写真家・小澤太一の『logbook』

写真家・小澤太一の『logbook』

小澤太一のなんでもない毎日の記録集

【写真集告知】


『赤道白書』4840円<税込価格>


『SAHARA』3960円<税込価格>


『ナウル日和』3520円<税込価格> 

すべての写真集は【小澤太一のHP】で販売しています。サイン付きが必要な場合もおっしゃってください。
コザワとお会いできる人は、直接購入することもできます。少しですがサービスもいたしますので、気軽にお声をかけてくださいませ。

ひらめき電球Twitter、絶賛つぶやき中。アカウントは【コチラ】です。
ひらめき電球インスタグラムもやっております。アカウントは【コチラ】です。
ひらめき電球Facebookもやっております。アカウントは【コチラ】です。
注意facebookはプロアマ関係なく、【実際にお会いしたことがある方】をフォローさせてもらっております。写真展やイベント、教室、はたまた道端でばったり会ってお声をかけてくれた方、お気軽にフォローしていただけると幸いです。

北海道には21日まで滞在し、それから東京へ向かいました。CP+での仕事のための東京滞在。ぼくの出番は23日(金・祝)の1日だけだったけれど、24日も25日もパシフィコ横浜の会場に遊びにいって、たくさんの人にお会いしました。1年に一度、このような写真のお祭りがあると、やっぱりうれしいものですね。

 

無事にCP+も終わって、写真展が終わったときと同じように抜け殻のようになっていました。夜は死んだようにベッドで寝る日々。CP+前と自分の出番が終わった後は、生活がまるで違っています。CP+前はそりゃもうひどい生活スタイルでした(笑)。それもこれも準備を早めに取りかかればすべて解決なのですが、〆切がしっかりある仕事は早めに終わらせることはできない……というのは宇宙の真理みたいなものです。そしてなぜかちゃんとギリギリに終わるものなのです。

 

そんなセミナーについて……CP+後に何人もの人から、『あれはアーカイブはないんですか?』『どこかで見られないんですか?』とメッセージや問い合わせをいただきました。CP+では2つのセミナーを担当したのですが、片方を見てくれた人から、あの内容でもう一つも絶対に見たい!との声をいただいたりもして、〆切ギリギリで作ったセミナーパワポですが、作者としてはそんな声をいただくことを大変うれしく思います。そしてとても多くの人が写真を見ながらメモを取っていたのも印象的でした。

 

今回のセミナーではキヤノンの担当者の人と、『EOS学園で写真を学ぶことの面白さや素晴らしさを伝えてほしい』というお題をいただいたので、【ちゃんとした】アカデミーテイストの講座に仕上げたつもりです。残念ながらあのレクチャーコーナーは収録自体をしていないのでアーカイブはありません。またセミナーの最初に半分冗談のつもりで言いましたが、『収録がないからこそ言えることがある(笑)』と宣言して、真面目な内容でありつつも、コザワスタイルをなるべく多く入れて……それはときには一般的な内容とはちょっと違う部分もありつつも……ぼくが実際の作品作りにどう生かしているかを紹介させていただきました。なにより受講していていただいたみなさんにまずは喜んでもらえるよう、そしてEOS学園に行ってみたいな、と思ってもらえてたらいいですね。受けたい先生がコザワならなお一層うれしいですが。それでもEOS学園にはたくさんの素晴らしい先生がいらっしゃるから、悩んでいるより、スケジュールが合うのなら、まずは写真を習ってみるといいですよ。写真の見方や取り組み方が変わると思うので。一番最後にこれから募集開始になるぼくの講座も紹介しておきますね。

 

5日間東京に滞在したので、今日からまた二拠点生活へ。小さなバッグの中にはポータブルHDDにガムシロップに図書館で借りた本が3冊。あとはカメラ1台だけ。修理したKANIフィルターのホルダーも。今回の東京滞在では撮影仕事はなかったので、カメラやレンズのほとんどは北海道に置きっぱなしにしておいたのでした。いつものように新宿からリムジンバスに乗って羽田空港へ。今月北海道へ向かうのは3回目です。最近のお気に入りの崎陽軒のしゅうまい弁当を食べて、飛行機に乗り込む前に食べます。毎回思うのですが、しゅうまい弁当のお米って、もちもちしすぎてて全部フタから取るのって大変じゃないですか?あれ、なんであぁしているんでしょう?きっと理由はあると思うのですが……とどうでもいいことを考えていたら飛行機に乗り込む時間になったのですが、乗り込んだはいいけれど全然離陸しません。どうやら風がすごいらしくて遅れまくりです。出発時刻から1時間経ってようやく離陸することができ、北海道に近づくにつれ、地面が真っ白になっていました。6日前は雪もかなり融けて黒い山肌や地面がたくさん見えてたのに、この5日間でまた冬に逆戻りしたようでした。空港の滑走路の除雪が間に合ってないようで、空港近くで20分ほど時間調整した後にようやく着陸。予定より1時間遅れての到着となりました。

 

荷物も預けてないので一番に到着ゲートから出て、空港に置いておいた車に乗って二拠点基地へ。まずはもっとも大事な水を開通させる作業。これがうまくいかなかったら一大事だけど、今回も無事に水抜きが成功していました。ゴボゴボゴボゴボ……と言いつつ、地中から水がやってきます。その水でアイスティーを作って冷蔵庫へ。カメラを持って、オーバーパンツを履き、車に乗って撮影へ。

1時間もしないうちにすぐに真っ暗になってしまったけれど、強風が吹き荒れる中での撮影は『そうそう、冬の北海道はこれじゃなきゃ(笑)』と懐かしい気持ちでシャッターを押しまくりました。あとから画像をチェックしてみると、ほとんどブレていたけれど。

 

真っ暗になったらスーパーで買い物を。これからしばらくは東京に帰らない予定なので、食材をたんまり買い込みました。肉、野菜、パスタ、ヨーグルト、牛乳……まるっと買い込んで4000円ほど。二拠点基地に戻り、お米を1合準備をして、炊き上がるまでの間にこのブログを書いています。ぽんっ!!といい音がしたので、これから肉野菜炒めでも作ります。窓を叩く風の音がとても大きいですが、冬の北海道はまだまだ堪能できそうです。

===========================================

<ただいま募集中の講座、まもなく募集開始になる作品制作講座の紹介>

 

●作品制作講座(組写真クラス)4月16日(火)〜昼クラス
https://event.personal.canon.jp/events/view/394

●作品制作講座(組写真クラス)4月16日(火)〜夜間クラス
https://event.personal.canon.jp/events/view/395

組写真クラスの今回の撮影地は『浅草界隈』です。今も昔も東京の観光名所でもあり、アフターコロナには多くの外国人観光客も訪れ賑わっている浅草を舞台に組写真を勉強してみます。写真を組むことで広がる深い世界を知ることができる楽しいクラス……組写真大好きなベテランさんはもちろんのこと、今まで組写真をやったことがないはじめての人も遠慮なく。一枚でいい写真を撮る発想とはまるで違う体験ができますよ!

================================

●作品制作講座(単写真クラス)4月17日(火)〜昼クラス

https://event.personal.canon.jp/events/view/396

●作品制作講座(単写真クラス)4月17日(火)〜夜間クラス

https://event.personal.canon.jp/events/view/397

単写真のクラスは、一枚の写真をしっかり撮れるようになろう!……を目標に、撮る技術だけでなく写真のセレクト方法や画像調整、プリントの見せ方など、多方面に学んでいくことを目標としているクラスです。そんな単写真クラスの実習地として、今回は『屋内撮影』というくくりにこだわってみました。下記が撮影候補地です。 ・国立科学博物館 ・すみだ水族館 ・夢の島熱帯植物館 ・江戸東京たてもの園 (*撮影場所は変更の可能性があります)

================================

●I LOVE 単焦点 3月20日(水) 10:30~16:00

https://event.personal.canon.jp/events/view/190

単焦点をこよなく愛するレンズマスターコザワが、単焦点レンズの「魅力」、「面白さ」を教室&撮影実習を通してじっくりお伝えする講座です。撮影に伸び悩むベテランさん、自称レンズマニアのあなた、この機会に“深い深い”「単焦点ワールド」に足を踏み入れてみませんか?
================================

●さまざまな写真用紙できわめるプリントワーク講座 3月19日(火)、4月9日(火)、4月23日(火) <全3回>
19:00~21:00

https://event.personal.canon.jp/events/view/199

さまざまな写真用紙を使いこなしてプリントワークをきわめて(極めて・究めて)みませんか?作品に合わせたプリント用紙の選び方や用紙の特性に合わせたプリントの仕上げ方など、全3回のプリント演習で学んでいきます。

 

会場で会う人会う人みんなから『大きくなったねぇ』って褒められるので<あれ?ぼく、そんなに立派になったかなぁ?>と思って照れていたら、どうやらモロッ子への挨拶のようでした……

 

そんなわけで自分のセミナー以外は(やや大きくなったかもしれない)モロッ子と一緒に会場をフラフラしていたCP+。モロッ子のお気に入りは本人曰く<赤い4文字の英語の表紙>と<プラレール>のようでした。気がつくとあそこに行きたいと(笑)。

CAPAの巨匠・土屋勝義さんに表紙画像を撮影してもらいました!

CAPAの表紙体験ではたくさんの写真を撮ってもらった後は、プラレールに行って最近MYカメラになっているKiss Mでサーボの連写で撮りまくり、真っさらなSDカードを『カードがいっぱいです』まで撮りまくっていました。そんなプラレールで『りらっくま』と『すみっこ』の列車を撮ることができて大満足の後でシグマの社長の山木さんとお話しする機会があったときにそんな話をしたら、『す、すみっこって何ですか(汗)??』と。娘は社長にすみっこの説明を……。あぁ、おそろしや。

プラレールで楽しんでいるモロッ子の写真。こちらのカラー写真は、キヤノンの旅に関するセミナーで話をした要素をいくつも入れております。聞いていただいた人には、ポイントを感じてもらえたら幸いです。少しはタメになる話を入れたいな、と思って作ったパワポなので。

 

そんなわけで一仕事も家族サービスも終えたので、今日1日働いたらすぐに北海道に帰ります。しばらく暖冬だった北海道ですが、また冬に戻ったようなので、どんな出会いがあるのか楽しみです……。そんなわけで春までおそらく東京に帰ってきません(笑)。ぼくにとって東京の冬は、今日で終わってしまったかもしれません。

 

【最近見た写真展】

613:『勝手にナインギャラリー借りてみた』日本大学藝術学部 写真表現研究Ⅲ 生徒有志<Nine Gallery>

614:『Roadside Lights 2』大橋英児<Akio Nagasawa Gallery Aoyama

615:『リスプリント考察2 Lith Print』竹内英介<ギャラリー イー・エム 西麻布

616:『Japan Leica User Group 写真展2024』<ギャラリールデコ>

617:『まんぷく図鑑』金森玲奈<Jam Photo Gallery>

618:『〜序〜』Q nest<葉々社分室>

619:世界に、なにを見よう花澄北村写真機店

620:『第44回 三菱合同写真展』<フジフォトギャラリー銀座>

621:『関谷智彦先生の「撮った写真を飾るまでのセミナー」』<フジフォトギャラリー銀座>

622:『果物農家の視点~果物の肖像~』塩原 真澄<ソニーイメージングギャラリー>

623:『αで切り撮るー私たちの未来ー』早稲田大学基幹理工学部<ソニーαプラザ>

624:『蒼穹』佐藤均<CO-CO PHOTO SALON>

数字は4月から見た写真展の数です。

 

キヤノンのレクチャーコーナーでのセミナー2本も無事に終了して、ぼくのCP+のお仕事は終わりました。まずは楽しみにお越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。とてもたくさんの人にお越しいただき、立ち見でもぎっしりで見えにくい部分もあったかと思いますがお許しください。

 

今回のセミナーは写真展での作品性を大事にしたギャラリートークとは違って、かなりEOS学園の教室っぽい雰囲気でパワポも作りました。CP+というエンタメ要素はもちろん入れつつも、わかりやすい内容にするためにはどうすればいいのかという部分もかなり大事にしながら、自分のこれまでの作品の中からもっとも解説にふさわしい写真を選びました。すると周りで見ている人たちが写真を見ながらもメモをしている姿がとても目立ちました。いったいどういうふうに伝わっているのか、いつかそのメモを見せていただきたい気分ですが(笑)、とにかく熱心に楽しそうに写真を見てくれている人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。そしてあのセミナーを見れてよかったな、と思ってもらえたら幸いです。

そして今年もこのCP+に関わることができて、とても光栄でございます。たくさんの写真家さんがいるのでいつも関わらせてもらえるわけではないことは重々承知ですが、これからもまた1年、まずはいい写真を作れるように自分磨きに邁進したいと思います。そして今回はキヤノンさんにお声をかけていただいてとても励みになりました。本当にありがとうございました。

 

また会場でお会いしたプロアマ問わず多くのみなさんともお話しができていい1日でした。お会いする人のほとんどは『北海道から来たんですか?』『二拠点生活ってあれ、なんなの??』『どれくらい北海道にいるの?』……北海道ネタばかりで(笑)、こちらもいつかちゃんと報告できるような機会ができるとうれしいのですが、こればかりはどうなるのかわかりませんが……

 

さてCP+は日曜日まで残り2日あります。ぼくもどこかで気楽に会場に遊びに行こうと思っています。お会いするみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

今日からCP+が始まりますね。ぼくの出番は明日ですが、パワポがようやく完成しました!時間かけて熟成(?)させたぶんだけ、かなりいい資料ができたと思います。明日、みなさんにお会いできますように……ぜひキヤノンブースで会いましょう。そして朝から終日会場にいる予定です。どこかで見かけましたらお声をかけてください!

【CP+2024 小澤太一の出演情報】

●2月23日(金・祝)

・10:10〜10:50 『カラー』で旅写真を撮る7つのポイント<キヤノンブース・レクチャーコーナー>

・14:10〜14:50『モノクロ』で旅写真を撮る7つのポイント<キヤノンブース・レクチャーコーナー>

 

 

【最近見た写真展】

606:『INside(me)』木村 琢磨<OMシステムギャラリー>

607:『プロ写真家による 新製品 作品展』<OMシステムギャラリークリエイティブウォール>

608:『海に生きる!ウミガメの花子』黒部 ゆみ<ニコンサロン>

609:『New Generation Photography 2024』写真専攻 大学・専門学校選抜作品展<ニコンプラザ東京 THE GALLERY>

610:『山、宇宙』山内悠<TOBICHI>

611:『ねこ写真展 @CP+2024 ~今を生きる猫たちのキオク・キロク~』<パシフィコ横浜>

612:『ZOOMS JAPAN 2024』<パシフィコ横浜>

数字は4月から見た写真展の数です。

 

今朝も日の出前に出発して流氷撮影へ。4日前にこの場所に来たときには、沖の先まで流氷がぎっしりで海も波もまったくなかったけれど、わずか4日でほとんど普通の海に戻ってしまいました。砂浜にわずかに残された流氷の残骸……もうCP+の準備が間に合わなくても、ロシアまで歩いて逃亡ができなさそうです(涙)

【CP+2024 小澤太一の出演情報】

●2月23日(金・祝)

・10:10〜10:50 『カラー』で旅写真を撮る7つのポイント<キヤノンブース・レクチャーコーナー>

・14:10〜14:50『モノクロ』で旅写真を撮る7つのポイント<キヤノンブース・レクチャーコーナー>

https://corporate.canon.jp/.../communica.../event/cpplus2024