こんにちは☀️アナログ梢⭐️です⭐️

いよいよfinale最新版、使ってみました🤣
別に、本日発売とかではありません。

私なりの、いよいよ!なので😅

昔はけっこう使ってて、フィナーレ使ってる人なら分かると思うんですけど、なんか楽譜作りがハマると辞められなくなるんですよね。

この勢いで作っていったら最後まで作れそう。とかなるんですよ。
なので、フィナーレをやると徹夜が日常茶飯事になってしまい、、、
でも、当時は若かったので、徹夜が意外と平気で、
そうなると調子に乗って二徹をしたら、
具合が悪くなる。。。というオチをしっなりやってしまいました。

なんか、それがトラウマ(私もう若くないんだ。。。)になって、
そこからアナログの道に走り始めたのです✨

こういう自粛モードにならなければ、フィナーレや、ましてやCubaseなんて使わなかったと思います。

コロナ前は、iPhoneだけでなんとかなる‼️って言ってたのですが、

やはり最新機器って違うんですねぇ。

フィナーレ書きやす❗️❗️❗️
手書きと全然違うやんか❗️❗️❗️

Cubase違う❗️なんでも出来すぎて難しいけど。。。
オーディオインターフェイスってのに繋げて、コンデンサーマイクっちゅーので撮ると、、、

全然違う❗️

こんなアナログな私ですら違いが分かるので、
いつも使ってらっしゃる方は神だなぁと思います✨

今回はフィナーレもCubaseもお初なので、作りやすくてイメージ湧きやすくて、楽しい曲を選びました✨

ジュディ・オングさんの『魅せられて』です⭐️‼️


リピートするところもあるので、落書きと違って、コピペできるし、すぐオクターブ上げとかできるし、やはりピアノが家にない私としましては、Altキー+スペースが最強でした✨(指定した箇所の音が鳴る)


今まで書いてた落書きの半分の時間で済みました✨

フィナーレの使いにくさは、、、

ありません‼️

快適でした。。。

アナログ完敗です。😅


なので、3rdは私使用ということで、玄人さんなら分かるであろう、低音でこれかぁ💦って感じの遊びを入れてみました✨

ちょっと画面のところは吹き甲斐ある感じ⭐️

気付いていただけたら嬉しいです。


そして、Cubase Proで撮ったのですが、

音が違う。。。携帯で撮るのと全く違う。。。

歴然と分かってしまいました。


やはりパソコンは持つべきなのですね。

携帯一つで簡単だったのですが、

やっぱ音が違いました。


ただ、私の使い方がまだまだで、多少音割れしてしまいました。


私のこだわりの1つに音幅がありまして、


⭐️小さな音から大きな音までの幅を大きく広げて演奏する❗️


これを気にしていたら、マイクの距離感が悪かったなぁと思いました。

ピアニッシモ、マイク拾わないかも💦とか余計な事を考えていたんですよね。


おそらくマイクもこれなので、

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/126591/



ピアニッシモ、拾わないわけないんですよね。


経験の無さだなぁと感じました💦


編集の仕方が本当ど素人なので、

身の丈に合わないソフトを使っているとは思うのですが、

(友達いわく、初心者がいきなりゴールドの笛使ってるようなもんだ😎)


この、アナログ梢の微々たる成長を見守ってくださればと思います。


Cubase proはやれることが、果てしなく多くて、使いこなしたら、無敵だ✨ということは

分かるので、編集を極めたい方にはおすすめなのではないでしょうか。


よかったら、今回のフィナーレとCubaseを使ったフルート演奏のYouTubeを聴いてみてください⭐️


テーマはスナック『梢』⭐️です⭐️。



今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました⭐️


演奏やレッスンのご依頼はこちらまで

↓↓↓