石のソムリエ K'sウィンストンのKAZUです。

 

私は、お墓をはじめとする「天然の石材」を一つでも多く次世代に残していきたいと考えています。このために、「人にやさしいお墓」、「人にやさしい石材」を作ることを支援していきます。

 

これからは、石材のクリーニングの12の基本原則について書いてみます。

 

今回は、「(2)コーティングの有無を確認する」です。

 

 

 

(2)コーティングの有無を確認する

・クリーニングする石材に、ワックスなど何らかの保護剤が施されていないか確認をしてください。

・石材を傷つけないようにカッターの刃などでこすってみて、白い粉のようなものが出るようであれば、何らかのワックスあるいはコーティング剤が加工されていると考えられます。

・最も簡単な方法は、切り吹きで水をかけてみて、弾くようであれば、何らかのコーティング剤が加工されていると考えられます。

・また、浸透性コーティングが施工されているかどうかも、チェックしてください。

・もし施工がされているようであれば、完全除去は基本的に不可能です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

次回は、「(3)汚れを分析する」です。お楽しみに!

これからも、石材のメンテナンスについて一緒に学んでいきましょう。

 

不明点などがありましたら、ホームページからお問合せください。

 

★★★★★ K'sウィンストンのホームページはこちら!

 

 

AD