新年。

テーマ:

遅くなりましたが、

皆様あけましておめでとうございます。

 

2018年もよろしくお願いいたします。

 

ことしの実況はじめは、

スペインのコパ・デル・レイ5回戦ファーストレグ

ヌマンシアレアル・マドリードでした。

 

 

両チームにとって、これが新年最初の試合。

 

現在スペイン2部で5位につけ、

1部への昇格も見えているヌマンシアのホームに、

2017年最後の試合、

とのクラシコでショッキングな敗戦を喫した

レアル・マドリードが乗り込んでの一戦でした。

 

 

レアル・マドリードにとっては

ジダン監督が就任してからまる2年がたってむかえる

初めてのゲームでもありました。

 

チャンピオンズリーグ連覇など、

8度のタイトルを獲得しているジダン監督は、

この試合で主力を温存し、

若手を中心したメンバーで臨みました。

 

 

試合はレアル・マドリード

ルーカス・バスケス選手がドリブル突破から

前後半1つずつ、合わせて2つのファウルを

ペナルティエリア内でもらい2つのPKを獲得。

 

これをそれぞれベイル選手、イスコ選手が決めたほか、

試合終了間際には途中出場のアクラフ・ハキミ選手のクロスに

ボルハ・マヨラル選手が頭で合わせてだめ押し。

クリスティアーノ・ロナウド選手やベンゼマ選手がいない中で

1トップに起用されたボルハ・マヨラル選手の

ゴールも生まれたレアル・マドリードが、

0対3で勝利し、準々決勝進出に大きく近づきました。

 

ヌマンシアも、後半に退場者を出しながら

何度かゴールに迫るプレーを見せ、

ほぼ満員となったスタジアムを大いにわかせました。

 

セカンドレグは現地時間1月10日午後9時30分、

日本時間の1月11日午前5時30分に

キックオフ予定です。

 

こちらの試合も、

DAZNで実況を担当させて頂く予定です。

 

また明日6日土曜日は同じくDAZNで、

バレーボールのVプレミアリーグ男子

ジェイテクトSTINGS堺ブレイザーズの一戦を

解説・竹内実さんと共にお伝えします。

 

 

今年もよろしくお願いいたします!