小澤太一の『ホントはUNHAPPY DAYS 』

小澤太一の『ホントはUNHAPPY DAYS 』

写真家・小澤太一の日々を綴ったブログです。

【写真集告知】

<日本カメラ社> 3600円+消費税
写真集の御購入は【日本カメラ社販売サイト】で販売中。


<日本カメラ社> 3200円+消費税
写真集の御購入は【日本カメラ社販売サイト】 で販売中。

またどちらの写真集も【小澤太一のHP】からはサイン付き本の販売をしております。
サイン本をご希望の人は、こちらをどうぞよろしくお願いします。


コザワとお会いできる人は、直接購入することもできます。
もちろんサインなども書きますし、いろいろサービス(秘)いたします。
お気軽に声かけてくださいませ。

ひらめき電球Twitter、絶賛つぶやき中
詳しくは【コチラ】です。

ひらめき電球Facebookもやっております・・・
アカウントは【kozawataichi】です。

注意Twiiter、facebookのどちらも、プロアマ関係なく、
【実際にお会いしたことがある方】をフォローさせてもらっております。
写真展やイベント、教室、はたまた道端でばったり会ってお声をかけてくれた方、
お気軽にフォローしていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

父娘二人…車に乗って日本を旅する『あてのないたび』。

24日間に渡る第5シーズンも無事に終了となりました。

いつも娘に言っている、『冒険の時に大事なことは?』

『ぶじにかえること〜!』が今回も守れてよかったです。

さて、今回は東京をスタートして、まずは高速で島根へ。

その後はほとんど下道を通りながら兵庫、大阪経由の福井、石川、富山、岐阜、長野、

山梨、静岡、神奈川、そして伊豆諸島へ渡り、千葉、茨城、栃木、群馬、

さらには新潟で日本海に再び邂逅した後、最後は埼玉で終了となりました。

 

今回の走行距離は4280km。

 

そして、昨年7月1日に『あてのないたび』を始めて以来、

毎度あてもなくフラフラと 日本全国あっちに行ったりこっちに行ったりしてきましたが、

4歳児のモロッ子とただ通過ではなく、ちゃんと泊まったり観光したり、

それなりに旅した都道府県を赤で塗ってみると…。

あとひとつ!?

まずは旅の疲れもあって、ゆっくりしたいところですが、ひとまず仕事せねば…。

今回の旅にも、モロッ子は愛用のニコンのカメラを持って行き、好き勝手に撮っていました。

基本的に何撮っているのかよくわからない写真も多々ありまくるのですが、

たま〜に面白い写真も入っていたりして…それがまさに『写真』ならでは、です。

福井で見かけたなんかの恐竜。

 

どっかの水族館…だったかな??

 

牛久の大仏。それにしても…大仏で遊んで、怒られてもしりませんよ。

 

拾った松ぼっくり。

 

長瀞のライン下り。

 

東尋坊では僕に『おとーたん、こうやっててをだして、はい、ぽーずして!』

って偉そうにポージング指示までするので、なにを撮っているかと思ったら…

タイトルは『ともだち』だそうです…。

 

【最近見た写真展】

1:『UNDRAMATIC 2004-2020』石川卓<つぎのカーブ>

2:『Drawing ~光の模様~』三島 淳<キヤノンギャラリー>

3:『無、無、無、  そして。』夢無子<ソニーイメージングギャラリー>

4:『ときめき』NK-5写真同好会<富士フォトギャラリー銀座>

5:『あのときのひとこま』マンディ・フォトクラブ<富士フォトギャラリー銀座>

6:『彩りの世界16』フォトクラブ彩<富士フォトギャラリー銀座>

7:『撮った写真を飾るまでのセミナー』<富士フォトギャラリー銀座>

8:『骨の髄 / Down to the Bone』甲斐啓二郎<ニコンプラザ東京>

9:『表現者の世界と繋がる二週間』<ニコンプラザ東京>

10:『希望-3.11釜石』佐々木貴範<オリンパスギャラリー>

11:『Nature Colors 林幸恵×吉住志穂 春の望遠・マクロ編』<オリンパスギャラリークリエイティブウォール>

12:『TOKΘYO(常世)』山田なつみ<リコーイメージングギャラリー東京>

13:『水をめぐる旅』輝望フォトグラファーズ<リコーイメージングギャラリー東京>

14:『ナマステ!ネパール』杉野 節子<キヤノンギャラリー銀座>

15:『じょんのび春秋-越後の早春と晩秋-』芳賀健二<富士フォトギャラリー銀座>

16:『一番町のねこ』深川俊一郎<富士フォトギャラリー銀座>

17:『椿の庭』上田 義彦<エプサイト>

18:『Unnamed World 〜水溜りから見えるもう一つの世界〜』中津原勇気<快晴堂>

19:『写真家内田ユキオ先生&佐藤仁重先生と行く♬蔵前界隈撮影会作品展♬』<丸の内フォトギャラリー>

20:『X-E4写真展 Make More with Less』<フジイメージングプラザ丸の内>

21:『XFP写真展 感じて 魅せる色 -XF Stories East』<フジイメージングプラザ丸の内ミニギャラリー>

22:『SHASHIN 写真』三好耕三<キヤンギャラリーS>

23:『L’esprit de Kimio Yajima』矢島公雄<キヤノンオープンギャラリー>

24:『キヤノンフォトサークルマンスリーフォトコン2020優秀作品展』<キヤノンオープンギャラリー>

25:『郵便配達夫シュバルの夢 – 空間と写真と絵画展』写真・達川清 絵画・成田ヒロシ<ルーニィ247>

数字は4月から見た写真展の数です。

 

『あてのないたび・いつたび』の最終目的地はコチラ。

SLに乗って川まで行き、岩畳の上で寝転びながら塗り絵を楽しむモロッ子。

『あてのないたび』の第5シーズンは24日間の行程で終了となりました。

旅のまとめは、また追って…。

 

ということで、東京に戻ってまいりました。

『みなさん、ただいまです!』