1. 稽古場に来る前に生徒たちには体温の測定をしてきてもらい、熱がない事を確認してから来てもらいます。

2. 稽古場に着いたらまず手洗い、うがい、消毒をしてもらいます。

3. 稽古場は可能な限り換気をし密室にならない様に気をつけます。

4. 練習中は基本、マスクの着用をしてもらい、組手の稽古は口元の辺りにシールドを貼ったヘッドギアを着用して練習をします。
(特に今の暑い時期は熱中症などの恐れがあるのと、マスクを付けての練習になるので、今まで以上に注意して生徒達の体調を観察する様にします。)

5. 稽古が終わった後はサンドバッグやミットのなど消毒を徹底して行います。

以下の事をこれから実施していくので、ご理解とご協力の方宜しくお願い致します。 


また安心して普段通りの生活が出来る様になり、生徒達と楽しく稽古が出来る事を心から願っております!
押忍!