お気に入りの・・・

お気に入りの・・・、の続きは、映画、本、文章、音楽、物など何でも入ります。楽しいことばっかり書き込みたいと考えています。


テーマ:

「96時間」のおばちゃん版です。場所はどこなのか映画でも言ってないんですが、アラブの国のどこかでしょうね。主人公のリサは赤ちゃんを誘拐されてしまいます。すぐに犯人たちを追いかけ始めますが、ここでビックリ!です。このおばちゃんは警官を6人ぐらい簡単に倒してしまうスーパーウーマンだったのです。彼女は特殊部隊に所属していたということなんですね。でも最後のほう、人身売買組織のリーダー格の男と取っ組み合いになるんですが、簡単にやられてしまうというチグハグなところもありますが、アクションに次ぐアクションで飽きずに観ました。

3時間/THREE HOURS [DVD] 3時間/THREE HOURS [DVD]
4,320円
Amazon

シングル・マザーのリサは、異国の地に生まれたばかりの愛娘とバカンス(休暇)を取りにやってきた。
彼女の娘はある有力政治家との間に生まれた子で、リサはその政治家と別れたばかりだった。
街をさまよう傷心のリサは、街の浜辺にたどり着くのだが、そこで彼女はある男に声をかけられ、その隙に娘を誘拐されてしまう。
要人ガードの特殊な訓練を受けていた彼女は誘拐犯の一人を追い詰め殺害、事情がわからない地元の警察は殺人犯として彼女を追い始める。
警察に迫られた彼女は娘が誘拐されたと事情を説明するのだが、娘の存在を証明する物や誘拐の目撃者がなく、警察は彼女を信じない。
しかも、何故か娘の存在を証明するはずの飛行機の乗客リストから娘の名前が消えていた。
誰にも頼れないと悟った彼女は、自身の特殊な能力で人身売買組織を追い詰めていく事を決意する。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

主人公のミッシェルは山の中の一本道で交通事故にあい、目覚めてみると地下室に監禁されていたんです。そこはシェルターになっており、変態肥満男のハワードが「助けてやったんだ」「外はエイリアンに攻撃されて毒ガスが蔓延している。外には出られない」というのです。もちろん信じられません。

ミッシェルは外に出ようと策略を巡らせますが・・・。

なかなか面白かったですよ。どういう展開になっていくのか、そして結末は?

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。
その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、
自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。
ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。

ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな! 皆 殺されるぞ! 」と叫びながら制止しようとするハワード。
ミシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。
シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

映画はまあまあでしたが、映画の最初から最後までラムジー・ルイスの「THE IN CROWD」がかかっているんです。懐かしいですね。50年ぶりぐらいに聴きました。

 

並外れた変人と評判の哲学科教授エイブ(ホアキン・フェニックス)が、アメリカ東部の大学に赴任してくる。
若い頃は政治活動やボランティアに熱中し、世界中を飛び回ったエイブだが、今では学問にも恋愛にも身が入らず、慢性的に孤独な無気力人間になっていた。
そんなある日、たまたま立ち寄ったダイナーで迷惑な悪徳判事の噂を耳にした瞬間、エイブの脳裏に突拍子もない考えがひらめく。
それは誰にも疑われることなく、自らの手で判事を殺害するという完全犯罪への挑戦。
すると、あら不思議、奇妙な“生きる意味" を発見したエイブはたちまち身も心も絶好調となり、ひたすら憂鬱だった暗黒の日常が鮮やかに色めき出す。
一方、エイブに好意を抱く教え子ジル(エマ・ストーン)は、まさか彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、ますます恋心を燃え上がらせていくのだが......。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前、ジャスミンさんのところで紹介されてました。フォー・シーズンズの話です。クリント・イーストウッド監督なので期待してたんですが、フランキー・ヴァリ役の役者の歌も声も全く似てなくて、はっきり言って下手。それから、伴奏のリズムセクションがいまいち。I can't get my eyes off you のトランペットの音は一体どうしたの?ウチのテレビが悪いのかな?と思うぐらい・・・。

でも、シェリー、ラグ・ドール、ビッグガール・ドンクライ・・・などなど懐かしい歌がいっぱいでした。

僕の頭から何十年も消えていた歌を一曲載せておきますね。

成功から一番遠い場所で、伝説は生まれたー。 彼らが生まれたのは、犯罪が日常茶飯事の、ニュージャージーで最も貧しい地区。
そこから抜け出すには、軍に入るか、ギャングになるか、スターになるか、しか方法がなかった。
金も、コネもない彼らにあったのは、神から与えられた歌声と、曲を作る才能、そして見事に息のあったハーモニー。
それだけを武器に、4人の若者はスターダムにのし上がった。
しかし強い光には濃い影が差す。待っていたのは、栄光の果ての挫折…。それでも彼らは歌い続けた。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第二次世界大戦期と現代(2001年)のタイムスリップ小説です。しかもフリーターである尾島健太と海軍航空隊の石庭吾一が時空を超えて入れ替わってしまうんです。二人は、今までいた世界と違って戸惑うが、やがて今いる世界に順応しようとします。両方の世界が交互に語られます。ちなみに、現代は算用数字、第二次世界大戦期は漢数字で章の数字が振られてます。
とても読みやすくて面白い。一気読みです。

ただ、最後の最後でその後どうなったのか…。どっちの健太(現代の健太、それとも現代に飛ばされた吾一)が戻ってきたのだろうか?これがはっきり書いてないんですね。ここから先は読者にゆだねられるわけですが答えは369ページに書いてあったはずですね。

ただし、カスタマーレヴューでは、今井雅之著「Winds of God」にそっくり。ここまでおなじなのはひどい。と書いている人もいます。

ところで、やはり映画にもなっていたんですね。主演が森山未来、ミナミちゃんが上野樹里なんですね。

観てみようかな・・・。

“根拠なしポジティブ”の現代のフリーターと、昭和19年の「海の若鷲」にあこがれる軍国青年が時空を超えて入れかわった!それぞれの境遇に順応しつつも、ふたりはなんとか元の時代に戻ろうとするが…。おもしろくてやがて切ない、愛と青春の戦争小説。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どういう訳か、アマゾンでも楽天でもこのDVD出てこないんです。しょうがないので画像だけ載せておきます。

フランス語です。ハチャメチャなストーリー、パロディあり、ギャグありのとても楽しい映画です。

お姫様役の目が綺麗です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 荻原浩の二冊目の短篇集だそうです。これはいわゆる「ホラー作品集」なのでしょうが、
単に怖いお話だけでなく、なんとなくほんわかさせてくれる優しいトーンのものとがほどよくミックスされてます。9話ありますが、どれも粒選りという感じです。

失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし一日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。ままならない世の中で、必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の可笑しみや哀しみを見事に描いた、全9夜からなる傑作短編集。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前に紹介した「ファーゴ」という映画の中で、92万ドル入りのカバンを雪の中に埋めるシーンがあるんです。この映画、最初に実話だと断ってあるので、それを信じた東京のOLクミコがノースダコタのファーゴに向かうんです。

題名がトレジャーハンターとあるから、もっと痛快な冒険談みたいのを期待してたんですが、全然違いましたね。アメリカに旅立つ前が暗い暗い女の暗い話で長すぎ・・・!ノースダコタに着いてからも英語が殆ど話せなくて暗い。人の親切をも振り切って、ますます暗い方へとむかうバカ女と言うしかない話です。菊地凛子が好演してます。

TVドラマ「ファーゴ」ではその92万ドルは運のいい男が見つけて、それを元手に商売を始め、成功しているんですが・・・。

で、最後、クミコはその大金を見つけるんですが、それと同時に、日本で捨ててきたペットのウサギ、ハンゾーが現れて、観客は「え?」っと思うんです。これってどういうこと?クミコは死んだってこと?

そうなんです。この作品の説明文など読むと、「 実際に起きた日本人女性の凍死事件を基に作られた」
と書いてあります。『ファーゴ』の舞台となったノースダコタ州ファーゴから約72km東に位置する地点で、2001年、東京在住のコニシタカコという女性が凍死しているのが発見された。
地元の警察の調べによると、女性が「映画『ファーゴ』のラストシーンで雪の中に埋められたブリーフケースいっぱいのお金を探していた」という証言があり、事件はある種の伝説となり爆発的に街中に広まった。
だからこれも実話だったんですね。

東京で働く29歳OL・クミコ(菊地凛子)は仕事にやる気がなく恋人もおらず鬱屈とした生活を送っている。
ある時、海辺の洞窟から映画『ファーゴ』のVHSを見つける。
実話だと信じ、雪原に大金が埋まっている場所を特定しようとしていた。
ある日、会社の社長・サカガミ(勝部演之)から退職を勧められ、追い打ちをかけるように若い美人の新入社員・ナカザキ(河北麻友子)を紹介される。
社長のお遣いのため、会社のクレジットカードを手に入れたクミコは、『ファーゴ』の舞台である米・ノースダコタ州へ大金を探しに向かうが・・・。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

他人の書いた作品を自分のものとして発表し、ベストセラー作家になるんです。場面は一挙に3年後に飛び、一目惚れした富豪の娘であり才女でもあるアリスと結婚し、豪邸に住み・・・けれど、次作は一行も書けず、銀行ももうお金を貸してくれない。他人の人生を送るという点では「太陽がいっぱい}を思い出します。フランス映画でもありますし・・・。

パーフェクトでも完全犯罪でもなく、行き当たりばったりで、嘘を嘘で塗り隠して転がり落ちていく男の話なんですが、目が離せません。面白いです。アリス役のアナ・ジラルドという女優が美人です。

作家志望の青年マチュー・マーサー(ピエール・ニネ)は、運搬業で生計を立て屈折した日々を送っていた。
仕事で身寄りのない孤独死した男性の遺品を片付けていると、故人が書いたアルジェリア召集兵の日記を見つける。
日記を盗み自分が書いたように仕立て“黒い砂"というタイトルに代え、出版社に売り込むと、本は出版され、たちまちベストセラー作家となる。
周囲にもてはやされ名声と富豪の娘アリス(アナ・ジラルド)を手にしたマシュー。
早く新作を書いてほしいと出版社から催促されるが、自らの才能では新作が書けずイラつく日々を過ごしていた。
常にマシューの才能と行動を疑いの目で見る富豪の娘の友人スタンの視線。
サイン会の席上で、「盗んだものの代償を支払え! 」と、突然、男から脅迫される。
虚栄に固執し続け、脅迫、催促、疑心に追いつめられたマシューの人生の歯車が徐々に狂い出してきた。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

恐竜が絶滅したのは、大きな隕石が地球に衝突したため・・・と信じられていますが、実はそれはただの仮説でしかないんです(これはホントの話です)。実はこの「さよならダイノサウルス」という本の主人公ブランドンとクリックスのせいだったんですね。その他、恐竜はなぜあれほど巨大化できたのか。恐竜の肉はうまいのか。火星はなぜ死の惑星になったのか。時間旅行はなぜ可能でなければならないのか・・・などなどが全て解明されます。面白いですよ!

恐竜はなぜ滅んだのか?この究極の謎を解明するために、二人の古生物学者がタイムマシンで六千五百万年のかなた、白亜紀末期へ赴いた。だが、着いた早々出くわしたのは、なんと言葉をしゃべる恐竜!どうやら恐竜の脳内に寄生するゼリー状の生物が言葉を発しているらしいのだが、まさかそれが「***」だとは…!?次次に披露される奇抜なアイデア、先の読めない展開。実力派作家が描く、心躍るアドベンチャーSF。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。