KTAKE(タケ) 路上の軌跡 ~これから~

KTAKE(タケ) 路上の軌跡 ~これから~

すべては路上から始まりました。

東京に出てすぐの頃
つても無く
とにかく歌う場所探さなきゃって
デモテープ持ってライブハウス周った。

『こんな曲歌います、聴いて下さい』

オーナーさんは黙ってテープ聴いて
『いいね。
気がついたら涙出てたわ』

最高の褒め言葉だった。

『来月から月2回やってくれる?』
『ありがとうございます』

それが東京でのライブハウスの
始まりでした。

via 路上の軌跡
Your own website,
Ameba Ownd
弾き語りの場合
ステージでは
誰も助けてはくれない。

けどね
ここから発信することで
全てが始まって行く。

自分次第のスペース。

手を抜けばそれなりの結果しか出ない。
だから、それまでの準備は全力で。

好きでやってる事だしね。

Sing a song. First for myself.



via 路上の軌跡
Your own website,
Ameba Ownd
ステージでは
この能力は必要不可欠で
主観で歌いながら同時に
客観的な視野を持つ必要がある。

いわゆる『場の空気』
を読む作業をしながら微調整する。

ライブの終わった夜中には
撮って頂いた録画などを
自分が客だったら
自分という歌い手のライブを
楽しめて、また聴きたいと
そう思えるかどうか。

思えなかったら
他人はもっとつまらないだろう。

けど
自分の価値観と他人は違う。
ですから
アンケートなどを毎回取って
照らし合わせるのも勉強。

次に
少しでも良いステージを
する為に必要な作業ですね^ - ^

via 路上の軌跡
Your own website,
Ameba Ownd