待てなかったらしい…

テーマ:
帰宅すると

玉ねぎが収穫されていました。


実は、昨日の日曜日に収穫するぞ!

と父は意気込んでいましたが

近所の畑友達たちに

お前んちの玉ねぎは、まだ早いから待て!

と言われて収穫するのを先延ばしにした父でしたが


今朝の大きな地震のニュースを観ていたら

どうにも我慢できなかったようで

畑に出て無心に玉ねぎを収穫していたようです。


私たちは、昔、大きな地震を体験しました。

だから、地震のニュースは他人事ではなくて

あの時の不安と恐怖を呼び起こされます。


私も週末に京都に行く予定になっていますが

やっぱり少し怖くて不安になります。

きっと、父も行かせたくないだろうなぁ…

行くなって言われないかなぁ…

数日様子を見て判断しようかなぁ…

そう思っていると


週末は予定通り行くのか?

行くなら気をつけて行ってこいよ?


父の方から、そう言ってくれました。


以前の父なら

心配するあまり、頭ごなしに行くなと言っていただろうになぁ…


そう思った途端


あ?挫けないで前に進みなさいってことか!


沢山の光の存在たちに

応援してもらっているみたいで

こりゃ、挫けてる場合じゃないね。

安全を信じて前に進まなきゃ!


今日、一日中感じていた不安なんて

吹き飛んでしまいました。


我ながら単純だなぁ…と思うけれど


家族の後押しは心強いです。



ほんの一部^^;

収穫するだけでも大変だったろうに

几帳面に縛って吊るしてくれて

ありがとうございます父上!!

本物でありたいと思った

テーマ:
久しぶりにレムリアンライトワーク の

セッションを2つ行った。


やってみて


思ったのは


本物でありたいと思った。


何が本物で、何がそうでないかは


説明が難しいのだけれど


宇宙根源の愛のエネルギーを伝えていく


本物でありたいと思った。


レムリアの愛の波動を伝えていく者でもありたいと思うけれど


それ以上に


宇宙根源の愛のエネルギーを伝えていく人でありたいと感じた。



私たちの目に見えなくても


空や雲や樹々や花々…それ以外の自然界の存在達の


いたるところに


宇宙根源の愛のエネルギーが存在している。


自然の中に身を置くと


自然と癒されていく…それは


目に見えないけれど宇宙根源の愛のエネルギーが


降り注いでいるから


私がヒーリングで提供できるものは


宇宙根源の愛のエネルギー。


みんな一人一人が


宇宙根源の愛のエネルギーの存在なのだと思う。


ちょっと忘れちゃってるだけ。


かな?



分からないことも沢山あるのだけれど


今日は、ヒーリングを通して


宇宙根源の愛のエネルギーを伝えていく


本物でありたいと強く思った。


そうで居られるように


ちょっと書いてみる。


宇宙に意思表明みたいなものです。



たぶん^^;




通称…ピグちゃん。


彼もお仕事の仲間です(^^)




人の性質

テーマ:
いま少し混乱気味なのですが

ここ数日で感じたことを書いてみたいと思います。



別会社のおじさん社員です。


彼は、10年ほど前に私と同じ会社に所属していました。


けれど、基本的に自分の過ちを認めることのできない性質の人で、改革を進める私の上司とソリが合わず
現在の会社に異動になった経緯のある人です。

この春から別会社の改革が始まりました。
数年前から役員レベルで改革について検討されてきだけれど成果を出すことができずにいました。

それで、いよいよ大改革を断行する事になって
担当役員には退職していただく事になり
後任や、内部人事に関しても役員会である程度決まっていました。

が。

前出のおじさん社員さんは
何を思ったのか、退職された役員の代わりに
様々なことを、後任者に相談することもなく
進めてしまいました。
それは、経営改善するための肝になる部分でした。

私は、2年前から先行して決算等を担当していたので
事前に改革を実行するにあたって
抵抗するであろう部分については
幾度か提言をしていましたけれど

今回は、先発隊ではなかったので
ずっと様子を眺めていました。

早く手を打たないと手遅れになるのではないかと
何度か先発隊に進言したのですが
彼らが確認をした時には、すでに契約が終了していました。

だから言わんこっちゃない…

人間というのは
縄張り意識みたいなものがあって
特に、改革される側は抵抗するものです。

それを呑気に構えてる先発隊がアホなのですが
それにしても、幾度となく経営を立ち直らせるには、
この部分の経費を圧縮するしか道がないと言ってるにも関わらず
自分の存在をアピールするために
契約を進めてしまうって…一体何を考えているのだろう?

会社が無くなれば元も子もないのに
正気の沙汰ではないなぁ…

マヌケな先発隊がダメなのか、
会社の為にならない事をする社員などいないと
考えている社長が大物すぎるのか

もはや、私には理解不能ですけれど
前出のおじさん社員は、
一体、何回同じ事を繰り返すのだろう。

なぜ、過去の体験を反省せず
すべて他人のせいにして
また、ここでも同じ事を繰り返してしまった。

体制が変わることは、赤子でもわかるはずなのに
なぜ、全体で相談することなく
既定路線だからといって、勝手に進めてしまったのだろうか。

私だったら
いま、抱えている案件を
先に先発隊に相談して会社にとって
最善の道を選択できるようにする。

それが、雇われているものの責任だと思うから。
私の会社ではないのだから。

何故、長く勤めているというだけで
改革に反発して、闇雲に進めてしまうのだろう
それが、身の破滅につながるとも考えなかったのだろうか?

誰も幸せにならないのに。
もったいない。


こうしている今も
前出のおじさんの胸中は晴れやかではないだろう。
おじさんの動きを止める為に、
A男が、別会社の役員になって
常駐する事になったのだから

ほんとに、バカだなぁ…。
反発するより調和して
居なくては困る人だと認めさせるだけだったのに。

それほどまでに、十数年前の排除された記憶が
生々しく彼に残っているという事なんだろうなぁ…
人間の執着心は、怖いなぁ…。


ぜーんぶ手放して
水に流したら
晴れやかに過ごせるのに

反省なきところに進歩なし!!!!


何があっても
そこに暮らす人たちが
幸せに笑って暮らせたらいいんだ。

そう思ってこれまでやってきたけれど
ここからは、一人一人が
自分の思いを昇華して、
自分の足で歩かなければ
何も解決しないのだなぁ…

今回、先発隊でないのは
常務や他の役員さんたちの優しさだったのかな?
なんとなくそんな気持ちになった。

私が被らなくて良い闇があそこにあるから(-_-;)
人の想いは重い
重たいエネルギーを被るのはゴメンです(-_-;)

だって、私の会社じゃないから。
私は雇われて働くだけの者
潰したくないなら
社長が頑張らなくちゃね。

私は、淡々と祈る
この改革が上手くいって
みんなで美味しいお酒が飲める日が来ることを
淡々と祈る



甲山リトリート

テーマ:
土日を利用して

京都の先生主催の甲山リトリートに参加して来ました。



そして今、東京駅から新潟に向かう新幹線の中です。



今回も、お久しぶりの人や


初めましての人に囲まれて楽しく充実した


二日間でした。



今回のリトリートは参加を決めた時が


1番、混乱していた時期でもあり


混乱しつつも、5月のリトリートの辺りには


何か変わっているのではないかという期待があって


参加を決めていたのですが



結論から言うと参加できてよかったなぁ…



自分の約半年間の成長具合を感じることもできたし


仲間を見ていても


一連の流れの中での一区切りの時期だったのだなぁ…


と感じました。


一区切りの時期であり


改めてチャレンジが始まる時期でもあると感じました。



私の最大の問題は



優しすぎること



ずっと先生に言われていたことだけれど


このリトリート中に、初めて合点がいきました。



人に言われて、そうなんだ…と思っていたけれど



しっかり、なるほど!これか!!!


はぁー!!!と言うほどの理解ができていませんでした。




そして、これからの課題は


信じて待つ強い心




苦しみを抱えた人がいたとして



これまでの私は、無意識にその方の荷物(苦しみや課題)を肩代わりしてしまっていました。


それでも、昨年通っていたクラスの中でも

幾度かその事を指摘されてきて


ずいぶんと自分と他人を区別できるようになった気持ちでいましたけれど


まだ、持ってあげてました^^;



そして、あ!!!!!


これか!!!!!


はぅ〜。なるほど、やっと分かった!!!!


荷物を肩代わりするのではなくて


その人が自分の足で立ち上がる力があると信じて待つ


そんな強い心も必要なのだとわかりました。


口で言うのは容易いけれど


長い時間かけてやっと、合点がいったので


ますます意識して行かれるようになると思います。



そして、ようやくヒーラーとして


活動し始める時期が来たことも理解しました。





次は1ヶ月後のカルナレイキです。



ここから始まる1ヶ月で



どんな風に変化してるのか1ヶ月後が楽しみでもあります。






早く帰って来ないかなぁ…。


すまん!けん坊!!!

急いで帰るからね!!!!