「マイケル・ジャクソンと神秘のカバラ」著者クリヤヨガマスターサッチー亀井

エデン

知らぬが仏じゃ済まない本当の話

❶来年にも、その先にも風の時代は来ません
そもそも時代と元素(火・水・風・土)の関連性は全くありません。
有名人の戯言です。聞いてる貴方は騙されています

❷野菜肉はモンサント社製農薬と殺虫剤成分入りでしかも
現在アメリカや中国の輸入野菜の90%が遺伝子組み換え作物です
1970年代からエアロビクス、1990年代パワーヨガ、ホットヨガで健康志向を大衆に植え付け、有名芸能人のマ―ドーンナーやブディガガの広告塔を使いヴィ―ガンやヴェジタリアン、ローフードやオーガニックいかにもカラダと心に良さげにプロパガンダしてきましたが、
全部あの日のために行われている周到にあなたがたを殺す、人類粛清のためのシナリオなのです

❸5Gの電磁波は序の口
本当に怖いのはEVクルマ、スマホ、家、施設、会社、公共施設、駅、デパート、競技場がすべてオンラインで結ばれているという事
超監視社会に居たいですか?

❹太陽光発電パネルは森林・家庭・人間環境、動植物の生態系を狂わす魔物です。鳥も虫も草も生えない環境に居たいですか?

❺二酸化炭素の排出削減目標は、サイコパス富豪らと財閥、グローバル企業が仕掛けるぼろ儲けのための計画

❻地球温暖化は嘘 貿易風と海と地面の放射熱で地球は自然に浄化できます

❼EVクルマは殺人兵器です
池袋で起きた上級国民によるプリウスで人殺して轢いた事件が
今後は激増します

EVクルマは騒音と振動が少な過ぎるうえ、
ドライバーの五感が働かない致命的技術ミスが誰でも起きます

冬場の使用で蓄電池の消費が早まり、バッテリーが通常時の40%もの消費電力増になる ようするに雪の中、エンジン停止する事態が頻発 使えねー!

車体自体を作るのに、ガソリン車の2割増しでCo2排出になり全然エコじゃない!

❽コロナ茶番劇は政府やマスコミが国民の士気を無くさせ憲法改憲をしやすくするための布石。だからマスク外せ。感染症対策止めろ。密上等って言ってんだ。

❾夫婦別姓は中国共産党員のための制度
激増えてる中国人が日本でも苗字名乗れる為に行う最悪の法案。
断固反対で阻止

❿ユニクロや日立ら11社、グローバル企業83社はウィグル地区でウィグル人を奴隷でこき使い強制収容所にいれている

巨悪企業の製品・商品は買うな、使うな、サービスを利用しない、正しい知識と本質の情報を自らで得る力を皆持とうね。情報弱者ではなく、日本人の多くは本質弱者だから。

1

ウイグル人強制労働グローバル企業83社リスト
https://www.saveuighur.org/83-companies-linked-t

ウイグル人を強制労働させているグローバル企業に“NO!不買”の意思表示で、機種変更をしてきました!


ウィグル人が強制労働で収容所で拷問動画
日本もいずれこうなる


コロナは政府の国民への犯罪テロです皆怒れ!抵抗せよ

「非常事態宣言」詐欺 (政府)

「医療崩壊」詐欺(医師会)

「PCR検査」詐欺(分科会)

「マスク効果」詐欺(分科会)

「無症状感染」詐欺(分科会)

「コロナ騒動」詐欺
(国連、WHO、各国政府、ディープステート、中国)

一部ニャンコ友人帳様のツィ―トからお借り致しました。

サッチー亀井

 「あらゆる目的達成のおまじない」

日本古来から最強のおまじないの呪符の言葉

※現在、私の下記リンクから著作のいずれかご購入の上アマゾンレビュー書いてくれた人に「護符」プレゼント中です!

証拠として読者登録の上、購入履歴とレビュー時のアカウント照合をご自身のブログに投稿し連絡をメッセージにメアド記載でください。贈与いたします。


1





 
1

愛を感じられない人
喜びを味わえない人
あなたの心には現在解けない結び目が出来ています。
それは現代医療や薬では治せません。
なぜなら心の結び目は生命力が凍結したものだからです。
意識をグラウンディングしなさい。
あなたの全存在 頭 体 魂 場 
これらを一つに繋ぐのです。

― サッチー亀井 ―

fot:Goa India
私は数奇なヨガ指導者です。

大気汚染公害真っ只中の川崎の隣の鶴見で子供時代を過ごした。

1

それでもマスクしてる人はほとんど皆無だった。

学校の検診でBCG(結核予防の為のワクチン)打たれてからすぐ麻疹が発症し、アレルギー性鼻炎になった。

小学生時分に被害に遭った薬害の記録。

続く


1


 


サッチー亀井です。
ためになる動画です。

備考:チメロサールはインフルエンザワクチンに含有の防腐剤で自閉症の原因になる水銀です。特に乳幼児には危険で脳の細胞のニューロンを即時破壊する魔物の猛毒の神経毒です。平気で使用する製薬や医療は殺人者です。

※能天気で平和ボケの国民どもに提言
PCR検査受けたり、コロナワクチン接種したり、本来不要の常在菌を死滅させる消毒や感染症対策、マスク付けている人は健全な精神と肉体と魂のある国民達の足引っ張るのをやめろ。あんたらがボケボケしてるから中国や他国に日本が占領されたんだ。政府はあんたらを騙し続けてんだよ。

あなたも国民の一人として、偽のウィルスによる政府や行政・企業等からの不当な扱いや移動の制限は国際法違反の犯罪です。強く反対していきましょう!

昨年から続く、メディアや行政・企業の嘘の過剰報道により、
ことさら強く強調されている感染拡大についてですが、メディアが
報じている感染者は、単にPCR検査の陽性者であるだけであり、事実無根の
報道である事は明らかです。

この事は、PCR検査について調べた
人たちの間では特に周知の事実で、
厚労省自身も国会で、PCR検査の陽性
は感染という意味ではないと
はっきり証言されもしているわけです。

その証言は科学的にとても正しく、
日本のPCR検査で用いられている
サイクル数40~45では、陽性反応
が出た場合でも感染能力のあるウィルスが
検出される事は、ほとんどない
というのが国際的にも明らかで、
アメリカのCDCでも90%以上が
偽陽性と証言されています。

また陽性反応が出ても、ウィルスの遺伝子
データ全体が検出されたわけでもなく、
その300分の1にあたる
プライマリーの遺伝子に合致して
いただけであり、つまり一部が
合致していても全体の新型コロナウィルス
が存在しているという証明にもなって
いないのです。

このように感染も確認されていない、
PCR検査の陽性者を指定感染症という
だけで、国のリストに掲載されたり、
実質強制の隔離をするというのは、
理不尽極まりない行為だと思います。


つまり感染は拡大しておらず、感染の
確認もできていない新型コロナ
ウィルスの死者数も無効で、指定感染症
扱いする事自体が不当なので、
延長どころか即刻取り消す事が妥当だと
思われます。

加えて調べていくと、新型コロナウィルス
自体の存在を確定するための証拠そのものが、
世界に存在していない事も明らかになって
いて、WHOが認定した、
新型コロナウィルスつまりcovid-19
の遺伝子データは、コンピュータの
シュミレーションで出しただけの仮想の
遺伝子データである事も発覚している

です。

その事はアメリカの公的機関であるCDCも
公開しています。つまりはっきりとその存在
が確定されていないデータをもとに、危険な
ものであるかの感染実験も行われていない
以上、危険であるという前提での、
指定感染症扱いは、あまりに不当である事はあきらか
です。
これも延長どころか即刻取り消すのが
妥当
だと思われます。

新型コロナウィルスの正体についても、
明らかになっていないので
治療法も確定していないのにも
かかわらず、医療に関わらなければ
ならないという理由も一つもないため、
指定感染症で強制的に医療
を受けさせる事も不当な扱いです。

世界で毒性を認められ使用中止と
なっている抗がん剤を使用し続ける
医療を信用していない国民も多くいて、
そういう人たちが強制的に
隔離され、望まぬ医療措置を強制的に
受けさせられる事自体も不当です。

このようにあらゆる理由で、新型コロナ
ウィルスの指定感染症期間
の延長については、反対していますし、
そもそもこれまで指定感染症扱いで
あった事にも、全く納得していません。

これが、とても厳しい書き方のように
思われるなら、
新型コロナウィルスの存在自体が確認も
されていない事や、
PCR検査の陽性が感染という意味では
ない事の意味の私の説明を
吟味していただきたいと思います。』

つまり指定感染症延長どころか、指定
感染症と規定する時点から間違っている

という事を強調しておきました。

PCR検査陽性は感染という意味では
ない
という事。

新型コロナウィルスは、コンピョータ
シュミレーションで出しただけの仮想
ウィルスでしかない
という事。

医療に対する信頼を持たない人たち
にも、医療を強制的に受けさせる
事を不当に思うという事。

そしてまた予防効果を持つワクチンを
開発するにあたって、新型コロナウィルス
の存在証拠が証明されている事が、
大前提であるのにも関わらず、
未だ新型コロナワクチンの存在を
証明する遺伝子情報がない上に、
国際的に現在出回っている
ワクチンの遺伝子データは、
コンピュータのシュミレーションで
はじきだされた、仮想の遺伝子データで
あると、
米国の公的機関CDCも証言している

ワクチン開発のための大前提がすでに
ない事を示しているので、効果に大きな
疑問がある事がまず一つです。

そして上記で取り上げたワクチン各社の
ワクチンの含まれる化学物質である、
PNGとLPNは、非常に重篤な副作用を誘発する事で、知られて
いて、その毒性の安全性についての調査も
充分でない証拠に、各社の治験結果の情報
ですでに、死亡例がいくつも確認されて
いる事から、「すでに明らかな危険性」
だけは明らかになっている事が判明し
ています。

それに対する各社の対策が不透明である事
にも非常に不信感があり、国民に
そのような治験結果、そして先に
述べたPEGやLPNの副作用について
などを公表するべきだと思われます、

その上で、国民の意見を募集するので
なければ、ワクチンの安全性について国民の信頼を
得る事は非常に難しいといえると思います。

加えて、大量契約を結んだワクチンメーカー各社は、
副反応によるあらゆる補償を免除されていて、
安全性に大いに疑問がある事などの理由からも、
全ての懸念について国民に報告する必要が
あると思います』

今年の春以降、メディアの過剰報道により、
ことさら強く強調されている
感染拡大についてですが、メディアが
報じている感染者は、単にPCR検査
の陽性者であるだけであり、事実無根の
報道である事は明らかです。

この事は、PCR検査について調べた
人たちの間では特に周知の事実で、
厚労省自身も国会で、PCR検査の陽性
は感染という意味ではないと
はっきり証言されもしているわけです。

その証言は科学的にとても正しく、
日本のPCR検査で用いられている
サイクル数40~45では、陽性反応
が出た場合でも感染能力のあるウィルスが
検出される事は、ほとんどない
というのが国際的にも明らかで、
アメリカのCDCでも90%以上が
偽陽性と証言されています。

また陽性反応が出ても、ウィルスの遺伝子
データ全体が検出されたわけでもなく、
その300分の1にあたる
プライマリーの遺伝子に合致して
いただけであり、つまり一部が
合致していても全体の新型コロナウィルス
が存在しているという証明にもなって
いないのです。

つまり感染は拡大しておらず、陽性者と
いうだけで、感染の確認もできていない
新型コロナウィルスの死者数も無効で、
この事を根拠に緊急事態宣言を行う
事には、全く納得できないという
事です。

加えて調べていくと、新型コロナウィルス
自体の存在を確定するための証拠そのものが、
世界に存在していない事も明らかになって
いて、

WHOが認定して、
新型コロナウィルスつまりcovid-19
の遺伝子データは、コンピュータの
シュミレーションで出しただけの仮想の
遺伝子データである事も発覚している

です。

その事はアメリカの公的機関であるCDCも
公開しています。つまりはっきりとその存在
が確定されていないデータをもとに、危険な
ものであるかの感染実験も行われていない
以上、

危険であるという前提での、自粛要請や不要不急の外出を控えて等のアナウンスは、いたずらに無知な国民に対して、不自由な自粛を促す事になり、
しかも企業活動や店舗経営にも自粛や時短を要請する事で、経営に甚大な被害がもたらされ、多くは倒産は、経済が破壊され、多くの住民の生活の糧を奪っていくという悲劇が日に日に増しています。

根拠と実体のある疫病ならまだしも、今回申し上げたような、
全く根拠もない非存在の物を理由に不自由な暮らしをさせる行為は
ウィグル人に侵す中国共産党のジェノサイドとなんら変わりません。
日本政府は則、全ての規制を解除し、国民が速やかに通常の生活に戻るように緊急放送により、罪を詫び、行動すべきです。

一部、「あんみんの神秘メッセージ」ブログから抜粋、引用しお借り致しました。




1



1



フェイスマスクは癌を引き起こす有毒化学物質で覆われている

2

科学者は、一般の人々が使用するフェイスマスクから発癌性物質のホルムアルデヒド等を発見し検出した。

マスクは有毒な化学物質で覆われ、既知の発癌性物質や環境汚染物質を多数含む。

ドイツの化学者で、環境非営利団体ハンブルク環境研究所の科学ディレクターであるマイケル・ブラウンガート氏は、顔に発疹を発症する直前に人々が着用していたフェイスマスクのテストを行いました。

彼は使用されたマスクにホルムアルデヒド、アニリンおよび他の有毒な化学物質を検出しました。

ホルムアルデヒドは、工場で作られる新しいフェイスマスクに「きれいな」香りを与えるために使用されます。

これは、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関によって発がん性物質に分類されています。

危険性は、短期間にホルムアルデヒドを吸い込むことで、目、鼻、喉の灼熱感、咳、喘鳴、吐き気を引き起こす可能性があります。

高腐食性の工業化学薬品であるアニリンは、発がん性物質としても知られています。とくに、毒性が高いため、深刻な懸念の汚染物質と考えられています。

ブラウンガート氏は、有毒な化学物質の不快な臭いを隠すために、人工香料が中国製のほとんどのメーカーのマスクに適用されていることを確認しました。

1

青い色のマスクには、青色の染料を生成するために一般的に使用される重金属であるコバルト(致死性の発癌性物質)も含まれていました。

「マスクで私たちが口と鼻を通して呼吸しているのは、実際には有害な廃棄物を再度吸い込んでいるのです」とブラウンガート氏は言います。

使い捨て可能な青いフェイスマスクは、肺を破壊する有毒なアスベスト状の物質を含んでいることが判明しました。

マスク着用で化学物質への暴露が急増
世界中で消費者向け製品検査サービスを提供するモダン・テスト・サービスは、ホルムアルデヒドやパーフルオロカーボン(PFC)を含むフェイスマスクの化学物質の明確な証拠も発見しました。

PFCは、熱、水、油等に耐性のある製品を作るために一般的に使用される化学物質です。
「正直なところ、私は危険なPFCが外科用マスクで見つかるとは思ってもいませんでしたが、これらの化学物質を簡単に検出するための特別な日常的な方法を研究室に用意しており、すぐに識別できます。

「これは大きな問題です」と、モダンテストサービスのマネージングディレクター兼共同創設者であるディーター・セドラック氏は言いました。

セドラック氏は、化学物質は薬品や猛毒を乖離するのに有効であるため、PFCが液体忌避剤として適用されたと推測しました。マスク中のPFC濃度は、1キログラムあたり16ミリグラムの安全限界内に横たわっていました。しかし、セドラック氏は、マスクが着用された場合、暴露のレベルは時間の経過とともに安全限界を超えて急上昇すると指摘しました。

「あなたの顔、鼻、粘液膜、または目にとってPFCは良くないばかりか大変に危険です」と、彼が言いました。
セドラック氏とブラウンガート氏は、流通しているマスクがいくつか関係していることを確信していました。

中国はパンデミックの前と最中に世界有数のマスクメーカーでした。中国税関総局によると、同国は昨年3月から12月にかけて約2,240億個のフェイスマスクを輸出した。これは、中国国外の世界のすべての人のためのほぼ40のマスクに等しいです。

また米国で販売されている一部の製品は、パッケージにFDAのロゴを持ち、「FDA承認」証明書を持っているにもかかわらず、FDAのレビュープロセスを経ませんでした。このようなマスクを調べた専門家は、ロゴと証明書は偽物 であり、会社名と住所なしでパッケージ化された製品は中国から来た可能性が高いと判断しました。

元リンク👇



未だ同調圧力に屈した人々は四六時中、顔にオムツ付けて、
政府やマスコミの指示待ちでいますが、そうこうしてる間に国はどんどんと中国イスラエル化を推し進めています。

コロナ脳の人でも分かるPDFを熟読し、隷属罪で捕まらない様に勉強してください。


街宣でコロナ脳の国民を一人でも多く目覚めさせる活動をされている谷川さんのコロナのレポートです。 本当に好く出来ていて素晴らしいので 是非読んで下さい。 かなり、あなたの中の情報が整理されますよ。 また、色々な場所で拡散お願いします!

嘘の感染症だし、コロナは存在しない政府の国民へのテロ犯罪。
私は完全ノーマスクでどこでもGo!してます。厚労省やWHO、現代西洋医学の虚偽と捏造を全て暴いていますし、完全論破出来るので怖いものはありません。

同調圧力に負けてマスクしている人は全員売国奴です。
経営者も雇われも、個人事業や自営業等々は関係ありません。
一人一人が主体的に想像力と行動力駆使しないで国や政府、教育や常識、低俗なマスコミ情報鵜呑みにしてるから巨悪の邪悪の中国やグローバル企業に取り込まれるのです。

本気で己と大切な人の人生を価値ある主体的なものにしたいのなら、
マスクは即やめ、毅然と勇気を持ち戦いましょう!

●嘘の感染症COVID-19偽装の手口
スペイン風邪は唯の風邪
『1918年に大流行したスペイン風邪(インフルエンザと同定と定義しただけ)で世界中で5000万人が死亡し、犠牲者が主に若い健康な成人だった。
答えは驚くほどシンプルだ。
不完全な有害な成分のアスピリン薬の過剰投与で死んだ大量虐殺”ジェノサイド“だ』

証拠のエビデンス👇👇

1


●●スペイン風邪の世界的流行(1918–1919)原因とされたインフルエンザウィルスを医科学者は誰一人特定できなかった証拠:アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)

モンサント(現バイエル社)が猛毒アスピリン薬の過剰投与で世界中で罪もない市民が5千万人死亡。インフルエンザ同様コロナも存在しない。

サッチー亀井


いつもご覧くださりありがとうございます
クリヤヨガマスター
タンクトップ校長サッチー亀井です

近刊『マイケル・ジャクソンと神秘のカバラ』

私の30年来の夢が叶いました!
ヒカルランドの石井社長、編集の小澤さん、
デザイナーさん、ヒカルランドのスタッフの皆さま。
本当にありがとうございました。

マイケルさんとの交流により知られざる素顔を世界で
初めて明かす“魂の書”です。
ぜひお読みになり愉しんでください音譜
 

1


ミュージック史に燦然と輝く“ポップスの帝王”は叡智の道を追いつづけた精神世界の探求者だった!


9月3日新刊『マイケル・ジャクソンと神秘のカバラ』著者サッチー亀井が本書の制作秘話をお伝えします!

アカシックナンバーを通して繋がれた2人の数奇な出逢いとは?
そして、マイケルが現代の人々に伝えたいメッセージとは??

没後10年、キング・オブ・ポップの知られざる素顔が明かされる!




【著者紹介】

サッチー亀井
(シリウスヨガ学院校長)
 
クリヤヨガマスター/チャネラー
元プロウィンドサーファー(日本代表)
 
少年時代、暴走族に熱中して高校を中退。18歳の時に天職であるウィンドサーフィンに出会い、ホストクラブで働きながら猛練習を重ねてプロデビューを果たす。日本や海外60ヶ国以上の大会に参戦し、またインストラクターとしても2万人以上の生徒を指導。その中にはマイケル・ジャクソン氏やアイルトン・セナ氏らがいる。
 
現役中は、筋肉ばかり鍛えて怪我と故障が絶えず、順位が上がらない苦しい日々が続く。そんな中、運命的に出会ったヨガ指導者の器の大きさと愛に触れ、呼吸を基盤とした内面の変化に基づくヨガの本質を体感し、本格的にヨガの道に足を踏み入れる。
 
その後は順調に順位を上げ、全日本3位、世界ランク16位のトップアスリートとして活躍。その経験から、ヨガが自身の心と体に与える影響の偉大さや効果を知り、引退後はヨガ指導者に転身。
 
また、23年間一緒に暮らして家族同然だった、スピリチュアル界の第一人者「桑原啓善」師匠の一番弟子として修行を積む傍ら、スリランカやインド・チベットやエジプト・中南米・アメリカなど、世界中約1800箇所もの聖地とパワースポットを訪れ、ヨガ・瞑想・スピリチュアルを研鑽する中で、全てが「クリヤヨガ」に通じていることを確信する。
 
その後、派手な生活が祟って自己破産するが、生活保護を受けながらも最愛の伴侶に出会い結婚。2人でヨガスクールを設立し、現在は指導者の育成や一般生徒への指導を日本・バリ島を中心に開催している。
 
著作に『体幹ヨガ健康法』(PHP研究所)、『クリヤヨガバイブル』『シリウス☆クリヤヨガレッスンDVD』(ヒカルランド)等がある
 
本日も最後までご覧くださり
ありがとうございます


【出演・登壇情報】サッチー亀井
10/26(月)27(火) voicy 出演 ラジオ am8:00~
11/19(木)エイトスターダイヤモンド「木曜会」講演会18:30~(予約不要)

 
http://www.eightstar.co.jp/thur/


関心のあるお知り合いに このブログを紹介頂ければ幸いです。情報をシェアし よい毎日 よい人生 よい社会をつくりましょう。


Earth Truth of Love and Peace from Breathing ... ...

 

画像並びに文章、コンテンツ、著作権と肖像権で守られておりますので複製は禁止です。

©SiriusYoga Academy