6月17日 高見川

 

午前中は今月2回目の検診。   昼には帰宅しチョイ出撃!

 

夕方には、曇ってくるとのことなので、晴れ間の間がチャンス!

 

 

前回来た時より、だいぶ石色が濃くなっています。

 

垢ぐされまじかという所ですね。 ちょうど今夜から大雨の予報なので

 

ちょうど良いかもという状態。 

 

 

チャラには一面オチビちゃんの群れが、グレーの塊になって 石磨きに

 

精を出しています。 これを掛けてしまうと、循環が上手く回らず苦戦に

 

至ります。 そこで 前回 現在の渇水パターンで良型をねらって掛ける

 

糸口を発見したので、試してみます。

 

 

ポイントは、大石 岩盤 水深 隠れる場所です。

 

遠距離より、狙いのポイントへ オトリを泳がせると

 

見えていなかった良型鮎が、ビュン ビュンとオトリを追い回し始めるのが

 

見えます。 追うのは下手のようで、一撃で針掛かりとはいかず 激しく

 

何度も何度もアタックしてくるのが、良く見えます。

 

 

一見 良型はいないように見えるのですが、大岩の影には、そこそこの

 

かずの良型が居るようで、オトリをテリトリーに入れると、辛抱溜まらず

 

飛び出してきます。

 

ワンポイント 3~4匹ぐらいは、やる気のある縄張り鮎が居るようで

 

人影を察知されないように、泳がせ入れると飛び掛かってきます。

 

 

しかし、やる気が出るのは、晴れ間の間だけで、曇ると途端に

 

追いが悪くなってしまいます。

 

 

4時ごろには、曇天で終了です。

 

 

良型 26匹でした。  グイグイ 引っぱり回してくれます。

 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月16日 櫛田川上流 解禁

 

まずは、波瀬川からスタート

 

 

石色は、悪くないけど......................沈黙

 

 

例年 掛かる場所なんですが..........................なにかおかしい

 

逆に例年掛からない場所で

 

 

19㎝の良型掛かる  岩盤で4連発 良型です。

 

 

しかし いかにもの場所で無反応。

 

ハミ跡も確認できますが.....................無反応

 

その後 群れをサイトで数匹掛けて、原因がわかりました!

 

尾びれにタダレ、身に小さな穴あきを確認

 

この辺りは、冷水病がでていますね。  

 

温度差が激しくて、先日の増水からの渇水 厳しい状況に

 

鮎も病んでしまったようです。 

 

粘ってもしょうがないので、場所移動 ダム上 蓮川を見に行きます。

 

去年の9月の大雨で、砂が出て一面砂川になってしまって

 

石ゴロゴロの銘川の面影は、どこにもありません。

 

今年のダム遡上はミニマムのようで、いますが まだ 8㎝ぐらい

 

これは、チビのまま一生を終える 琵琶湖パターンのようです。

 

1匹だけ、ダム遡上最大サイズ 12㎝を掛けて 場所移動。

 

次は ダム下蓮川

 

 

ダムができるまでは、最高の水質、環境を誇る河川だったのですがね。

 

大鮎 尺あまご ボコボコの河川でした。

 

 

ダムができて、水が澱むと水質はいっきに最悪になって

 

ダムで発生している 淡水赤潮で水がにおいます。

 

しかし 下面放水なので、水温は足がしびれるぐらい冷たくて

 

真夏でも アマゴが元気な流域になっています。

 

冷たいのに、青ノロはでています。

 

食べるのには、お勧めできませんが 釣りにはなります。

 

特に酷暑の日は、ちょうどいいかも (体に川臭しみつきますが)

 

終盤は大鮎の可能性もすこしはあります。

 

 

高見川に続き こちらも 厳しい解禁となってしまいました。

 

21匹でした。

 

状況が好転するのを 祈るばかりです

 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月14日 高見川

 

解禁から苦戦中の高見川、なんとか攻略の糸口をさがして、懲りずに入川

 

最初は私の鉄板ポイント 杉ヶ瀬裏

 

苔はドロドロ、石色悪い!

 

一ヶ所 石色のましなポイントがあったので、オトリを投入すると

 

入れポンで良型がヒット!  大事に大事にタメて 引き抜こうとした瞬間

 

すっぽ抜け...............背ヒレ掛かりぽかったです。  残念!

 

その後 前後300m以上を探りましたが、無反応!

 

場所移動します。

 

とにかく苔の状態が悪い。 鮎は見えますが 渕に浮いている群れです。

 

ヒレの白くタダレタ魚も見えるので、嫌な感じです。

 

石色の良いポイントを探して、さすらいます。

 

 

そして たどり着いた 石色 ピカピカ ポイント。

 

磨いているのは、ビリビリですが、良型も必ずどこかにいると信じて

 

あらゆる場所を攻めてみます!

 

 

こんな場所は、上飛ばしで丁寧に丁寧に自然に泳がせて

 

去年 踏んずけて折ってしまった グランデルMH 

 

右腕のように馴染んでいたので、もう一本 買ってしまいました(中古)

 

やはり エー竿です!  釣れます!

 

高見川 攻略には、 ベストマッチロッドですね。

 

 

高見川らしい 筋肉質の美鮎の付き場が、少しだけわかってきました。

 

 

連発はしても、3連ぐらいで、必ず終わってしまいますね。

 


お昼ぐらいになると、16~17㎝サイズの群れ鮎が、激しく食みだし

 

群れの中から、石につく縄張り鮎もあらわれだしました。

 

縄張り鮎の追いは激しく、50㎝以上追い回す 縄張り鮎もいます。

 

サイトフィッシングで丸見えなので、心臓に悪いぐらい エキサイティング。

 

この辺りは、雨が降って水位が平水になったら、爆発ポイントになりそうです。

 

 

14時まで 粘ってしまいました。

 

ほぼ良型ぞろいで 29匹でした。

 

さわると違いがわかる、身のしまった筋肉質の高見鮎 ウマソー!

  

 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

6月11日 高見川

 

9日に解禁した高見川ですが、大苦戦 悶絶中です。

 

9日は、雨だったので2時間だけの竿出しでしたが、10㎝~15㎝が7匹の大苦戦。

 

私の入った場所の感じでは、成長不良で良型はいない感じでしたね。

 

オトリ屋さんの話では、放流したサイズも小さかったらしいです。

 

そこに 渇水、低気温がダブルパンチで、10㎝ぐらいのオジャコだらけです。

 

11日は、午後からの竿出しで、ヘリポート前の下流域にはいりましたが、

 

釣れたのは1匹だけで、しかも 放流されたオトリ。
 

近辺をさまよいましたが、キラキラと食む オジャコ鮎は見えますが、

 

友釣りにはなりませんね。 苔の状態も腐っていてよくないですね。

 

四郷川ものぞきましたが、石は泥かぶり、垢ぐさり、流心は白く垢は

 

ついていません。生命感もありませんね。

 

一ヶ所だけ、気になっていたポイントがあったので、竿出しすると

 

少しだけ釣果がありました。

 

 

15㎝以下ばかりでが、絞り出した25匹。

 

シンドイ釣りでした。

 

パトロールしてみましたが

 

ここは解禁日に入りましたが、メインポイントは、ウントモスンとも言いません。

 

群れ小鮎は少しいますが、2ヶ月早いという感じです。垢は腐っています。

 

解禁半月前には、良く鮎の見えたポイントですが、今はまったく見えませんね。

 

全体的に成長不良と環境不良という感じです。

 

盆明けぐらいに、大型になって楽しませてくれることを期待して

 

当分 経過観察河川ですね。

 

少しの釣果が出ているのは、良型放流量の多い組合前近辺ぐらいですね。

 

さてさて どこに 鮎掛けに行くべきか、鮎釣り難民申請中

 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月6日 宮川上流

 

この日曜に、ホーム①解禁なので 宮川最終釣行!?

 

本流は病気で厳しいと思って、支流に入る予定でしたが、

 

上流を見に行くと、意外と石色のましな場所があったので やってみます。

 

 

右の石組みが、綺麗に磨かれています。

 

 

入れポンで、5連チャン!    

 

元気やんか!

 

 

ポイントが狭いので、5連発後は沈黙。

 

 

しかし 何時もの宮川パターンで、普通に釣れますね。

 

 

 

浅場のオレンジ色の石まわりを、上飛ばしで泳がせると

 

いつものように、ピュン ピュンと絡んで来ます。

 

 

この場所は、山から支流が合流する場所で、支流の水が効いている範囲のみ

 

鮎が元気で、追い気満々!

 

合流点の1メートル上の渕では、病気の鮎がフワフワとしていますが

 

合流点下からは、ハミ鮎が見えて 追いあいしているのも良く見えます。

 

本日もお昼をまわったところで 納竿。

 

本日は、掛けるに特化した仕掛け ナイロン0.3号通し仕掛け!

 

複合とは違い、感度は鈍りますが、やはり タフコンでの掛ける能力は

 

ピカイチでしたね!

 

 

良型が半数もいる、37匹でした。

 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村