真島ヒロさんの新作、「EDENS ZERO」1巻を読んだ。
 
 

 

私は少年マガジンのマンガはあまり読んでいなかったのだが、最近は大今良時「不滅のあなたへ」と猪ノ谷言葉「ランウェイで笑って」を連載で読むようになって、マガジンを買うようになっている。他の作品にも少しずつ手を出してみようと思っていたところなのだけど、最近連載が始まった「EDENS ZERO」を読むことにした。

 

 

この作者さんのことはあまり知らなかったのだが、「FAIRLY TAIL」というファンタジー系の作品で世界的にもかなり売れている方である、ということをネットで少しずつ調べて知ってきた。この「EDENS ZERO」はSFなのでそういう作家なのかなと思ったのだけど、そうではないようだ。

 

 

ネットで探したインタビューを読むと少年一人に少女一人、小動物一人という組み合わせが黄金律、と言っておられて、なるほど、そういう感じかと。でも、自分の中にはそういう作品のストックがあまりないので(「ど根性ガエル」くらいまで行ってしまう)まだあまりピンとはきていない。どちらかというと「One Piece」に似てる、という感覚を持ったのだけど、多分ずっと読んでこられている読者の方から見れば「全然違う!」と言われるのだろうなと思った。

 

 

数あるマガジンの作品の中でなぜこれを選んだかというと、最新41号をパラパラ読んでいた時に青年ワイズ博士と50年後のワイズ博士の邂逅、「時を食われた星」で起こったことはタイムパラドックスに影響しない、という設定が面白いと思ったからだ。わたしも10代の頃はSFもそれなりに読んでいたが、そういう設定の作品はなかったなあということで興味を持ったということが大きい。

 

 

あと、宇宙海賊みたいなものが出てくる感じは松本零士作品の雰囲気にも似てるなと思ったが、まあこの辺りはそのうちオリジナリティがはっきりしてくるのだろうなと思う。

 

 

で、面白いのかと言われると、正直まだわからない。つまりまだ、こういう作品を面白がる回路が自分の中にできていない、という感じなのだ。

 

 

「進撃の巨人」を初めて読んだのは2011年だったが、もちろん初見ですごい衝撃を受けたのだけど、その面白さが本当にわかってきたと思えたのは1年くらいは経っていた感じがする。自分の中にそれを解釈する回路がまだできていない時期には、その面白さも魅力もまだわかってはいない、という感じがある。

 

 

また面白さを感じられるようになったらこの作品について再度書いてみたいと思う。

 

 

 
この週末週初に買った作品はツジトモ『Giant Killing』48巻、石黒正数『天国大魔境』1巻、三田紀房『ドラゴン桜2』2巻。ジャイキリは椿はほとんど試合に出ないが花森とのやり取りがいい。
 

 
『天国大魔境』はアフタヌーン連載で最新の8月号分まで収録されていて、明日25日の発売の9月号で続きが読めるという仕儀。この人は鶴田謙二さんをはじめ大友克洋さんら様々な作家さんの影響を感じるのだが、何というか今までの世界と接続しながらも今までにない何かが読めるような期待がある。ヒッピーの村の扱い方とか、どんな方向へ行くか。
 

 
『ドラゴン桜2』は以前の「第一部」が完全に偏差値の低い、反抗的な男女の生徒二人を特訓で東大合格に導くという話だったのに対し、今回は割と「どこにでもいる」夢見がちで飽きっぽい女子生徒と自分に自信が持てない弟にコンプレックスのある男子という設定で、第一部のハチャメチャな面白さはないが、現代的な小道具もたくさん使われていてある意味こちらの方がリアリティはあるかもしれない。特に早瀬に対する「運に乗れ」という言葉はぐっとくるものがあった。
昨日は夏アニメ、最後の大物であるNHKの『進撃の巨人 Season3』が始まって、これで全部出そろった。その直前に放送された『つくも神貸します』と合わせて、今季見る予定のアニメは一通り見た。
『進撃の巨人』3期はもともとかなり巻いてどんどん話が進んでいくのではないかと予想されていたが、単行本にあたっていないのでわからないが、アニオリ的な設定も含めて話を進めようという意図がかなりあるような感じがする。様々な情報は基本的に私はこのサイト(公式でなくファンサイトだが)から得ている部分が多いのだが、今期についてはいろいろと賛否両論あるようだ。

 

 

一つはOPからLinked Horizonが外されたこと。『紅蓮の弓矢』以来進撃のOPと言えばおどろおどろしいがかっこいいリンホラ、というのが定着していただけに今回のさわやかなX Japanの『Red Swan』については否定的な見解が多いようだ。私も正直違和感があったが、しばらくはお手並み拝見という感じではある。

 

 

 

また今季が1クールなのか2クールなのかというのも話題なのだが、BDなどの公式情報によると4巻12話分までの発売が発表されているから1クール以上は確定的だが5巻以降はまだ発表されておらず、どのような展開になるのかはちょっと不安な面もある。単行本の巻数から言えば2クールで海までというのが妥当だと思うが、この巻き方だと1クールで終わりになる可能性もあって予断は許さない。

 

 

今回は王政編の主要な登場人物、中央憲兵のサネス、リーブス商会の会長、そしてリヴァイのおじケニー・アッカーマン(切り裂きケニー)が出てきて、ヒストリアの身代わりにとらわれた女装したアルミンが変態オヤジ(差別語?)に迫られる可哀想な場面が一部で大ウケという展開だったが、ハンジ班のニファら微妙にファンがついているあたりの死というケニー東條の決定的な場面で終わった。

 

 

まあ初回としてはこんなものかとも思うが、評価が定着していくのは今後の展開次第だろう。すでに今までの部分で評価が定着しているものをどう展開していくかは難しいところがあるのだろうなとは思う。

 

 

今までのところで最も面白い夏アニメは、正直言って「ハイスコアガール」ではないかなあ。まあ今後もそれぞれの面白さが発揮されていくことを期待したいけれども。