くみこ音楽教室
  • 12Aug
  • 25May
    • 金曜日は大人の生徒さんの日??

      今日は、午前から体験の方がいらして下さいました。が、びっくりするぐらい、大人の方ばかり夕方高校生の子も来ましたが、弾きたい曲をお話ししながら、殆どおしゃべりして、暑いので休憩して飲み物飲んでいたりの方もいたり。年代が私と同じくらい、でも譜読みが上手く出来ない❗️と、言う主婦の方は、写真の氏家克典さんの教本のスティーリー・ダンの曲とかに興味津々、CDを流して聴きながら、一つずつ弾いていました。月2回しか来れない、という方もいたり、また、これから調整ですが。金曜日は大人の日??最後の高校生の男の子の子は、ピアノでコードを知りたい!バンドやりたいので、基礎やりたい、という子でした。他にも、私が今弾いている、エンジのピアニカを見てやってみたい😊という人もいらした。また、私も楽しい時間を過ごし、勉強にもなりました。

      8
      テーマ:
    • 体験25日、29日募集締め切りました。 感謝です‍♀️

      5月25日、29日の体験、全てうまりました。心より感謝申し上げます。まだ、週2日からのスタート、少しずつですが、来年に向けて色々考えていきたいと思います。問い合わせは、いつでもどうぞ、宜しくお願い致します。くみこ音楽教室、k-orange.shirocat3@docomo.ne.jp私は、クラッシックオンリーより、ジャンルも全て垣根なく、幅広く考えているので、引き続き、3才〜大人の方〜ご相談下さい。演歌でも、ポップスでも。。。●私自身もゴスペルは、11年、ボランティア活動をしていて、垣根が全くないので。音楽は楽しく!がモットーには、変わりありません。私自身も練習、スキルアップしながらの日々です。皆様から学ぶこと、たくさんです。また、気楽に見学だけでもいらして下さい。過去にやったお教室の発表会です。合同発表会,

      1
      テーマ:
  • 24May
    • お教室のお隣の叔母の画廊

      音楽教室のすぐお隣には、義理叔母が画廊をやっています。👨‍👨‍👧美大の学生さんに安く、開放したり、前、千葉テレビでも紹介されていました。YouTubeにもたくさん出ていますが。今、現在も、坂本佳与子展をやっています。今日は雨でしたが、先日お出迎えしてくれたネコちゃんと共に紹介しておきます。睦子おばさま、なのでギャラリー陸😊と、これからお世話になるので、宣伝です。🌷以前は、たまに美大生が、入り口のスペースに自由に絵を描いていったりしていました。✋くみこ音楽教室の問い合わせは、k-orange.shirocat3@docomo.ne.jp

      2
      テーマ:
  • 22May
    • 音楽は正に音を楽しむもの、暑さを吹き飛ばせー♩

      今日は暑いー。そんな中、ゆったりとしたTシャツが届きました。昨日、一部飾りつけたお教室とTシャツ着た私。鍵盤ハーモニカもお教室に置いてありますので、可能性を知って頂けたらなぁ。と、思います。ピアノ、エレクトーンの他に、鍵盤ハーモニカの良さ、ゴスペルでも活動しているので、なんでも相談頂ければ、初歩から。音楽は、楽しむもの私が一番伝えたいことです。ジャンルも関係なしです。体験だけではなく、見学も、お気軽にいらして下さい。(事前に連絡は、宜しくお願いします)k-orange.shirocat3@docomo.ne.jp

      2
      テーマ:
  • 21May
    • 5月25日(金)5月29日(火)無料体験募集します。

      5月25日(金)5月29日(火)無料体験をします。時間は30分、好きな時間を、お知らせ下さい。3才~大人~~弾きたい曲があり、楽譜がある方はお持ちになり、また、初めての方は、楽しく鍵盤に触れたり歌を歌ったりお一人、お一人に合った体験レッスンにしたいと思います。楽器は、ピアノ(アップライト)、エレクトーン(ステージア01スタンダード)、キーボードなど。お気軽に、お教室の雰囲気を見に、是非いらして下さい連絡は、k-orange.shirocat3@docomo.ne.jp浅野久美子〒260-0045千葉市中央区弁天3-8-12フルールコンセール万愛(赤茶色の4F建てマンションの1F)隣りには、白い建物の睦ギャラリー(画廊)目の前には、中央図書館があります。(ドトールコーヒー)JR千葉駅から徒歩8分

      2
      テーマ:
    • お教室のお楽しみ会をしました!

      くみこ音楽教室スタート前に、口コミでご近所の子供達と大人の方が集まって下さり、音当て、歌を歌ったり、ピアノ、エレクトーン、キーボード、ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)の音を出したり、休憩時間はお菓子を食べたりして過ごしました。温度差が激しい最近、まだまだ寒かったりでも爽やかなお天気が続いています。数名の人が入会して下さいました。ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)に関しては、まだまだ、学校の教材のもの・・・これから、ピアノ、エレクトーンの他にも知って欲しい楽器ですナビ付きキーボードは、楽譜がわからない、初心者の方に、たくさん体験弾いて頂き楽しんでいました次回のお楽しみ会、体験もまたお知らせ致します。

      1
      テーマ:
  • 20May
    • あっちゃんのブログ~私本人のくみこ音楽教室スタート。

      ■問い合わせは、先ずメールにて、k-orange.shirocat3@docomo.ne.jp〒260-0045千葉市中央区弁天3-8-12 フルールコンセール万愛1F(4F建ての赤茶色のマンション)千葉駅徒歩8分、中央図書館のすぐ裏&睦ギャラリー(白い画廊)のすぐ隣りです。今現在、週2日(火)と(金)時間応相談3才~大人まで~入会金無料ピアノ、エレクトーン、30分の体験無料月3回レッスン30分¥6.000~(月により、週が違いますので、事前にお知らせ致します。)ヤマハで合同発表会も毎年任意で参加出来ます。導入、初心者の方は、基礎力をつけるところから。又は、好きな曲を1曲でも仕上げたい、等々。クラッシックに拘らずにジャンル関係なく、何才からのスタートでも遅いことはないです。音楽の楽しさを身に付けて頂くお手伝いが出来れば!と、思っております。●ナビ付きのキーボードも置いてあります。小さいお子様もお楽しみ会も行っているので、是非、いらして下さい。またお知らせ致します。

      2
      2
      テーマ:
  • 16Aug
    • 矢野顕子トリオ、ライヴ。ブルーノート東京に行ってきました。

      久しぶりのブルーノート今回は、先ず矢野顕子さんのピアノの演奏力に、圧倒されました。ジャズ、アドリブ、素晴らしい。そして、クリス・パーカーのドラム、前からの形を崩さずに、パワフルなドラムでもあり、曲の支えをしっかりなさってた。CDにサインも頂き、とっても紳士でした。そして、ウィル・リー。素晴らしいベースプレイでした。今回、話して写真も撮ったり、とてもフレンドリーで気さく、でも、音楽の話は、真剣でした。そんな話をしてる時は、目が違います。新しいことを取り入れて、他のアーティーストのライヴも見にいったり、日々、努力、進化の方、まだまだ進化するWill Leeにも感謝です。今回のライヴは、楽しい、素晴らしいの他、進化している皆さんのパワーももらいました。年齢は関係ない。やる気♪そして、音楽は、音を楽しむ♪また、色々な角度から、応援したい方々です。私・・・・英語、特に音楽の話は、厳しい(TT)勉強します。私の写真とサイン入りのCDは、ブログでは出しませんが家宝です。3人の素晴らしいCD。2曲は、ウィル・リーと一緒に歌ってました。リラックマ大好きな矢野顕子さん。前日は原作者の方もいらしてたそうです^^この曲の時に、大・大きな、リラックマが登場しました素晴らしいライヴ。また来年もやって欲しいです。■セット・リスト1.BAKABON 2.学べよ 3.海のものでも、山のものでも 4.WITH YOU IN MY MIND 5.1.2.3 with Will Lee6.リラックマのわたし 7.変わるし 8.在広東少年 enc.9.ごはんができたよ 10.AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH with Will Lee<<

      30
      12
      テーマ:
  • 21Jul
    • 続き~、マグネットノーツのライヴ告知2です^^

      東京でのライヴの興奮も覚めやらないまま、7月25日、大坂、心斎橋SOMAで、ライヴがあります^^いつか行きたいです^^I love Oosaka皆さんもどうぞ、実際の素晴らしい、プログレのバンド、MAGNETNOTEZ(マグネットノーツ)体感してみて下さい!!マグネットノーツの公式ホームページ→http://sound.jp/mag-inc/はっちゃんのヤフーブログ、今回のライヴのことも書いてあります→http://blogs.yahoo.co.jp/hacchiyang/62349027.html?vitality

      テーマ:
    • 吉祥寺シルバーエレファント、7・14、はっちゃん(key)の東西混合ライヴに行ってきました♪

      7月14日(日)吉祥寺シルバーエレファント、Enciphers & Deciphersのライヴに行ってきました。今回3回目となりますが、私は、2回目には行けず、今回、去年の3月に続き2回目の参戦。大御所の難波弘之さんのバンドが対バンさんで、最高音譜2バンドのうち、難波さん率いる難波弘之さんのバンド「THE HITS !?」が、トップを飾りました。とても、フュージョン、ロックな感じの要素に溢れてていて、素晴らしかったです。難波さんの変わらない、キーボードさばき。難波さんというと、山下達郎さんを思い出してしまいますが、全く変わらずのスペシャルな演奏、最高に乗れました2番手&トリは、Enciphers & Deciphers[Members]はっちゃん・初坂恵美 - keyboards (Igzit-nine, Magnetnotez)井上のぼる - guitar (Igzit-nine, Magnetnotez)国分巧 KOKUBU - bass guitar (Cichla Temensis / Elastic Tone)くどうげんた - percussion (Stella Lee Jones)下田武男 - drums (Nuovo Immigrato)難波弘之 - keyboards (guest )[Set Lists]1. Ibis (国分さん)2. Ghost Wind (井上さん)3. Lapis Lazuli (国分さん)4. Insurgent's Ferriswheel (井上さん)5. Cannonball Runner (井上さん、新曲)6. Solitude (はっちゃん)難波さん、参加でツインキーボードに。- encore -7. Scatterbrain(Jeff Beck)難波さん参加。ここで、シンセはコルグのクロノス、2台になり、立ち上がりマイペースなクロノスの間のMCも面白かったです。全体的には、はっちゃんのMC,そこに、くどうげんたさんが絡み、とても楽しかったです下田さんのパワフルなドラム、国分さん独自の千切りベース、わきあい合いな、大阪、東京の混合バンド、リハは前日に7時間と、当日!というのにも、関わらず、素晴らしく、息が合ってて素晴らしい▲ナオコバさんとお会いできなく、また席を譲って下さり、いつも、ナオコバさんとwonderyamaさんには、感謝、感謝、一番前の真ん中の席でした。 今回は、初対面の方も多く、FBのオフ会みたいで、私的にも、最高に楽しかったです■今週末もマグネットノーツでライヴがあります。大阪、心斎橋、SOMAです。お近くの方は是非、いらして下さい■また、やって欲しいEnciphers & Deciphers、更に期待大です音譜ブログ記事、いつも素晴らしいwonderyamaさんのブログも覗いてみて下さい。的確&楽しい記事です。↓http://blogs.yahoo.co.jp/wonderyama2000/15407635

      1
      2
      テーマ:
  • 17Apr
    • 1年振りのブログ再開m(__)mマグネットノーツ、ライヴ告知♪4/17(水)

      今日、マグネットノーツのライヴがあります。お近くの人は是非♪ 4/17(水) 心斎橋SOMA http://www.will-music.net/soma/ 出演 : MAGNETNOTEZ / HOLYTHE / Heartful☆Funks / ノノopen / start 18:30/19:00 ¥1500/¥2000 1D¥500別。 キーボードのはっちゃんとは、公私共に親しくさせて頂いてます^^大阪拠点ですが、東京でのライヴも楽しみです。また告知しま~す^^私の大好きな曲、ギターの井上さん曲の、「アルケミスト」載せます。このマグネットノーツから~、私のブログ再開です(^^)私事で休止してたブログ、ボチボチ、ゆっくり再開です。また、宜しくお願い致しますm(__)mマグネットノーツは、何度か記事を書いているので、過去記事も、是非、観て下さい!!

      テーマ:
  • 27May
    • 吉本新喜劇のテーマですが~~、実は~~デキシー・ランドジャズ♪

      吉本新喜劇のテーマ曲の「ホンワカホッカ ホンワカホンワカ ホンワカホンワカ~~みたいな曲」。ピー・ウィー・ハントという、トロンボーン奏者の、デキシーランド、ジャズです。よく、聴くと奥深いです。1954年のアルバム「Swingin' Around」に録音したものです。調べると、古い、歴史のあるデキシーランドジャズだったので、感動しつつ、今、弾いて(練習)してます。この方が、ピー・ウィー・ハントです。このジャンル、いいなぁ。改めて、好きになりました。

      テーマ:
  • 06May
    • ジャズオルガニスト、トニー・モナコ♪ 追記、バーバラ・ディナーリンとの共演♪

      更新、出来ずにすいません。この間、私事で、色々なこともあり・・・ライヴも行ったので、後日、また記事にします。今日は、この方を、載せたかったので、聴いて下さいトニー・モナコ、オンガン奏者。(アメリカ在住) ファンキー&ブルージーなオルガンのサウンド、迫力のパフォーマンス、テクニック。ジョーイ・デ・フランセスコとともに現代のジャズ・オルガン界の重鎮です。トニーは、筋萎縮症という持病があるとのこと。肩、腕の痛みと脱力の症状が出るようであるがそんなことを微塵も感じさせないパワフルな演奏♪下は、手ベースです。凄い!!来月、来日します・・・。必見。  追加記事、Barbara Dennerlein(バーバラ・ディナーリン)ドイツ、48才・・・  トニー・モナコと、共演している、バーバラ、いずれ記事にするつもりでしたが、  二人の共演があったので、載せておきます。  演奏、ベース、足の動きやテクニックが、凄すぎる!! コットンクラブ公式サイト→http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/2012/0628_tony/トニー・モナコ公式サイト→http://www.b3monaco.com/トニー・モナコ× Barbara Dennerlein(バーバラ・ディナーリン)ベース、足の動きや、テクニック素晴らしい。聴いてて、スッキリ

      テーマ:
  • 31Mar
    • 和と洋の融合の素晴らしさ♪

      吉田兄弟・・・前から、聴いていて、実際に彼らを、観たのは、3年前の、EXILEのコンサートでした。EXILEの「FIREWORKS」という曲で、コラボしているのですが、コンサートでは、この1曲のためだけのサプライズ、出演。上から、見下ろす感じで、しっかり、三味線の凄さを、見ていました・・・素晴らしかった。その後、まだ、単独では、コンサートには、行ってないので、いつか実現したいと、思っています。 吉田 良一郎(よしだ りょういちろう、34才)吉田 健一(よしだ けんいち、32才)吉田兄弟(よしだきょうだい、Yoshida Brothers)は、北海道登別市出身の津軽三味線の兄弟奏者。ドーモレコード所属 DOMO Music Group / DOMO Records, Inc.。数々の賞を受賞し、日本国内に留まらず、世界中で幅広く活躍中。共に5歳より三味線を習い始め、1990年より津軽三味線奏者の初代・佐々木孝に師事。津軽三味線全国大会などで頭角を現し、1999年にアルバム『いぶき』でメジャーデビュー。民謡界では異例の10万枚を超すヒットを達成する。 伴奏楽器の三味線とは異なる器楽としての津軽三味線独特の魅力を強調し、オリジナル曲を多数作曲。三味線に興味などなかった若い層にリスナーを広げ、高い人気を誇る。 日本国内はもとより、アメリカやヨーロッパ、アジアでも広く活動し、日本の伝統芸能の枠を超えてワールドワイドに活躍出来るアーティストとして、今後がさらに期待されている。~~以上、Wikiからの引用~~下は、大好きな曲です。MONKEY MAJIK とのコラボ曲の「CHANGE」と、「SEVEN」という曲です^^井上 鑑(いのうえ あきら)とのコラボ曲、力強いです^^この曲、変拍子です・・・カッコイイ^^吉田兄弟公式サイト→http://yoshida-brothers.jp/

      テーマ:
  • 27Mar
    • トムスコット、ライヴ。マイ・バースデーinコットンクラヴ・・・(^^)

      3月16日(金)、コットンクラヴ、バースデー、半額、ご招待ライヴ。に行ってきました。前から、行きたかった。トムスコット、この、私の誕生日月に、お知らせが来て。(3/25が誕生日で、50才の節目を迎えた私には、特に、色々な思い出になりました。)お得な価格で、申し訳ない、最高のライヴでした。トム・スコット(Tom Scott 64才)はアメリカ合衆国ロサンゼルス出身の、ウェスト・コースト・ジャズ・フュージョンを代表するサックス奏者で作曲家、編曲家。10回以上グラミー賞にノミネートされており、3度受賞してもいる。“L.A.エキスプレス”に『タクシードライバー』の音楽 米西海岸の重鎮サックス・プレイヤー/コンポーザーが初登場グラミー賞を3回受賞12回ノミネート。コンポーザー、アレンジャー、サックス・プレイヤーで米西海岸音楽シーンの重鎮、トム・スコット。1948年L.A.で作曲家の父とピアニストの母の間に生まれ、18歳で初リーダーアルバムを録音。'73年に結成したL.A.エキスプレスはフュージョンの草分けとしてクルセイダーズと人気を二分、その後バンドやソロで活躍するほか映画『猿の惑星』『タクシードライバー』の音楽、ジョージ・ハリスン、ジョニ・ミッチェルらのサポート、アカデミー賞授賞式の音楽ディレクターなど、米音楽界に欠かせぬ重要な存在として長年に渡り活躍を続けて来た。そんなトムが実力派メンバーたちを率いて3月に来日、コットンクラブに初めて登場。~~以上、サイトからの引用~~下は、トムが吹いた、サックスが2つ、ピカピカ。握手と、購入したCDにサインをして頂き、感激でした。【Member】 トム・スコット カリフォルニア・エクスプレス (TOM SCOTT CALIFORNIA EXPRESS) Tom Scott (sax) Gilbert Castellanos (tp) Josh Nelson (p) Trey Henry (b) Gene Coye (ds) 公式サイト→http://www.tomscottmusic.com/コットンクラブ公式サイト→http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/120314_tom/下は、今回のライヴとは違いますが、好きな曲です握手とサイン・・・英語が出てこな~い私、頑張ろう、英会話^^ストロベリーのカクテル・・・美味しかった^^終演後、トムが吹いた、ピカピカのサックス、撮影許可が出て、撮ってきました^^

      テーマ:
  • 21Mar
    • ジャズ・ファンク・・・これから~のバンド、紹介!!

      Phat Phunktion (ファット・ファンクション)タワー・オブ・パワーやアヴェレイジ・ホワイト・バンドといった’70sソウル/ファンクの人気グループやジャズ・フュージョンに影響を受け、Hip Hopの要素も取り込んだコンテンポラリーなファンクサウンドで人気のファンク・バンド、ファット・ファンクションが4枚目のアルバム『リアル・ライフ・・・ハイ・フィデリティ』を携えて、日本に再びやって来る。米ウィスコンシン州マディソンで1996年、大学で音楽を専攻する学生たちによって結成。歯切れの良いホーンセクション、迫力のリズムに厚みのあるハーモニーで人気のファンキーなナンバーはもちろん、そのバラードの美しさはAORファンも魅了するほど。来月、4月の来日が、楽しみですコットンクラブ公式サイト→http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/120412_phat/バンド公式サイト→http://www.phatphunktion.com/fr_home.cfm

      テーマ:
  • 14Mar
    • ザ・レイン・オブ・カインド、変拍子等など!!ロックとジャズの架け橋、期待のバンド♪パート2

      The Reign of Kindo(ザ・レイン・オブ・カインド)以前、ご紹介した、このバンドの奥深い、ジャンルがあまりない、私好みの曲を、また、見つけました。曲により、個性が出てる・・・前身バンド"This Day and Age"を母体とするエモロックバンド。EmoなのにJazzyなのが売り。ニューヨーク州というお土地柄かインテリジェンスで哀愁漂う、まさに大人なエモサウンドを構築させています。(ジャンル分けはしにくいバンドです。) ここではThe Reign of KindoのCDレビューや記事などを掲載しています。 メンバーJoseph Secchiaroli(gt /vo)、    Steven Padin(dr / vo)、    Kelly Sciandra(pi / rhodes/ tp)、    Michael Carroll(gt /sizes)、    Jeffery Jarvis (ba /vo)の5人からなるNY出身のバンド、The Reign of Kindo。前身となるバンド、this day & ageとして2枚のアルバムをリリースした後、ボーカルの脱退に伴い、ベースを担当していたジョーがボーカルとなり、現在の体制でThe Reign of Kindoとして再始動。2008年リリースの1stアルバム、『Rhythm, Chord & Melody』では、それまでのインディー・ロック / エモ寄りだったサウンドからメンバーのバックグラウンドでもあったジャズやポップスを見事にブレンドした、新たな音楽性を展開しています。翌2009年には、昨年は朝霧ジャムに出演し、圧倒的な演奏力と創造力で、ここ日本でも高い評価を獲得しました。 ~以上、ネット記事から引用~まだまだ、インディーズで出たての彼ら、情報があまりないのですが、去年、ニューアルバムも出して、来日しています。まだまだ、見ていきたいバンドの一つですマイ・スペース→http://www.myspace.com/thereignofkindo個性の違う、3曲、お届けします・・・一番下は、去年冬のCDから~、季節はずれですが、かっこいいWHITE CHRISTMASです     「Just Waits」                  「Hard To Believe」(とってもジャジー・・・)           「WHITE CHRISTMAS」(原曲をとどめながら、彼ららしい。)        

      テーマ:
  • 09Mar
    • この時期になって、思い出す名曲♪ 色々なことがあったこの1年へのメッセージソング。

      佐野元春(55才)この3/13は、佐野さん自信の誕生日でも、あります。 2011年、去年、3/12.13、の佐野さんの30周年コンサートで、バックコーラスで歌うことになり、100人で、皆で、NHK101スタジオでリハーサルを行ったのが、3/8・・・・・(ゴスペルの先生繋がりでの実現です) もう、夢のような、一生できないような経験。 佐野さんの「SOMEDAY」のバックコーラスを何度も、佐野さんの指示で変更しながら、リハーサルをしました。 演奏も。プロって凄い!!としみじみ感じで、そして・・・その3日後、関東で震災があり。 コンサートは、中止、先が見えない状態になり。 その時の「SOMEDAY」の楽譜とバックステージスタッフステッカー等は下に!!(私達は、サビの前からのハモリ、私はアルトパートです。) その後、6/18、19に延期公演が決まり。 バックコーラスはなしになったので、ステージには、立てなかったですが、 同じ場所、国際フォーラム(有楽町)まで、出るはずだった、数人で観にいきました。佐野さんのコンサートは、ほぼ、初めて!! 予想は、もっとゆったりしたイメージ。でも、とんでもない、ロックしてる、 ジャズっぽい曲、ラテンっぽい曲。3時間のコンサート、ずっと、走り続けていました!! 演奏や歌や、構成全てのレベルの高さを感じながら・・・・・。自然と立ちあがって、手を挙げて踊って、 そして、ステージで歌うはずだった、「SOMEDAY」思いっきり、歌いました リハーサルを思い出しながら・・・・・ でも、このレベルの高さに、私達、オバサンコーラスはなくて正解でした。 本当に、佐野さんのお人柄も素晴らしい!! バックバンドの一人ずつの紹介や、スタッフ全員の紹介。 そして、今回、震災に合われた、東北頑張ろう、応援しよう!!とメッセージを伝えてました。コンサートのセトリなどは、6月の過去記事を、見て下さい。今でも、この歌は、色々なメッセージが詰まっている・・・涙が出ます。改めて、日本の強さ、絆を、思う・・・リハの時に、録音が許されて、音源があるので、宝物となりました。 いつか、音源の許可が出たら・・・出します。(^^)V                                                     6月の延期公演の、入り口、大きなタペストリーが、ありました。

      テーマ:
  • 08Mar
    • たまには、ハードなロック聴きたい・・・スッキリ!!

      ディジー・ミズ・リジー (Dizzy Mizz Lizzy)は、1990年代に活動したデンマークのロックバンドである。グランジ/オルタナティブ・ミュージックが全盛だった1990年代初頭にデビューし、本国において絶大な人気を誇り、国外のロックファンからも多くの支持を得ていた。グランジ/オルタナの流れを汲みつつも、ハードロック/ヘヴィメタルの影響を感じさせる音楽性や、哀愁を感じさせる美しいメロディ、変拍子や転調を多用した予測のつかない曲調などが特徴。 バンド名はビートルズがカバーしたラリー・ウィリアムズの楽曲「ディジー・ミス・リジー」に由来する。~~以上Wikiからの引用~~ハードロックの境を超えた、ジャンルがあまりない感じの、変拍子がカッコイイこのバンド・・・来日も多いので、是非、ライヴに行ってみたいです。

      テーマ:

プロフィール

くみこ音楽教室

性別:
女性
誕生日:
1962年3月25日
自己紹介:
只今、少しずつ再度リニューアル中です。 ご了承下さい。

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス