nisimokuのブログ

nisimokuのブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

豪雪となっている今冬は積雪、凍結等に起因する労働災害が相次いで発生していることから林災防を通じて函館労働基準監督署から降積雪期における労災防止対策の徹底を図るようにと通達があった。


防止対策は数多くにわたっているが今日は渡島総合振興局西部森林室の指導を頂き職場研修として山林内での負傷を想定した担架の作り方や三角巾の使用方法等の対処方法を現場作業員を主に研修した。


合わせてスノーモービルの事前点検や操作方法なども現地研修したところである。


今年はまだまだ寒さが続く予報であり、これからは雪崩の危険も増すことから造材作業には十分の注意を払って進めていきたい。


テーマ:

いよいよ明日、グリーン建築推進協議会の全国会員大会だ。


田舎ものである故に会場へ無事にたどり着けるか心配であるが、毎熊輝記先生の「動的耐震診断」法を何としても聴講いたしたく胸躍り楽しみにしている。


また、熊坂仁美先生のフェースブックを中心としたIT力強化の講義もITオンチの私にも大きな刺激となる事だろう。


何よりも志を一つにしている全国の「古民家鑑定士」「伝統資財施工士」との交流が楽しみである。


東京の梅も開花が2週間程遅れているという報道があったが今年は全国的に春が遅れそうだ。


せめてこの全国大会を機にグリーン建築の春が訪れて来ることを期待したいものだ。


テーマ:

北海道では一昨年より「木育マイスター」の育成研修を行い受講生38名を「木育マイスター」として認定している。


昨年度も引き続き育成研修を実施中で今後も「木育マイスター」認定者が相当数増えそうだ。


「木育」の理念である子供をはじめ全ての人々が「木とふれあい、木に学び、木に生きる」取組に参画し各地で活動している様子が報道されていた。


理念は少し異なるが「200年住宅再生ネットワーク」においても「木のソムリエ」の育成、認定事業を立ち上げる事となり過日、説明会があった。


新しい試みであるが大いに賛同している。


3月6日から北海道開拓記念館に於いて「北の土偶」展が開催されるが主に東北と北海道の縄文の祈りと心を表した「土偶」展である。


最近解った事で縄文の文化は土偶、石器ばかりでなく木の文化も会った事が報告されていた。

Ameba人気のブログ