の人生の色をもっと増やしてほしいなと思います。

 

〜自分の野球人生に一言!〜

『結果=能力×情熱×考え方』

これは僕が高校時代の監督から学び、ずっと大切にしている言葉です。これは何かというと、『能力』と『情熱』はそれぞれ0点から100点まであり、これが積でかかるので、能力を鼻にかけ努力を怠った人よりも、自分には普通の能力しかないと思って誰よりも努力をした人の方がはるかに素晴らしい結果を残すことができるというものです。そしてこの3つの中で一番大切なのは『考え方』です。理由は、『能力』と『情熱』はプラスの方向にしか働かないのに対して、『考え方』だけは間違った考え方で努力するとマイナスに作用するため、積がマイナスになり、悪い結果になるからです。

来年から僕は社会人になりますがこの考え方を自分の信条にしまた一から謙虚に頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

ギター侍、そんな別名を持つ健太郎の歌声は聴く人みんなを魅了してくれます。かつて、先輩とカラオケに行った際、隣の部屋からとんでもない美声が聞こえてきて、すごいなと思っていたらそれが健太郎だったなんてこともありました。歌も上手くて努力家の健太郎は、すごくかっこよかったです!


いよいよ4年生ブログもラスト1日となりました。

最後まで是非ご覧ください!


マネージャー 橋本 凌太