ジャズ 目 次

テーマ:

0)はじめに

  1. はじめに
  2. ジャズのリズム
  3. 一人でやるのは難しい
  4. 何を知っていればよいのか
  5. ジャズピアノを弾く事は自分の音を出す事
  6. 歌や楽器のスキルアップにはジャズピアノ
  7. ジャズピアノは足だ
  8. ジャズピアノはサックスを吹く様な気持ちのタッチ
  9. 体を動かせばリズムはピッタリ
  10. 教材は著作権の無い曲で

1) ジャズのリズム

  1. ベースを聞いてカウントする
  2. リズムは四分音符を確実に追うこと
  3. シャッフルで数えよう 
  4. かんたんなリズム練習
  5. 集中できる片手づつ8から1まで
  6. ジャズは三連音符で数える
  7. モダンジャズの八分音符
  8. ジャズの8分音符は生きている
  9. 三連音符で数えると二拍三連音符も簡単
  10. シンコペーション 4拍目の裏
  11. シンコペーション 4分音符
  12. 4ビートスイングでの4ビートフィールと2ビートフィール
  13. 速い曲はゆっくりカウントする
  14. 一拍を長く感じるためにはクロックを早くする
  15. スローは16分音符をスイングする

 

2) ベースは何をしているか

  1. ベースの役割
  2. マーチのベース
  3. 2ビートフィールのベース( 二分音符)
  4. 2ビートフィールのベース( 四分音符追加)
  5. 2ビートフィールのベース( 八分音符、三連音符追加)
  6. シンコペーションでリズムにエネルギーを
  7. 4ビートフィールのベース
  8. ウォーキングベース 音とリズム
  9. ベースの分析 サムジョーンズ「枯葉」 2ビート 
  10. ベースの分析 サムジョーンズ「枯葉」 ウォーキング

 

3) ドラムの役割

  1. ドラムの役割
  2. 右手のライドシンバルの歌
  3. 足ハイハットのリズム
  4. 左手のオカズ
  5. モダンジャズのベースドラムはアクセントだけ
  6. ブラシでスネアドラムを掃いて

 

4) メロディの歌い方

  1. 小さく歌ってメリハリを
  2. 少し遅れて歌う
  3. フェイク
  4. ブルーノート

 

5) 演奏のスタイルと構成について

  1. 通常のジャズ演奏スタイル
  2. 最後の8小節または4小節をイントロに
  3. 最後の4小節を繰り返してエンディングに
  4. エンディングのI got Rhythmの方法
  5. エリントン、ベイシー等のの定型エンディング
  6. ペダルトーンでのイントロ、エンディング

6) 曲の構成の種類

  1. ブルース(12小節)
  2. ABAC(16小節x2)
  3. AA’BA’(8小節X4=32小節)
  4. 変形
  5. ABCD(32小節)
  6. リズムチェンジ   I Got Rhythm のコード進行を使った曲
  7. その他チェンジ   Sweet George Brown, etc

 

7) リードシート

  1. ミュージシャンの味方リードシート
  2. 簡易アレンジの指示も出来る

8) コードについて

  1. 基礎の基礎はメージャースケール
  2. これだけで分るコードの音
  3. どのオクターブの音名かの表示
  4. たった四種類のトライアド(三和音)
  5. ジャズはトライアドに6を加えて四声に
  6. テンションノート(9、13,11)はメロディに自然に入っている
  7. ジャズは五声でクラシックは四声のハーモニー
  8. コードは番号で呼ぶと便利

 

9) コードネーム演奏法

  1. 一本指で弾き語りをしよう(ルートのみで伴奏)
  2. ピアノを2本以上の指で演奏する
  3. ピアノもパワーコードで(1と5で2つの音を)
  4. いよいよ 1 と 3 の音で
  5. 四声の和音なら 1と7の音を
  6. ジャズピアノの伴奏のリズム
  7. 綺麗な響きの音域
  8. 左手を1、3 と1、7(6)だけで伴奏
  9. スリーノートボイシングで骨組み完成
  10. 5声のボイシング(ベースと四声)
  11. ナインス(9th)とサーティーンス(13th)は1と5を上に動かせば良い
  12. 歌姫を音痴にするメージャーセブン All of Me
  13. マイナーの9thは要注意 Fly Me To The Moon
  14. マイナーコードには心地よいエレブンス(11th)
  15. メージャの曲の終わりにはシャープエレブンス(#11th)
  16. ルートの音を時々抜いてベースに任せる
  17. トリッキーなリズムの曲 Blue Monk, Oleo, Rhythm-a-ning, Walk'in, Con Alma, Killer Joe

 

10) アドリブについて

  1. アドリブはアレンジの一部
  2. アドリブで大事なのはテーマのメロディ
  3. アドリブはオブリガード
  4. アドリブのフレーズは2小節単位で
  5. コードの音で吹流し
  6. テーマに合いの手を入れてみる
  7. テーマのスケール上で演奏する
  8. メロディをフェイクする
  9. テーマの音を少し使う
  10. テーマのリズムを利用する
  11. 音を少なくリズムで変化をつける
  12. 休符を沢山入れる
  13. ベースとドラムを良く聞いて乗っかる
  14. コードが暗示するスケールを使う
  15. 倍テンで演奏

 

11) ラテン等のリズム

  1. ボサノバ、サンバ、
  2. モンツーノ、アフロキューバン、ルンバなどのラテンリズムと
  3. ジャズロック。

 

12) イアートレーニング

  1. 移動ド と 固定ド について
  2. 半音の便利な歌い方「ド ゥレ ミ」
  3. キーを変えてみる
  4. 一オクターブ上がる歌、虹のかなたに、ブルーボサ
  5. ペンタトニックの曲 Amazing Grace
  6. 順次進行 ドレミの歌
  7. 6度上がる曲 The Days of Wine and Roses、黒いオルフェ
  8. 三度上がる名曲 Tea for Two, I;m Old Fassion, I Love You, Polka Dots and Moonbeams, Do Re Mi
  9. ダイアトニックにトライアドで
  10. セブンスコードでダイアトニックに
  11. ブルース Cool Strutin、Straight No Chaser

 

13) ジャズエンジニアリング

  1. ジャズエンジニアリングとは
  2. 人間も共振する
  3. 気持ち良い和音は倍音から
  4. 差音とうなりで新しい音
  5. メロディの進行エネルギー
  6. 平均律と純正調
  7. 0.5秒以下なら和音と感じない
  8. 音楽は相対音感で絶対音感は測定器
  9. 濁った音と綺麗な b9th の響
  10. ブルーノートとメージャースケール
  11. 打楽器は素早く離す
  12. 手の小指が支点になる
  13. 指はアーチ型に使えば力強い

14) コード進行  

  1. コードには役割がある
  2. 解決したコードからは何処にでも行ける
  3. ドミナントモーション
  4. アーメン終止
  5. ドミナントを拡張したIIm7
  6. ドミナントの代理、同じガイドトーンのIIb7
  7. トニックの代理VIm7
  8. トニックの代理IIIm7
  9. トニックの代理I-IIm7-IIIm7
  10. トニックの代理IV#m7b5
  11. トニックの代理IV7
  12. ディミニッシュアプローチ
  13. ドミナントアプローチ

15)曲の分析(アナライズ)

  1. マイルスデイビスの「Four」のシンコペーション
  2. Fourのメロディ、ブルーノート
  3. Fourのメロディ、Bセクション
  4. Four のコードを階名で
  5. Four は Mistyと同じコード進行
  6. FourのBセクションは循環コード

16) 音楽ツール

  1. ジャズはメトロノームを2拍目と4拍目に使う
  2. チューナー
  3. 素晴らしい楽譜作成ソフト MuseScore 2(無料)
  4. 定番の録音ソフト Audacity(無料)
  5. 何でも出来る画像編集ツール aviutl(無料)
  6. コード表示(マイナスワン) i Real Pro
  7. PDF楽譜表示 forScore, unrealBook

17) コラム

  1. つぶやきながら演奏する
  2. 練習のための練習より曲を
  3. 優れた音楽家と常に演奏すると楽器は弾ける
  4. キャラバンとハバナギラ(アラブ音階)
  5. ジャズは簡単です。出来ないのは、たぶん方向が違っていると思う
  6. ジャズの掟「テンション」
  7. 歩いて踊ればリズムは安定しますよ
  8. 楽器はケースから出そう
  9. ベーシストのためのジャズピアノ
  10. 電子楽器は故障したらリセットを
  11. メロディに飽きたらアドリブで
  12. 賢いブルース「ストレートノーチェイサー」に乾杯
  13. ジャズのシンプルなリズム「うん カ うん トーコ」
  14. ジャズのシンプルな左手
  15. ジャズワルツのシンプルなリズム
  16. ジャズドラムのシンプルパターン

18) 曲集(パブリックドメイン)

  1. 曲集について
  2. When The Saints Go Marching in (Traditional)
  3. Amazing Grace (Traditional)
  4. Danny Boy (Irish Traditional)
  5. St. Louis Blues(W.C. Handy)
  6. Summer Time (George Gershwin)
  7. I Got Rhythm (George Gershwin)
  8. Our Love Is Here To Stay (George Gershwin)
  9. All The Things You Are (Jerome Kern)
  10. I'm Old Fashioned (Jerome Kern)

19) 参考資料

  1. 皆で笑顔になれるのがジャズの演奏ですね

ジャズのエキスが詰まっている

オスカーピーターソンの「C Jam Blues」をしゃぶり尽くしましょう。

 

ドラムのエド・シグペンのシンプルなドラミングに注意して見ましょう。

 

Oscar Peterson - C Jam Blues

Live in Denmark,1964. 

Oscar Peterson(Piano),Ray Brown(Bass),Ed Thigpen(Drums)

 

トリオの演奏なのでバランスが大事です。

 

ピーターソンのピアノが弾きまくるので

必然的にドラムはシンプルになりますが、

シンプルイズベストのドラマーですね。

 

テンポは最初のお客さんの拍手が180位で、

ピアノソロが始まってから200位、

2分38秒のテーマが始まった時は212位。

7分頃の乗ってきた頃は230位までだんだん早くなっています。

8分21秒からエンディングテーマに入ると

心持ちゆったりと220位になり

Take the A trainで有名な

デュークエリントン、エンディングでリタールランドしてお終い。

テンポも揺れていて、またそこが良いのですね。

 

このテンポは右手でシンバルを叩くと

後の八分音符は一振りで装飾音符のように、

カ ツン と叩くのはテクニックが必要です。

カ は装飾音符なので小さくして、

ツン はオンビートなので他の四分音符と同じように叩きます。

 

もう少し早いと8分音符が均一になるので

跳ね返りで転がして叩けるので楽になります。

そのやり方も初心者の時は知らなくて悩んでいましたね。

 

まあ出来るまでは四分音符のみでキープする方が良いのです。

何しろリズムをキープすることが最優先です。

上手い人は色々考えて簡単に演奏しています。

 

昔は省エネの方法を知らなくて恥をかいたものです。

 

さてピアノソロの時に1分6秒からキレの良い

ハイハットを足で踏んでビートを作っています。

このような良いハイハットの音はそれだけでも気持ち良いものです。

6分52秒から音を出す直前だけ左足の踵を上げて踏んでいる様子が見えます。

(参考)足ハイハットのリズムにピータアスキンの絶品のフットワークの動画も紹介しています。

 

2分38秒のテーマに入った時はベースは4ビートに刻んでいます。

もう少し遅い場合は2ビートにすることが多いのです。

しかしここではドラムは2ビートでよくやる方法で

4ビートのノリで演奏しています。

 

ここは本当にシンプルに

ツー ツーク ツー ツーク

とハイハットを

足でオープン、クローズをコントローして

また左手で余韻の長さを調節してメロディを作っています。

これが基本中の基本ですね。

 

余計なことはしない方が美しいのですね。

 

もう一つ4分32秒から

ベースとハモッているような右手のライドシンバルと

4拍目にカツンと左手でリムショットを入れるだけの

シンプルなドラミングが素晴らしい。

 

つまりドラムはこれだけのシンプルなテクニックだけでも

アンサンブル出来るのです。

 

ピアニストはドラムとベースを一緒に勉強するだけで、

ピアノが上手くなれると思います。

スティックとブラシで一緒になんでも叩いて見てください。

ピアノを手で叩いても良い音がしますよね。

 

Steve Gadd のブラシで箱を演奏

 

何しろピアノだけを弾いていてもなかなかわからないものです。

天才は別ですけれど。

 

ジャズ目次