お気に入りの・・・

お気に入りの・・・

お気に入りの・・・、の続きは、映画、本、文章、音楽、物など何でも入ります。楽しいことばっかり書き込みたいと考えています。


テーマ:

少し前に載っけた「99%の誘拐」に続いて、もう一つ誘拐の話です。

連城三紀彦の「造花の蜜」という作品ですが、これもまた、un-put -down- able です。

 

最初の誘拐は「身代金などいらない」と犯人は言うのです。橋場警部と同様、読者も訳が分からぬままに話に引き込まれてしまうんです。主役の「蘭」という女性が魅力的です。下巻の前半で、コペルニクス的変換みたいな感じでどんでん返しがあります。

最後に、最後で最大の事件という章があるんですが、これは付け足しのようなものでしょうか?これがあると、乾くるみの「イニシエーション・ラブ」と同様、映画にはできないと思うんですが・・・最もイニシエーション・ラブは映画になってます。まだ観てないけど・・・。

「造花の蜜」も映画になってるんですね。檀れいが蘭役なんでしょうね。最後がなければ映画化が可能だと思うんですが、これも観てみないと分かりません。

歯科医の夫と離婚をし、実家に戻った香奈子は、その日息子の圭太を連れ、スーパーに出かけた。偶然再会した知人との話に気をとられ、圭太の姿を見失った香奈子は、咄嗟に“誘拐”の二文字を連想する。息子は無事に発見され安堵したのも束の間、後に息子から本当に誘拐されそうになった事実を聞かされる。―なんと犯人は「お父さん」を名乗ったというのだ。そして、平穏な日々が続いたひと月後、前代未聞の誘拐事件の幕が開く。各紙誌で絶賛を浴びたミステリの最高傑作がついに文庫化。

 

その事件は、小川香奈子の息子の圭太が、スーパーで連れ去られそうになった出来事から始まった。幼稚園での信じられない誘拐劇。人質の父親を名乗る犯人。そして、警察を嘲笑うかのような、白昼の渋谷スクランブル交差点での、身代金受け渡し。前代未聞の誘拐事件は、人質の保護により、解決に向かうかのように思われた…。だが、それはこの事件のほんの序章に過ぎなかった。二転、三転する事件の様相は、読者を想像を絶する結末へ導く。読書界で話題沸騰の長篇ミステリ、待望の文庫化。

 


テーマ:

後味の悪さを保障している本作。一方で、「この強烈さがトッド・ソロンズ!」、「やはりトッド・ソロンズ作品は覚悟して観なきゃいけない!」など胸糞が悪くなる作品ばかりをつくってきた監督好きの方には、今回も期待を裏切らない出来上がりとなっている。確実に言えることは“イヌ好きの方は絶対に観てはいけない!”。全編を通して流れるトッド・ソロンズ流のブラックでシニカルなユーモア、そして観たことのないようなラストシーン。

 

という歌い文句の通り、大爆笑かドン引きかの何れかでしょうね。

僕としては、最後の、おばあちゃんとそこへ黒人アーティストを連れてお金をせびりに来た孫娘の会話あたりが最高に気まずい雰囲気で思わず笑ってしまいました。

最初の、道路にこの犬がゲロを吐きながら歩いたと思われる跡が永遠に続くんですがこれは長すぎてドン引きですね。「10」と言う映画で(「11」だった?)男が巨大なニシキヘビと戦う(戯れる?)場面が永遠に続いたのを思い出してしまいました。

 今回はいろんな人に飼われ、その都度に名前が変わる雌のウインナー・ドッグ(ダックスフント)が主役。
 癌を患う少年レミと犬の避妊手術をさせようとする母親との会話、獣医助手と彼女の高校時代の同級生ブランドンとのちぐはぐな遣り取り、インターミッションに流れるカントリー調のナンバーと目まぐるしく変化する背景、映画の脚本を書きながら生活のため大学で教えている冴えない教授、孫にたかられている老婆etc、ブラックな嗤いの連続。

 

癌を患う少年レミ

 

心優しい獣医助手

 

映画の脚本を書きながら生活のため大学で教えている冴えない教授

これ、ダニー・デビートです。

 

孫にたかられている偏屈な老婆


テーマ:

岡嶋二人は少し前に、「99%の誘拐」で虜になり、「眠れぬ夜の殺人」、「そして扉が閉ざされた」を読み、ブログにも載せたことがあります。

今回は「解決まではあと6人」、と「三度目ならばABC」を読みました。

 

「解決まではあと6人」

ある女性が別々の興信所や警察に、妙な依頼をしていくのです。
 一人ずつの興信所の探偵は、依頼の理由も聞かされず、もちろん他の興信所への依頼のことは知らず、首をかしげながら調査を進めていきます。なので、章が替わるごとに探偵や周りの人たちが替わるので、一々覚えてられない。一つずつの依頼をめぐる連作短編集のような構成ですが、巧みに伏線が張ってあり、同じ場所や同じ人物がチラチラと登場し、最後には、なるほど…となる訳ですね。

 

次々と興信所を訪れては、およそ事件とは思われない奇妙な依頼をしていく謎の女・平林貴子。いったい、彼女の本当の目的は何なのか?やがて、それぞれの調査報告が、ひとつの輪のように繋がって隠された大事件の全容が明らかになっていく。斬新なスタイルで、読者に挑戦する華麗なるメドレー・ミステリー。

 

「三度目ならばABC」

実はこれ、5年ぐらい前に読んで、ブログにも載っけたことがあったんです。面白い名前・・・という題で。

この二人は織田貞夫と土佐美郷というんですが、僕の同級生に「おがたたかお」というのがいました・・・というようなことを書いた覚えがあります。

岡嶋二人はこんなユーモアミステリーも書くんですね。

きわめつきのユーモア推理。織田貞夫(おださだお)、土佐美郷(とさみさと)という逆さに読んでも同じ名前で大男と小女の愉快なペアが、テレビ局を舞台に縦横無尽の大活躍。ABC殺人事件をヒントに金曜日の東京を恐怖に陥れたライフル魔を追跡する表題作のほか、「十番館の殺人」「プールの底に花一輪」など、都会派ミステリーの旗手が贈る連作集。

 

北森鴻は少し前に「桜宵」を載っけました。ビアバーの香菜里屋のマスターが謎を解いてゆく話でしたが、この「顔のない男」のもそのバーが出てきますよ。

登場人物が多くて混乱し、あの人はどうなったんだろうとか、この人は誰だっけ、というような感じで、話も難しい・・・のではなくて、ややこしすぎ・・・ですね。

それから最後は思いもしない展開になって、「へー?そんなのあり???」という感じでした。
 

一人の男が殺された。被害者の足どりを追う刑事たちの焦燥は深まるばかりだった。名前も住所もわかっていながら周囲には彼を知るものが誰もいなかった―。彼はいったい何者だったのか。


テーマ:

中国の伝説的古典小説「封神演義」を映画化したもののようです。

登場人物の名前が馴染みがないので誰が誰やら分からず、ストーリーもあまり良く分からない・・・ですが、とにかく、アクションと装飾が派手。多芸な赤ん坊や、奇妙な生き物などとの冒険要素も織り込まれていて、退屈はしません。最新鋭のCGを駆使したファンタジー・アクション超大作! です。

この映画の画像を捜してもあまり良いのがなくて残念。

ジェット・リーをはじめとした中国・香港のスターが共演するファンタジーアクション。妲己に操られた紂王が暴政を敷く古代中国。事態を重く見た姜子牙はそれを阻止しようと手を打つが、妲己も既に謀略をめぐらせていた。

 

九尾の狐が化けた美女、妲己(ファン・ビンビン)

多芸な赤ん坊

アンジェラベイビーが可愛い

 


テーマ:

昨日レノン・シスターズの花はどこへいったを載っけて、他の曲も聴いてみましたが、相当実力のあるグループだったようですね。スタンダードっぽい曲などたくさん歌ってますし、綺麗な声で、可愛い声なんですね。しばらく嵌りそうです。

中でも良いなぁ・・・と思うのは、僕の二番目に好きな曲、GREENSLEEVES です。

ただ、歌詞が一般的なのとは全然違うんですね。

まあ聴いてみてください。

 


テーマ:

「花はどこへいったの」といえば、PPM, キングストン・トリオ、ブラザーズ・フォー、ジョーン・バエズ、ピート・シーガーなどなどそうそうたるメンバーが歌ってるというのに、僕が買ったのはレノン・シスターズのだったんです。

どうしてだろう・・・と考えてみるに、その頃「東芝ヒットパレード」を聴いていたからに違いない・・・と思うんですね。最近誰かがYouTubeに載っけてくれたようです。懐かしいです。

 

 

 

 


テーマ:

この家族は森の奥でほぼ完全自給自足の、”サバイバル”生活を送っています。

最初の10分ぐらいの大人になる儀式はグロテスクで、観るのを間違えた!と思ったぐらい。

僕らが普通に送っている生活とこのサバイバル生活のどちらが理想か?どちらが正しいのか?ちょっとだけ考えさせられる映画です。

 

この外界を全く知らない6人の子供を連れて、スティーブというバスでニュー・メキシコまで旅をするんです。

墓堀をして遺体を盗んで捕まらないとか、母親の遺骨をトイレに流すとかちょっとチグハグなところはあります。でもまあ楽しめる映画です。

 

エンディングロールでボブ・ディランの I Shall Be Released が流れるんですが、カーク・ロスという人の歌です。結構耳に心地よいですよ。

 

はじまりへの旅 [DVD] はじまりへの旅 [DVD]
3,200円
Amazon

ベン・キャッシュと6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くで暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。
しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い"をかなえるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキーは知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか・・・? 

 

この家族の生活の一部でもあるスティーブという名のバス

 

 

 


テーマ:

9年前にブログに載っけたことがあります。やはり、エド・ハリスとモーガン・フリーマンはよく覚えていましたが、探偵やその助手のことなど全く忘れてしまってました。ケイシー・アフレックと助手がミッシェル・モナハンだったんですね。やはり良かったです。第一級のサスペンスです。

 

エド・ハリス、カッコ良いです。

おまけに舞台がボストンなんですよ。チェルシー、クインジ―、メルローズ、エヴァレット、僕の庭でした。ちなみに僕はエヴァレットに住んでました。

 

4歳の女の子が誘拐されるんですが、あるところでお互い愛し愛され暮らしていたんです。実の母親は酒浸りでドラッグ中毒のジャンキーです。こんな母親に子供をまかせていたらその子の将来はない・・・。そんな母親にでも子供を返すのが一体正義なのか?考えさせられる映画です。

なので、ストーリー的には後味の悪い終わり方・・・とでも言いましょうか。でもお薦めです。

ベン・アフレックの長編監督デビュー作となるサスペンスアクション。4歳の少女・アマンダが誘拐される事件が発生。私立探偵・パトリックとアンジーは捜査を開始するが、事件の裏には予想を越えた深い闇が広がっていた。

 

 


テーマ:


 

人身売買や臓器移植の話ですから、あまり気持ちの良い話ではないんですが、我が子までも誘拐されてしまった婦人警官の有働公子の活躍が読みどころです。ただ最初の方、登場人物が多いので、外国のミステリ本みたいに表紙の裏にでも登場人物一覧があれば良かったなと思います。まあまあ徹夜本です。


連続幼児誘拐事件の謎を追う警視庁捜査一課・特殊犯捜査係勤務の有働公子。婦人警官でなく、1人の母親として事件の当事者となってしまった彼女は、わが子を取り戻すため、犯人のみならず警視庁4万人を敵にまわすことに……。驚愕の展開、そして誰も予想だにしなかった戦慄の結末。ミステリーの到達点!

 

 

 

「99%の誘拐」で岡崎二人に嵌ってしまいました。「眠れぬ~」もプロットが最初から最後まで考え抜かれていて見事です。

 

最初は酒に酔ったうえでのケンカかと思われた。ちょっとしたイザコザに巻き込まれ、逃げようとして相手の体に触れたとたん、その人は倒れ、打ち所が悪く……。大都会・東京ならではの、そんな殺人事件が連続発生。だが逮捕されなかった加害者には、死者からの脅迫状が届く! 動き出したのは、警視庁刑事部のマル秘部外組織「捜査0課」。そんな特別捜査班稼働の裏は。はたして犯人は見つかるか!? 

 

 

 

これも岡崎二人です。地下シェルターに閉じ込められた4人が咲子を殺したのは誰か・・・を推理していく話なので動きはあまりないんですが、これこそが本格推理小説と言えると思います。

 

富豪の若き1人娘が不審な事故で死亡して3カ月、彼女の遊び仲間だった男女4人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた!なぜ?そもそもあの事故の真相は何だったのか?4人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は?極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。

 

 

鬼 (集英社文庫) 鬼 (集英社文庫)
670円
Amazon

10の短編集です。どの話もちょっと怖いけど読みごたえがあります。

 

引きこもっていた息子が、突然元気になった。息子を苛めていた子が、転校するというのだが…「カラス、なぜ鳴く」。かくれんぼが大好きだったみっちゃん。夏休みのある日、鬼になったみっちゃんは、いつまで待っても姿をあらわさなかった。そして、古井戸から…「鬼」。他、言葉にできない不安、ふとした胸騒ぎ、じわじわと迫りくる恐怖など、日常に潜む奇妙な世界を繊細に描く10編。ベスト短編集。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.